NOCEの家具バイヤーズブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年2月17日 ケルン国際家具見本市 2017 エピローグ

今週も寒い日が続きましたが、今日は一転して春本番の暖かさです。
朝から強めの南風が吹いているので、多分「春一番になるかも」です。
例年の平均が2月18日頃なので、今日吹けば平均的と言う事になります。
ただ、明日からまた少し寒くなるそうです。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌と新潟の土日は雪以外、ほかの地域は概ね恵まれるそうです。
浅い春のお出掛けにはよさそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

翌朝、目覚めたのは3時、東京は朝の11時です。
20170217-1_20170217172605446.jpg

今日は、帰国の日。
窓の外は、真っ暗です。
ドアの外では、深夜まで飲んで帰って来た宿泊客の笑い声さえ聞こえます
2泊4日の短期決戦、しかも帰国後休み無しで出社なので時差を無くすためには、朝3時だとしても、朝11時と思いこまなければなりません。
「えーと、もう11時・・・寝過ぎた・・・」と。
僅か3日ですが、すぐ日本時間忘れてしまいます。
朝食の時間6時まで、ストレッチをしたり、テレビを見たりして過ごし、10分前に部屋を出て
20170217-2.jpg

レストランに向かいました。
20170217-3.jpg

パンの山を通り
20170217-4.jpg

窓際のテーブルをリクエストして
20170217-5.jpg

席に着きます。
20170217-6.jpg

野菜を取って
20170217-7.jpg

フライドエッグをオーダーして、パンを薄く切って炙って、オレンジジュースにコーヒーでスタートです。
20170217-8.jpg

今日の飛行機は、フランクフルトを午後7時のフライトです。
見本市をもう一度チェックするか、街を見るか・・・・・。
にかかわらず、ハムとエメンタール(チーズ)盛って
20170217-9.jpg

更に、パンをトースターに仕込んで第2ラウンドです。
20170217-10.jpg

トーストされたパンにバターを塗ってハムとエメンタールをのせて
そして、〆のクロワッサンとヨーグルトも忘れずに・・・・と。
20170217-11.jpg

1時間費やした朝食、最後のコーヒーを飲み干し、席を後にします。
20170217-12.jpg

朝7時、外に出ると辺りはまだ暗く、月が輝いていました。
20170217-13.jpg

日が昇り、今日のスケジュールを考えました。
20170217-14.jpg

「見本市をもう一度見てフランクフルト空港に行くか、街を見てから」です。
「見本市は、昨日見て未練はない」5年ぶりの街を見る事にしました。
チェックアウトを終え、外に出るとライン川の向こう岸に大聖堂と聖マルティン教会が見えました。
20170217-15.jpg

気温は、マイナス6度。
かなり寒い。
これは、ケルンのシンボルとも言える「ライン川にかかるホーエンツォレルン橋と大聖堂」です。
20170217-16.jpg

今日は、時間があるので電車を使わずに歩いて渡る事にしました。
ホーエンツォレルン橋は、1907年に着工し、1911年に竣工した全長409mの鉄道橋です。
第2次大戦下の1945年に、連合国のケルン進攻を阻止するため自ら爆破しましたが、戦後1948年には修復され再び鉄道橋として復活しました。
橋の袂に、この橋の由来でもある、ヴィルヘルム2世の騎士像があります。
20170217-17.jpg

ヴィルヘルム2世は、ドイツ皇帝・プロイセン王国の王に1888年に即位します。
20170217-18.jpg

即位後、外交に関し一貫して帝国主義を貫き、軍備を増強し植民地獲得を試みたが、イギリス、ロシア、フランスなどの植民地所有国との軋轢を生じ、第一次世界大戦に突入します。
その後、軍部による軍部独裁政権が成立すると、ヴィルヘルム2世の実権は喪失してしまいました。
第一次大戦の4年間、消耗戦の後、膨大な戦死者や疲弊した経済に耐えきれなくなった国民による革命がおきます。
これを鎮めるため、ヴィルヘルム2世が復権しますが、納まらずオランダに亡命したまま即位となりましたが、ドイツは、ワイマール共和国(ドイツ共和国)となり、ホーエンツォレルン家の支配は終わっていきました。
オランダで帝政ドイツの復権を、1925年に大統領に就任したヒンデンブルグとともに支援しましたが、第3帝国建国を目論むヒトラーの反帝政独裁政権に阻まれ実現しませんでした。
そして、歴史は第2次世界大戦へと舵を切っていきました。
銅像を後ろにして、大聖堂に向かいライン川にかかる橋を歩き始めます。
20170217-19.jpg

