NOCEの家具バイヤーズブログ バイヤー&スタッフのブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年7月20日 ビンテージ系ラウンジチェア

今週も強烈な暑さが続きました。
最高気温が38度でも、あまり驚かなくなりました。
むしろ最高気温33度と聞くと、何か「凌ぎやすい」と感じてしまいそうです。
梅雨が記録的に早く終了し、太平洋高気圧の勢力が強いためだそうですが、この暑さヨーロッパでも同じだそうです。
先日、チェコのTON社の担当とメールのやりとりの過程で、彼は早めの夏休みを取って家族でトルコに行ってきたそうです。
連日38度の気温で「肌は焼けるし、うんざり」して「早くチェコに帰りたい」と思って帰ると、「チェコも暑さは変らないくらいか、むしろトルコより暑いくらいだ」と綴られていました。
お隣の韓国も、家畜が大量に暑さでやられたり、死者が出たりと大変なことになっているそうです。
日本でも農作物が心配です。

実は、今週この暑さの中、オフィスの空調が故障してしまい、サウナ状態での仕事となっていました。
部屋の温度が36度と「なんにも集中できず」でした。
メンテナンスの方も「こういったトラブルが多出で、人が足りなくなってしまい「修理に一週間以上かかる」でした。
なんとか昨日工事が終わり、快適になっています。
それでも「昔は、エアコンなかった」はずなので、なんとか耐えようとしました。
照明をおとす、必要のないPCには電源を入れない、氷で体を冷やす、アイスを食べるなどいろいろやってみました。
肉体的体感温度を下げるのは限界なので、感覚的にとネットにあった「風鈴の音」を拾ってみました。
これが不思議と結構ききました。

暑い日は、まだまだ続くそうです。
熱帯夜の日数も記録的になる可能性もあります。
まだ7月20日です。
体調にはくれぐれも気をつけたいと思います。

今週末、学校は明日から始まる夏休み、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれ暑くなるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新しくヴィンテージライクの色が加わった、ブルックリン系ラウンジチェアを御紹介させていただきたいと思います。
20180720-1.jpg
このチェアのファーストデリバリーは、フレームがオークのオイルステインとオークにウォルナットステインでブラックPUの2タイプでした。
2タイプともブラックと木のコントラストにより、実際の柔らかなデザインよりハードな印象でした。
ブラックは、引き締まった筋肉質なイメージが強く、ブルックリン系の王道ともいえましたが、このチェアのポテンシャルを考慮して、オイルレザーライクなビンテージPUを使用することにより、かなり柔らかな印象となっています。
曲線を意識したフレームに、シェル型の背もたれとシートが乗った構造は、従来と変わりません。
20180720-2-1.jpg
20180720-2-2.jpg
見た目より幅広なアームや脚の表面には、オーク材特有な綺麗な木目に覆われています。
20180720-3.jpg
この木目とビンテージ系PUの融合により、北欧ミッドセンチュリーのイメージが強くなりました。
今回新しく加わったカラーは、ブラウンと
20180720-4.jpg
ライトブラウンの2カラーです。
20180720-5.jpg
フレームの素材は、オーク天然木無垢で表面をオイルで仕上げています。
本体の素材は、PUとなっています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル、北欧シンプルやブルックリンまで、ビンテージPUの採用により、かなり広範囲なインテリアシーンで活躍できそうです。
又、付属のクッションは、腰をゆだねた時に心地よくサポートしてくれます。
20180720-7.jpg
シートハイが43CMあるので、ラウンジやソファの用途だけでなく、ダインニングチェアとしても使えるでしょう。
20180720-6.jpg
さて価格ですが、26,800円(税込)となっています。
新色が加わり、北欧ビンテージの色が濃くなったアームチェア、フレームのオーク・オイルステインとPUの絶妙なバランス、そしてその雰囲気、座り心地、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/20(金) 18:01:45|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年7月13日 4種類のブルックリン、カフェ系チェアをまとめて御紹介

