NOCEの家具バイヤーズブログ 2008年09月

NOCEのバイヤーズブログ

2008年9月26日上海出張

昨晩は、久しぶりの熱帯夜になりました。
今週末からは本格的な秋の到来となり、
この熱帯夜もこの夏の名残になってしまうのでしょうか。
週末の天気は良さそうで
初秋を満喫しながら散歩でもしようかと思っています。

先週は、無事オープンしたNOCE横浜駅前店について書かせてもらったので
今週は先々週の上海出張について書きます。

昔ならまだしも、普通にビジネスしている人、
百人中百人が今の経済環境が厳しいと言っている時に
出張に観光を兼ねていく人はいないと思います。
と言うわけで世界でも指折りの巨大展示会に
一泊二日とういうミッションがきました。
スケジュールは、早朝成田を出発し、
11時上海空港に到着して直接会場に。
そして正午からスタート、
午後6時に会場をアウトしてホテルチェックインが7時。
翌朝5時半起床、
7時に朝食、
8時にチェックアウトして再度地下鉄に乗り9時に会場へ。
午後3時に切り上げ5時の飛行機で成田に9時半。
これはかなりきついと思われるかもしれませんが、
時差が少ない分ヨーロッパより実は楽です。
ただし新規開拓5社以上のノルマを除けばですが。

飛行機は定刻に上海空港に着陸しました。
暑くてムシムシしています。
飛行機のドアから出た瞬間からが時間との勝負です。
けっこうそういったビジネスマンもいて、
長い出口までの通路はさながらレース場となります。
「一番でイミグレまでいくぞ」の決意のもと
6人ごぼう抜きにして中盤でトップの座を得ました。
しかし、考えているのは同じで2名程走る人がいて3位に転落。
ウーンここで走るのもカッコ悪いし、
走って抜きかえすとムキになって追っかけられてもいやだし
(50Mはちなみに7秒5くらいで走れます)
僕の自主ルールでは走ってはいけない事になっているし。
いろいろ手はあります。ひとつは、動く歩道を利用するのです。
大きな荷物を持ったひとがその真中で通過スペースをふさいでいる時に
僕の前に行く人が引っかかってくれればチャンス到来です。
タイミングをみてその歩道を使って距離を縮めるか、
歩道をよけて自力歩行で抜くかです。
一人は引っかかりましたが、
さすがトップはよけていきました。
これでは距離を縮めることは無理です。
これでは負けが決定してしまう。
「さいさき悪くこの展示会も空振りに終わるぞ」
「上司に旅費返せと言われるぞ」と僕をけしかけています。
最後のチャンス、
イミグレの戦いにかけることにしました。
イミグレーションは行列が長くなると
隣のゲートを開けて混雑を緩和させていきます。
開いた瞬間に突進するのです。
このタイミングを狙うのですが運と勘が必要になります。
あと中国在住者のゲートに並んで「あっ、間違えました?」もあるのですが、
これは完璧ルール違反なので、
もしもトップの彼がやれば僕の勝ちとなります。
このつわものビジネスマンは絶対やらないので可能性はゼロです。
当然、彼と違うゲートに並ぶわけですが、
続々と後続のビジネスマンたちが並び始めました。
ここで新しいゲートが開くといままでの努力が吹き飛びます。

ここでなんとチャンス到来!
差別発言になってしまうので言えませんが
イミグレに引っかかりそうな人の後には
並んではいけないというルールがあります。
なんとトップの彼、引っかかってしまったのです。
無事トップでゲートを通過して
出口の自動ドア(これが僕にとってのテープ)を開けました。
もちろんビジネスマン達に預ける荷物などありませんが、
税関でつかまるとここでも逆転があります。
そうなれば栄光の自動ドアを開けることはできません。
これは、農耕民族の多い中国はのんびりしていてメダルはとれるのですが、
ヨーロッパでは、いまだ入賞もありません。
はっきり言って彼ら半端じゃありません。
にらみつけられた事も何度もあります。
それにストライドが広く歩く速さもけた違いです。
ただ走らないというのは徹底しているみたいです。
国際ルールを統一して欲しいと思います。

ここまでは良かったのですが、
主催者が用意している展示会行きの「ただバス」がまずかった。
どうも無料という言葉に弱く本当はリニアで30分のはずが、
1時間半かかってしまいました。
このバス空港の各所で人を拾っていく上、
とんでもない安全運転。
110キロ制限の高速道路を60キロで走行するのです。
しかも渋滞。

会場に着いたのは予定の一時間遅れでした。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/26(金) 06:18:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2008年9月19日NOCE横浜駅前店9月18日オープン

先週は、上海出張のためブログは休ませていただきました。
今週はこの出張の内容について書こうとしたのですが、
昨日横浜にオープンした「NOCE横浜駅前店」について
コメントしていこうとおもいます。

横浜店オープン後、
初めての週末を迎えるのですが天候は最悪になりそうです。
土曜日の未明から台風13号の接近にともなって大雨になりそうなのです。
しかも上陸の可能性まであるのです。
天候は「祝開店」となりそうにもありませんが、
日曜日の台風一過の晴れは期待できるかもしれません。

さて、まずショップコンセプトですが(まかされているので)
大きく今までのNOCEから離れていません。
「如何にたくさんの商品をディスプレィ(展示)できるか」
の、スタンスは変わりません。
むしろパワーアップさせたと言っても過言ではないかもしれません。
「目指せ家具のコンビニ」をモットーに発想しました。
利便性という観点から立地は大きなターミナル駅に近い事です。
となると当然家賃コストがかさみます。
これでは価格に反映されてしまい
安く販売することは出来なくなってしまいます。
それならば「店の面積を限界までミニマイズする」しかありません。
このあたりがコンビニの発想の原点です。

