NOCEの家具バイヤーズブログ 2009年04月

NOCEのバイヤーズブログ

2009年4月24日 中国出張 最終回

4月も後半に入り初夏のような陽気になったり、
涼しくなったりと季節の変わり目らしい天気が続いています。
週末はあまり天気はよくなさそうですが、
日曜日が早く通過すれば晴れるかもしれません。

列車が香港駅に着いたのは、2時間遅れの夜9時近くでした。
ここから地下鉄を2本乗りつないで九龍(カゥールーン)の
今晩のホテルに向かいます。
列車を降り駅の中にあるイミグレーションを通過します。
イミグレ.jpg
まだ返還されたとはいえ、香港と中国の間は外国のようです。
イミグレの後、通貨も違うので中国元(RMB)を香港ドル(HKD)に
交換しなければなりません。
日本円で1万円くらいの紙幣とコインをポケットに詰め込んで
(僕は基本的に一人歩きをする場合お金は財布に入れないで
カードを2枚くらいと現金をポケットに入れておきます。安全上のためです。)
切符の自動販売機へと向かいました。
切符はまるで使い古されたテレフォンカードのようなものが出てきます。
テレフォンカードのような.jpgのサムネール画像のサムネール画像 もちろん行く先も金額も書いてありません。
自動販売機の情報をこのカードの磁気に読ませているのだと思います。
このカードは到着駅の自動改札機で回収されるので 合理的なのかもしれません。


ホームで待っていると地下鉄が来ました。
地下鉄が来ました・・・.jpg












車内は、中国のものよりカラフルです。
カラフルな車内.jpg













別の地下鉄を乗り換え、
ホテルにチェックインしたのは10時をまわっていました。
九龍.jpg 地下鉄乗り換え.jpg

ホテルのある九龍はダウンタウンそのもので、
10時過ぎても人でいっぱいです。人気のあるアパレルやクラブから、
ファーストフードや庶民的な食堂までとにかくにぎやかです。
渋谷のような感じでしょうか。
夜はこのちょっと入りにくい地元の人でいっぱいの食堂に行きます。
炒麺(チャオメン、やきそばのこと)を食べるためです。
香港で餃子やシュウマイといった飲茶や炒麺を食べてから
病み付きになってしまいました。
高級中華もいいのですが、これは別格です。
日本で食べたことがありません。
まず、「地元の人でいっぱいで入りにくく、あまり綺麗じゃない店」、
世界共通ですが、
こういうところに入れば間違いなくおいしいものが食べられます。
一人なのでもちろん合い席になるのですが、
他のひとが食べているものが全ておいしそうに見えます。
だいたい注文するのは牛肉炒麺で、細い麺を油で炒め、
その上に牛肉を片栗粉まぶせて
炒め醤油ベースのあんでからめたものがかかっているというものです。
さすがイタリアンパスタの原点だけに麺もアルデンテでとにかくおいしい。
ついでに今日のおすすめのワンタンをたのんで
お腹いっぱいで店をあとにしました。
食事の合計は800円くらいで物価は東京と変わりません。
ただ日本ではたぶん食べられないと思います。
この日も激しく疲れていたせいで11時には寝てしまいました。


翌朝、9時発の飛行機に乗るため5時半に起きて
6時にチェックアウトをして、空港行きのバス停にむかいました。
まだ少し暗い朝もやの中、空港行きの2階建てバスが来ました。
バス停.jpg バスが来ました.jpg













2階に上がり一番前の席にすわりました。
上から見下ろすとタクシーもこんな感じです。
タクシー.jpg










バスに乗り込む人達です。
バスに来る人.jpg









朝もやの高速道路を走ります。
朝もやの・・・.jpg

空港に到着しチェックインを済ませました。
今回、上司に懇願して帰りの便だけアップグレードで
ビジネスクラスにさせてもらいました。
お気に入りの場所.jpg なぜかというとこの香港のキャセイのビジネスラウンジが とても気に入っているからです。
もしかしたら世界中のどの場所よりも気に入っているかもしれません。
ラウンジ内には、食事のスペースとバーとソファの席があります。
朝食を済ませた後、コーヒーとペリエを持ってお気に入りの場所に座りました。
ラウンジ.jpgのサムネール画像













