NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年02月

NOCEのバイヤーズブログ

2009年2月27日 ケルン国際家具見本市 最終回

昨晩かなり遅くまでやってしまったのですが、
翌朝、割と早く起きることができました。
今日はもう帰国の日です。
毎度ながらの超絶ハードスケジュールです。
ただ飛行機が夜なので一日ゆっくりできます。
午前、まずホテルをチェックアウトして
会場で気になったところを再度チェックして
午後は街をブラブラする事にしました。
面白いもので気になっていても前日通過したところは、
2度見てもやはりインパクトがありません。
価格をチェックしてもただ驚くばかりの高さです。
早めに切り上げて街に出ることにしました。

僕の荷物はかなりコンパクトなのですが、駅のロッカーに預け、
カメラと少々のユーロとクレジットカードをポケットに入れて
手ぶら状態で歩く事にしました。
この瞬間が仕事からも荷物からも解放されてとても清々しい気持ちになれます。

駅の目の前にこの街のシンボルである
いつ見ても荘厳な大聖堂(着工1248年)がそびえ立っています。
UNI_0611.jpg
この中ではミサが行われていました。
UNI_0615.jpg





ステンドグラスの光がまぶしいくらいかがやいていました。
UNI_0613.jpg
大聖堂を左に見て、駅を背にすると商店街の入り口が見えます。
ここからスタートするこの商店街は新市街(ヌォイ、マルクト)まで
長くつながっています。
UNI_0617.jpg







さすがドイツ第4番目の都市だけあって見ごたえは充分にあります。
フランクフルトのようにブランドショップが立ち並ぶということはないのですが、
庶民的で僕は好きです。
UNI_0618.jpg
大きなデパートは4件くらいあり、後は専門店がひしめきあっています。
ここも景気の影響か去年あたりから人が少なくなりました。
特にこの時期はバーゲンの期間中なのですが、店は結構空いていました。
今年は、70%引きという看板が目立ちました。
東京でブレイク中のH&Mも
このディスカウントにもかかわらずガラガラです。
また、まだ東京では見ないH&Mオム(男性専門店)も人はまばらでした。

まずは、「靴を買おう」と思い、
いつも行くHUMANIC(SHOE MANICをかけたもの異常に靴好き)
という大きな店にいきました。
(3階建てで日本では見たことがないほど大きい)
ここでだいたいのトレンドとプライスをチェックします。
(いやなほどバイヤーの性がでてしまいます。)
そして次にデパートの靴売り場を2店くらい見ます。
UNI_0623.jpg そして専門店を5店くらい回ります。
その間、脱いだり履いたりを繰り返すので楽に2時間はかかってしまいます。
余談ですが、過去パリで夢中になり過ぎて
飛行機乗り遅らせたことがあります。
せっかく貯めたマイレージのアップグレードのビジネスと
飛行機に預けていた荷物の中の財布の現金を失ってしまいました。
ノーマルでエコノミーチケットを買って寂しく帰った事がありました。

そして、絞り込んだ2店を往復します。
ショップの店員さんはだいたい親切で戻ってくると喜んでくれます。
今回はHUMANICでカンペールの定番スニーカーにしました。
決め手は値段でした。
東京の値段の30%で(セール期間中としっかりキャシュリファンド込み)
ここにもバイヤー魂がでてしまいました。
次にジャケットかスーツを探し始めて
アっという間に6時間が過ぎてしまいました。
駅に戻り荷物を取り出しクロワッサンサンド専門のカフェで
エメンタールチーズとハムのはさまったおいしそうなものと
カフェラッテですこしぼんやりとしてしまいました。
UNI_0629.jpg
帰国したら上司に「なんも報告できない」という程収穫がありませんでした。
「それでもなんとか自分の旅費代はと思い」2社ほど目星は付けてきましたが。
結果売れなければ旅費はでません。
ヨーロッパの価格と日本の間におおきな差を感じてしまいました。
家具はもはや庶民のものではなく、
一部の富裕層だけのものになっていくような気がします。
ケルン家具ショーもいずれ売買の場所ではなくなり
プレゼンテーションの場に変化して行くのかもしれません。
今回の見本市は、「世界大不況のなかで」がテーマでした。
だからデザインに特化していかなければいけないというのが
結論になってしまうのでしょう。
ただ特化し過ぎて値段まで上がってしまうのはどうかとおもいます。
一部の人達だけで一般人には買えません。
今回、日本人のほかに
中国やアジア、中近東、アメリカ人が少なかったのも気になりました。
ロシアはいいそうですが。
会場で偶然出会ったもう出展をしなくなった取引のあるイタリアメーカーの人が
今回の不況でイタリア中大変だといっていました。
今年、かなりの工場を閉鎖するそうです。
将来は悲観的で、今の状況はまだ入り口だとも言っていました。

