NOCEの家具バイヤーズブログ 2012年09月

NOCEのバイヤーズブログ

2012年9月28日 下北沢ピザ戦争

 今週は、いきなり秋になったような気温になりました。
朝晩は涼しく先週までの猛暑がウソのようです。
「暑さ寒さも彼岸まで」の格言通りになってしまいました。
今週末、NOCEのある地域の天気ですが、土曜日に札幌、広島、福岡が雨やくもりで他の地域は晴れで、日曜日は全地域で雨やくもりになるそうです。
大型台風17号の動きが気になるところですが、土曜日あたりから福岡に影響がでそうです。
過ごし易くなりましたのでお出掛けにはピッタリですが、お天気のチェックは忘れずにしておきましょう。
お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、デンマークの巨匠デザイナー系のカフェチェアです。
デザインは細部に若干の変更がありますが、基本的にウエグナーのCH30です。
0928-1.jpg

採寸や角度、形状が微妙に違っていますが、大きな相違は正面と背部にある脚部のヌキの部分と背もたれ部分が布張りになっているところでしょうか。
CH30のヌキ部分は真中がくびれたデザインで、又背もたれ部分は木製と言った感じです。
所謂、現在カフェチェアとして流通しているデザインの最も典型とされるもので、昭和40年代、50年代に日本の家具メーカーでもこのデザインをモチーフとしたチェアが多く作られました。
余談ですが、去年下北沢のアンティーク店で「一目惚れ」してしまった昭和の「食堂椅子」を「5,000円を値切って4,000円」で買って来ました。
ちょうどCH30の幅を日本サイズにするため狭くした物です。
CH30の派生系でデザインを変えずに全く幅を狭くしただけの物でレトロそのものでした。
あまり、気に入ったのでレプリカを曲木でお馴染みのチェコのTON社に製作を依頼して商品化しました。
10月中旬にデビューさせる予定です。
話を戻してRY15チェアですが、インテリアの観点からはベーシックなカフェ、北欧系なのでカフェ、ナチュラル、シンプルとあらゆるお部屋のシーンで溶け込んでくれそうです。
暖かみがありクセのないデザインは高級感さえあり、お部屋に置くと心が穏やかになりそうです。
素材はアッシュ材天然木につや消しのウォルナット色でステインされていてユーズドっぽい雰囲気も楽しめます。
0928-2.jpg

ファブリックは、ライトグレーとミドルブラウンでどちらの色も高級感を引き立てています。
0928-3.jpg

実物は画像よりも小ぶりなので圧迫感はありません。
是非、実物をNOCE各店でお確かめいただければと思います。
尚、初回入荷分が好評につき在庫が少なくなってしまいましたので、ご興味のあるお客様にはお早目のご検討をお勧めさせていただいております。
次回入荷予定は10月下旬となっております。

RY15チェア
¥14,800
幅50×奥行49×高さ77(45)㎝

このチェアをお部屋に置くと懐かしさが残るカフェのコーヒーの香りに包まれていきそうです。
遅い午後の光が、すぐに辺りをピンク色に染め上げると窓から少しだけ冷たい風が音をたてて通り過ぎていきました。