「アニエスべー」によるパッケージデザインのペリエがとてもよく、
だんだんここが香港だかパリだか
コペンハーゲンだかわからなくなってきました。
ペリエ.jpg 空港内とはとても思えないくらいとても静かで
まるで上質な図書館のようです。
席の前にはマルチメディアプレイヤーが置いてあり、
CNNからCDまで幅広く見たり聞いたりすることが出来ます。
マルチメディア.jpg













収められているCDは、クラシックからジャズまで600枚くらいあります。
僕はとりあえずジャズを聞く事にしました。

成田に着いたらその足でまた会社に向かいますが、
出張の仕事はこれで終わりです。
家具といえども大きな経済の中で動いています。
いま激動の中にいることは確かだとおもいます。
NOCEのバイヤーとして今後を考えると答えはみえるような気がしますが、
どのようにやっていくかがいまいち見えてきません。
いままでの考え方ではやっていけないのは事実です。
また、デザインの流れも見えてきません。
中国でも倒産する企業が増えてきていて
その会社の質を見極めるのもバイヤーの仕事になってしまいました。

ちょうど今、選択しているCDは、
TORD GUSTAVSEN TRIO(ECM)のBEING THEREの1曲目なのですが、
ピアノの音色がしみてきました。
今聞いているのは・・・.jpgのサムネール画像のサムネール画像 ノルウェイのピアニストだったと思いますが、
この曲がこの図書館に妙にはまってしまい、
しばし仕事のことなど考えられなくなってしまいました。


現実に戻して。
僕はNOCEのバイヤーとして一体なにができるのでしょうか。
デザインコンシャスに走ればコストがかかる一方、
価格だけにこだわればデザインや品質を犠牲にしなければなりません。
そして何より売れるものを見つけなければなりません。
いままでの常識とはなんだったのか、
又それを変えていくとはどういうことなのでしょうか。

CX504 for Narita Last Call 最終御搭乗案内の表示が点灯しました。
まだもう少しここに居たかったのですがしかたありません。
帰国すれば本当の現実が待っているからです。

キャリーバックを引き寄せ、
ヘッドホーンからのハービー・ハンコック「Then And Now」の「処女航海」と
飲みかけのコーヒー、そして「アニベ」のペリエを残して。
コーヒーとペリエを残して・・・.jpgのサムネール画像のサムネール画像
残して・・・.jpgのサムネール画像
 







スポンサーサイト
  1. 2009/04/24(金) 12:24:35|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年4月17日 中国出張 3

まるで初夏のような陽気が続いています。
先週は、梅田店オープンのサポーターとして参加したため
ブログが書けませんでした。
2日間で店を立ち上げるというまたも超絶過密スケジュールでした。
上司からホテル代をうかせるようにと、
大阪梅田にトラックが9時に着くため、朝4時に起き、
5時に下北沢を出て「のぞみ1号」で無事9時前に着き、
荷卸作業に従事しました。
2日間、結構きつかったのですが
なんとかオープンまでこぎつける事ができました。

さて、話を戻して広州です。
昨晩10時に寝てしまった事もあって、朝5時には目が醒めてしまいました。
眼下には朝もやの中に珠江がありました。
朝もやの中に・・・.jpg 今日のスケジュールは、
昨日見たあの大きな展示会場で開催される展示会に参加し、
そのまま列車で香港に行き香港泊りというものです。
又、例によって1時間かけてストレッチをして体をほぐし、
昼食を抜くため(時間に追われることが予想されるため)しっかり朝食をとり、
8時にホテルをチェックアウトし会場へと向かいました。

まずエントリーをしなければなりません。
外国人専用(Overseas Buyer)のカウンターに向かいます。
招待状を持っていない場合は、チケットを買わなければなりません。
僕は招待状を持っているので直接向かいました。
カウンターは開場前から混雑しています。
エントリーカウンター.jpgのサムネール画像 エントリーカウンター2.jpgのサムネール画像





