NOCEの家具バイヤーズブログ 2012年01月

NOCEのバイヤーズブログ

2012年1月27日 ドイツ、イギリス出張1

今週も寒い日が続いています。
東京はロンドンやケルン(ドイツ)よりも寒く感じました。
今週末のお天気ですが、NOCEのある地域では札幌、
新潟は雪で福岡、広島がくもり、後は晴れるそうです。
どの地域も寒そうなので外出時はできるだけ
防寒対策を万全にしていただければと思います。
そしてその際には、是非NOCEにお立ち寄り下さればと
全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。


出発ギリギリまで悩んだ出張でしたが、
航空券の発券が2日前とキャンセルできない状況で
悩む間もなく出発の日が来てしまいました。
ケルンに通い続け「もう来年は来ない」
と思いながら今年も行く事になりました。
「ケルンの渡航費用対効果は果たしてあるのか」
「時間の無駄ではないか」とか
「とりあえず行く事にして自分を安心させているだけ?」
と考えてしまうわけです。

ここで今回、行く決意を固めたのは、
特別にイギリスのバーミンガムの展示会を
「おまけに付ける事が出来た」のと
上司の「収穫ゼロでもいい」でした。
その代わり、ケルンは主要なところを
5時間で見なければならず、バーミンガムは3時間です。
自分の限界を知るために僕は生きてるわけじゃありません。
(マイラバ引用、JUJUではありません)
それでも「行けるチャンスがあれば行くべき」なのです。
そうです。僕はバイヤーだからです。
そして

「I am a buyer !」
とこぶしを振り上げ
空に叫んでみました。


出発の朝、
20120127_1.jpg
















下北沢は雨でした。
20120127_2.jpg 井の頭線の下北沢駅から
20120127_3.jpg












井の頭線の
20120127_4.jpg
















渋谷行きに乗り
20120127_5.jpg 渋谷で
20120127_6.jpg 9時45分発
20120127_7.jpg
















成田エクスプレス
20120127_8.jpg
















17号に
20120127_9.jpg 乗り
20120127_10.jpg 空港第2ビル駅を目指します。
20120127_11.jpg












ドアが開き
20120127_12.jpg
















ホームを歩いて
20120127_13.jpg 第2旅客ターミナルゲートを
20120127_14.jpg エスカレーターで
20120127_15.jpg
















出発ロビーに
20120127_16.jpg 出ると
20120127_17.jpg














何故か
20120127_18.jpg














驚くくらい
20120127_19.jpg 閑散としていました。
20120127_20.jpg














成田空港も雨の中でした。
20120127_21.jpg












ウエイティングのないイミグレで出国手続きを済ませ
20120127_22.jpg ゲートに向かい(実はラストコールで走ってます)
20120127_23.jpg
















日本航空JL408便 フランクフルト行き
20120127_24.jpg












ボーイング 777-300の
20120127_25.jpg CAのお出迎えを受け
20120127_26-1.jpg
















席につくとすぐに飛行機は動き出し
20120127_27-1.jpg
















雨の滑走路を
20120127_28.jpg スピードを
20120127_29-1.jpg
















上げ
20120127_26-2.jpg
















雨粒を
20120127_27-2.jpg
















振り払うように
20120127_28-2.jpg 飛び立ちました。
20120127_29-2.jpg
















飛行機は佐渡島を越え
20120127_30.jpg シベリア上空を飛び続けます。
20120127_31.jpg 僕は機内ゲームに夢中になり
6時間通しでやってしまい、
暫く物が2つに見えたままでした。


離陸後11時間程で
20120127_32.jpg
















フランクフルト空港に
20120127_33.jpg ランディングしました。
20120127_34.jpg
















窓の外には薄くなった水色の空が
雲に透けていました。
20120127_35.jpg 飛行機は
20120127_30-2.jpg
















空港の
20120127_31-2.jpg ゲートに止まり
20120127_32-2.jpg ドアが開き歩き始めます。
20120127_33-2.jpg
















乗ってきた飛行機を撮る人、僕以外いませんでした。
20120127_34-2.jpg 昔よく見た光景でしたが海外旅行が珍しくなくなったのか
最近見なくなりました。