少し歩くと右手に
20170217-20.jpg

無数の色とりどりの
20170217-21.jpg

南京錠が掛けてありました。
20170217-22.jpg

これ、「愛の南京錠」と言うらしく、カップル(同性含む)が南京錠に愛の言葉を刻み、この橋の上で愛を誓い合って鍵をかける・・です。
そして、その「かけた鍵」をライン川に向かって投げて「愛の儀式」が完結するわけです。
20170217-23.jpg

ただ、「これってこのかけた南京錠と同数の鍵が川底に沈んでるわけで・・・・環境汚染は鉄ならば、とりあえず問題無しか」と考えてしまいます。
対岸の聖マルティン教会が近くなってきました。
20170217-24.jpg

うーーん、それにしても寒い。
シャッターを押す手がにぶい。
カメラの電池の消耗も早くなってきました。
南京錠の壁はまだ続きます。
20170217-25.jpg

対岸に着く頃
20170217-26.jpg

大きな赤い機関車とすれ違いました。
20170217-27.jpg

大聖堂に
20170217-28.jpg

ゆっくりと近づき
20170217-29.jpg

真横に着きあたり
20170217-30.jpg

右に曲がると
20170217-31.jpg

ケルン中央駅の広場に出ます。
20170217-32.jpg

このまま荷物を預けるため、駅に向かいました。
20170217-33.jpg

自動ロッカーは、5年前と同じ所にありました。
表示に1時間と6時間があり、タッチパネルの6時間をタッチしましたが作動しません。
すると、同じようにトライしている人から「6時間は機能していないらしい」と忠告を受けました。
まぁ1時間でもと思い選択すると、いきなりロッカーの扉が開き他人の荷物が出てきました。
マズイと思い違うロッカーに行き1時間を選択して、扉が開くのを待ち、扉が開くとピンクの大きなキャリーケースが出てきました。
これ完全イカれてます。
間もなく慌てて右往左往するアジア系女子(日本人かそれ以外かわかりません)が来ました。
僕が「これって・・・」と聞く前に、先程僕に「6時間はダメ」の人が来て、「これはあなたのもの、僕が開けた」とウソをついて、なんとキャリーを取り出し彼女に差し出すではあーりませんか。
彼女は、助かったという表情で「サンキュー」を連発した所、彼はキャリーを持つ手と逆の手を彼女に向け、「コーヒー、インストラクション、10ユーロ・プリーズ」と始まりました。
驚いた彼女は、パニックの上塗り状態で、すぐに10ユーロを差し出し、彼から奪うようにキャリーバックを持って走って立ち去りました。
パリやロンドンでは当たり前の光景ですが、ドイツでは初めてでした。
その後、彼はあたりをウロウロして、また別の捕物を物色し始めました。
どこから見ても人の良さそうなオジサマです。
変わったなぁ・・・・。
それは、人ではありません。
壊れたロッカーを放置している事です。
ただ・・・ロッカーを直せば彼の仕事はなくなるわけで・・・・・。
荷物を持ったまま、大聖堂の前に立ち
20170217-34.jpg

