NOCEの家具バイヤーズブログ バイヤー&スタッフのブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2017年8月18日 2017年 夏休み


今週は、水曜日まで先週の金曜日から夏休みをいただいていました。
先週のブログで例年のように・・・とありましたが、仕事がらみのゴタゴタで例年のようにできたのは、海だけでした。
そのため夏休み感、あまりありませんでした。
そういえば今年の夏は、「変わった台風」だけではありません。
とても涼しく雨が続いています。
この雨が、来週の火曜日まで続くと夏の降雨日の連続記録更新だそうです。
そして、2003年以来の「大冷夏」になる可能性もあるのです。
今(2時5分)、下北沢に雨が降ってきました。
今日も「雨の日」の記録更新です。
涼しい夏、すごしやすく助かりますが、農作物への影響が予想されます。
ただでさえ節約モードのうえ、食料品高騰となると消費には厳しいことになりそうです。

さて、今週末NOCEのある地域のお天気ですが、関東、新潟、仙台の土日は雨や曇りとスッキリしないお天気になるそうですが、他の地域は恵まれるそうです。
雨の記録、関東は続きそうで、火曜日も雨の予報なので「記録更新かも」です。
関東は、暑くなく街のお出かけには良さそうです。
季節外れの雨の夏でしょうか。

お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の後来店を心よりお待ち申し上げております。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/18(金) 15:21:53|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年8月10日 成型合板で作ったカフェチェアと2017年夏休み

今週、前代未聞の台風5号が、先週このブログで述べたように日本列島をまるで滑走路のように、太平洋沖で旋回して列島を縦断しました。
この台風は、進路だけではなく寿命も歴代3位の長寿台風となりました。
台風一過の昨日は、フェーン現象で38度くらいの強烈な暑さでした。
さて、明日は「山の日」で国民の祝日です。
去年の8月11日から、始まった祝日ですが、「山に親しむため」だそうですが、あまり大きな意味はなさそうです。
「8月に祝日がないため」とか「お盆休みにつなげるため」と諸説ありますが、祝日なのでお休みします。
というわけで、今年はこの山の日が金曜日のため、明日から土日含む8月16日まで夏休みをいただきます。
夏休みの計画・・・今のところなしです。
1日は、海に行きます。
多分、九十九里です。
例年の都内ホテル1泊し、プールで水泳合宿ですが、今年は海外からの旅行客の増加で宿泊費が下がらないため計画できません。
どこか安く泊まれれば一泊でしょうか。
最近、クロールのタイムを縮めるため、2ビートキックを取り入れています。
3キロ60分の壁が越えられず、悩んでいました。
通常、長距離を連続して泳ぐ場合、ほとんどキックには頼りません。
腰が沈まない程度に打つ感じです。
ところが「このなんとなくバタ足」がまずいことに気がついたのです。
一切バタ足をせずに足をのばしたまま泳ぐ時と「なんとなく」を比較したところ、なんとバタ足なしで泳ぐとタイムが伸びる事がわかりました。
うーーん、つまりバタ足が正しくなく、ただのブレーキになってしまっていたわけです。
ただ、バタ足なしでプールを60往復ノンストップで泳ぐには、相当な腹筋力があるか、魚にならない限り無理です。
そこで、2ビートです。
手で水を掻く時にワンキック入れるわけです。
こうすると「なんとなく」より早く進みますが、慣れないと疲れが倍増です。
姿勢もよく、安定感がないとうまく進みません。
30分くらい泳ぎ続けるころから、だんだんわからなくなってきます。
そして、どこからか「なんでこんな疲れることやってんるんだ?」と悪魔の囁きが聞こえますが無視します。
ここのところ、そういう時はもとの「なんとなく」に戻して「ああーやっぱりこれじゃダメだ」と反省しながら2ビートに戻しています。
今年のホテルプールと言えば、ナイトプールにインスタ女子が殺到だそうです。
そこをガチで泳ぐ男子が、「なにしに来てんだ」と泳いでユーチューブにアップして話題になっていますが、ガチ男子、もし当たって怪我させたら、損害賠償、もしくは業務上過失傷害で簡裁送りの前科1犯になる可能性があります。
クロールやバタフライは、競泳用プールで泳ぎましょう。
というより、この行為自体理解できませんが、新しいナンパの手段ならしょうがないかも。