店舗の面積は56坪しかありません。
この中にレジカウンターと
最小限のストックルームを作らなければならないため、
純売り場面積は53坪前後となり
さらに通路に「どうしても通さなければならないあるもの」のために
幅2メートルを確保しなければなりませんでした。
結果的に展示できるスペースに限界ができてしまいました。
しかもこの「あるもの」が無ければ
このコンセプト自体が頓挫してしまうので全てこれに準じていきました。
店舗の契約よりもこの物体の契約が先でした。
このあたりから従来のNOCEとは違う発想になってきます。

驚愕なのはこの限られたスペースに
ソファ70台、ダイニングテーブル50台、チェア100本、
大型キャビネット10台、その他ローテーブル、ラックで100台以上と
およそ常識では考えられない数が展示されていることです。
このため当然ですが、
コーディネートしてディスプレィされていません。
「限られたスペースに如何に多くの商品を展示できるか」だからです。
確かにインテリア性が無いとか、
「ただ置いてあるだけ」とか言われそうですが、
バイヤーの観点からすればこれは究極だと思います。
コンビニにおいしそうなデスプレィは必要ないからです。
又、トレンドの商品を迷うことなくいち早く展示することができるのです。
もし、コーディネート(作りこみ)していたら、
単体で展示することはできなくなってしまいます。
もしアジアンテイストのソファでいいものが海外の展示会など見つかったら、
これをコーディネートしてディスプレィするとなると
周辺のテイストを全部変えなければなりません。
これにはコストと時間がかかり、
早く安くが実現できませんが、
このショップコンセプトならOKです。
モダンあり、シンプルあり、アジアンありなのです。
そして「デザインがよくて安い」が基本なのです。

それでも、この店のコンセプトは
バイヤーの腕がもろに試される事になるので、
自分で企画しておきながら自分で自分の首をかけてしまったようなものです。
200809171509000.jpg 上司からは、ずいぶん大胆だと言われていますが、
「結果が全て」と結構冷ややかです。
明日、コッソリと見に行こうかと思っていますが、
かなりどきどきしています。
裏横(最近、東口界隈のカフェなどが出来始めている地区をこう呼ぶらしい)
あたりで祝杯なんて思っていたら、
立ち飲みの焼き鳥屋なんていつものパターンにならない事を祈っています。
  1. 2008/09/19(金) 06:27:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2008年9月5日 ラウンジ系

先週は、日本中いたるところでゲリラ豪雨というものにやられました。
特に金曜日の雷は未だかつて見たことがないほど凄まじいもので、
思わず家の窓からしばらく見入ってしまいました。
近くに数発落ちました。
また、横に走ったり、クモの巣のように空を這ったりと
見たこともない稲妻を何度も見ました。
でもこれだけでは終わりませんでした。
本当に「圧巻というか不気味」というものを
翌朝5時過ぎの東京の空に見ました。
夜明け前5分間ほど突然空が黄金色になり、
あたりが黄色い照明に照らされたようになりました。
部屋の照明を明るくしたという感じでした。
そして5分ほどで暗くなりいつもの日の出前となったのです。
こんな光景いままで見たことありません。
東京でどのくらいの人が見たでしょうか。
いままで信じていなかった予言者の予言が
はずれる事をおもわず祈ってしまいました。
ゲリラ豪雨も去って秋が来るのかと思ったら
連日、むし暑い日がつづいています。
今週末も天気には恵まれそうにありません。

写真が上手く撮れていないのでよく伝わらないかも知れませんが
ちょっとめずらしいリビングセットを紹介します。
LE01ラウンジセットB.jpg
バイイングは今年の2月なので
販売まで
7ヶ月を要したことになります。
「NOCEのアイテムとしては
かなり奇抜です」というか、
あまり他でも
見たことがありません。
形状から考えて

LE01ラウンジセットB¥69800

「これは遊べるかも」と
思いかなり凝った配色をしました。
地味なバージョンとすこし派手な2パターンです。
LE01ラウンジセットA(1).jpg
この配色は工場の人たちも
びっくりするほどでした。
それでも機能も
案外すぐれていて、
使わない時にチェアをテーブルに寄せると小さくなり
オブジェのようになるのです。

LE01ラウンジセットA¥69800

置ければリビングに2個くらい置いて
妖しげなペンダントライトを天井からつるして、
大きめの観葉植物でもあるとかなりきまると思います。
もちろん音楽はラウンジ系でカクテルが最高です。

この写真を見て上司から「これ一体誰の趣味?」と
開口一番いわれました。
僕は前からラウンジ系のソファを発注したと言っていたのですが
誤解されていたようです。
クラブ(イントネーションフラット)と
クラブ(イントネーション上から下)ではシチュエーションがまったく異なります。
音楽はもちろん、支払い方法がまったくちがうのです。
前者は通常入場前に支払い飲み物はワンドリンクつきか、
キャッシュオンデリバリーのカウンターで受け取ります。
後者は(行った事がないので正確にはわからないですが)
行った人とサービスをしてくれる人によって値段が異なります。
支払いは最後で、月末にまとめて払えたり
接待費で会社付けにしたりすることもできるようです。
このセット「なんかあやしい感じ」とか揶揄されてしまいましたが、
上司は関西以西でいう「ラウンジ」関東では
「後者のクラブ」と誤解しているみたいです。
「部屋にこれ置いてなんかやらしい」と。
「SEXYとも言えますよ」と返しました。
でも本当は「ラウンジ系」であって
決してラウンジではありませんと言いたかったのです。

 (実物は、それほど硬派ではなく結構カフェでもいけそうな感じです。)
店頭には来週以降登場予定です。
  1. 2008/09/05(金) 09:32:14|
  2. バイヤー&スタッフのブログ