NOCEの家具バイヤーズブログ バイヤー&スタッフのブログ
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年9月21日 インダストリアル系アームチェア(条件付き販売)

今週は、秋を思わせる涼しい日があり、また夏に戻ったような日がありと、季節の変わり目を感じる週でした。
今日は、9月で8年ぶりの低温だそうです。
長袖シャツ1枚では、かなり寒く感じます。
今週末も先週末に続いて3連休です。
日曜日は秋分の日、昼と夜の時間が同じになる日です。
これから最も昼間の長さが短くなる「冬至」に向かい、日が暮れていく時間が早くなっていきます。
夕焼けが最も奇麗な季節です。
暮れかかる午後、テラスのあるカフェで「泡」を一杯・・・・でしょうか。
3連休の絡む今週末のNOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は広島を除いてぐずつき、日曜日は全地域でまずまずとなり、連休最終日は札幌を除いて再びすっきりしないお天気になるそうです。
3連休、お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄り頂ければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、インダストリアル系でハードなイメージのアームチェアです。
20180921-1.jpg
ひと昔前なら、この種類のチェアは、モダンと呼ばれていました。
インテリアの世界で「モダン」というワードは、あまり聞かなくなりました。
今から25年位前、ミラノ・サローネ全盛時代当時、今まであまり見なかった斬新なデザインのソファやチェア、テーブルなどが、ミラノやケルンと言った主要な家具見本市に展示され始めました。
当時は、イタリアのチェアが世界の生産量の80%と言われる程、シェア率が高い頃でした。
今では、100万位するイタリアモダンでも20万から30万位で手に入りました。
赤いレザーに座高が低く、面積の広いシート、スクエアデザイン、見ているだけでも顔がほころんでしまうほどです。
家具生産地も他の商品同様中国に移り、イタリア通貨リラの事実上の切り上げとなった統一通貨ユーロの導入で、イタリアの家具工場は、減少していきました。
モダンインテリアは、もう少しミックスされたイメージで、例えば「和空間」にモダンなど現在でも名残はあります。
話を戻して、今回ご紹介させていただくチェアのデザインですが、脚と座面部分は、T3534M1チェアと共通で、アメリカ系スティールチェアの象徴的なものです。
20180921-2.jpg
20180921-3.jpg
アームと一体化した
20180921-4.jpg
背もたれは、曲木チェアを彷彿させるデザインで、丸く大きく湾曲しています。
20180921-5.jpg
この丸みが、「スティールが持つ冷たさ」をある程度和らげているのです。
背もたれと
20180921-6.jpg
アームレストのデザインは共通のものです。
20180921-7.jpg
アームレストの角度は、床に対し平行なため、アームを預けた時の違和感はありません。
カラーは、ガルバナイズドと
ブラック(艶消し)の2色となっています。
インテリアの観点ですが、インダストリアル、ブルックリン、カフェが中心となりますが、ネオ・ノルディックやシンプルでもいけそうです。
合わせるテーブルとして、TC140-70Mテーブルは、同じ工場なので素材感も共有されるのでお勧めです。
また、SLO-01テーブルにするとSLOの木質感もあり、カフェ系やブルックリンの印象になるでしょう。
MK-Z-008-160などオーク無垢材系テーブルなら、異素材感とデザインの融合が楽しめ、特にブラックを4脚そろえると、ブルックリン系のかなりインパクトがあるインテリアが実現出来そうです。
また、スタッキング(縦に積み重ねる)もできるので、使用しない時に重ねて置け、それがまた、お部屋のインテリアのアクセントにもなるでしょう。
さて、価格ですがブラックが7,980円(税込)とガルバナイズドが12,800円(税込)とインパクトがありながらリーズナブルで、手軽に難しいインテリアに挑戦できます。
先週に引き続き、こちらも条件付き販売となってしまいました。
このチェアは、スタッキングして入荷するため、細かい傷が付いています。
スタッキングせずにコンテナに入れると、スタッキングが4脚のため、4分の1しか積めません。
そのため、止むを得ず出荷させました。
インダストリアルやブルックリン系と言う事で御了承いただければと思います。
「そのマイナス点を加味しても価値はある」と思っています。
実物を是非NOCE各店にて、お確かめいただければと思います。

スポンサーサイト
  1. 2018/09/21(金) 17:24:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年9月14日 今を感じさせるソファー(条件付き販売)と送料の値下げ