それでは、良い夏休みをお過ごしください。

今週は、成型合板を組み合わせて作った「今風」なカフェチェアをご紹介させていただきたいと思います。
20170810-1.jpg
デザインは、ここ数年よく見かけるようになった成形合板を丸くして、「背もたれとアームをシェル型にする」ものです。
商品は、「いいけれど価格も高い」でなかなか手が付けられませんでした。
確か、1回TON社で扱ったことがありましたが、やはり高額で期待通りに売れませんでした。
TON社以外でもヨーロッパだけではなく、アジア各国からもリリースされていますが、「感度のいいものは高く、安いものはダサい」となかなか納得いくものはありませんでした。
勿論「ダサくて高い」は論外です。
さて、今回のチェアは、デザイン、価格、座り心地と3拍子揃っています。
デザインの特徴は、第一に丸く成型された背もたれと
20170810-2.jpg
シートをアーム部分で接合し、一体化させている点です。
20170810-3.jpg
この事によりシート、アーム、背もたれがひとつになって全体を丸いイメージにしているのです。
20170810-4-1.jpg
「これぞ成型合板の成せる技」です。
そして脚も成型合板で、程よく外側に開いた状態で「本体を乗せた感じ」で付いています。
20170810-4-2.jpg
このハの字にデザインされた脚が本体の丸さと綺麗にマッチングし、チェア自体をより柔らかいものにしています。
インテリアの観点から、カフェ、ラウンジ、ブルックリンが中心ですが、シートをファブリックで選択すればシンプルやナチュラルでも対応できそうです。
曲線が強調されているデザインのため、クセがなく幅広いインテリアで活躍しそうです。
また、デザインの優秀性だけではなく、丸い背もたれと一体化したアームは、抜群の座り心地も与えています。
素材は、シートと
20170810-5.jpg
脚にウォルナット天然木成型合板(プライウッド、積層合板とも言います)を使用しています。
20170810-6.jpg
シートのカラーは、グレーファブリック
20170810-7-1.jpg
ブルーファブリック
20170810-8.jpg
ブラックPVC(ビニールレザー)の3色になります。
20170810-7-2.jpg
そして価格ですが、12,000円(税込)とこのデザイン、素材、パフォーマンスを考えれば格安と言えるでしょう。
チェア自体が小ぶりなため、圧迫感がありません。
バランスのとれた美しいデザインと、抜群な座り心地のチェア、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
  1. 2017/08/10(木) 14:45:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年8月4日 新しい発想で作られたシェル型チェア

