NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年02月

NOCEのバイヤーズブログ

2012年2月22日 眠れない夜

今週も寒い日が続きました。
特に朝、いつも6時に起きますがガラス窓の曇り方がすごい。
まだ寒さは続くようです。
今週末のNOCEのある地域のお天気ですが、札幌と新潟を除いて概ね晴れかくもりになるそうです。
お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、ミッドセンチュリーな雰囲気を持った本格的ソファの御紹介です。
久々に入荷した本格的ソファで、バイイングは、去年の秋でした。
デザインと機能性がポイントです。
フロントビューは、「あまり高くない背もたれに薄めで低いアームと脚」で、デザインは正にミッドセンチュリーの王道と言えます。
0222-1.jpg
特にボトムやアームのエッジを丸くすることにより、全体の印象を柔らかなものにしています。

サイドビューでは、低めのアームが背もたれに向けて低く傾斜が付けてあるのがわかります。
0222-2.jpg

又、奥行きの深いデザインは抜群の座り心地も与えてくれます。
インテリアの観点では、カフェ系、ナチュラル系、シンプル系とクセが無い分、どんな部屋にも合いそうです。
特に、ウォルナット系家具との相性は抜群でカフェ系のインテリアには最適と言えます。
さて、前述させていただいた機能ですが、それぞれ独立しているクッションは、
0222-3.jpg

チャックで脱着可能です。
0222-4.jpg

本体のカバーもマジックテープで取り外す事ができます。
0222-5.jpg

どちらも、ドライクリーニングのみ可能になっています。
間違って、水洗いしてしまうと縮んでしまい再度取りつける事が不可能になります。
背もたれのクッションは表裏が無く、これをアームにのせると枕代わりに横になる事ができます。(3シーターの方が快適)
0222-6.jpg

そしてシートにはポケットコイルが内蔵されているので奥行きの広さとの相乗効果により格別な心地良さを確保します。
0222-7.jpg

サイズは2シーター(142㎝)と3シーター(180㎝)、カラーはグリーンの他に
ブルーの2色をご用意させていただいております。
0222-8.jpg

どちらのカラーも落ち着いたスモーキートーンを基調にしたもので、ミッドセンチュリーのデザインにはマッチしています。

さて、価格ですが2シーターで43,800円、3シーターで54,800円とかなりコストパフォーマンスの高い、お値打ちソファと言えます。
画像と文字では、全体の雰囲気やデザイン、座り心地を表現する事には限界があります。
是非NOCE各店で実物をお確かめいただければと思います。

TD2905ソファ 3人掛け グリーン
¥54,800
幅180×奥行87×高さ88(45)㎝
※部分組立
TD2905ソファ 2人掛け ブルー
¥43,800
幅140×奥行87×高さ88(45)㎝
※部分組立


昨晩は、眠れませんでした。
バッハの旋律を夜に聴いたせいではありません。
そう言えば、サカナクション大ブレーク中です。
シルキーボイスのボーカルにエレクトロとオルタナティブをミックスさせたバンドで前から注目していました。
眠れなかった理由を何故かと考えてみたら、バッハの旋律はベースに触れる時は準備運動としていつもしているので違います。
昨晩、多分ベースに触れると指の動きが悪いので特訓したのが原因です。
練習のメトロノームは通常、4拍を4分音符で打ちますが慣れてくると様々の音符に感じて打たせて見ます。
最初は半分の速度に落として2分音符を2拍4拍に感じます。
これは調度ドラムのスネアと同じタイミングになります。
これをドレミファのスケールでCから5度進行で8分音符で弾いてみます。
次に16分音符で限界の速度まで弾いてみます。
この辺で止めればよかったのですが、昨晩はフレットレス(フレットのないネック、指板)ではないベースだったのでスラッピングをやってしまいました。
まず、音消し。
メトロノーム4分音符に8部音符のオクターブ、ダウンとプルのコンビネーションでメトロノームの「カッチン」と完全シンクロさせると「カッチン」が消えます。
次に2拍4拍16分音符で限界スピードまで。
さて、問題は次です。
メトロノームを4分音符のウラの8分音符に感じながら取りあえず8分音符のオクターブ。
するとプルの部分が「カッチン」に当たり、メトロノームの音が消えます。
そして、次は4分音符ウラ打ちメトロノームにベースで8分のウラの16分音符を弾きます。
シンクロすると16分音符がベースとメトロノームで「カタカタ」と4分音符分に繋がります。
これに小節数を数えながらスピードアップするわけです。
プルは比較的やりやすいのですが、ダウンが鬼門です。
段々、手クセでアタマとウラが逆転してしまうのです。
「ゥタゥタ」が「タゥタゥ」に感じてしまうわけです。
これにイラついて肩と指が痛くなるまでやってしまいました。
眠れるわけありません。
今も眠いです。
指も腫れて痛いです。
それでもきっと夜プール行っちゃうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 15:31:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年2月15日 2013年 Valentine's Day