はじめに、今回の西日本地域の大雨による災害につきまして、犠牲になられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
被災された方々には、できるだけ早い復旧を願うとともに心よりお見舞い申し上げます。
今回の大雨により、被災地から通うNOCE広島店スタッフの交通手段がなくなり2日間ほど臨時休業させていただきました。
しばらく連絡がつかず、本日連絡がつき無事が確認されました。
いずれにしても大変な事態になっていることは、疑いようがありません。
一日も早い復旧、復興を願うばかりです。

東京は、今週も早い夏の暑い日が続いています。
例年、来週の月曜日の「海の日」近辺で梅雨明けですが、今年はその近辺で梅雨明けから2週間が経過しています。
災害、「この間も関東で比較的大きな地震があったし」明日(7月13日)は、今年2回目のジェイソンの日、しかも「新月」::::。
で、スーパーに行って2リットルのミネラルウォーター36本買ってきました。
もしかしたら「みんな同じ事考えて売り切れかも」と思いましたが、全く余裕でした。
備えあれば憂いなし、です。
今週末、海の日を含む3連休、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の日曜日、月曜日を除いて、晴れて暑い日になるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の後来店を心よりお待ち申し上げております。


今週は、新商品として先々週入荷してきたチェア4種類を一挙に御紹介させていただきたいと思います。
20180713-1-1.jpg
20180713-1-2.jpg
20180713-1-3.jpg
20180713-1-4.jpg

このチェアは、3月の発注で全て同じ工場で製作されたものです。
そのためイメージは、インダストリアル系を少しソフトにして、カフェやラウンジ系でも使えそうなチェアから、ネオ・ノルディック「新北欧スタイル」と呼ばれるシンプルなものまでとなっています。
それでもあえてカテゴライズするならば、やはりブルックリン系となるでしょう。
さて、3月の発注となると「その時持っていたデザイアー」と「これはいける!」を忘れてしまいそうになってしまいます。
バイヤーとして毎日「ありとあらゆる商品」を見ていると「どれがいいか、わからなくなってしまう」と言ったスランプに陥る事も多々あるのです。
そこで新商品の入荷時には、その時の商品に対するパッションを思い出さなければなりません。
今回御紹介させていただくチェアですが、ブルックリン、インダストリアル、ラウンジ、カフェ、シンプルと汎用性が高く、また「座り心地の良さ」が決め手でした。
カラーは、ヴィンテージ系PUを選択し、各チェア共通で5色に限定しました。
カラーのチョイスは、メーカーではなくNOCEの他のラインナップに合うように選んでいます。
初回入荷は、各アイテム、各色100本程度で、総数2000本の入荷ですが、ここで人気のあるモデルと色を売り上げから選定し、次回のリピーティング・オーダーに繋げるわけです。
カラーは、4アイテム共通でブラウン(546)
20180713-2.jpg
ブルー(505)
20180713-3.jpg
トープ(516)
20180713-4.jpg
キャメル(513)
20180713-5.jpg
グレー(516)の5色となっております。
20180713-6.jpg
全てヴィンテージ系PUを使用しています。
特にトープと呼ばれるカラーは、ファッションやインテリアで最も注目されているカラーです。
フランス語で「もぐら」の意味だそうですが、グレーとベージュを合わせた「グレージュ」とも呼ばれる色でベージュに」近い気がします。
それでは簡単に各アイテムを御紹介させていただきます。
まず513から。
20180713-7.jpg
縦のスティッチがアクセントの座面とアールが付けられた黒い脚が特徴です。
20180713-8.jpg
4本の脚より安定感があるため、ラウンジ系でもいけそうです。
生地は、ヴィンテージ系オイルレザーの雰囲気を持っています。
20180713-9.jpg
価格は、12,000円(税込)となっています。
20180713-10.jpg
次は、546です。
20180713-11.jpg
このチェアの脚は、少し細めで繊細なイメージを持っています。
20180713-12.jpg
そのため、木製ダイニングと合わせても、それ程うるさくありません。
ブルックリンからカフェまで幅広く対応できそうです。
そして、肉厚の背もたれと
20180713-13.jpg
シートは、抜群の座り心地を提供してくれます。
20180713-14.jpg
価格は、12,000円(税込)となっております。
20180713-15.jpg
今度は505です。
20180713-16.jpg
今回御紹介させていただくチェアで、唯一の4本脚です。
外側に向かって「ハの字」に開く細めのテーパードレッグと、背もたれにある縦に入ったスティッチのコンビネーションにより、全体の印象を繊細なものとしています。
クセのないデザインは、ブルックリンからカフェ。シンプルとかなり汎用性があり、ダイニングチェアとして様々なテーブルに対応してくれそうです。
面積の広いシートは、奥行きもあり、しっかりと腰を支え「よい座り心地」を与えてくれます。
20180713-17.jpg
価格は、9,800円(税込)となっております。
20180713-18.jpg
最後は、516です。
20180713-19.jpg
見ているだけで大変美しい、曲線を強調したカンティレバー方式のアームチェアです。
20180713-20.jpg
カンティレバーとは、4本の脚で本体を支えるチェアと違い、片方(とくに前側)だけで支える構造のチェアです。
20180713-21.jpg
」926年、北欧デザインに多大な影響を与えたバウハウスのマルト・スタムがガス管を利用し考案したチェアの構造です。
その後、同じバウハウスでマルセル・ブロイヤーも同じ構造のチェアを発案し、その後著作権侵害でスタムに提訴され、1962年敗訴となり、マルト・スタムがカンティレバーチェアの発案者として広く認められるようになりました。
今回御紹介させていただくチェアは、よく見かける角型のカンティレバーと違い、曲線で構成され、その曲線を活かしアームを形成しているのです。
20180713-22.jpg
後方から見ると、その曲線がより強調されて見る事が出来ます。
20180713-23.jpg
フレームは他のチェアと違い、よりインダストリアル感を強調させるためメッシュ加工されています。
20180713-24.jpg
もともとバウハウスの信条でもある「美しい生活用品」、カンティレバーチェアもガス管という工業製品から派生したもので、インダストリアル系とも言えます。
ただ、最近はこの手の家具をカテゴライズする上で、ネオノルディックスタイル(新北欧スタイル)というジャンルもよく見るようになりました。
このチェアをあえてカテゴライズさせていただければ、インダストリアルともブルックリンとも少し毛色が違い、北欧シンプルよりミッドセンチュリーよりなので「ネオノルディック」でしょうか。
20180713-25.jpg
価格は、13,800円(税込)となります。
20180713-26-1.jpg
最後に、これはNOCEの物流センターでコンテナから降ろした後、スタッフに撮ってもらった商品紹介画像ですが、なんだか「絵になった」のでアップしてみました。
20180713-26-2.jpg
20180713-27.jpg