今週、8月に入りましたが、夏とは思えないほど涼しい日がありました。
2日前の朝、窓ガラスが曇っていたので窓を開けると、まるで「高原の朝」のように涼しく少し肌寒く感じられました。
天気は、梅雨明け宣言から梅雨入りしてしまったように、くもりがちな日が続いています。
全然、夏らしくありません。
奇妙な動きをする台風5号は、まるで空港が混んで降りられない飛行機のように円を描いて九州に向かっています。
しかも、勢力がアップしています。
「こんな台風あった?」です。
そして11号が発生していますが、なんとアリューシャン方面にむかっています。
この2つの台風は、「まるで日本を避ける」ように見えます。
夏らしくない夏と奇妙な台風は、関係があるのでしょうか。
連日猛暑日ではないので助かりますが、9月にドカーンと暑い日が来るのか、このまま夏が終わってしまうのか、どちらにしても農作物が心配です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、福岡の日曜日は台風の影響で崩れる以外は、曇りや晴れとまずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、少しアヴァンギャルドな背もたれを持つチェアをご紹介させていただきたいと思います。
20170804-1.jpg
デザインの特徴は、大きなシェル型の背もたれの形状につきます。
20170804-2.jpg
このデザインが全体のイメージを大きく支配しています。
バイイングは今年の3月で、その形に驚かされました。
そして木製シートと脚に、大きな扇形をした背もたれとのマッチングも見事です。
20170804-3.jpg
担当者にこの大きな背もたれの素材を聞くと、なんとP.P(ポリプロピレン、プラスッティック素材)でした。
PPと木のハイブリッドチェアはよく見かけますが、そのPPに布を張るチェアは初めて見ました。
通常、木製とPPのハイブリッドは、木製のナチュラル感と異素材であるPPのカラーリングや形状を融合させるため、PP素材を強調させています。
このPP素材を布でカバーするとPPの素材感は消え、形状のみが強調されることになるのです。
サイドから見ると「ただのファブリックとウッドのチェア」でないことがわかります。
20170804-4.jpg
あえてPPを使い、その素材を強調させず布を使う発想は、今まで見たことがありませんでした。
勿論、このシェルを木製で考えると相当な技術とコストがかかってしまいます。
そして木製シートですが、オリジナルはナチュラルのみでした。
20170804-5.jpg
そこでウォルナット色をリクエストし、色サンプルを作ってもらったところ、表の色サンプルの裏側が半分に試し塗りのような色になっていました。
「これがなかなかいい色」だったため、この色でシートを塗りました。
ちなみにコードは「サンプルの裏の色」です。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル、ブルックリンからモダンまで、デザインにインパクトがあるのでほぼオールマイティーに合わせられそうです。
このようにややクラシカルなチェアと並べても違和感がありません。
20170804-6.jpg
脚の素材は、ブナ天然木でウォルナット色で
20170804-7.jpg
シートのファブリックカラーはグレーと
20170804-9.jpg
ブルーの2色になっています。
20170804-10.jpg
価格は18,000円(税込)になります。
大きなシェルは、アームチェアのように使え、包み込まれるような座り心地を与えてくれます。
この座り心地やデザイン、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

DCS099チェア
¥18,000(税込)
サイズ :幅59×奥行54×高さ77(46)cm

  1. 2017/08/04(金) 16:28:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月28日 オーク無垢材で作られたドレッサー

今週、梅雨が明けたはずでしたが、ぐずついた日が続いています。
特に一昨日の夜は、涼しささえ感じられました。
天気図を見ると、まだ梅雨前線が関東地方にかかっていました。
その上、奇妙な動きを見せる台風5号。
東北地方に居座る梅雨前線に阻まれているのか、太平洋の海水温の低さに妨げられているのかわかりませんが、珍しい動きなのは確かです。
勢力の強いオホーツク海高気圧のおかげで今日も「夏!」の日ではありません。
台風の影響っぽい空には、様々な色をした雲にところどころ切り取られた青い空がありました。
下北沢では、老舗の「パン屋アンゼリカ」が長い歴史に終止符を打とうとしています。
たて文字ベーカリーでカレーパンが有名でした。
またひとつ、下北沢の店が無くなっていきます。
今月末がラストなので連日行列です。
そういえば、来週からもう8月です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、仙台、新潟、関東はくもりや雨とあまりはっきりしないそうですが、ほかの地域はまずまずと恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際にはぜひNOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材を使用し表面をオイルで仕上げたドレッサーをご紹介させていただきたいと思います。
20170728-1.jpg
デザインは、4本の足に本体をのせたシンプルな構造になっていますが、外側に向かって開くテーパードレッグが、北欧ヴィンテージのエッセンスを全体に与えています。
20170728-2.jpg
この柔らかいデザインに対し、表面をオイルで仕上げたオーク無垢材を使用することにより、重厚さや高級感が加味されました。
20170728-3.jpg
この2つの要素がミックスされ、「甘すぎず、強すぎず」と絶妙なバランスをもったドレッサーになっています。
特にオイル仕上げや
20170728-4.jpg
オーク無垢材の使用により、木目が強調されより上質なものにしています。
20170728-5.jpg
たたんでいたミラーは、
20170728-6.jpg
あけると、面積があります。
20170728-7.jpg
NOCEスタッフによると「大きくて顔全体が見えやすい」そうです。
ミラーの下は、このように区切られていて、コスメなどの収納に役立ちそうです。
20170728-8.jpg
ドレッサーという機能面だけではなく、デザインと素材からインテリアの価値も高く、またデスクとしての汎用性もあるのです。
20170728-9.jpg
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプル以外に、オーク無垢とオイル仕上げの重厚さから、ブルックリン系でもいけるかと思います。
素材は、オーク天然木無垢材で、表面はオイルで仕上げています。
さて、価格ですが48,000円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば高価とは思いません。
木目が強調された重厚感のあるドレッサーは、リビングに置いても全く違和感がありません。
このフィーリングや質感を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

