NOCEの家具バイヤーズブログ バイヤー&スタッフのブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年5月26日 贅沢な作りをしたTVボード

今週は、夏のように暑い日が続きました。
場所によっては、35度の日もあったそうです。
5月からこんなに暑いと夏は、もっと暑くなるのでしょうか。
街もすっかり夏模様で、テラスの席があるとつい誘われてしまします。
下北沢の街もずいぶん「外飲み用の席」が増え、賑わっている感じがします。
外で気持ちよさそうに飲んでいる姿に誘われて・・・・・と、外飲みの連鎖です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土日の札幌を除いて他の地域では、まずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材で作られたクォリティの高いTVボードをご紹介させていただきたいと思います。
170526-1.jpg

魅力は、全体に天然木無垢材だけを使用し、その表面をオイルで仕上げたマットな表情と北欧ヴィンテージ系デザインとの融合でしょう。
そのマッチングにより、無機的なTVボードにナチュラル感と高級感が強調され、全体をとてもやわらかな印象に仕上げています。
デザインは、北欧ミッドセンチュリーがベースで、やや内側に寄せられた長めのテーパードレッグの上にボディが乗るシンプルなものです。
170526-2.jpg

ボディは、無垢材で作られているため、エッジを丸くすることが出来ます。
170526-3.jpg

エッジを丸くすることにより、全体のイメージがとても柔らかいものになっています。
左右の引き出し上部の前板は、ウォルナット色でステインされ、このアクセントがこのTVボードのクォリティを一段と引き上げ、高級感も増しました。
170526-4.jpg

又、バックパネルに同じ素材を使用しているため、「後ろからの見た目」が損なわれず、独立してお部屋に間仕切りのように配置することもできます。
170526-5.jpg

次に機能面ですが、中央に空間を作り左右に深さの異なる引き出しが配置されています。
170526-6.jpg

機能とは別の話になりますが、引き出しのレールも金属ではなく木が使われていて、ナチュラルな雰囲気を盛り上げています。
全体がナチュラルでも「引き出しを開けると、スティールのレール」は、よくある事です。
引き出しの中ですが、上部には何も施されていませんが
170526-7.jpg

下部は、両引き出しとも2枚の間仕切り板が付いていて、3つのスペースに分かれています。
170526-8.jpg

そしてありがたい事に取り外すことも出来るのです。
170526-9.jpg

間仕切りがあると、CD、DVDなどの収納にも便利です。
170526-10.jpg

中央のスペースには可動棚が1枚付いています。
170526-11.jpg

インテリアの観点から、ナチュラル、カフェ系を中心にシンプルやブルックリンと幅広く対応できそうです。
素材はオーク無垢材で、表面をオイルで仕上げています。
さて、価格ですが59,800円(税込)と、このクォリティから考えれば充分コストパフォーマンスの高いお値打ち商品だと思います。
オーク無垢材をオイルで仕上げたTVボードは、ナチュラル感や高級感をワンランク以上のものにしています。
この質感、雰囲気など是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

1615TVボード
¥59,800(税込)
幅150×奥行40×高さ46cm
※部分組立

スポンサーサイト
  1. 2017/05/26(金) 16:04:24|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年5月19日 七つの子

今週も春らしく暖かな日が続いています。
昨日は、黒い雲が雷鳴を引き連れ、街は大粒の雨に洗われました。
それは、まるで春を通り越して夏のようでした。
その後、晴れて日が差し込むと、日の長さを感じます。
最近、午後7時でも明るく、見ているだけで「つい1杯、スパークリングワインでも」となってしまいますが・・・・・多分、単なる飲みの理由付けです。
冬になれば、寒くて・・・ポケットに手突っ込んで・・・暖かなものとワイン・・。
それでもそれでハッピーになれば・・・これも言いわけか・・・・。
先日、白いカラスが京都で発見されたそうです。
個人的には、カラスそれほど嫌いではありません。
黒いというだけで、「気持ち悪い」という印象ですが、カラスに罪はありません。
もともと、黒が喪服や葬式のイメージであまり良くない上、ゴミを漁る害鳥、泣き声などカラス自体のイメージはよくありません。
カラスが悪くて黒い鳥が悪いのか、黒のイメージが悪くてカラスが悪くなったのか分かりませんが、嫌われ者は確かです。
自然災害の前兆なのか、カラスの少子化が原因か分かりませんが、下北沢ではあまり見かけなくなりました。
カラス、よく見るとけっこう可愛いものです。
都会のカラスは、少子化が進んでいるらしく「7つ」も子はいません。
そのせいか、大きくなっても親に餌をねだっている大きなカラスを見かけます。
怖くてゴミを漁ることができないのでしょうか。
親も「カラスの歌」(正式名称は七つの子)通り、子煩悩なのか「子離れ」しないように見えます。
大きなカラスが、屋根の上で親に向かって叫んでいると、どこからか親が飛んできて餌付けする光景を何度も見ました。
最近は、こんな光景もみられない程、カラスを見ません。