さて駆け足で4種の新商品を御紹介させていただきました。
説明では、しつくせない「座り心地」「フィーリング」を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

  1. 2018/07/13(金) 17:18:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年7月6日 ナチュラルな北欧シンプル系カフェチェア

今週から7月です。
異例の梅雨明けで前半は、強烈な暑さの日が続きました。
ただ、風が強かったため、体感温度はそれほど高くありませんでした。
今日は、朝から雨が降り、梅雨模様です。
7月最初の週末、NOCEのある地域のお天気は、関東はまずまずとなるそうですが、他の地域は土日とも崩れてしまうそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、北欧系シンプルをベースとしたカフェチェアです。
20180706-1.jpg
デザインの基調は、北欧ミッドセンチュリーで、背もたれとアームが一体化してデザインが象徴的と言えるでしょう。
20180706-2.jpg
プライウッドの湾曲した背もたれが、全体のシルエットを柔らかなものにしています。
この効果により、他パーツの直線による硬さを吸収し、とてもバランスの取れたクセのないチェアに仕上がっています。
サイドから見るとアームと前後の脚が一体化していることがわかります。
20180706-3.jpg
これは、よく見かける北欧ミッドセンチュリーの手法で、現在製造しているチェアでも多く採用されています。
そのアームは、アームレストの上部に
20180706-4.jpg
さらにプライウッドをかぶせ、補強だけではなく、アームを預けた時の心地よさも実現し
ています。
20180706-5.jpg
シートは、横幅がありゆったりとしています。
20180706-6.jpg
素材は、ブナ材天然木無垢でカラーは、ウォルナット
20180706-7.jpg
ナチュラルの2色となっています。
20180706-8.jpg
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプルですが、合わせるテーブルによってはブルックリンでもいけそうです。
横幅の広さと背もたれのカーブが、存在感を強調させています。
さて、価格ですが14,800円(税込)です。
このチェアの素材感、デザインを考慮すれば、コストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。
座り心地、デザイン、素材感、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