右側の入り口を背にして
20170217-35.jpg

商店街の入り口に向かいます。
20170217-36.jpg

冷たい風が
20170217-37.jpg

人通りの少ない商店街を吹き抜けていきます。
20170217-38.jpg

アパレルやシューズショップを見ながら歩くと
20170217-39.jpg

時間は2時半になってしまいました。
20170217-40.jpg

駅に向かって引き返し
20170217-41.jpg

大聖堂に別れを告げ
20170217-42.jpg

駅に戻り
20170217-43.jpg

プラットホームに昇り
20170217-44.jpg

フランクフルト国際空港に行く高速列車
20170217-45.jpg

の席に着くと、ケルンの街はすぐに後ろになりました。
20170217-46.jpg

列車は、最高時速300キロで
20170217-47.jpg

ドイツの平原を車窓に
20170217-48.jpg

刻んでいきました。
20170217-49.jpg

フランクフルト空港に着き
20170217-50.jpg

ホームを
20170217-51.jpg

空港に向かって歩いて
20170217-52.jpg

出発ロビーに着き
20170217-53.jpg

イミグレーションを終え
20170217-54.jpg

ゲートでフライトを待ちました。
20170217-55.jpg

出発は2時間遅れだそうで、ロビーで待つと睡魔が襲ってきて寝てしまいました。
20170217-56.jpg

起きると、なんと「フライトキャンセル」です。
ヨーロッパ線では、ルーマニア依頼の出来事でした。
空港のホテルに戻され
20170217-57.jpg

翌朝一番、
20170217-58.jpg

別のフライトに変えてもらうため交渉し、なんとか振り替えてもらいました。
20170217-60.jpg

落ち着いたところで所でモーニング。
20170217-61.jpg

パニーニは、マストアイテムですが、クロワッサンもあるとオーダーしてしまいます。
他のパニーニもチャレンジしたかったのですが、ひとつひとつが大きくて無理でした。
20170217-62.jpg

飛行機はゲートに到着し
20170217-64.jpg

定刻通り
20170217-65.jpg

搭乗が始まり
20170217-66.jpg

フランクフルト空港を飛び立ち、羽田に向かいました。
20170217-67.jpg

スポンサーサイト
  1. 2017/02/17(金) 17:49:43|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年2月10日 ケルン国際家具見本市 2017 5

今週、昨日は、東京でも冷たい雨の中に雪が混ざっていました。
そして今朝から、強く冷たい北風が吹いています。
関西では、「記録的な大雪になる」との予報が出ています。
大阪で積雪50㎝だそうです。
交通機関のマヒが心配されますが、心斎橋、中之島、造幣局、大阪城などの雪景色・・・・・いい感じです。
大阪、名古屋では、来週も東京より寒い日が続くそうです。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡で雪、日曜日は札幌、新潟が引き続き雪で、他の曜日、地域はまずまずのお天気になるそうです。
週末、雪になる地域もありますが、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

見本市会場を後にして、ケルンの街に向かうため、券売機で
20170210-1.jpg

Sバーン(郊外電車)の切符を買いました。
20170210-2.jpg

ホームに上がると
20170210-3.jpg

先程の見本市会場が見えます。
20170210-4.jpg

冷たい風がホームを駆けていきます。
20170210-5.jpg

電車が到着し
20170210-6.jpg

ドアが開き
20170210-7.jpg

動きだしました。
20170210-8.jpg

暮れなずむライン川に懸かる、ホーエンツォレルン橋を渡ると
20170210-9.jpg

大聖堂がせまり
20170210-10.jpg

ケルン中央駅に着きます。
20170210-11.jpg

降りる時は、このグリーンのパネルにタッチしてドアを開けます。
寒冷地なので(日本も同じ)車内の温度を下げないため、ドアの開閉を必要最小限に留めるためです。
電車を降り
20170210-12.jpg

ホームを下ると
20170210-13.jpg

地下のコーンコースに出ました。(ホームが2階なので正確には1階)
20170210-14.jpg

大聖堂の方向に向かって歩き
20170210-15.jpg

表に出ると大聖堂は目の前です。
20170210-16.jpg

大聖堂の前の広場から
20170210-17.jpg

駅を見下ろします。
20170210-18.jpg

ここは、日本ではあまり報道されませんでしたが、2015年の大晦日、今から約1年前です。
報道では、「アラブ人、北アフリカ人を主体とした約1000人による、女子に対する集団暴行事件が発生した」所です。
逮捕された容疑者の約半数はアラブ、北アフリカからの難民だったそうです。
当時、現在もですがドイツは、アラブ等からの難民を積極的に受け入れ、その政策に対する批判が盛り上がっている最中の出来事でした。
当時の西側メディアは、米国も含め連日報道していました。
僕もケルンに馴染みがあったため、随分ニュースを拾って読みました。
時間が経つとその真偽についての記事やコメントも目立つようになりました。
勿論、僕は日本人であり部外者なのでコメントできませんが、まず1番の疑問は、「モチュベーション」(動機)です。
そして、ケルンのこの時期の0時、夏なら解りますが(ストックホルムの同類の事件は8月)マイナス6度位、薄着ではありません。
何れにしても、難民問題に起因している事は確かです。
振り返ると大聖堂がそびえ立っていました。
20170210-19.jpg