今週から暑かった日も落ち着き、少し初秋を感じる日が続いています。
さて、NOCEでは画期的なイベントを実施することになりました。
配送料の値下げです。
えーー!この運賃値上げラッシュのなか?
まず、ある配送業者さんから、「家具の宅配はNG」と突然お達しがあり、今までの「玄関渡しのリーズナブルな配送」が出来なくなってしまいました。
そして、業界の人手不足もあり、配送会社各社で運賃の大幅値上げです。
これにはやむを得ず、従来の配送料金に加算し対応してきました。
物を動かせば必ずお金がかかります。
配送料は、無料ではありません。
商品代金に上乗せするか、別途いただくかのどちらかです。
NOCEは、透明性を維持するため、別途いただいてきました。
すると、福岡や札幌のお客様は、「20,000円のソファーに20,000円近い送料払う」となってしまいました。
手の届く価格が、いきなり手の届かない価格になってしまうのです。
そこで、送料をNOCEで少し負担し、値下げする事にしました。
詳しくは、各店またはオンラインショップでご確認いただければと思います。
送料表は下記の通りです。
送料表_01

今週末、3連休の絡むNOCEのある地域のお天気ですが、札幌と福岡を除いて3連休ともくもりや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
晩夏と初秋の狭間、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、インダストリアル、ブルックリンから派生した、ネオノルディック系ソファーをご紹介させていただきます。
20180914-1.jpg
このソファーを初めて見たのは、取引先のメーカーからの画像でした。
その画像は、今回のソファーではなく、別のソファーに新しい生地を張ったものでした。
そして画像の片隅に小さく写っていたソファーの「格好よさ」に電気が走ってしまいました。
問い合わせたところ、欧米からの特注だと言われました。
「なんとか買うことは出来ないのか」と交渉の末、今回の買い付けとなったのです。
デザインの特徴は、線の細い黒のメタルフレームです。
20180914-2.jpg
黒いメタルフレームを使用したソファーは、インダストリアル系でもよく見かけますが、割と線の太いフレームを使用し、無骨なイメージを強調したものが多いように思います。
それらをUS系とすれば、今回のソファーはユーロ系となるのでしょう。
分類すれば、やはりネオノルディックにカテゴライズされると思います。
デザインのアイコンは、まずフレームと一体化したアームにあります。
20180914-3.jpg
大きくありながら繊細なイメージは、インダストリアルとは違う印象になっています。
また、そのボトムから斜線に伸びるバックシートを支えるフレームの角度とアームの割合は、絶妙なバランスで、直線の美しささえ感じます。
20180914-4.jpg
そして張り地にベルベットを使用することにより、高級感が増し、細めなフレームと絡んで独特なイメージになっています。
20180914-5.jpg
シートと背もたれですがデザイン上、厚い形状ではスポイルされてしまうため、薄いものになっています。
20180914-6-1_20180914145930a60.jpg
ソファーの命でもある座り心地に影響があるかと思いますが、これを補うため高密度ウレタンを使用しています。
これにより勿論「ふかふか感」はありませんが、硬質な中に心地よく沈んで腰をサポートする気持ちよさがあります。
インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル、ネオノルディックを中心に、シンプルやモダン、合わせる家具にも寄りますがカフェ系までと個性が強いわりに、それほど限定されません。
タイプは、1シーター
20180914-6-2.jpg
2シーター
20180914-7_20180914145936583.jpg
3シーターの3タイプの御用意になっております。
20180914-8_2018091414593687d.jpg
3シーターの背もたれは、横幅が長くなるため、このような補強が施されています。
20180914-9_2018091414593659b.jpg
シートと背もたれの素材は、ベルベットでカラーは、ブルー
20180914-10_20180914145936b6b.jpg
グリーン(エメラルド・グリーン)
20180914-11.jpg
グレーの
20180914-12.jpg
3色の展開になります。
20180914-13.jpg
合わせる家具をブルックリン系でコーディネートすると、かなり上質なインテリアが演出できそうです。
20180914-14-1.jpg