そしてやはり「列」はありません。
しかもここは外国人専用で中国の人はいません。
中国人だけなら今までの経験からなんとなくわかるのですが、
インターナショナルに並ばない人達がカウンターに殺到すると
自分の国の常識を押し通そうとするので、ほぼパニック状態になります。
列を作る国の人達は(日本人含む)、
だいたい中国人のアテンダーが付いていて、そこに参加していません。
よってここでは、列を作らない事が常識になってしまいます。
ルールは完全に弱肉強食で「体のでかい奴」に優先権があります。
体の小さいアジア人は不利です。
僕も僕の体の倍はあるようなアフリカの方に「ニコ」っと押しのけられると
つい笑顔で「Please go ahead」と譲ってしまったことがありました。
今は絶対しませんが。
やはり怖いです。
本能的に退いてしまいます。
そしてカウンターの中国人はたいてい英語勉強中の学生のような
若い気の弱そうな人達です。
いくら待っても進みません。
まず、大柄な男がつかみかかっています。
エントリーカードに必ず記入するようにと書かれているにも関わらず、
「書き方がわからないから関係ない。早く入れろ」とどなっています。
受け付けの男の子は、すごまれてエントリーカードを発行していました。
次に中近東の方です。
この方も体を利用して前進したひとりです。
かなり強引でした。
ところが、エントリーカードも記入済でしたが、
チケットを持っていませんでした。
受け付けの子が「買わなければエントリーさせない」と言うと、
苦労して前進してきた男はまくしたて、エントリーカードをまるめ
「オレに買って来いって言うのか。おまえが買って来い。
 ここで待ってるからよ。」となげつけました。
怖くなってしまったのか男の子はOKしてしまいました。
これがアジア的なのでしょうか。
うまくまとめたつもりでした。
でもこれは、世界では通用しません。
当然、男は突然女性含む5人のほかの仲間に手招きして呼び、
カウンターの前に並ばせて「OK、OKこれはオレのファミリーだ」と
エントリーカードを無料で発行させてしまいました。
さすが妻を複数持つことが法律で認められている国の常識は違います。

ようやくエントリーできました。
会場はとにかく大きく、前回よりも広がっていました。
広い会場.jpg











大きなパビリオンとパビリオンの間に
100階建てくらいの建設中のビルがそびえたっていました。
ビル.jpgのサムネール画像













朝なのでガランとしていますが、
レストランもけたはずれに大きく昼ともなれば満席になります。
レストラン.jpg











ブースはどこも綺麗です。
きれいなブース2.jpg きれいなブース1.jpg きれいなブース3.jpg








世界経済の波は、中国にも波及し始めているのでしょうか。
ケルンのように空いたブースも実は結構ありました。
ブース1.jpgのサムネール画像 ブース2.jpgのサムネール画像








ちょっとだけ商品紹介。
商品紹介.jpg 普通にかわいい16800円くらいで売れるこのソファなのですが、
少し仕掛けをしてみます。
早ければ5月初旬にきます。

人がまばらに見えますが、
この建物からなので本当はかなりの人数です。
人.jpg 人2.jpg


そろそろ時間になってしまいました。
広州16時15分発、香港九龍行き特急に乗るために会場を後にして
地下鉄の駅に向かいました。
会場は地下鉄の駅に隣接していますが、駅はその端と端にあります。
(会場は地下鉄一駅ぶんあるということです。)

基本的に写真撮影はだめみたいです。
途中で駅員に「だめ」といわれました。
笑顔でですが。
まず自動販売機で行く先をタッチパネル上で押すと料金が表示されます。
表示された料金に従って料金を入れると
プラスティックのコインのようなものが出てきます。

<自動販売機>
自動改札.jpg













<コイン>
コイン.jpg







次に自動改札機の表示されたところにコインをタッチさせると
ピッという電子音とともに改札ゲートが開きます。
ゲート.jpg











ホームはだいたい透明なアクリル版が線路とホームを分けて立ててあり
地下鉄が到着して、
地下鉄のドアとアクリルのドアが同時に開くというものです。
東京でも最近少し見かけるようになりました。
ホーム.jpgのサムネール画像













車内はとてもきれいでした。
車内.jpgのサムネール画像













途中で2本地下鉄を乗り換え広州東駅に到着し、
列車のホームに向かいます。
乗換え.jpgのサムネール画像









1時間遅れ・・・.jpgのサムネール画像 列車はなんと1時間半遅れて
到着しました。
この列車は基本的に国際列車なので、 外国人が多く乗っています。
写っている写真の外人さんは 列車が遅れたうえ、
チケットの座席指定の字が漢字なので ややパニックになっていました。
僕とはなんら関係ありません。
これも扉に殺到する人のなかと
駅員の目を盗んで撮影したのでわかり難いかもしれませんが、
機関車がディーゼルでした。

座席に座るともう香港です。
僕にとって香港は東京と変わらないので「ほっ」とする瞬間です。
列車がすべり始め中国を後にしてゆきました。
着席.jpg








窓の外を平原の地平線が飛んでゆきます。
地平線.jpg











東莞駅に到着すると街がラヴェンダーの中に包まれていました。
ラベンダー色の空.jpg
  1. 2009/04/16(木) 05:44:58|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年4月10日 NOCE梅田店NewOpen!!