ドレッサー1614
¥48,000(税込)
サイズ :幅105×奥行45×高さ114(75.5)cm


  1. 2017/07/28(金) 15:53:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月21日 下北沢とワインと夕暮れと

今週、関東地方も梅雨が明けました。
ちょうど先週、ゲリラ豪雨のような雨が雷を伴って降った翌日で、「梅雨明けの雷」とセオリー通りに梅雨が明けました。
ただ、例年のように梅雨明けと同時に「ドカーンと猛暑日の連続」ではありません。
今日も日陰には、涼しい風が吹いていました。
猛暑は、8月にやって来るのでしょうか。
夏本番、序の口の今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌、仙台、新潟の土日を除いて恵まれるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

梅雨明けした関東地方ですが、今年の梅雨はあまりジメジメした感じがなく、むしろサッパリした感じでした。
そこで「何がよかった?」と聞かれれば、「最高に夕焼けが楽しめた梅雨でした」と答えてしまうほど、感動的な夕焼けが下北沢の空一面を覆っていました。
まず、この時期は夏至を含んで日が長く8時近くまで暮れなずんでいます。
そして、夕焼けのピークが7時位と、6時前からディナーを開始すると「いい気持ち」でピークを迎える事が出来るのです。
そして、夕焼けに欠かせないのは、雲です。
夕焼けの主役は、雲なのです。
梅雨時期の水分の多い雲と、長い日の組み合わせはベストなわけです。
しかも、6時から飲めると。

梅雨の最中、夕暮れが近付くとワクワクしながら空を見上げます。
よし!今日はいけそうだ!と下北沢の6Fにある「ワインとフレンチ」の店に予約を入れました。

家を出て空を見上げると
20170721-①
暮れかけた空が街を覆っていました。
20170721-②
「まだ間に合う」と急く気持ちを抑えながらレストランに向かいます。
席に着くと、まるで絵画のように窓に切り取られた夕焼けがありました。
20170721-③
日が沈んでいきます。
20170721-④
これからが「一番」です。
20170721-⑤
雲が
20170721-⑥
染め上げられていきます。
20170721-⑦
徐々に
20170721-⑧1
色を
20170721-⑧2
失っていくと
20170721-⑨
ひかり始めました。
20170721-⑩
グラスにシャンパンと雲を注いで夕空に捧げます。
20170721-⑪
瞬きの光はとても切なく
20170721-⑫
儚く消えていきます。
20170721-⑬
藍色の空にソーヴィニオンブラン(白ワインぶどうの品種)
20170721-⑭
雲は形を失い、下北沢の街が淡い青に包まれると
20170721-⑮
空は、その名残を惜しむように群青に変わり
20170721-⑯
雲は形を変えながら
20170721-⑰
青い帳の向こうに消えていきました。
20170721-⑱
漆黒には、メルロー(赤ワインのぶどう品種)で。
20170721-⑲
窓の下の街は、始まったばかりの夜の喧騒を謳歌していました。



  1. 2017/07/21(金) 17:07:02|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
次のページ