20180914-14-2.jpg

20180914-14-3.jpg

20180914-14-4.jpg

さて、価格ですが1シーターが25,800円(税込)、2シーターが43,800円(税込)59,800円(税込)とこの雰囲気を考慮すれば十分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
ただし・・・と書かなくてはいけないのは、大変残念かつ恐縮なことです。
実は、このフレームには「こすれキズやハゲ」があります。
現在、メーカーと交渉中ですが、全て交換としても時間がかかります。
最終的には、「キズのあることをご了承していただいた上の条件付き販売」となってしまいました。
キズの詳細は、ひとつひとつ違うため残念ながら、ご説明ができません。
また、フレームの塗装がマットなため、タッチアップも難しい状況でございます。
デザインがインダストリアル系なので、フレームの傷もデザインとしてご理解いただければ・・・ですが。
これは、ソファーメーカーが外注でフレームのみを発注し、これに対しメーカーも「返品できずに出荷した」と思います。
本来の価格よりは、安く値段設定をいたしました。
「新商品をより早く」が裏目に出てしまいました。
おそらくNOCEの店舗の展示も同じ状況かと思いますが、キズの部分を差し引いてもそれ以上に雰囲気や座り心地、そして「今」を感じさせるソファーです。
実物を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
RIMG2124 (002)
RIMG2127 (002)
RIMG2125 (002)
RIMG2126 (002)
RIMG2123 (002)

  1. 2018/09/14(金) 15:23:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年9月7日 デニム地を使ったソファー 2

今週、日本は2つの大きな自然災害に見舞われた週でした。
まず、今回の災害で犠牲になられた方々に謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
そして、負傷された方々、また被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

台風21号は大きな勢力を保ったまま、関西に上陸しました。
NOCE梅田店と堀江店、名古屋店は上陸が予想されていた火曜日に臨時休業とさせていただきました。
台風は上陸後、北上しました。
その夜、東京もかなり強い風が吹き、その強さを感じました。
梅田店の前の街路樹が、強風に根元から持って行かれたそうです。
NOCE名古屋店の「NOCEフラッグ」は、2本とも引きちぎられて、クサリだけになってしまいました。
おそらく、「かつて経験したことがない台風」だったかと思います。
そして、勢力が弱まったとは言え、その台風が北海道沖を通過した5日、翌日の6日未明に北海道、胆振地方を震源とする震度7のおおきな地震がありました。
NOCE札幌のある札幌では、街の電力が停電し、通信や交通もマヒ状態になりました。
札幌店スタッフは、全員無事でしたが、連絡が取り難い状態が続いています。
現在も地下鉄もJRも止まったままで、信号も停電で機能しないため、交通はほぼマヒ状態が続いています。
勿論、NOCE札幌店もオープン出来ず、今現在も目途は立っていません。
復旧を待つばかりです。
週末、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も先週に引き続き、新たにデニム生地を使用したソファーを御紹介させていただきたいと思います。
はじめにHY5822から。
20180907-1.jpg
丸く「コロン」としたデザインが特徴で、ブラウン、グリーン、チェックなどの生地を使い、カジュアルなイメージの人気ソファーです。
かわいいフォルムにデニムの粗さをプラスすることで、ユニセックスなイメージになりました。
20180907-2.jpg
その昔、ジーンズが日本に入って来た頃は、男子専門でした。
女子がジーンズ?・・と「不良っぽい」イメージでした。
女子が「ジーンズを身につけることが普通になった」歴史は、最近の事かと思います。
もともと作業着で、「男っぽさ」の象徴でもあったブルージーンズの名残なのか、デニムには無骨なイメージがあります。
それが、現在のインダストリアルを代表とする「男前インテリア」にマッチするのでしょう。
サイドビューもあまり粗さを感じません。
20180907-3.jpg
小ぶりながら、シートも深く座り心地も抜群です。
20180907-4.jpg
張り地のデニムは、ウォッシュのかかった薄めのブルーになっています。
20180907-5.jpg
インテリアの観点ですが、それほどイヤミがないため、カフェ、ナチュラル、西海岸、ブルックリンと「やわらか系」にも「ややハード」にも幅広く対応できそうです。
価格は、シートにポケットコイルのスペックは変わらず27,800円(税込)となっています。
気軽にカジュアル系インテリアを試すには、お手頃な価格です。

次は、HY0251のバージョンです。
20180907-HY0251-1.jpg
こちらは、先程のソファーよりデザイン上「角」が強調されているため、少し硬めな印象になっています。
デニムとの相性で現行のファブリックより、少し「甘さ」が抜けています。
サイドビューも角が強調され、デニムの無骨さが程よく表現されています。
20180907-HY0251-2.jpg
デニムとダークブラウンの脚との相性もグッドです。
20180907-HY0251-3.jpg
シートと背もたれ上にあるテキストがデニムの粗さを抑え、全体的にクセのない雰囲気になっています。
20180907-HY0251-4.jpg
タイプは、2シーターと
20180907-HY0251-5.jpg
3シーターの2タイプのご用意となっています。
20180907-HY0251-6.jpg
3シーターは大柄な分だけ、存在感もあります。
20180907-HY0251-7.jpg
インテリアの観点ですが、カフェ、ナチュラル、西海岸、ブルックリン、ネオノルヂックやインダストリアルとモダンを除けば、ほぼオールマイティと言えそうです。
価格は、シートのポケットコイルは変わらず、2シーターが24,800円(税込)、3シーターが28,000円(税込)と、こちらもお求め易い価格となっております。