出口に向かい
20120127_35-2.jpg 預けた荷物はないのでここは通過し
20120127_36.jpg
















入国手続きを終えロビーに出ました。
20120127_37.jpg 鉄道の駅の案内版に従って歩くと
20120127_38.jpg 駅がありません。
20120127_39.jpg
















いつも利用しているANAかルフトハンザは
ターミナル1に着くので駅は隣接でしたが
今回はJALなのでターミナル2です。
考える時間がもったいないので
こういう時は即インフォメーションで聞くに限ります。
「バスで行け」とのことなので
少し歩くとシャトルバスの案内がありました。
20120127_40.jpg バスに
20120127_41.jpg
















乗り
20120127_42.jpg 鉄道駅で降り
20120127_43.jpg 駅に向かいます。
20120127_44.jpg
















途中にある
20120127_45.jpg チケットカウンターで
20120127_46.jpg
















「ケルンまで1番早く着く列車、片道1枚」とチケットを買って
20120127_47.jpg ロビーに着き
20120127_48.jpg












見上げると「フランクフルト発ケルン行き」
の表示がありました。
20120127_49.jpg ロビーのベンチで待つと
20120127_50.jpg
















時間が来たので6番ホームに降り
20120127_51.jpg
















17時32分
20120127_52.jpg フルグハフェン(空港)駅発
20120127_53.jpg












ICE(ドイツ新幹線)814号
20120127_54.jpg 20120127_55.jpg
















に乗車し
席に着くと
20120127_56.jpg
















雨のホームが流れていきました。
20120127_57.jpg この車両には僕しかいませんでした。
20120127_58.jpg
















ケルン到着の案内が表示されると
20120127_59.jpg 車窓にホームが滑り込み
ドアを開け
(ヨーロッパの列車は基本的に自分でボタンを押して開けます)
20120127_60.jpg
















ホームを歩き
20120127_61.jpg
















外に出ると大聖堂が光っていました。
20120127_62.jpg 裏通りにある
20120127_63.jpg
















小さなホテルでチェックインを済ませ
20120127_64.jpg 廊下を歩き
20120127_65.jpg
















ドアをあけ、
20120127_66.jpg 部屋に入ると少し疲れたのか
何も食べずに寝てしまいました。
窓の外では
20120127_67.jpg ケルンの夜が更けていきました。
20120127_68.jpg
















スポンサーサイト
  1. 2012/01/27(金) 02:17:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2012年1月20日 ヨーロッパ出張 プロローグ

今週も先週に引続き寒い日が続きました。
来週は更に冷え込むそうです。
また、福岡では雪の予報も出ています。

先日、下北沢にある博多発の焼き鳥店のカウンターで飲んでいると
「今年は福岡より東京の方がめずらしく寒い」
と後のテーブルから聞こえました。
東京に住んでいると「福岡は暖かい」イメージがありますが、
実際福岡の人たちに言わせると「東京の方が暖かい」そうです。

今週末、NOCEのある地域では冬型気圧配置が崩れ、
札幌を除いて他は曇りや雨とスッキリしないようです。
ただ関東は久々の雨なので乾燥していた空気が潤いそうです。
外出時はしっかり防寒対策をして出掛けましょう。

そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと
全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。


僕は、明日(金曜日)からドイツ(ケルン)と
イギリス(バーミンガム)に出張です。
今回は「行くべきか」について随分悩みました。
去年の自分のブログを読み返して年々その価値が変わるケルンに
「自分にとってどんな価値があるのか」
「経費に見合うだけのものがあるのか」
と考えてしまうのです。
そして「15時間かけてケルン」と考えただけで
「うんざりで面倒くさい」と思ってしまうわけです。
今年もただ「参加することに意義がある」といった
「まるで出席簿にマルを付ける」ような事でいいのかと。
でも本当は「面倒くさくて行きたくない」ための言い訳です。
「行かないより行った」方がいいに決まっています。

そんな時、上司から「収穫ゼロでもいい」
という暖かいお言葉を頂戴し、
行かざるを得ない状況になってしまいました。
ただ、スケジュールは今まで経験した事が無いほど
超絶ハードで全然暖かくありません。
旅行に慣れている方にもおすすめできません。
2泊4日のドイツ、イギリス出張スケジュールは以下の通りです。