今週、ピザで有名な南イタリアの街の名前を英語の所有格にした店名の話題のピッツェリアに行ってきました。
渋谷発激安ピザ店の自由が丘に続く3店舗目だそうです。
下北沢というと過去パスタがスパゲッティだった頃、「下北沢スパゲッティ戦争」勃発という時代がありました。
その後、ラーメン、カレー戦争を経て今ピザ戦争が起こっています。
下北沢と言うと劇場やライブハウスで有名ですがその陰で密かに熱い戦いが展開されているのです。
有名ピザ店と言えば、恵比寿、中目黒が有名ですが、下北沢は価格にシビアな分だけ厳しい消耗戦となりそうです。
特に今週オープンのその店と渋谷の有名店に居たピザイオーロ(ピザ職人)が独立して出来た店の参戦はトピックと言えるでしょう。
さて、ピザと言えるものを提供するお店で独立系本格的石釜(蒔)から外食チェーンまで含めると僕の知っている範囲で(池ノ上、大原、東北沢除く)15軒あります。
井の頭線の吉祥寺方面を北にしてクロスする小田急線の新宿方面を東にして(便宜上、小田急の南口と北口が正確ではないため)東南地区、南西、北西、北東に分けて実名を避けて列挙してみました。
本多劇場のある東南地区にはありません。
南口商店街のある南西地区に集中しています。
1、北沢を代表する「ギャンブルの大当たり」の意味する会社が運営するイタリアン、
  1階もこの会社の経営する居酒屋店の前の野菜が目印の「サンダー屋」の2階。
開店当時はイタリア人ピザ職人による店として話題になりました。使い込んだイタリア製ガスオーブン。
2、イタリア語で「緑」の店。イタリア輸入食材会社の経営。確か窯だと思います。
3、「63」そのまんま。アメリカ系ピザ。老舗中の老舗。ガスオーブン。
4、今週の水曜日にオープンした最も新しい店。本格的ピザ(マルゲリータ)350円
ピザの革命が旗印。ガス窯。
5、「ギャンブルの大当たり」が店名。生牡蠣が売り物ですがピザも手作り。ガス釜。
6、千葉出身の大手外食チェーン。イタリア語で「くちなしの花」が店名。ピザ1本では勝負していませんが、
ワインもあり最近居酒屋代わりに利用する人が増えています。
低価格ピザとしては、マズマズですが「ピザ革命運動」の台頭により地位が脅かされる可能性があります。
多分電気オーブン。
7、ピザ革命前の元祖低価格ピザの店。渋谷で立ち飲みワンコインピザで一世風靡した店の下北沢店。
店名は「コーナー」。ピザ業界で有名な500度に達する電気オーブンNAPOLI500を使用。
8、渋谷にある有名ピザ店のピザ職人が独立して開店した店。店名は「今日から」と言う意味。
個人的には下北沢では1番本格的だと思います。いつも混んでいて要予約ですが、
たまたまピザイオ-ロの前のカウンターが開いていたので座りピザ造りをじっくり見せていただきました。
「プレッシャー」とおっしゃっていましたが、なかなかの出来映えで、
イタリア以外で食べて美味しいと思った数少ないお店の1つです。薪釜。イケメン。

北東地区

9、イタリア語で「普通のお母さん」が店名。生パスタが売りのチェーン店。冷凍生地のピザもあなどれません。
電気オーブン。
10、スペインバルにある小皿料理の名前を2回繰り返す店名。都内中心に30店舗ほどの展開。
茹で上げパスタが中心のお店ですが、薄焼きのピザを複数人数でパスタとシェアするのがおすすめ。
電気オーブン。
11、 10番のお店の前にある2階のお店。店名の語源はスペイン語。
イタリアではブルスケッタと呼ばれるパンの上にトマト、ガーリック、オリーブオイルをのせた
つまみ系料理の名称。 「うどんのようなパスタで有名」で都内にも数店展開中。
ピザは最近始めたらしく夜のメニューのみ。生地はオリジナル。電気オーブン。
12、ひばり系大手外食チェーンのスペイン語で「美味しい」と言う意味の店名。多分電気オーブンかレンジ。
13、最近「一番街」にオープンした本格派ピッツェリア。店名もそのものズバリ。
ガス釜でピザイオーロが作るピザはなかなかの物。ワインの他ピザ以外のつまみメニューも充実していて
「飲み」のあと〆でいただけるお店。ガス釜は7番のお店のガスバージョン。
14、13の店を西に行った有名な「昭和のパンを焼く」ベーカリーカフェ。
店名はその昔、日本一の売上を計上したスーパーの名前。そのスーパーは下北沢にもありましたが、
今は「フーディアム」として新しく生まれ変わっています。別名は英語で混合物、合成品と言う意味の店名。
このベーカリーカフェはイートインでカフェとしてもベーカリーとしてもグッドです。
店内の曲はオーナーさんの選曲だそうでセンスかなりいいと思います。
ベーカリーのピザとは思えないほど本格的でボリューミーな物です。多分ベーカリー用のガスオーブン。

西北地区

15、井の頭線西口近くのイタリア語で「1月6日の祝日」を意味する店名。
1番の「ギャンブルの大当たり」が経営する本格的ピッツェリアの店。
オープン当初は、1番のオープン時のイタリア人が「本格的に薪釜でやりたい」と言って始めた店。
その前は「ポムドテール」という下北沢ではめずらしいフレンチでした。オープン当時としてはめずらしく
石釜、薪というもので中目黒のイタリア3兄弟のピッツェリアがブレークする頃と同時期でした。
イタメシと言う言葉が使われなくなった頃でした。

以上、「下北沢ピザ戦争」の登場者を僕の知る範囲で書いてみました。
実はピザ戦争に勝者も敗者もいません。
面白くするために書いているだけです。
それでも戦争はピザだけで充分です。
人が殺しあう戦争は絶対なしです。
これにも勝者はいません。
憎悪だけが残るだけです。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/28(金) 11:13:26|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年9月21日 無題 1