デニムとフォルムの相性、フィーリングなど是非、NOCE各店にてご確認いただければと思います。
 
  1. 2018/09/07(金) 17:02:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年8月31日 デニム地を使ったソファー 1

今週、8月最終週にもかかわらず、ガッツリ暑い日が続いています。
梅雨明けの7月から、2か月です。
連日35度以上の日が続きました。
日曜日、下北沢で温度を計測すると39.5度でした。
インフルエンザです。
そしてその晩、すごい雷の嵐でした。
光と雷鳴が同時の雷が連続し、短時間ですが停電しました。
そして「月曜から涼しくなるかも」と期待していましたが、また35度が続いています。
先週、「こんなに赤くなるの」的な見事な夕焼けが、下北沢の空を覆いました。
ブログ画像別候補
秋は近いのでしょうか。
明日から9月です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌を除いてぐずつき、日曜日は札幌、新潟をのぞいて、曇りや雨といったあまりスッキリとしないお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにいお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週から、デニム地を使ったソファーを2週にわたって御紹介させていただきたいと思います。
現行リリース中のモデルに、新しくデニム地を追加したもので、1つは7182の1シーターと2シーターで
20180831-1.jpg
もう1つは、7220になります。
20180831-2.jpg
まず、「何故デニムなのか」です。
デニム生地と言えば、ジーンズが最も象徴的でしょう。
何と言ってもアメリカです。
1800年後半、ゴールドラッシュ時代の鉱夫のワークパンツとして生まれ、その後「作業用パンツ」として定着していきました。
これが、1950年代のアメリカ映画で主演男優が着用していた事から、ファッションとして一大ブームとなりました。
日本では、アメリカの中古として1950年後半から、ファッションとして始まり1970年のテレビドラマで有名男優が着用していたこともあって、ブームとなりました。
当時は、ジーンズではなく「ジーパン」でした。
僕は、「GIが履くパンツ」でGパンだと思っていましたが、ジーンズ・パンツの略という説もあるそうです。
ジーンズは、規則や慣習に縛られないと言った自由の象徴でもありました。
僕も当時、まだウォッシュタイプが少なかったころ、「ピカピカのブルージーンズ」がいやで、買ってきたその日に親の目を盗んで、浴槽に水を張って、ピカピカのジーンズを履いたまま湯船につかって、よく軽石で擦ったものです
当然、持ちが悪くなるため、当時高価だったこともあり「物を粗末にするな」と親に怒られました。
穴のあいたジーパンとジージャン(デニム地のジャンパー)で成人式に出席して、「大人の言いなりになるくらいなら、子供のままでいいじゃん」的な・・・・うわーーーめっちゃ恥ずかしい・・・・事もありました。
それなら「むしろ成人式に出なきゃいいじゃん。出席することそのものが迎合なんだよ!」って、ごもっとも!・・・ですよね。
さて、カジュアルファッションのイメージが強いデニム地ですが、インテリアではどんな要素があるのでしょうか。
その昔、アメリカン・カントリーが流行ったことがありました。
アーリーアメリカンスタイル、当時は、特にシェーカー系の家具が主流でした。
その派生形にアメリカン・ビンテージがありました。
アメリカ開拓時代を思わせる、少し粗野で武骨な感じで、起毛の牛革カーペットに樽を使ったテーブル、手作り風なキャビネットとチェア、馬車の車輪、そしてデニム地のソファーです。
そして壁には、忘れてはいけない星条旗でした。
現在のインダストリアルの原型とも言えるインテリアかと思います。
当時は、カントリーブームの流れもあり、そこそこ地位は築けましたが、「一部の愛好者」に留まっていました。
最近、このアメリカン・ビンテージとインダストリアルがミックスされて理解されているようですが、時代背景が違うため、別物です。
アメリカン・ビンテージは、インダストリアルより古い、マニュファクチュア(手工業)が時代背景で、インダストリアルは、使い古した工場の部品を利用するイメージなので,むしろ現代とも考えられます。
デニム系ソファーは、この流れでインダストリアルを経由し、ブルックリン、そしてそのカジュアルさから「西海岸スタイル」までアメリカ系インテリアの象徴的なアイテムになっています。