事実は、「大聖堂のみ知る」なのでしょうか。
広場を抜け、ホーエ通り商店街(ホーエシュトラッセ)を旧市場(オイ・マルクト)に向かって歩きます。
20170210-20.jpg

夕暮れが商店街に灯りを灯していきました。
20170210-21.jpg

商店街に集う人達の間を冷たい風が吹きます。
20170210-22.jpg

商店街の終点、
20170210-23.jpg

オイ・マルクトは、夕映えの中でした。
20170210-24.jpg

暮れた商店街を戻ると
20170210-25.jpg

広場では、イベントが行われていました。
20170210-26.jpg

プロジェクターのようなもので、地面に様々メッセージが転写されていました。
駅から電車に乗り、ライン川を渡り
20170210-27.jpg

ホテルに帰ると対岸の大聖堂は、夜になっていました。
20170210-28.jpg

さて、部屋には帰らずレストランに向かいました。
20170210-29.jpg

予約無しでしたが、なんとか席を作ってもらいました。
まだ早いため、席もまばらです。
20170210-30.jpg

窓の外にライン川越しの大聖堂が見えました。
20170210-31.jpg

メニューは、前から決めていた「ペアリング、メニュー」です。
20170210-32.jpg

日本では、まだあまり馴染みがありませんが、欧米では多くなってきました。
ペアリングとは、各お皿に決まった銘柄のグラスワインがサービスされるものです。
このレストランは、そのワインを選ばなくてもよく、選ぶ場合は有料になっていました。
メニューは、4品あり「4品選ぶか3品」です。
前菜、スープ、メイン、デザートで、僕はデザート抜きの3品をチョイスし、ペアリングのワインは大変残念ですがパス。
一人での海外出張時は、例え飛行機でもフレンチでもアルコールは止めておきます。
経験上、アルコールを摂取すると判断力が低下し、仕事にも影響が出るうえ、海外での事判断力低下はリスクに直結だからです。
ワインの味はイマジネーションだけで・・・・・と。
メニューをオーダーするとまず、パンです。
奥のお皿は、フランス発酵バター、スペインのバージンオリーブオイル、クリームチーズです。
バターは、塩が効いていて、これだけでワインがいけそうです。
オードブルは、ビーツをマリネして煮たものを冷やして、白いものはクリームチーズの燻製です。
20170210-33.jpg

ペアリングはシャンパン。
シャンパンの泡とビーツの酸味、スモークされたチーズが絡みあいます。(妄想)
スープは、ポルチーニ茸とシャンピニオンの濃厚クリームスープ。
20170210-34.jpg

うきみは、黒トリュフ。
ペアリングは、ドイツのリースリング(白ワイン)
濃くクリーミーな味わいの奥にポルチーニの香りがあり、さらに黒トリュフが覆いかぶさってくる感じを、リースリングの酸味が甘さに変えていきます。(苦しい、想像)
メインは、ガチョウのロースト。
20170210-35.jpg

生のグースは、日本ではまず見た事がありません。
カモより、油が多くまるで牛肉です。
勿論、塩でいただきます。
夢中で食べて、画像に残すの忘れて食べ掛けで撮りました。
ペアリングは、キャンティ・クラシコ(赤ワイン)
キャンティのコクがグースのローストのジューシーなお肉に絡まってまるでチョコレートとカシスを食べているようです。(ただの思い込み)
全て終わって席を後にしました。
20170210-36.jpg

料理は、見事にワインに合わせるように味付けされていて、ワイン無しだと「?」に感じてしまう程でした。

食事を終え、見本市会場を歩いたり、街を歩いたりした疲れからバスタブに浸かって10時には深い眠りの中でした。

  1. 2017/02/10(金) 17:33:52|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年2月3日 ケルン国際家具見本市 2017 4