金曜日、下北沢9時発(鉄道)成田空港12時発(飛行機)
フランクフルト空港16時着{時差マイナス8時間}(鉄道ドイツ新幹線)
ケルン18時着、ホテル泊(ホテルにプール無し)


土曜日、6時起床、
ケルン駅8時半発(鉄道)
見本市会場を9時から7時間(取引先商談含む)
歩いて商品を見る(鉄道)
ケルン空港18時発(飛行機)
ロンドンヒースロー空港18時20分着{時差マイナス1時間}(地下鉄)
ロンドンユーストン駅20時20分着
ロンドンユーストン駅近くのホテル泊(プール多分ムリ)


日曜日、4時半起床、
ロンドンユーストン駅7時発(鉄道イギリス特急)
バーミンガム駅8時40分着(徒歩)
見本市会場新規開拓含む5時間見る(徒歩)
バーミンガム駅14時発(鉄道イギリス特急)
ロンドンユーストン駅15時半着(地下鉄乗り換え)
ロンドンヒースロー空港17時半着
ロンドンヒースロー空港19時発(飛行機)

月曜日、成田空港16時着(鉄道)
下北沢19時着(そのままどこかで飲み)21時帰宅

火曜日、朝から通常通り出勤。

尚、飛行機以外のチケットは全て現地で自己手配。
  1. 2012/01/20(金) 09:36:39|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2012年1月13日 自信

今週は寒い日が続きました。
下北沢の路上にも朝、氷が張っていました。
今年は去年より寒い気がします。

今週末のお天気ですが、
NOCEのある地域では札幌と新潟を除いて
まずまずになるそうです。
ただ気温は低めなので
お出掛けには防寒対策を万全にした方が良さそうです。
そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと
全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品は、去年の中国出張の時に
ご紹介させていただいた「小ぶりなソファ」です。

20120113-1.jpg HY2452ソファ 2人掛け オレンジ
¥29,800-
サイズ 幅130×奥行76×高さ76(44)cm
Made in China
※部分組立
◇色違いでグリーン、ブラックチェック、ブラウンチェックがあります。

デザインは、オーソドックスなスタイルの
ボディのアーム上部にボリュームを付ける事により
ややクラシカルなものになっています。
とは言え、過度にその要素が強調されているものでも無く
全体的な印象はシンプルと言えます。

アーム部分の丸みが全体の印象を決めています。
20120113-2-1.jpg

















20120113-2-2.jpg
シートと背もたれを分割させない事により、
20120113-3.jpg












シンプルなイメージになっています。
インテリアとしては、その印象から
カフェ系、シンプル、ナチュラルまで
幅広く対応し、クセがなくお部屋を選びません。


カラーは、オレンジ
20120113-4.jpg












グリーンに
20120113-5.jpg ブラック、ブラウンのチェックとなります。
20120113-6-2.jpg













20120113-6-1.jpg グリーンとオレンジはお馴染みですが、
今回は新しくチェックを加えてみました。
細かい格子の模様は、さわやかな印象があり
「野暮ったく」なりません。
カフェ系のウォールナットとも合わせる事ができます。
ファッションでも最近、チェック柄をよく見かけるようになりました。
時代背景は80年代といったところでしょうか。

そして構造でさらに特長があります。
シートにポケットコイルを使用していて、
小ぶりな割に抜群の座りやすさがあり安心感があるのです。

さて価格ですが、29,800円とポケットコイル構造と
デザインから考えれば格安です。
少し思いきってチェック柄はいかがでしょうか。
ウォールナットのダイニングと合わせれば
現代の癒し系カフェに、パイン材で合わせれば
80年代のフレンチカントリー全盛時代にタイムスリップしそうです。

遅い午後、大きなカフェオレカップに
コーヒーとタップリのミルク、部屋中に広がるカフェオレの香り。
デュラレックスのグラスにブラウンのシュガー。
ショコラかデニッシュがあれば、
80年代クレモンティーヌのフレンチポップス、
「さよならを教えて」(ゲンスブール作曲)が聞こえてきそうです。


昨日ランチをしている時、突然近くの人のケータイに
久々の「ゆれくるコール」が鳴り始めました。
週刊誌では、「近いうちに最大余震が来る」とか
ネットでは「地震雲が出た」とか
今にも地震が来そうな勢いですがあまり実感がありませんでした。