今回、採用したソファーは、デニムソファー特有のモサッとしたルーズなイメージではなく、ある程度「NOCEのラインナップから逸脱しない」モデルで、お手頃価格でデニムソファーを試すことができるアイテムに限定しました。
これは、7182の1シーターです。
20180831-3.jpg
デニムとは思えない程、スッキリと仕上がっています。
フレームのウォルナットとインディゴのコントラストもグッドです。
20180831-4.jpg
2シーターは、デニムの面積が多くなるため強調されますが、こちらもスッキリと上品な仕上がりになっています。
20180831-5.jpg
デニムフィールは、このような感じです。
20180831-6.jpg
インテリアの観点ですが、カフェ、ナチュラル、シンプルからブルックリンまで、あまりデニムを意識せずに対応できそうです。
価格は、1シーターが19,800円(税込)、2シーターが26,800円(税込)になっています。
もうひとつのソファー7220のデニムですが、こちらはフレームがない「張りぐるみ」(全体をカバー)になるため、デニム色が7182より強調されます。
20180831-7.jpg
ただ、ボディのデザインが全体的に「角」なので、デニムの「タルさ」がありません。
サイドビューの方が分かり易いかと思います。
20180831-8.jpg
デニムフィールは、「いい感じ」で表現され、カジュアルというより高級感さえ漂っています。
20180831-9.jpg
インテリアの観点ですが、カフェ、ナチュラル、ネオ・ノルデッック、ブルックリン、西海岸と「今」をリードしているインテリアに程よく対応してくれそうです。
価格は、34,800円(税込)と大変お手ごろな価格となっております。
今回、御紹介させていただいたデニム地を使ったソファー、デニムの持つフィーリング、タルくない表情、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。


  1. 2018/08/31(金) 16:45:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年8月24日 リニューアルされたERIKAソファー

今週は、台風の上陸もあって不安定なお天気が続きました。
関西に上陸した台風20号ですが、「日本海を抜けて、なんと津軽海峡を渡って太平洋に再び出る」予報になっています。
しかも、19号をインコースで抜いて「19号が後から着いてくる」ようです。
不思議なコースを辿る台風です。
昨晩、関西に上陸した台風ですが、かなり広範囲な暴風雨圏があり、関東でもかなり強い風と雨をもたらしました。
現在、金曜日の午後ですが、まだ強い風が残っています。
今週末は、なかなか台風一過の青空とはいかないようです。
NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、関東、仙台を除いてくもりや雨とあまりスッキリしないお天気で、日曜日は、新潟を除いて恵まれるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、生地を新たにしたERIKAソファーを御紹介させていただきたいと思います。
20180824-1.jpg
ERIKAソファーは、フランス人デザイナーによるもので、ラウンジ系やネオ・ノルディック系としてベルベット生地を使用しリリースしました。
ベルベットのカラーは、雰囲気に合わせて薄いものを選択し、特徴でもある脚も天然木をナチュラルで仕上げて柔らかなイメージになっています。
そこで「もう少しハードな印象を」と考え、今回のPUを採用してみました。
カラーは、ブラウンと
20180824-2.jpg
グレーの2色になります。
20180824-3.jpg
そして脚の仕上げもナチュラルからウォルナットに変更しました。
20180824-4.jpg
この2点の変更により、現行ERIKAとは全く別のイメージとなっています。
サイドから見ると曲線を強調するデザインが生かされたまま、
20180824-5.jpg
少しハードな印象が加味されたことがわかります。
20180824-6.jpg
ハードな印象が加わったことによって、ブルックリンなどのややハードから、ハードなインダストリアルまで幅広く対応できるようになりました。
ただ、シートのカラーで少しインテリアのニュアンスが異なります。
ブラウンの場合は、ビンテージの色が濃くなるため、カフェ系、ナチュラル、北欧シンプルが中心になるかと思います。
20180824-7.jpg
グレーの場合は、ブルックリン、インダストリアル、ネオ・ノルディックが中心になりますが、個性が強いため、合わせる家具を考えれば、わりとオールマイティーに対応できそうです。
20180824-8.jpg
スペックは基本的に、ベルベット仕様と変わりません。
価格は、59,800円(税込)となります。
やや甘い表情を持ったERIKAソファーに、ハードなエッセンスを加えた今回のリニューアル、雰囲気やフィーリングを是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

  1. 2018/08/24(金) 15:32:27|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
次のページ