  1. 2018/07/06(金) 13:16:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年6月29日 ユーロカラーで誂えた(あつらえた)本格派ソファ~(カフェ・ノルマーレ5周年)6月の梅雨明け宣言添え~

今週は、梅雨とは思えない真夏のような日が続いています。
実際、日中は30度を超える真夏日で、夜はまるで熱帯夜のように暑い寝苦しい夜です。
今日も朝から、「青い空と真っ白な雲」の夏空が広がり、気温も上昇中です。
これだけ暑いと、熱せられた空気が滞留し、梅雨が明け真夏となると、かなり暑くなることが予想されます・・・・・・と書いていたところ、な、な、なんと「関東甲信越地方で梅雨明け宣言」が発表されました。
もちろん、6月の梅雨明け、観測史上初ですって。
確かに来週から7月、そして7月1日の日曜日は、関東の海水浴場では海開きとなりますが・・・。
ただ、これだけ梅雨明けが早いと高気圧(太平洋とオホーツク海)によっては、秋雨前線が早く北上して、8月に涼しくなる可能性もあります。

さて、今週の6月27日は、カフェ・ノルマーレがオープンして5年経過した日でした。
イタリアによく行っていたころ、よく食べたパニーニに思いを馳せて、なんとかそれに近いものをという熱意からオープンして5年。
店内で毎日、粉からひとつひとつ丁寧に焼き上げたパンから、オーダーをいただいて調理する方法は今も変わりません。
ただ「パンも生き物」、コンディションに大きく左右されます。
粉を捏ねる時の温度、PH、そして「分割まるめ」でひとつひとつの空気の抜き方、焼き上げ時の外気温、すべてひとつひとつが同じではありません。
ダメな時は、全部作りなおした事もありました。
あれから5年・・・・・僕にとっては「あっ」という間でした。
もっとやりたい事がたくさんありますが、今のところ「一店舗で精一杯」です。
クオリティを変えずに多店舗化など、ちょっと考えられません・・・。

その日、街の空が変わるころ
20180629-ブ①
下北沢の町も、いつもと変わらない夜を迎えようとしていました。
20180629-ブ③
カフェ・ノルマーレのオープン5周年の記念日でした。
20180629-ブ②保

20180629-ブ②
店の扉をあけると、5周年を祝う花が、近所の(僕の馴染みの)ビストロから届いていました。
20180629-ブ④
5年前、期待と不安でスタートしたあの日・・・・。
20180629-訂正5
とりあえず、ミニボトルのスパークリングワインをこの日に捧げます。
20180629-ブ⑥
あれから5年か・・・。
20180629-ブ⑦
フィッシュ・アンド・チップス。
20180629-ブ⑧
そう最近、食器類を一新しました。
岐阜にある陶磁器メーカーで、カラフルな色を使ったお皿やコーヒーカップです。
サービス時には、各色同士のコーディネーションを楽しんでいただければと、あえて同色を使わずにご提供させていただいております。
これは、オイルサーディンの缶詰をオーブンで温め、マヨネーズを添えております。
20180629-ブ⑨
イワシと言えばポルトガルなので、当然ポルトガル製です。
6月には、ポルトガルの各都市で「イワシ祭り」が開催されています。
リスボンでは、6月12日、聖人アントニオを祝う「アントニオ祭り」が行われ、この日がポルトガルのイワシ漁解禁日にあたり、ポルトガル人の大好物「イワシ」が街中で焼かれます。
先日、ポルトガルレストランで炭火焼のイワシをいただきました。
ポルトガルでは、一人で普通20匹は食べるそうです。
最初は「えー」と思いましたが、僕もパンに挟んで3匹食べてしまい「イワシだけ」ならいけそうな気がしました。
シーザーサラダ
20180629-ブ⑩
新しく、グラスワインを追加しました。
20180629-ブ⑪
赤白ともイタリアのオーガニックワインで、赤がモンテプルチアーノ、白はピノ・グリージオです。
白は、ブドウの果皮ごと醸して(短時間)あるのでピンク色になっています。
ロゼではありませんが、ボディもしっかりしてロゼ感覚で飲めます。
フリッタータ、イタリアのオムレツ。
20180629-ブ⑫
店内で作っています。
ボトルの赤ワイン。
20180629-ブ⑭
スペインのワインメーカー大御所、ミゲル・トーレスがチリで作るメルロー。(赤ワイン)
明日から5年と1日が始まるカフェ・ノルマーレに、いつもと変わらない夜が来ました。
20180629-ブ⑮