今週は、春を感じさせる暖かい日が無く「春まだ遠き」という感じでした。
しかも、今窓の外はどんよりとした寒い曇り空。
午後から、雪になる可能性もあるとの事です。
今週末、NOCEのある週末のお天気ですが、札幌と新潟を除いて恵まれるそうです。
寒さは緩まないそうですが、日差しは春を感じさせてくれます。
浅い春を感じながらの街歩きはいかがでしょうか。
そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております

今週の新商品の御紹介は、アイアンと木という異素材によるコンビネーションを活かしたダイニングテーブルです。
このテーブルのもとは、BF6901ローテーブルです。
BF6901は、ブラックで粉体塗装されたアイアンフレ-ムにウォルナット突板の天板、そして天板の下に棚が付いている事が特徴のローテーブルです。
発売と同時に人気商品となったため「同じような雰囲気でダイニングテーブルが出来ないか」とメーカーに依頼し完成したのが
今回のテーブルです。
0215-1.jpg

構造上、BF6901とはデザイン面で変更がありました。
BF6901では外側に開いていた脚ですが、耐久面を考慮してストレートにしてあります。
0215-2.jpg

特徴である棚はしっかり付けてあります。
0215-3.jpg

又、天板の角を丸める事により、ブラックのアイアンフレームの堅さを和らげ全体のイメージを優しい雰囲気にしています。
0215-4.jpg

黒い金属の脚に天板という構造は60年、70年代に日本でもよく見られました。
当時の天板は、デコラという素材で光沢がありました。
チェアも黒いアイアン素材にレッドやグリーンのビニールシートです。
ラーメン店や食堂でも広く使用されていました。
そういった背景がこのテーブルをレトロに印象付けている所だと思います。
インテリアの観点では、カフェ、ナチュラルが主体でしょう。
柔らかい雰囲気なのであまりこだわらずにどんなシーンでも使えそうです。
天板の素材はウォルナット天然木突板でカフェのイメージの要になっています。
サイズは120×80と80×80の2種類をご用意させていただきました。
そして様々なチェアと合います。
0215-5.jpg
曲木315チェア ウォールナット
¥12,000
曲木316チェア ウォールナット
¥12,000

0215-6.jpg
曲木189チェア グリーン、オレンジ
¥9,480

0215-7.jpg
RY15チェア ブラウン
¥14,800

0215-8.jpg
DC231Aチェア ウォールナット/ブラック
¥6,980
曲木035チェア ブラック
¥8,380

0215-9.jpg
CONIEチェア ブラウン、グリーン
¥13,800


さて価格ですが、120が17,800円、80が14,800円と脚がアイアンの分だけ格安価格になりました。
ブラックの粉体塗装の脚とウォルナット天然木の突板天板にアクセントの棚とのバランスのとれたデザイン、レトロな雰囲気に値段からは考えられない上質感を持ったダイニングテーブル、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

ダイニングテーブルBF7038
¥17,800
幅120×奥行80×高さ75㎝
※組立式
ダイニングテーブルBF7038S
¥14,800
幅80×奥行80×高さ75㎝
※組立式