今週は、まるで春のように暖かい日があり、このまま暖かくなるかと思っていたところ、一転して寒い日が続いています。
しかも、北風が強く吹き体感温度は更に低くなっています。
今週から2月、そして今日は節分です。
2月は、東京でも雪の降る季節です。
下北沢の路地に今週の暖かさのせいか梅が咲いていましたが、連日の強風で散ってしまいました。
今日も路地には、冷たい風が吹いています。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日、福岡を除いて全地域で恵まれますが、日曜日は、札幌を除いて崩れてしまうそうです。
まだまだ寒さは続きそうですが、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

先週からの続き
時差のせいで翌朝4時から目が覚めてしまい、5時にはベッドから起き上がりストレッチを始めました。
RIMG0151.jpg

窓の外は、まだ眠ったままです。
1時間かけて入念にストレッチを終え、朝食のためレストランに向かいます。
20170203-2.jpg

エレベーターで下り
20170203-3.jpg

レストランに着きました。
20170203-4.jpg

6時からのオープンのため、まだ人は数人しかいません。
エントランスで部屋番号を告げ
20170203-5.jpg

窓際のテーブルをリクエストして
20170203-6.jpg

席に着いてまずコーヒーをオーダーします。
20170203-7.jpg

久々のドイツの朝食です。
20170203-8.jpg

アジアのホテルとは、ひと味違った感じでしょうか。
ジュースバー、おいしそうな果汁100%系ジュースが並びますが、取りあえずオレンジジュースを・・・・グラスに注ぐと・・・たっぷりの果肉が入ります。
20170203-9.jpg

ここは、部屋が冷やされていてサラダ、ハム、ソーセージ、ヨーグルト、チーズなどが並べられています。
20170203-10.jpg

ヨーロッパだけあって、チーズの種類は豊富でしかも新鮮です。
20170203-11.jpg

これは、エメンタール。
日本では、円安でかなり高価な高級食材になってしまいました。
この他にも、グリエール、ゴーダ、カマンベール、ウォッシュなど様々なチーズがありました。
そしてドイツと言えば、忘れてならないもの・・・・・パンです。
20170203-12.jpg

ライ麦と酵母の黒くてまわりが固くてサクサクしたパンが有名ですが、その種類は世界ナンバーワンです。
代々木上原や八幡にある「行列のできる酵母系石釜ベーカーリー」のパンが食べ放題みたいな感じです。
そしてパンの新鮮さを保つため、自分の食べたい分だけ切って食べるのも「ドイツ風」です。
薄く切って、その上にバターを塗って、サーモン、ハム、チーズ、フライドエッグ(目玉焼き)など好きな食材をのせて、ナイフとフォークで切りながら食べる・・・・と。
もちろん、おいしそうなクロワッサンもあります。
20170203-13.jpg

これは、生バター。
20170203-14.jpg

フランスの発酵系エシレバターに較べると塩味が薄く感じますが、充分「コク」があり、ドイツパンとの相性もピッタリです。
このバターでパン、お菓子、料理まで作るので美味しくなるわけです。
日本製バターとは、ひと味以上違います。
バターの高い日本から見ればうらやましい限りです。
調理カウンターで、フライドエッグをオーダーして、第一ラウンド開始です。
20170203-15.jpg

薄く切ったパンを少し炙って、たっぷりとバター塗って、浸みこんだバターの上にエメンタール、ハムの順にのせて「サクッ」です。
止まらず、第2ラウンドを終え、〆はクロワッサンとヨーグルトです。
20170203-16.jpg

久しぶりです・・・・バターたっぷりのクロワッサン・・・東京で買えば600円は軽く超えそう・・・・。
バターの香りと焦がした生地がブレンドされ、コーヒーにピッタリです。
食事を終え7時半、外に出るとまだ大聖堂は闇の中でした。
20170203-17.jpg

ヨーロッパの朝は遅く、8時でもまだ薄暗い感じです。
部屋に戻り、仕度をして8時半にホテルを出ると大聖堂がグレイの空に映し出されていました。
20170203-18.jpg