春から初夏にかけて、今週末NOCEのある地域のお天気ですが、ほぼ全地域で恵まれ絶好なお出掛け日和になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。




  1. 2017/05/19(金) 15:59:33|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年5月12日 オーク無垢材を使用したシェルフ

今週は、初夏のように暑い日が続いています。
今日も暑く、多分30度近くありそうです。
昨日は、空に真夏を思わせるようなモクモクと立派な入道雲が浮かんでいました。
まるで夏のようで、つい帰りにテラスの席で「一杯」やってしまいました。
とにかく気持ちのいい季節です。
ところで、暑くなると虫の季節ですが、パスポートの保管場所に防虫剤があると「ダメ」と外務省から注意喚起がありました。
パスポートの保管場所がチェスト、「暑くなってきたから防虫剤」・・・これがマズイ。
僕も海外出張が年数回あるため、ビックリです。
防虫剤で変色するそうです。 
また、「磁気の強いものと一緒」もICチップに影響するため「ダメ」だそうです。
磁気の強いパスモやスイカと一緒はマズイのでしょうか。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌を除いてぐずつき、日曜日は名古屋以西の地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければ全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、贅沢にオーク無垢材を使ったナチュラル感たっぷりな新商品のシェルフをご紹介させて頂きたいと思います。
170512-1.jpg

構造は、正方形にシェルフを構成したシンプルなものですが、随所にスパイスが効いています。
それは、なんと言っても素材にあります。
オーク材を無垢で使用し、表面をオイルで仕上げているもので、極めて贅沢に作っています。
170512-2.jpg

そして無垢材のため、天板とボトムのエッジにこのようなアールを付ける事が出来るのです。
170512-3.jpg

シェルフと言うと無垢材を使用するとコストが上がってしまうため、突板やフラッシュなどのパネルを組み合わせて構成する場合が殆どです。
よくある「カラーボックス」の組み合わせのようなものです。
構造上、どうしてもエッジは「角」になってしまい、全体的に硬さが残ってしまうのです。
今回ご紹介させていただくシェルフは、エッジにアールがあるため、またオークオイルとの相性もあり、シンプルな構造でも、とてもやわらかくナチュラルな印象になっています。
そのナチュラルな印象を大きく支えているのが、この円錐形テーパードの脚です。
170512-4.jpg

この脚により、北欧ミッドセンチュリーのテイストが加わり、
より全体をやさしい雰囲気にしています。
170512-5.jpg

インテリアの観点から、カフェ系
170512-6.jpg

ナチュラル
170512-7.jpg

ブルックリンとシェルフに主張があるため、幅広く対応出来そうです。
170512-8.jpg

170512-8-2.jpg

素材感の違うアイテムでも違和感はありません。
170512-9.jpg

タイプは、2×4サイズと
170512-10.jpg

2×3サイズの2種類ご用意させていただいております。
170512-11.jpg

素材は、オーク天然木無垢材をすべてのパーツに使用し、表面をオイルで仕上げています。
さて価格ですが、2×3が39,800円(税込)と2×4が49,800円(税込)となっております。
素材と仕上げから少し高額になりますが、素材感や雰囲気から考えればコストパフォーマンスは十分ある商品だと思います。
素材感や感覚、色など是非、実物をNOCE各店舗にてお確かめいただければと思います。

ブックシェルフ1618
¥39,800(税込)
幅70×奥行30×高さ119cm
※部分組立

ブックシェルフ1618
¥49,800(税込)
幅70×奥行30×高さ153cm
※部分組立


  1. 2017/05/12(金) 15:28:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年5月2日 NOCE SCONTO その後