昨日は、2月14日ヴァレンタインデーでした。
正確には、ローマ時代に処刑された「聖ヴァレンタインの日」でヴァレンタインズデーですが、日本では所有格の「’S」はあまり関係ありません。
とりあえず、チョコレートをプレゼントする日になっています。
歴史的に諸説ありますが50年代後半にチョコレート会社が仕掛けたというのが主流です。
ところで、昨日なんか街がとても静かでした。
カップル率も低かったように感じます。
考えてみれば、今年はケーキ店、菓子店、コンビニからスーパーまで盛り上がりに欠けていたような気がします。
そもそも、女子が男子に愛の告白をするために仕掛けたチョコレートですが、プレゼントを渡す男子にも限りがあります。
勿論、集中する男子もいますが、プレゼントする女子にも限りがあるのでこちらも数量の伸びは期待できません。
そして貰える男子と貰えない男子に格差が生じ、ここに着目したお菓子を主体とする大手電気メーカー雑貨チェーンが(僕の自論なので確かではありません)貰えない男子、特に本命より位の高い男子のプライドを傷つけないように本命チョコより劣るチョレートをプレゼントする習慣が生まれました。
義理チョコです。
この習慣が、流行るとチョコのヴァレンタインズデーの売上個数は、計算上日本の人口以上の数が見込めるのです。
ただ、昨今「嫌な上司にあげたり、付き合いであげたりするのが面倒くさい」と言う女子が急増し、若干ヴァレンタインズデーのチョコレートの意味合いも変わってきました。
ここに追い討ちかけたのが「友チョコ」の出現です。
女子同士でチョコ(手造り含む)を交換して盛り上がるというものです。
これは、本来の「告白」から大きく目的が逸脱してしまい、ヴァレンタイン=チョコレートが過去のものになる可能性があります。
今年は、そう言えば海外でもあまりヴァレンタインのニュースは聞こえませんでした。
ニューヨークで「バラが万単位で売れた」とか「ティファニー記録的売上」や「オンラインでアクセサリーが記録更新」などです。
もっとも、スマホ時代にわざわざ2月14日を待って告白する人はいません。
3月に恋したら1年待ちになってしまうからです。
ヴァレンタインズデーには、レストランの予約が取れないということも、街がなんとなく着飾るように見えることも歴史にただ刻まれていくだけなのでしょうか。

蛇足
少し、うがった見方をすればチョコレートの原料である「カカオの高騰と円安で出し惜しみしているのではないか?」と疑ってしまいます。
今、手元にあるカカオは、円高の時に決済しているので円安の時に放出すれば利益が上がる訳です。
しかも、盛り上がらないヴァレンタインに過剰生産して返品になれば欠損が出て利益になりません。
その円安ですが、今週になって主要欧州各国でGDPの下方修正の発表が相次ぎました。
ユーロ高による輸出減が主要因だそうです。
そして、アメリカとユーロ圏でFTA(自由貿易協定)が締結されると発表がありました。
ヨーロッパでは牛肉に馬肉を混ぜて販売するという牛肉偽装事件で話題沸騰です。
核実験は中国が物資や重油を供与するのが元凶でそれならば中国に原油の輸出を制限しようという案がでています。
チベットでは、中国政府に対し抗議の焼身自殺が昨日で100人を超えたと報道がありました。
あるエコノミストは、世界の通貨、ユーロ、ポンド、円、スイスフランそして次に中国元の供給量が増加する中でドルが単独で世界の基軸通貨としてなりえなくなる日が近いと警告しています。
もし、そうなればアメリカの財政問題に発展します。
日本時間の今日の夜、モスクワでG20が開催されます。
議長国のロシアは、いち早く日本の円安政策に通貨戦争を起こすとして反対してきました。
議題は為替問題になると思いますが、各国様々な思惑があり近年まれに見る緊張感のあるG20です。
ただ問題が第2次世界大戦以降のブレストンウッズ条約(この条約前は、イギリスポンドが世界基軸通貨)に基づいたドル基軸通貨の問題であり、円の単独問題でないのは間違いなさそうです。
  1. 2013/02/15(金) 14:23:36|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年2月8日 The Dining Sets

今週は、雪の日もあり春を感じさせる暖かい日もありと温度差の激しい週でした。
今日も朝から冷たい北風が吹いています。
ニューヨークでは、記録的なブリザードが襲うとの予報で街は警戒モード、飛行機も欠航が数多くなっているとの事です。
3連休を含む週末のNOCEのある地域のお天気ですが、関東、名古屋、大阪、広島は3連休ともお天気に恵まれ、仙台の月曜日と福岡の土曜日は雪や曇りで札幌と新潟は3連休とも雪や曇りになるそうです。
まだ寒いとは思いますが、お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、木質感あふれるオーク材のダイニングセットです。
20130208-1.jpg

NOCEでは、大体チェアとテーブルは単品扱いでご案内させていただいていますが、今回はテーブルとチェアの素材感が全く同じでセットにした方がインパクトもコストパフォーマンスも上がると思いあえてダイニングセットとしてご提案させていただきました。
まず、チェアのデザインですが、丸みを帯びた楕円形の背もたれを持つ典型的な北欧ミッドセンチュリーに基づいています。
20130208-2.jpg