梅雨明け、そして6月最後の週末、NOCEのある地域のお天気ですが、広島、福岡の土曜日と日曜日の札幌を除いて、夏空?が広がるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


今週の新商品は、先週入荷したオーソドックスなボックス型のソファにユーロインテリアで最近よく見る色を使用した本格的なソファをご紹介したいと思います。
まず、一目を引くこのカラーに注目です。
20180629-1.jpg
もとは付き合いの長いメーカーから、オファーされたソファでした。
デザインは、シンプルそのものでレトロなイメージさえあり、「バイイングは無し」だと思っていました。
しかも、オファーされた画像には、ブラウンのファブリックが使用され、これにダークブルーやグレーのファブリックを使ったとしても、さらに重くなってしまいNGです。
しばらく忘れていたころ「ヴィンテージ系のPUならいけるかも」と思いメーカーにサンプルを送ってもらいました。
届いた色見本は、最新のPUらしく、あまり今まで見なかった色が多数ありました。
特に鮮やかな色は、僕が3年前にドイツのケルンにあるデパートのバックなどの小物売り場で見た色に似ていました。
当時、「おみやげ」を探していたところ、ひと際目立つ色を使ったバックや財布を見つけました。
Fで始まるイタリアのブランドで、その名前、恥ずかしながら知りませんでした。
綺麗なグリーン、ブルーなど小物を買って、「これあまり有名じゃないブランドで・・・・」と言いながら渡すと・・・・初めてこれが有名な人気ブランドだと知りました。
その後、ヨーロッパのインテリアで「こういった色」を使ったソファやチェアを目にするようになりました。
今回、ご紹介させていただくソファは、デザインがコンサヴァティブなので、カラーをフィーチャリングした方が活かせると思います。
20180629-2.jpg
カラーは、ブルーと
20180629-3.jpg
ライトブラウンの2色になります。
20180629-4.jpg
タイプは、3シーターのみとなっております。
ライトブラウンは、画像より少し濃いイメージで、
20180629-5.jpg
ブルーは、ここまで鮮やかではありません。
20180629-6.jpg
インテリアの観点ですが、ブルーは、ブルックリン、インダストリアルなどのハード系が中心でしょう。
ブラックを使用したアイテムとの相性がよさそうです。
一方、ライトブラウンは、ブルックリンから、カフェ、ナチュラル、シンプルとかなり広範囲に様々なインテリアに適応します。
さて価格ですが、69,800円(税込)と、この大きさや素材感から考えれば、コストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。
この商品は、先週入荷時に倉庫で自然光のみで撮影したため、一般照明下ではもう少しトーンが下がるかと思います。
また、先週入荷のため店舗での展示も追いつかない場合もございますので、商品の確認は、お手数ですが、店舗に直接お問い合わせいただければと思います。

  1. 2018/06/29(金) 17:55:57|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年6月22日 原木そのものを感じるダイニングテーブル、ローテーブル、ベンチ