世間的には、ゴールデンウイークの真っただ中です。 下北沢の街にも、そういった空気が流れています。 僕は、朝からトラック一杯納品です。 SCONTOに。 何故ならば、木曜日にオープンして土日を越したところで、かなり売れてしまい店内が「スカスカになってしまった」うえ、残った商品にも売約済みの赤札が多く、ゴールデンウイーク中「折角ご来店されたお客様に多大なご迷惑をおかけしてしまう」事が予想されるからです 倉庫から来る商品は、基本的に選べません。 「出たとこ勝負」なので何が来るかわかりません。 先程トラックから商品を降ろし、並べてきましたが、なんかクラシカルで若干ゴージャスなものもあり、先週とはまた少し違う雰囲気になっています。 また、梱包を開いたとき「これは今週の目玉になる!」という驚きの商品もありました。 下北沢は、演劇やライブ、古着、カフェ(ノルマーレ含む)も多数ありますので、何かのついでにSCONTOを覗いていただければと思います。 そこで掘り出し物もあるかも・・・です。 そしてライブや演劇の「はしご」も楽しいものです。 僕も、演劇のポスターだけで入る「ジャケ買い」的なことも時々します。 「当たり」の時は、ファンになることも・・・。

話変わって、ゴールデンウイークですが、僕はなにも予定がありません。 気が向いたら、「海でも行くかな」です。 後は、ベースとプールでしょうか。 プール、ノンストップクロール3キロのラップが少し縮まってきました。 どうも、ネットや本見て勉強すると、考えてしまうのでタイムが落ちるような気がします。 見るのは、プールの底と、秒刻みの時計のみです。 後は、「気持ちよくスピードがでているか」だけです。 ベースも同じでしょうか。 気持ちよくリズムに乗っているか・・・。 なんて、これが簡単にできれば、ここで文章書いてないと思いますが。 さてゴールデンウイーク、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日に全地域でスッキリしないお天気になるそうですが、残りの曜日は全地域で恵まれるそうです。 絶好のゴールデンウイーク日和になりそうです。 お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

  1. 2017/05/02(火) 17:17:21|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年4月28日 NOCE SCONTO(OUTLET)オープン

今週、春らしい陽気の日が続いています。
まだ朝晩、少し寒い日もありますが、もう来週から5月です。
そして、ゴールデンウイーク。
明日の土曜から、来週の月、火曜日を休んで「9連休の人もいる」との事です。
9日間も仕事離れたら、頭と体が帰ってくるまで時間かかりそうなので、今のところNO GOODです。
多分、5日が限界でしょうか。
今年も休みは、カレンダー通りなので限界の5日連休です。
空を見上げると、遠くに大きな入道雲が見えました。
春の最中です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌を除いてまずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

昨日、下北沢にNOCE SCONTOがオープンいたしました。
170428-1.jpg

読み方は、ノーチェ・スコントです。
170428-2.jpg

スコントとは、イタリア語でディスカウントを意味します。
170428-3.jpg

つまり、NOCE商品のディスカウントバージョン、アウトレット店になるわけです。
チョイ傷からデッドストックまで、倉庫に20年以上放置されたままの商品も展示されています。
現行NOCEのラインとは違い、まるで別の店のようです。
170428-4.jpg

と言うより、昔のNOCEです。
170428-5.jpg

そのためイタリアの商品が多く、ただ懐かしい・・・・。
当時の取引先は、ほとんどイタリアやポーランドでした。
1年に何度もイタリアに行きました。
そこで覚えたワイン、食事、チーズ・・・・違う、家具です。
よくイタリア人が「世界のチェアの80%をこのウディネ(北イタリア、ヴェネツィアの上あたり)で作っている」と自慢していました。
街の真ん中には、大きなチェアのオブジェがシンボリックに立っていました。
その後、通貨がユーロになり、リラのアドヴァンテージが低下する一方、中国の家具生産の成長とともにイタリアの家具生産は低下し、今では当時お付き合いしていた会社は、ほんの1社か2社位しかありません。

このテーブルは、チェルノ・エクステンションテーブル、80cm×80cmの正方形テーブルの下にある天板を左右に引き出して、長さを伸ばして使えるものです。
170428-6.jpg

当時、この機能とイタリアらしい色が人気で、どのくらい売れたか分からないほど売れました。
これは、チョイ傷で中古ではありません。
このキャビネットは、比較的新しいものです。
170428-7_20170428175318cdd.jpg

ポーランドが、スウェーデンの家具販売会社のオリジナルとして制作していたものを、輸入したものです。
見た目、キズなしです。(細かくチェックしたわけではないので詳細はわかりません)
ただ重い。
店内は、売れると入れ替わるため、何が出てくるかはお楽しみです。
170428-8.jpg

前回も触れさせていただきましたが、通り沿いにはカフェ・ノルマーレ、歩いて2分くらいのところにはNOCEもございますので、下北沢にお越しの際には是非、お立ちよりいただければと思います。


  1. 2017/04/28(金) 17:31:28|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
次のページ