実際その時ケータイが鳴っても
誰も慌てる様子もなく皆さんランチをしています。
僕もあまり気になりませんでした。
バンズにナイフで切り込みを入れてハンバーグを挟んでと・・・・。
とこの時に鳴りましたがそのまま気にせず口まで直行です。
おとなりの女性が「大丈夫なんでしょうか?」と聞いたので
「たぶん」と大きくうなずくとパンケーキを続行していました。

僕には大きな地震の前には
「もう少し頻繁に地震が来る筈なのでまだ来ない」
という自信(スミマセン)があったからでしょうか。
ただ、少し「最近マグニチュードの大きな地震が連発」
しているのも気がかりです。
注意に越したことはないので
警戒モードのランクを上げておくことにしました。
「ゆれくる」も完全なものではありません。
震源が近いと揺れの到達速度が速いので
コールが遅れる事もあります。
特に直下型地震は難しそうです。

いずれにしても備えと「その時なにをしなければならない」
のかを考えておかなければなりません。
都内ではまだそこまでの大きな揺れは感じていないものの
相手は自然なので今出来ることはしておこうと思います。
また、それと同時にイラン情勢にも恐怖を感じています。
これから先、いったいどうなるのでしょうか。
  1. 2012/01/13(金) 01:37:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2012年1月6日 2012年スタート!

2012年、新年あけましておめでとうございます。
本年も引続き、お客様のご愛願を受け賜わりますよう
努力する所存でございます。
全国NOCEスタッフ一同、
今年も皆様の御来店を謹んでお待ち申し上げております。


正月休みが終わって3日出勤でまた3連休と
年始の休みが続いています。
3連休のお天気ですがNOCEのある地域で
札幌、新潟は残念ながら雪で他の地域は晴れるそうです。
寒くなるそうですがお出掛けにはまずまずになりそうです。

今年は店舗が3日から営業開始、
僕は4日から「仕事始め」で
正月休みは31日から4日間でした。
大晦日の31日、レンタカーで蓼科にある
オーベルジュに行きました。
中央高速は空いていて雪の南アルプスと八ヶ岳を仰ぎながら
2時間半で白樺湖に到着し、湖畔にある公共の温泉に
全面結氷した真っ白な湖面と蓼科山に沈む
2011年最後の夕日を見ながら浸かりました。
夜はフレンチのフルコースでシャンパン、白、赤と
ソムリエールのリコメンドでイヤーエンドのディナーを終えます。
夜の10時に車山高原のゲレンデに
年の最後を飾る花火が上がりました。
済んだ空気と白銀に光る花火の音が
山々に響き渡り幻想的でした。
マイナス10度。
乾杯のシャンパンが氷のように冷えていきます。
空には天の川と一際青く輝くシリウス。
1つだけ星が流れました。
TVは見ないので10時半には寝てしまい、
年の「変わり目」は夢の中でした。

ちなみにこのオーベルジュは、正月料金なしの
フレンチのフルコースディナー付きで
1泊2食¥13,000とかなりリーズナブルです。
元旦、宿を早朝出発し長野にある善光寺で初詣をして
夕方には下北沢に帰ってきました。
元旦の下北沢はとても静かで元旦営業のカフェで新年の一杯。
さらにはしごして「行きつけ」の焼鳥屋でさらに一杯。
2日はスーパーで正月用高級牛肉売れ残りの大安売りがあり
三重産松坂牛のすねをゲットし、たまねぎを焦がして
「納得の一品のシチュー」を作り家飲み。
3日、プールで初泳ぎです。
プールはガラガラの貸切り状態でした。
うれしくて時間を忘れてしまい、連続の飲酒で疲労していたのか、
気持ちよくなり過ぎてクロールの途中で眠りそうになり
フリップターンで気を抜いてしまい鼻から大量に水が逆流し、
口の中が全部カレー味になって目が醒めました。
その晩、親戚と新年会を新宿の中華でやった後、
足りないので下北沢に帰ってからオイスターバーで
カキとシャンパンで穴埋めしました。

ただ、正月から「のん気」な事ばかり言っていられません。
世界の状況はシビアです。
アラブでは、核開発を推進するイランが
EU で経済制裁決議を可決されその報復措置として、
また現在アラビア海にいる米空母が再度海域に戻って来れば
ホルムズ海峡を閉鎖すると宣言しています。
もし実施されれば戦争の可能性もあります。