今週、月曜日に大阪、関西地方で大きな地震がありました。
まず、犠牲になられた方にはご冥福をお祈り申し上げます。
又、怪我をされた方々、被災にされた方々には心からお見舞い申し上げます。
その朝、いつものように海外のニュースソースを一通りチェックした後、午前8時くらいに国内のネットをあけると「大阪で震度6弱の地震」とありました。
発生時刻があまりにも近かったため、何の情報もありません。
朝の大きな地震と関西で、阪神淡路大震災を思い出してしまいました。
それは、1995年1月17日午前5時46分でした。
街の惨状、橋脚から落ちた高速道路、そして火事と目を疑うばかりでした。
今回、店舗から状況報告があり、その日は臨時休業しましたが、翌日から通常営業になりました。
スタッフも店内も被害はありませんでした。
地震は、いつ起こるかわかりません。
「備えよ常に」です。
昨日は、夏至でした。
午後7時過ぎ、下北沢の空一面に染め上げられた紅に包まれていました。
IMG_0138.jpg
これからが夏本番ですが、日は短くなっていきます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、関東、名古屋、大阪、広島とぐずつき、日曜日は関東以外で恵まれるそうです。
梅雨の最中ですが、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げおります。

今週は、先週入荷したばかりの「原木の素材感あふれる」テーブル関係のアイテムを御紹介させていただきたいと思います。
そのアイテムは3つあり、ダイニングテーブル
20180622-1.jpg
ベンチ
20180622-2.jpg
コーヒーテーブルです。
20180622-3.jpg
天板にあまりにもアクセントがあり過ぎるため、全体のデザインは、見過ごされそうですが、そこはしっかりと「今」を感じるイメージになっています。
それは、スティールでできた脚を外方向にハの字に開かせているところでしょう。
20180622-4.jpg
この脚のデザインによって、原木の持つ純朴で武骨なイメージが払拭され、全体的に柔らかく繊細な雰囲気になりました。
更に、ブルックリン系インテリアにもマッチするよう脚の仕上げに、ガルバナイズドにカスタマイズしました。
20180622-5.jpg
さて、最大の魅力である天板は、クリアラッカーの使用により「原木そのまま」に見えます。
20180622-6.jpg
確かに、一枚板ではありませんが、縦の無垢材を横にはり合わせてあるため、イメージ「一枚板」にかなり近いものがあります。
テーブルサイドの処理は、ライブエッジ加工になっています。
20180622-7_20180622145221878.jpg
通常のライブエッジ加工は、コストの関係で両サイドに細い板を使用していますが、この天板には幅の広い板を使っているため、原木の臨場感を十分堪能できるでしょう。
天板の素材は、アカシア天然木無垢を使用し、脚はスティールでブラック艶消し粉体塗装とガルバナイズドの2種類となっています。
アイテムは、ダイニングテーブル・ブラック
20180622-8.jpg
ガルバナイズド
20180622-9_20180622145332894.jpg
ベンチ・ブラックと
20180622-10_20180622145321e00.jpg
ガルバナイズド
20180622-11_20180622145953d24.jpg
コーヒーテーブル・ガルバナイズド
20180622-12_20180622145611eb4.jpg
ブラックになっています。
20180622-13_20180622145552cd8.jpg
インテリアの観点から、ブルックリン、インダストリアルが中心になりますが、ガルバナイズドならカフェ、ナチュラルにも対応でき、ブラックなら和モダンからモダンまで対応できそうです。
テーブルのインパクトがかなり大きいため、外部のインテリアに関わらず中心的存在になるでしょう。
そのため、ある意味ジャンルにこだわらず、あらゆるインテリアに幅広く対応する万能性があるテーブルと言えそうです。
さて、このテーブルの最大の魅力が価格です。
テーブルが72,800円、ベンチが39,800円、コーヒーテーブルが32,800円(それぞれ税込)と一枚板から比較すると2割から3割くらいの価格です。
この素材感と雰囲気から見れば、超格安と言えるでしょう。

ライブエッジの効いたテーブル、ベンチに腰掛けて「銀ダラの西京漬け」を炙って、出汁のきいた卵焼き、いたわさとわさび漬けに、甲州のシュールリー(山梨県を代表する甲州ぶどう品種を使ったドライな白ワイン、シュールリーはワインの製法。)はいかがでしょうか。
その質感、重厚感、雰囲気を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
尚、先週入荷のため、週末に展示できない店舗もございます。
お手数ではございますが、あらかじめ直接店舗にご確認をお願いいただければと思います。


  1. 2018/06/22(金) 15:12:25|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
次のページ