 秋分の日を迎える週、まだ真夏のような暑さが続いていましたが今日は少し暑さが和らいだような気がします。
今年の秋分の日は通常の23日ではなく22日になります。
これは実を言うとめずらしいケースです。
「秋分の日が23日ではない」という日は33年前に24日と言うことがありましたが、22日となると実に116年ぶりとなるのです。
毎度の太陽黄径の話ですが、地球は1日24時間自転しながら365日で太陽を回っています。
自転軸に垂直に円を描くと赤道になりますが、実際地球は太陽に対し角度をつけて回っています。
このずれが季節を作るわけですが、秋分は角度を付けた太陽を回る道(太陽黄径)と赤道が年2回交わるその瞬間に当たります。(もうひとつは春分)
秋分の日はこの瞬間のある日が正しいわけです。
この交わる点を春分が0度とし秋分は180度となります。
この日は昼と夜の長さが同じになり、秋分から90度(270度)の冬至(夜の時間が最も長い)に向かって夜の時間が長くなると言うわけです。
何故、「今年の秋分の日がずれたのか」というと、1日の時間はキッチリ24時間ではないという事に起因しています。
1日は24時間と約1分と言われています。
計算すると365分だけつまり約6時間ずつ1年でずれます。
これを4年、6時間×4年の24時間でうるう年を設け(2月29日のある年。夏のオリンピック開催年)補正するのです。
ただ、先程から「約」という言葉を使わせていただいている通り、それも微妙にずれます。
秋分は交わる瞬間のためこの「ずれ」が日付をまたいでしまうことがあるのです。
これが明日の秋分の日にあたるわけです。

今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の新潟を除いてまずまずとなりそうです。
気温も猛暑とはならないため絶好のお出掛け日和になりそうです。
遅れてきた晩夏の街に出てみてはいかがでしょうか。
そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければとお客様の御来店を全国スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、清潔感溢れる北欧系ナチュラルテイストなダイニングセットです。
0921-1.jpg

デザインの特徴はアッシュナチュラルとホワイトに塗装されたメタルフレームとのハイブリッドに、ミッドセンチュリーのエッセンスを加えたところです。

まずチェアからですが、長方形の角を落とした少し大きめの木製の背もたれを外に開いていく形で拡がるフレームが支えています。
0921-2.jpg

脚は円形で外にハの字に開くアッシュ材のテーパードレッグです。
後から見ると背もたれのフレームのラインと脚のラインが合っていてとても美しいデザインになっています。
0921-3.jpg

真白に塗られたメタルフレームに取り付けられた穴に差し込む形で付いている脚は横から見ても無駄の無い角度で開いています。
0921-4.jpg

背もたれを支えるアールの付いたフレームが泣かせてくれるほど綺麗な仕上げになっています。
次にテーブルですが、基本的にチェアのデザインに基づいています。
0921-5.jpg

シンプルな長方形の天板にチェアに合わせた外に開く円筒型のテーパードレッグが付いています。
0921-6.jpg

取り付けは、これもチェア同様フレームに付けてある穴に差し込む形です。
テーブルはチェアに合わせたものでシンプルなデザインになっています。

インテリアの観点からですが、ナチュラル、カフェ、シンプルとあまりクセがないのでお部屋には自然に溶け込みそうです。
素材は真白に塗装されたメタルとアッシュ材をマット(つや消し)にステインした組み合わせで、とても清潔な雰囲気になっています。
価格ですが、チェア4本とテーブルで89,800円(税込み)とこのパフォーマンスから考えれば格安といえます。
テーブルが39,800円で、チェアが1本12,500円と考えれば御納得いただけるかと思います。
今回はあえてセットで販売させていただいていますが、このセットでひとつの商品として考える事ができる程、チェアテーブルのバランスが優れているからです。

JJダイニングセット
¥89,800
テーブル:幅140×奥行85×高さ74㎝
チェア:幅45×奥行50.5×高さ81(45.5)㎝
※組立式

このダイニングセットをお部屋に置くと、少しはやく目覚めた休日の朝、テーブルのスクランブルエッグとトーストはコーヒーの香りに包まれ、窓からは海の風が漂う気がします。



先週、上海に行ってきました。
ブログで取り上げようと思いましたが、時節柄控えておくことにします。
上海では地下鉄などパブリックな交通機関を使いいつものようにカメラで撮影しましたが、別に恐怖は感じず、普段と変わらない様子でした。
僕は仕事なので「行きたくない」と泣き言は言えませんが、特別に用事がなければ渡航は、「今は控えた方が無難」だと思います。
とても悲しい事ですが、今はこれ以上何も言えません。
  1. 2012/09/21(金) 14:56:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年9月14日 上海出張前夜