それでも高級ソファと自動車の値段はそうたいして変わりません。
自動車のいらない人はそのソファを買うことができるのです。
どちらに比重を置くかが問題となるのです。
この辺がこのショーのテーマだと主催者が言っていました。
これも偶然このショーの主催者のプレスの偉い方と話してわかりました。
それもありますが、自動車もソファも両方欲しい人は
どちらかをあきらめなければならないのでしょうか。
それは絶対ちがいます。
両方とも少し妥協すればすむ話だからです。
こだわりを捨ててしまうわけではないと思います。
NOCEの目指すところはこれなのかも知れません。

うーん、ということは、
今僕の食べてる豪華なクロワッサンサンドも
チーズとハムをぬいてプレーンにすれば、
絞りたてのオレンジジュースが付いてくるってことかァ。

駅のアナウンスが
18時56分発シュトゥットガルト行きICEの到着を伝えています。
UNI_0625.jpg
荷物を持ってプラスティックのコーヒーカップを捨て、
ホームに上がると間もなく列車が来ました。

スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) 12:47:45|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年2月20日 ケルン国際家具見本市3

予定より早く見終わってしまったため、
見本市会場を後にしてすぐホテルへとむかいました。
待ち合わせ場所が僕のホテルのロビーだったので
余った時間にシャワーでも浴びてしまおうと思ったからです。
約束の時間にロビーで会って予約してあるワインレストラン
「ヴィンテージ」へとむかいました。
そこは何年か前に何度か行ったことがあります。

UNI_0599.jpg
ケルンではめずらしくフランス、イタリア産ワインを出す店です。
勿論、ドイツ産が多いのですが。
ワインレストランという程かしこまった感じはなく
カジュアルでワインバーとレストランの間といった感じでしょうか。
店内の壁にはところ狭しとワインボトルが積みあがっています。
これは、ワインショップとしても営業しているからです。
最近移転したらしく以前はノイマルクト(新市街)の狭い道沿いにあり
当時、狭いせいもあり当日予約はダメでした。
今はノイマルクトの中心から少しはずれた所に大きくなってオープンしました。

ケルンで他人と食事というとだいたいイタリア人が多く、
彼らはあまりこういった店は好きではないらしく
ドイツ郷土料理(350グラムくらいのビーフステーキにジャムをつけて食べるやつと 大皿のフレンチフライ)か、アルゼンチン産牛肉の炭火焼です。
これを女性でも500グラムくらいは平気で食べてしまいます。
僕はおいしいとわかっていてもせいぜい150グラムが限度。
これに平均ワインひとり一本です。
体が違うとは言え最初はビックリしました。
それもだいたい午前2時位までグラッパ
(アルコール度40のイタリア産ブランデー)と
エスプレッソで僕には意味のわからないイタリア語で「Y談」を。
この店はケルンで有名な店なのですが肉がそこまで食べられないので
プライベートで使ったことはありません。

ヴィンテージの店内は前よりも落ち着いた雰囲気になっていて
東京のその手のワインバーと変わりませんでした。
シャンパンをグラスでもらい、フレンチブレンドの白ワインから始めました。
シャルドネ種を使った樽熟成でドイツ製とは思えない味でした。
それからフランスのボルドー産の赤を2本空けました。
合計すると彼が1本くらいなので僕は2本飲んだことになります。
ここまで飲むとさすがに結構酩酊状態になるのですが、
ここで終わりたくないという気持ちも同時にわいてきてしまうのが
困ったところです。
ケルンはじめての彼に「ツヴァイ、ケルシュ!」
(ツヴァイはドイツ語で2つ、
ケルシュとはケルンの地ビールの総称で比較的軽いが美味)
と言わせたくなりました。
ノイマルクトからどうやって歩いたのか覚えていませんが、
オイマルクト(旧市街)まで歩いていきました。
オイマルクトには、ヨーロッパ特有の狭い路地があり、
ビアホールやジャズバーなどの飲み屋などが沢山あります。
夜更け過ぎてもとてもにぎやかです。
(夜遅くドイツとはいえ女性の一人歩きや、
慣れない人にはおすすめ出来ません。)
雰囲気は最高です。
酩酊してのバー巡りは答えられません。

UNI_0602.jpg
一軒、こぢんまりとしたビアホールに二人で入り、
というか入った瞬間僕はまずいと感じてしまいましたが。
客は全部カップル。
男同士。
店員も全部当然、男です。
でもなにか雰囲気がちがいます。
ここは間違いなく同性愛者のバーです。
パリでも言われなければわからない「そういった所」がいっぱいありますが
本当に普通でした。
(僕は同性愛者ではありませんが、別に気にしません)
でも、ここドイツは違います。
やはり男っぽいです。
酔った僕の友達はそうとも知らず
「ツヴァイ、ケルシュ!」とニコニコしながらカウンターに。
すると、ウエイターがニヤニヤしながらグラスを僕達のテーブルに。
「これで一杯飲んだらすぐに他のバーにはしごしなければ」と思いました。
なぜなら、僕がそっちの気があって彼に
「わざわざ、とことん酔わせてこの店に連れ来んだのでは」と
誤解されても困るし、
「僕がそっち系の人」と思われても困るからです。
でも時すでに遅し。
彼の正面、テーブルを挟んだ僕の後ろの大型プロジェクターに
店員が僕達にサービスのつもりかわかりませんが、
男同士の愛の世界のDVDを写しはじめました。
ここはドイツです。
当然モザイク無しです。
酔っている彼は、幸いあまり気にしていない様子。
「ケルンのビアバーはこれが普通なんだ」と思ったかもしれません。
違います。
DVDの内容については、間違ってもとても書けません。
このまま、ここに居ると店側からも誤解されて
「えらい事」になるかもしれないと思い外にでました。

UNI_0604.jpg
2件目は普通のビアバーに行き、僕の記憶もこの辺で途絶えました。
明日は、夜の便で帰国です。





  1. 2009/02/20(金) 09:29:16|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年2月13日 NOCE下北沢店NewOpen!