ライン川の向こう岸にケルンの旧市街を見て
20170203-19.jpg

見本市会場に向かい
20170203-20.jpg

明けたばかりの空の下
20170203-21.jpg

石畳の歩道を歩きます。
20170203-22.jpg

メッセ駅を
20170203-23.jpg

抜け
20170203-24.jpg

ケルンメッセの案内に従い線路を超え、更に歩きます。
20170203-25.jpg

開場時間は、9時(因みにこの時計、成田で買ったスウォッチです)
20170203-26.jpg

会場へ向かう人で混み始めました。
20170203-27.jpg

メッセの隣に広大な土地があり整地しているので、おそらく拡張工事です。
20170203-28.jpg

これが出来ると世界1でしょうか?
いよいよ5年ぶりの入場です。
20170203-29.jpg

クロークにコートを預け
20170203-30.jpg

事前にネットで買ったチケットのQRコードを自動改札機にかざして会場内に入りました。
20170203-31.jpg

うーん・・・やはり何か違う・・・とにかく上質です。
20170203-32.jpg

これは、NOCEでも扱っているチェコTON社のプレゼンテーションです。
20170203-33.jpg

TONも今は、高級路線を狙っていてお手頃な曲木チェアは、コレクションから少なくなってきました。
かわいい・・・・けど高くて手が出せません。
20170203-32-2.jpg

おっと!
20170203-33-2.jpg

アカシア天然木無垢にオイルステインのベンチとダイニングテーブル。
ブルックリン系やインダストリアルでいけそうです。
テーブルは160㎝X80㎝にリサイズしてもらって39,800(税込)ベンチは24,800円(税込)ローテーブル19,800円(税込)全て予定価格で、5月後半リリース予定でまずはゲット。
ソファですが、20万越しそうです。
20170203-34.jpg

何がちがうのか・・・とにかく曲線です。
20170203-35.jpg

それでも10万超えたら厳しいか・・・・。
更に歩きます。
20170203-36.jpg

ただ置くだけで絵になっています。
20170203-37.jpg

さて、これはオーク天然木無垢オイルステインでコーナーベンチにテーブルとチェア2脚で13万(税込)を予定しています。
20170203-38.jpg

ベンチの背もたれは着脱可能で奥のベンチが着けた状態で、手前が外した状態です。
シートカラーは、ヴィンテージ系PUのグレー、ブラック、ブラウン、ブルーの4色展開で6月リリースを予定しています。
ヨーロッパの香りにヴィンテージ系PUのマッチングが楽しみです。
レザーのソファ・・・多分40万かな。
20170203-39.jpg

宙に舞うチェア
20170203-40.jpg

光のオブジェ、雰囲気に飲み込まれそうです。
20170203-41.jpg

ここで気持ちを立て直さなければなりません。
20万のソファ・・・・全然安くありません・・・と。
外に出て
20170203-42.jpg

違うパヴィリオンに移動します。
20170203-43.jpg

ここはソファのパヴィリオン。
20170203-44.jpg

青い空が窓に縁取られていました。
20170203-45.jpg

そろそろ最後のパヴィリオンに近づいてきました。
20170203-46.jpg

なんか
20170203-47.jpg

とにかく
20170203-48.jpg

圧倒されそうです。
20170203-49.jpg

それは、大きなチェアのせいではありません。
20170203-50.jpg

会場が持つ
20170203-51.jpg

雰囲気
20170203-52.jpg


RIMG0264_20170203180422bd6.jpg

デザイン
20170203-53.jpg


20170203-55.jpg

そこで当たり前のように商談する人たち。
20170203-56.jpg

最後のパヴィリオンを後にして
20170203-57.jpg

10キロ近くは歩いたでしょうか。
20170203-58.jpg

少し何か食べながら、一人反省会です。
20170203-59.jpg

夜のディナーに響くので、ここはサラダのみにしておきます(1200円)
カタログや画像を見直して、心残りがないか確認して席を立ちました。
20170203-60.jpg

クロークでコートを受け取って
20170203-62.jpg

会場を後にすると
20170203-63.jpg

暮れ泥む空に大聖堂がありました。
20170203-64.jpg


  1. 2017/02/03(金) 18:05:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
次のページ