今週もこの時期としては信じられないほど暑い日がまだ続いています。
下北沢界隈の飲食店や小売店ではエアコンの故障が続発していて、ついに我がオフィスのエアコンも壊れました。
暑さの臨海を越えてしまったのでしょうか。
それとも太陽の角度が室外機に影響を及ぼしているのでしょうか。
(太陽の角度が9月に入り変わっても温度は高温なので、エアコンをマックスのままで使用すると室外機に直射日光が当たり熱交換が出来なくなりオーバーヒートしてしまうというわけ。)
3連休が絡む今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の仙台、名古屋、関西、土日の関東を除いて曇りや雨になってしまうそうです。
例年なら少し秋の気配を感じられる連休ですが、今年はまだ夏の最中になりそうです。
連休のお出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければとお客様の御来店を全国スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、北欧のヴィンテージショップで見かけるような1人掛けソファです。
0914-1.jpg

デザインのアクセントはなんと言っても
このアームにあります。
0914-2.jpg

全体のボリュームに対して小ぶりなアームを付ける手法はデンマークのチェアでよく見かける事ができます。
0914-3.jpg

クリスチャンセンのチェアはその典型とも言え、2年くらい前のケルンでは若手デザイナーがチャレンジしていましたが、モダンな感じが多かったように思います。
次に脚ですが、長めのテーパードレッグがストレートに伸び、ソファらしい重厚感とレトロ感を強調しています。
0914-4.jpg

サイドから見ると全体に対するアームの割合がわかります。
0914-5.jpg

また背もたれが綺麗な曲線を描いて前方に伸び、シート前部で斜線を切って終わっていますが、この曲線が長めのシートと微妙に絡んでさらに美しいフォルムを形成しているのです。
長めのシートはデザインだけではなく抜群の座り心地も提供しています。
付属のクッションは、浅く腰掛けた時にシートと腰の空間を埋める事に役立ちます。

インテリアでは、カフェ系、ナチュラル系が中心で、お部屋の中心的存在になりそうです。
脚とアームの素材はアッシュ材でウォルナット色にステインされています。
ファブリックのカラーはグリーンのみですが、このソファにはこのカラーが1番お似合いだと思います。
さて価格ですが38,000円とこのパフォーマンスならば、高価なものとは言えないと思います。

RY938チェア
¥38,000
幅71×奥行76.5×高さ83(39)㎝
Made in China

部屋の真中に置かれたこのソファに腰掛けると、少しずつ時間が戻っていくような気がします。
遠い夏の日に花火やかき氷が無邪気な画用紙に踊っていきました。
手にした文庫本は、うとうとする膝の上でページだけが風に舞っていました。
  1. 2012/09/14(金) 11:03:59|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年9月7日 ブルームーン2012

今週、久しぶりに雨が降りました。
ゲリラ豪雨っぽい雨ですが、雨は雨で熱くなった街を冷ましてくれます。
雨が去ると少しだけ涼しい風が吹いていきます。
週末のNOCEのある地域のお天気ですが土曜日、札幌、新潟を除いてくもりや雨で日曜日はほぼ全地域で雨やくもりになるそうです。
お出かけには絶好とは言えませんが、気温が先週より低くなるので外出し易くなりそうです。
その際は是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。


今週の新商品の御紹介は、ミッドセンチュリーにヌーボーのエッセンスを加えたボリューム感溢れるソファです。
0907-1.jpg

全体的に丸みを強調したデザインとハイバックな背もたれが、ミッドセンチュリーを強調しています。
シートの厚みと背もたれの大きさのバランスが微妙でフラットなシートはレトロ感さえ感じられます。
ボリューム感のあるアームと
0907-2.jpg

奥行きが充分あるシート、そしてハイバックの背もたれがゆったりとした座り心地を与えてくれます。
0907-3.jpg

ハの字に開いた円筒形のテーパードレッグが一層ミッドセンチュリーな雰囲気を盛り上げています。
0907-4.jpg

デザインのキーになっているアームが
0907-5.jpg

バックに向けてアールを描きながら上に向かい
0907-6.jpg

背もたれ自体のアールとフューズされとても綺麗なラインを作っています。
0907-7.jpg

インテリアの観点で言えば、カフェ系が主体ですが全体的な印象が柔らかいのでナチュラルやシンプル系でもいけそうです。
カラーはグリーンの他に
オレンジと
0907-8.jpg

ブラウンがあります。
0907-9.jpg

ヴァリエーションは2シーターと3シーターをそれぞれご用意させていただいております。
さて価格ですが、2シーターが27,800円、3シーターが33,800円(それぞれ税込み)とこのパフォーマンスから考えればかなり格安と言えます。
デザインの微妙なニュアンスや座り心地をこの場でお伝えする事には限界がありますので是非NOCE各店で実物をお確かめいただければと思います。