今週のバイヤーズブログはお休みです。

そこで、
明日、2月14日(土)についにオープンする、
下北沢店の立ち上げ作業中の写真をお届けします。

下北沢1.jpg 商品が次々と搬入され、
スタッフがひとつひとつ組立てをしていきます。
この段階ではまだまだこんな感じです。











ラックを利用した展示方法が特徴的。
天井まで、ぎっしり商品が並ぶ予定です。
ある特殊な機械を使用して、上段にソファそ設置していきます。
下北沢3(ヨコ).jpg
夕方4時頃にはだんだんとお店らしくなってきました。
下北沢駅西口から徒歩2分、鎌倉通り沿いのガラス張りのビルの1階です。
歩いていると、まずこんなNOCEのサインが見えてきます。

さて、どんな仕上がりになるのでしょうか?
新しい下北沢店に是非お越しください!!
下北沢外観.jpg
来週は、ケルン国際家具見本市の続編をお届けします。
お楽しみに♪

  1. 2009/02/13(金) 05:51:55|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年2月6日 ケルン国際家具見本市2

やはり時差のためか、朝早くと言っても3時頃に目ざめてしまいました。
ここでもう一度寝ると時差の感覚がヨーロッパ時間になってしまうので
起きることにしました。
短期滞在なのでできるだけ日本時間で生活する方が、
帰国した時の疲労度が違うからです。
つまり、現地の午前3時は日本では午前11時に相当するのです。
朝食を6時からとって8時にホテルを出発して会場に向かいました。
会場は大聖堂からライン川にかかる橋を渡ったところにあります。

0209.jpg エントランスは、広いので4つ位あります。
エントランス.jpg 通常レセプション入場料金を支払って
エントリーシートに名刺と必要な事項を記入し、チケットをもらいます。
0209-5.jpg 料金は一日2300円位と高額な上、有効期間は一日です。
2日見たい人は2日分のチケット4600円を支払わなければなりません。
さすがドイツ、しっかりしてます。
特典といえば市内のバス、地下鉄がフリーくらいでしょうか。
僕は、インターネットの事前購入で少し安く買いましたが、
一番安く買う方法はダフ屋と交渉することです。
どこの国にも必ずいます。
日本では、チケットが手に入らなかったコンサートなどで利用したことはあります。 (違法行為なので真似しないで下さい)

チケットをもらうと 自動改札機のようなものに、 チケットに付いているバーコードをかざして入場となります。
朝早いということもありますが、去年と比べて人が少なく感じられました。
1-9.jpgのサムネール画像 233.jpgのサムネール画像







やはり景気の影響なのでしょうか。
午後になってようやく人が増えましたが去年より少ないと思います。
特に外国人アラブ、アジア、アフリカは殆ど見かけませんでした。
全体的に元気がなく、ブースを縮小している有名メーカーもありました。
また、キャンセルによる空きスペースもありました。
商品については、別段目新しさは感じられませんでしたが
カラフルになっていたような気がします。

1-7.jpg
ケルンメッセ1.jpg ケルンメッセ2.jpg









強烈だったのは価格です。とにかく高い。
円高であっても強烈に高く感じます。
少し感じいいソファで「まぁこんな価格」の3倍くらいの価格です。
販売価格で言えば10万以下はあり得ません。
20万位でも難しいと言ったところです。
僕のランチを見て下さい。売店で買ったものです。
いつもランチはスピード第一なのでこんな感じです。
クロワッサンにハムとチーズが挟まったものとサラダ。

ヨーグルトのように見えるものはドレッシングです。
これにガス入りのミネラルウォーターを付けて1700円です。
「これが円安になったら」と想像するだけで恐ろしくなってしまいます。
5分ですませて再び歩きはじめました。

会場と会場を結ぶ通路にグレイな空が見えました。
1-14.jpg 外の休憩所も絵になります。
1-13.jpg セルフのレストランもしっかりデザインされていて、
まるで野菜が絵の具に見えます。
555.jpg 一日で全部見終わってしまいました。
2日目のチケットをダフ屋に売ろうと思ったのですが
ダフ屋でさえ、もういませんでした。
見本市の駅を後にして夕焼けの大聖堂を見ながらホテルにかえりました。
1-18.jpg 今晩は、友人の日本人バイヤー(男)と
これもネット予約したレストランに行く予定です。

1-15.jpg






  1. 2009/02/06(金) 05:00:16|
  2. バイヤー&スタッフのブログ