今週のバイヤーズブログはお休みです。

そこで、
本日、4月10日(金)に待望のオープンを遂げた梅田店について少々・・・

下の写真はまだ商品搬入前の、外から見た梅田店です。
建設されたばかりのきれいなビルの1階で、白いNOCEのロゴが目印です。
写真だとわかりづらいかもしれませんが、
店内には商品を展示するためのラックがところ狭しと設置されています。

梅田1.jpg
ガラス越しに商品が見えるでしょうか?
まだまだ搬入前なのですが、ここにソファがたくさん並びます。
ガラス張りの空間を利用して、
外から見ても楽しんで頂けるお店になっています。

梅田2.jpg
残念ながら出来あがった店内をここでお見せできないのですが、
色鮮やかなソファやお得なダイニングセットなど、
新商品から定番アイテムまで盛りだくさんのラインナップになっています!
オープンを心待ちにしてくださっていた方、NOCEを知らなかった方も
本日オープンしたばかりの梅田店へ是非遊びに来て下さい。

来週は引き続き、中国出張3をアップします。
乞うご期待!

  1. 2009/04/10(金) 03:28:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2009年4月3日 中国出張 2

先週末、サクラが見頃だと書いてしまったのですが、まだ3分くらいでした。
今週こそ見頃になると思います。

翌朝5時半頃には目が醒めてしまったので、
1時間かけてストレッチをして7時から朝食をとりました。
やはり、短期決戦のため体力勝負となるので
まず体をほぐしておかなければなりません。
朝食はビュッフェスタイルなので
昼食を抜くつもりで目いっぱい取っておきます。
オレンジジュース、目玉焼き2個、ロールパン2個、トースト3枚、
クロワッサン2個、ボイルソーセージ2本、ハムとサラミ2枚づつ、
中国だけにシュウマイ2個と春巻き、ベーコン2枚、チーズ、
山盛りサラダ、ヨーグルト。
これで夜まで無給油で行けそうです。

ホテルを8時にチェックアウトして、
8時半の会場行きの無料バスに乗りました。
会場は、やはり広くて「一日で回るぞ」という決意をそがれそうになります。
まだ開場前なのでエントリーも楽です。 IMGP0903エントリー.jpg
また、ここでしか見られない「一時荷物預かり」があります。 IMGP0904.jpg 2階に行く階段を利用してまるでケーブルカーのように
電動モーターで荷物を上げ下げするのです。
ただ混んでくるとスピードが間に合わなくなり、
また列をつくらないので荷物を預けるだけでも時間と体力が必要になります。
(人を押しのければならないため、
もしここで譲っていたら一日ここに費やすことになります)

会場は、とにかく大きく、ケルンにも迫る勢いです。 IMGP0906会場.jpg 慣れない人が見て回ったら3日かかっても無理かもしれません。
また、ひとつひとつのブースもかなりきれいに作りこんであります。
IMGP0908ブース1.jpg IMGP0907ブース2.jpg

IMGP0909ブース3.jpgのサムネール画像 一時間もするとだんだん混み始めてきて、
歩くのが少し困難になってきました。
展示会ではあるものの一種のお祭りのようです。 IMGP0915.jpg

IMGP0912.jpg オヤジたちが集っていた目線の先には
こんな人たちがいました。
世界的にオヤジはおなじです。







ステージの上で小学校低学年くらいの子がおどっていました。 IMGP0913.jpg










IMGP0914.jpg と、目の前に問題のキャラクターが現れました。
思わず立ち止まると目があってしまい、
ポーズをとってもらいパチリ。
それでもこのキャラクター、
中国ではあまり知られていません。
だから、完全コピーでも
何をコピーしたのかわからない人の方が多いとおもいます。
ドナルドや(ドナルドダックではない)
カーネルサンダーのほうがずっと有名人なのですが、
これのコピーは見たことがありません。

会場は、2つに分かれています。
歩くには少し離れているためシャトルバスを利用しなければなりません。
これがまた大変です。
基本的に列はあるのですが、「横はいり」は当たり前で
行儀よく並んでいるといつまでたってもバスに乗れません。
写真を見て下さい。