HY2766ソファ
2人掛け:¥27,800、幅128×奥行80×高さ92(39)cm
3人掛け:¥33,800、幅168×奥行80×高さ92(39)cm
Made in China
※部分組立


先週の金曜日8月31日の夜は、満月でした。
この満月をブルームーンと呼ぶそうですが、実際月が青く見えるという現象ではありません。
同じ月内に2回満月が出現し、この時の2回目の満月をブルームーンと言うそうです。
3年に1度くらいの確立で起こり、「この月を見ると幸せが訪れる」とか「願い事を託すと叶えられる」と言われています。
満月の時は月の引力が地球に対し最大になるため海面が引っ張られる事で大潮という干潮と満潮の差が最大になる現象が生まれると以前このブログでも書かせていただきました。
満月が生物に作用するといわれているのは、その引力が血圧に関係するからです。。
満月の夜に重大事件が多いのも酔っ払うのもそのためです。

その夜、僕は会社を引けた後、芝居を見に行くため下北沢から明大前まで行き、乗り換えるため駅のホームにいました。
見上げると綺麗な満月が空に上がっていたので、いつものカメラでなんとなく撮ってしまいました。(この時ブルームーンとは知りませんでした)
s-RIMG0001.jpg

この月が最大限地球に面する時刻は22時58分だそうで、この時間僕は芝居の後、笹塚のスペインバルでリオハ(赤ワイン)とハモンセラーノ(イベリコ豚の生ハム)で上機嫌でした。
窓の外にはお祭りの提灯で飾られた商店街が夜に伸びていました。
s-RIMG0002.jpg

次回のブルームーンは2015年の7月31日だそうです。

来週は、上海出張のため多分ブログはお休みさせていただく事になると思います。
「数年前から中国の経済は壁に当たっている」と言っていましたが、最近は報道でも言われるようになりました。
安い労働力を背景に大量生産、大量販売と成長し、更に国内バブルがその成長を後押してきましたが、ヨーロッパ経済の衰退(中国最大の貿易相手)と共に陰りが見え始めてきたのです。
従来のように大量生産、大量販売により価格を下げることが出来なくなってしまったため、方向転換を余儀なくされているのです。
ところが、あの大きな国で方向転換はかなりの力が必要です。
例えば、家具の業界では今年の「上海家具国際見本市」のテーマはデザインであり、ミラノサローネのようにデザインウィークとして市内でもイベントを開催するそうです。
つまり、大量生産、大量販売路線から高付加価値、高品質路線に切り替えていく方針が見えるわけですが、従来の「中国製品イコール安い」から脱却できるのかという事が課題になりそうです。
また、高付加価値戦略に転換すれば価格が上昇するため売れる数は激減します。
そのため、「従来の大型工場も労働力」も必要ではなくなり、更に全体の経済の足を引っ張る事に繋がります。
一方、最も重要な事は先進国世界経済の減速の中で高付加価値、高品質、高価格な商品を一体誰が購入するのかという問題です。
この購買層を国内に求める動きもあるそうですが、他先進国と較べればまだ一人当たりの所得は低く、又工場閉鎖に伴う失業者の増加などで購買数はあまり期待できません。
今、中国の工場では鉄からスリッパに至る様々な商品が大量の在庫の山として余り始めているそうですが、この商品のバーゲンセールが始まるとデフレを呼んでしまい高付加価値への転換は逆の方向に行ってしまいます。
かつて日本に代わって造船NO1だった中国の造船業界は受注の落ち込みにより倒産ラッシュになっているそうです。
上海の鉄鉱石先物業者は、鉄鉱石の下落と受注減により多額の損を出してしまい、その損をカバーするため担保に入れた高級マンションを売りたくても担保価値で売れないという状況に追い込まれているそうです。
そういった業者の海外逃亡、自殺という記事が出るようになりました。
勿論、日本にとっては最大の輸出国であり最大の輸入国でもあるわけで中国経済の影響は甚大です。

僕は、家具の観点からのみ実体を見ることはできませんが深刻である事に間違いありません。
例年この時期に同時に開催される広州に出展していた取引のある業者は、取りやめるか上海にシフトしています。
このため今季の広州出張は中止になりました。
広州は中国最大の工場地帯です。
上海へのシフトには意味があるように思います。
高付加価値への転換をどのような形で行っていくのか、デザインの観点から探れればと思っています。
  1. 2012/09/07(金) 14:54:53|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0