その時オイルは50%以上の値上がりが予想されると言われています。
イランは、日本や中国が主要取引先なので
ホルムズ海峡を閉鎖すれば
(ホルムズ海峡を利用しているのは、
日本、や中国、韓国のアジア諸国)
自殺行為にもあたりますが、言ってみれば
アジア諸国を人質にするとも言えるのです。

ヨーロッパの金融危機も終わっていません。
旧東欧諸国で優等生だったハンガリーも
おかしな事になってきました。
この国は自国通貨フォリントを使っているので
ユーロと関係ない分だけ厄介です。

中国の景気減速もあります。
去年、中国のサプライヤーから
「日本向け輸出コンテナにはチャージがかかる」
という連絡が入りました。
これは「インバランスチャージ」と言われるもので
コンテナの需給バランスが極端に崩れた時に発生します。
中国から日本向けのコンテナ数が上回り、
日本から中国向けのコンテナが減少している事を意味するのです。
単純に量だけで結論付ける事はできませんが、
物流の現場では貿易赤字というわけです。

10年位前、ヨーロッパや中国で逆の現象がありました。
日本から輸出のコンテナが足りなくなり、
中国からの船賃が無料という事があったのです。
「空のコンテナを有料で日本に送るよりマシ」というわけです。
日本の貿易黒字に対し世界から風当たりの強い頃でした。
何故、中国向けのコンテナが減少したのでしょうか。

ヨーロッパの景気減速です。
中国では日本から部品を輸入し製品を組立て輸出しています。
ヨーロッパは中国の主要輸出先です。
中国は日本の主要貿易相手国です。
中国の欧州輸出がストップすれば日本の輸出も止まるというわけです。
勿論、要因はこれだけではありません。
大震災で被災した工場の復旧が追いつかないという事も
大きな要因です。
考えもしなかった日本の貿易赤字の原因のひとつです。

ここで僕の最大の関心事である為替ですが、
最近海外に行かれた方、特に欧米ですが
「円高なのに実感がない」と思いませんでしたか?
それは、日本のデフレと世界のインフレのギャップが
円高のスピードに追いついていないからです。
簡単に言えば、円高よりも商品の値上がりのスピードの方が
速いという事なのです。

最近、国内事情から韓国や中国など輸出立国の間で
行っていた通貨安政策の動きが逆転し
国内のインフレ抑制にシフトし始め「元高」「ウォン高」を
容認する動きになっているのです。
これは欧米の輸出政策に合致し歓迎され、
むしろ単独で為替介入した日本への批判が強まっています。
円が高くなるか安くなるかの予想は出来ませんが、
元やウォンに引っ張られる形で円高になる要因があり、
その時為替介入がやり難い状況になるという事態も考えられます。

また、欧州金融危機によるユーロ安に伴う円高もあります。
世界の流れを見て消去方で考えると
円高要因の方が多いような気がします。
それでも世界的なインフレは進行するので
輸入価格が下がらないという厳しい状況は続きそうです。
現実に取引先各メーカーから値上げの要請があり、
5%は当たり前で10%に達する事もあります。
現在の為替を76円で計算するとインフレを円高で調整すると
72円にならなければ辻褄が合わないという事になるわけです。
勿論、もし実際72円になれば世の中大騒ぎです。
円高はある意味必然なのかもしれません。

一方、何らかの要因で円安に触れれば、
この差が広がり強力なインフレになります。
しかしこれは景気が上向く過程のインフレではなく
スタッグフレーション(不況下のインフレ)になるため
一般生活面には好ましくありません。
円高要因の方が円安要因より在りますが、
本当は円安の方が怖い事だと思っています。

年初にあたり少し堅い事を書いてしまいましたが、
そんな事考えてばかりでは毎日憂鬱で仕方ありません。
そうかと言って何も考えずに「酒とバラの日々」ではダメです。
原発も地震も終わっていません。
忘れてはならない事です。
その中で「自分らしくどのように生きるか」
を模索する1年にしたいと思っています。

僕の正月は、振り返ると幸せなスタートでした。
2012年がよい年でありますように。
  1. 2012/01/06(金) 02:01:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