       <バス・1枚目>       →       <バス・2枚目> IMGP0917バス1.jpg IMGP0918バス2.jpg
人と人の間に鉄柵があります。
内側が正しい列です。
外側がいわゆる「ずる」する人たちです。
この人たちは警備員に注意されようがおかまいなしです。
ちなみに列に並んでいる人が注意したり、
けんかになるという光景はいままで見たことがありません。
おおらかというか、たぶん気にならないのだと思います。
ただし、柵の内側も列を作っているわけではありません。
満員電車状態です。
バスが来るといっせいに雪崩れのように殺到するのです。
1枚目の写真の柵の外の赤い袋を持った人に着目して
2枚目を見ると消えています。
この人はオレンジ色のパーカーを着た整理員を振り切って
見事ゲットしてしまいました。
僕も後ろから来る人を体で阻止しつつ進んだのですが、
結局バスに乗るまで30分かかってしまいました。
「こつ」は、とにかく前の人にピッタリくっついておき、
バスの入り口が近づいてきたらなりふりかまわず突進する事です。
まだこういうことに慣れていない頃、
いつまでたっても乗れず情けなくなった事がありました。

全て見終わって次の目的地広州に向かうため、バス乗り場へとむかいました。
広州と書かれているのが目的のバスです。
IMGP0902広州.jpg 一応「30分毎に出る」ことになっているのですが、
満席になると出てしまいます。
また、逆に満席にならないと出ません。
つまり、バスが停まっているということは、まだ席がある証拠です。
例えばここで、午後5時が最終バスでまだ4時40分だとしたら
日本では「何か飲み物でも買ってのんびりチケットを買って」となりますが、
ここでは通用しません。
満席になれば出発してしまうからです。
まァ、理にかなっていますが。
満席ならば、バス自体待つ必要ないからです。

これも一回痛い目にあいました。
定刻前に最終バスがでてしまったのです。
移動の手段はありません。
最終的に置いてきぼりの人たちがバス1台分になるまで待って
2時間後に出発となってしまいました。

そこで今、「バスを見たら走れ」です。
走りました。
何人か抜いてチケット売り場に行き乗る事が出来ました。
残り3席でした。
危ないところでした。

高速道路を2時間走ると終点の広州に到着します。
それで広州といっても広州の中心地ではありません。
郊外の展示会場です。
知らないとパニックになります。
あせってしまって客待ちのタクシーを捕まえると、
まんまと「わな」にはまり餌食になります。
確実にぼられます。

これも前に僕もやられました。
法外と知りつつも100元でネゴしたのですが、
降りる時にトランクを開ける前に「荷物代にもう50元払え」と言うのです。
この時は「財布がトランクの中のキャリーバックの中にある」と言って開けさせ
100元出して逃げました。
ルール違反は僕ではありません。

広州の展示会場は年々大きくなっています。
まるで未来都市のような所に、
モダンな空港のような建物がいくつか建っています。 IMGP0925未来都市1.jpg
IMGP0928未来都市2.jpg












そしてまだ建築中です。
完成すれば、おそらく規模としては世界一になるかもしれません。

チェックインをしてホテルの窓のブラインドを開けると
珠江が眼下に流れていました。 IMGP0930.jpg
かなり疲れていました。
「今晩はちょっと豪勢に」とレストランに行きお店のリコメンドを食べました。 IMGP0932レストラン.jpg
スープと前菜にメインという感じで
さすが「食は広州にあり」だけにとんでもなく美味でした。

スープは野菜ベースでグリーン色がとても鮮やかで、
野菜をミキサーにかけたものだそうです。 IMGP0934スープ.jpg 前菜は、干しえびと貝とひき肉とねぎのようなものを細かくし、
しょう油とオイスターソースで炒め、
真中をくりぬいた丸い全粒パンのなかに詰めて食べるものでした。 IMGP0937前菜.jpg メインは、豚のスペアリブオレンジ甘酢ソース煮込みで絶品でした。IMGP0938メイン.jpg これは前菜で白ワイン一本、メインで赤一本といきたかったのですが、
仕事中なのでアルコール無しのミネラルウォターだけというのが残念でした。

これ全部で2400円でした。
全部日本で言えば3人前ずつです。
そのため殆ど半分ずつくらいでギブアップです。
高級中華とはいえ、一人800円と考えれば王将の定食レベルなので
すごく得した気分になれました。

疲労もあり寝たのは10時でした。
窓の外の広州の街はあまり明るくありませんでした。

  1. 2009/04/03(金) 10:58:58|
  2. バイヤー&スタッフのブログ