後から見ると座面を基点として脚と一体化したフレームが外方向に角度が付いているのがわかります。20130208-3.jpg

そしてその上に乗る丸い小さ目の座面。
20130208-4.jpg

これらはミッドセンチュリーによく見られる手法ですが、少しラインを直線で取ってある所はイタリアモダンの影響もあります。

次にテーブルです。
20130208-5.jpg

一見シンプルに見えますが、細部を見るとチェアに合わせてデザインされている事がわかります。
脚は、内側に向かってテーパードされている為、視覚的に外に開いているように見えます。
20130208-6.jpg

そして外側は、チェアの脚に合わせて丸くなっているのです。

テーブルの角も丸く処理してあります。
20130208-7.jpg

インテリアの観点からは、カフェ、ナチュラルが主流ですがシンプルやモダンでも木の素材感からいけそうです。
さてこのダイニングセットの「売り」のひとつである素材ですがオークの無垢材でつや消しのオイルフィニッシュで仕上げてあります。
20130208-8.jpg

この質感はワンランク上の高級感さえあります。
又、テーブルの天板もオーク集成無垢材を使用していて、所謂「突き板」ではありません。
天板を横からご覧いただくとわかると思いますが、一枚の無垢板を横に並べて接着させているのです。
20130208-9.jpg

先程、ご説明させていただきました天板の角を丸く出来るのもこの無垢材の効果によるものなのです。
そしてこの無垢材とオイルフィニッシュのバランスが絶妙で、木の質感をダイレクトに感じる事ができます。
さて価格ですが、オーク材のチェア4脚と無垢材のテーブルで59,800円です。
チェアが8,800円でテーブルが24,600円と考えれば格安と言えます。
このデザインと素材や質感からあり得ないコストパフォーマンスと言えるでしょう。
この質感とデザインのフィーリングを画像や文字で表現することには、限界がありますので是非NOCE各店にて実物をお確かめいただければと思います。

MK1T4Cダイニングセット
¥59,800
テーブル:幅140×奥行80×高さ71㎝
チェア:幅45×奥行47×高さ75(45)㎝
※組立式

さて今回御紹介させていただきましたダイニングセットですが、初回入荷分は好評で残り少なくなってしまいました。
ただ、「売れる」と判断して早めに発注したのが当たり、欠品は殆どない状況になりそうです。
初回入荷分に関して、商品自体に全く問題は無かったのですが梱包方法に若干問題があり傷が付いてしまいました。
この事をメーカーに伝えると、今回入荷分の梱包過程を丁寧に画像で送ってきました。

これは、チェアのフレーム部分をキャスターに積んで運んでいる所です。
0208-1.jpg

キャスターから降ろし
0208-2.jpg

フレームを組みます。
0208-3.jpg

別のキャスターに積んだ背もたれと
0208-4.jpg

シートをフレームに付けて完成です。
0208-5.jpg


ひとつひとつ検品しながら緩衝材のミラーマットを「入れ子でチェア2脚をカートンに収めた時に当たる場所」に巻いていきます。
0208-6.jpg

全部仕上がりました。
0208-7.jpg

入れ子でチェアをカートンに入れるとこのような状態になります。
0208-8.jpg

入れ子にするとどうしてもシートとフレームが擦れてしまうためこのような緩衝材が必要なわけです。
0208-9.jpg

完成したチェアを
0208-10.jpg

カートンを作って入れていきます。(空のカートンは重ねやすいように開口部を下に向けてあります。)
0208-11.jpg

カートンをひっくり返して、いよいよ「箱詰め作業」の開始です。
0208-12.jpg

まず、カートンの下部、チェアの脚があたる部分に厚めのダンボールを敷きます。
0208-13.jpg

輸送中、揺れて脚がカートンから突き出さないようにするためです。
そしてカートンの内側4面に発泡スチロールの薄い板を入れます。
0208-14.jpg

通常ここまで丁寧にする事はありませんが、今回初回入荷分にパッキングに不備があり商品がダメージを受けたため、気を使ったためと思われます。
それとも、僕のクレームレターの英語がやや乱暴だったのかも知れないと少し反省しています。
チェアを重ねる時にまたミラーマットをその間に入れて
0208-15.jpg

カートンを上から被せます。
0208-16.jpg

結構楽しそうです。
僕も過去、よく人手が足りなくなると倉庫でやりました。
途中で飽きてきますが、終わってカートンが積み上がった時に見上げる爽快感、それを大きな10トントラックに詰めて送り出す達成感は格別のものがあります。
ただ、今回カートン数が360カートンあるので、ひとつ所要時間を3分と考えると1080分、全部パックするためには18時間かかってしまいます。
そして多分、この2人が最後までやり終えたと思います。
なぜならば、一見単純に見えるこの作業でも慣れとテクが必要だからです。
この2人にも達成感はあったでしょう。

カートンを更にひっくり返して
0208-17.jpg

上からダンボールを当て
0208-18.jpg

カートンをテープで閉じて出来上がりです。
0208-19.jpg

次はテーブルです。
ハンドリフトに積まれた天板をカートンの位置まで移動させます。
0208-20.jpg

カートンを作り
0208-21.jpg

裏返して発泡スチロールを底と4面に当て
0208-22.jpg

天板を入れます。
0208-23.jpg

脚を入れ、その上からミラーマットを敷き、緩衝材の発泡スチロールを入れて
0208-24.jpg

上から発泡スチロールの板を乗せ
0208-25.jpg

カートンを被せ
0208-26.jpg

上から押さえてテープで封印して完成です。
0208-27-2.jpg

ところで、テーブルの梱包もチェアの梱包も同じ人がやっているように見えます。
家具は、製造工程から梱包まで殆どが手作業です。
今回、このダイニングセットは発注から2ヶ月以上かかりましたが、この人数と過程を考えれば納得です。
このような家具は、ある一定の量を超えると量が増えても納期を縮めなければ(人員が必要になるため)価格はそれ程変わりません。
大量生産で安くなるという産業革命以降の経済学とは相反した構造です。
ただ、このある一定の量が微妙に工場によって違い、チェアが「ひと型」200本という所もあれば500本という所もあります。
これを最低注文数量(Minimum Order Quantity、MOQ)といいます。
1本5万以上の手造りチェアはMOQが無い場合がありますが、少量だとコンテナを満たす事が出来ず輸送コストが増大し、最終売価に反映してしまいます。
バイヤーは、このMOQと商品のバランス(デザインや素材)を考え発注していくわけです。
「バイヤー大変なんだぞ!」みたいになってきたのでこの辺でやめておきます。
  1. 2013/02/08(金) 11:47:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2012年2月1日 風邪

今週、不覚にも8年ぶりに風邪をひいてしまいました。
先週の土曜、プールで泳いだあと少し寒気を感じ夜に少し喉が痛くなってきたのでマズイとは思ったのですが、そいつを吹き飛ばそうと日曜の朝からまたプールで3キロ泳いだのが致命傷でした。
まず、プールから上がろうとすると腰が異常に痛い。
そして、しばらくすると全身悪寒。
それでも、いつか回復するだろうと思ってしっかりランチを取ったあとです。
世の中が突然クルクル回り始めました。
「これって熱?」と思って体温計で計ると38度ありました。
これは大変と思い、布団と毛布を総動員してベッドにもぐり、部屋のヒーターを熱帯モードにして汗をかいて強引に熱を下げる事にトライしました。
それでもこじらしてしまったのか、2日たっても熱が下がりません。
2日で着替えたTシャツのべ50枚以上、飲んだ水8リッター。
不思議に、体力を消耗するのか食欲はいつもよりありました。
そして火曜日に熱は下がりましたが、他人に移してはマズイので出社は今日からとなってしまいました。

今日、久しぶりにメールを開けました。
ヨーロッパのメーカーから「円安大丈夫か」と来ていました。
本日、ユーロ円ほぼ125円です。
このままユーロ高が進めばヨーロッパ商品の見直しが必要になりそうな勢いです。
ただ、1本調子でこの円安ユーロ高が進行すると、ただでさえ景気の悪いヨーロッパで輸出に影響が出るため貿易問題に発展する可能性があります。
先の読み難い状況です。

ところで、体の具合が悪くなったらしっかりと休みましょう。
無理に体を動かすと更に悪化するだけです。
因みに、気合や根性でも治せないので早めに病院に行きましょう。
  1. 2013/02/01(金) 14:37:14|
  2. バイヤー&スタッフのブログ