NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年05月

NOCEのバイヤーズブログ

2013年5月31 時代

今週、29日に関東甲信越地方も梅雨入りしました。
平年より10日程早く史上3番目の早さだそうです。
前に、北イタリアに住むイタリア人が「梅雨の時に日本に来たい」と言っていました。
雨の少ない北イタリアでは雨が珍しく、雨の日が大好きだそうです。
僕は「雨はジメジメしてうんざり、雪のアルプスと北イタリアの方がずっときれいだ」というと「雪はうんざり、曇った天気に気分まで暗くなる」と言っていました。
感じ方で天気の印象まで変わってしまうのです。
雨もポジティブに見れば結構いけるかも知れません。
雨の夕暮れ、ライトゥンナップされた光るアジサイにシャンパンでもどうでしょう。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、広島、福岡を除いて恵まれ、日曜日は、札幌、新潟を除いて曇りや雨になってしまうそうです。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければとお客様の御来店を全国スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、オリジナルデザインをポーランドで製作したサイドボードです。
デザインのモチーフは、北欧ビンテージです。
ただ、元になったサイドボードをそのまま再現してもただのリプロダクションになってしまうので、かなり手を加えてみました。
まずは、全体のフォルムです。
130531-1.jpg

コーナーを丸くすることにより、柔らかな印象になりました。
前面からご覧いただくと判り易く、昭和時代の一体化した「ステレオ」のような形をしています。
130531-2.jpg

このデザインが、全体をレトロな雰囲気に導いているのです。
昭和時代に活躍した「お茶の間のテレビ」も「応接間のステレオ」もその当時、家具がミッドセンチュリーの影響を受けていたため、必然的にミッドセンチュリー的なデザインになったのだと思います。
次の特徴はなんと言ってもジャバラ式の扉です。
130531-3.jpg

このジャバラの扉が作りたくてこのデザインになったという程大きな要素になっています。
何故ジャバラにこだわったのか明確な理由はありません。
多分、ずいぶん前にデンマークがフランスか忘れてしまいましたがレストランに置いてあった大きなサイドボードにジャバラが付いていて、その印象が強烈だったからだと思います。
全部開くとこのようになります。
130531-4.jpg

脚はミッドセンチュリーに習い長いテーパードで外側に少し開かせてあります。
130531-5-2.jpg

背面にもウォルナットを使用し、ライン用の穴を設けてあります。
130531-5-1.jpg

サイドから見るとジャバラが綺麗に入っていて惚れぼれとしてしまいます。(因みにこれは閉まった状態で開けると背面にジャバラが来る状態になります。)
130531-6.jpg

インテリアから見ると、カフェ系ナチュラル系がメインですが、主張が強いのでシンプルやモダンとどんな部屋でもいけそうです。
素材はボディがウォルナット天然木突板で脚はブナ天然木を使用してあります。
価格は、73,800円ですがコストパフォーマンスは充分あると思います。
リビングでAV機器を置いても、またダイニングで食器を入れたり、調味料や小物を入れたり等、汎用性が高く実用性もあります。

サイドボード1
¥73,800
幅105×奥行48.5×高さ50.5㎝
※部分組立


どんよりとしたくもり空に梅雨の雨、ジャバラの付いたサイドボードには60年代のフレンチシネマ、玄関に立て掛けてある傘の雨粒が落ちると、辺りはたっぷり焦がしたオニオンのスープの香りに包まれていました。

下北沢の駅前から又ひとつ、灯が消えて行きました。
時代の流れなのか、再開発に伴うものか判りませんが街の顔が変わっていくことに間違いなさそうです。
よどんだ雲に湿った風が吹き抜けています。
0531-1_20130531152706.jpg

テラスに座り
0531-2.jpg

フォカッチャサンドとコーヒーでランチを。
0531-3_20130531152705.jpg

ふと前を見ると店が閉まっているのが見えました。
0531-4-1_20130531152706.jpg

確かケータイショップでAKBの「ともちん」が立ってたような気がします。
小雨混じりの路地を駅の方に歩いて行くと
0531-4-2_20130531152705.jpg

真ん中の「メガネエイト」も閉まったまま
0531-5.jpg

店舗になる気配もありません。
0531-6.jpg

そしていつもの本屋に寄ろうとすると
0531-7_20130531152704.jpg

なんと、店内には本の無くなった棚しかありません。
0531-8.jpg

えーーー! あの駅前の本屋です。
0531-9.jpg

するとこんな張り紙がありました。
0531-10-1_20130531152332.jpg

中では本棚を壊していました。
0531-10-2.jpg

昭和45年、1970年の開店です。
昭和45年と言えば大阪万博開催の年です。
「世界の国から、こんにちは」BY三波春夫です。
高度成長経済がピークに達し、人々が徐々に豊かさを実感できるようになった頃でした。
田中首相の日本列島改造論がありました。
間もなくオイルショックとドルショック(円の切り上げ)により、経済構造の転換を余儀なくされていきます。
80年代、バブルが生まれ、そして破裂しました。
この下北沢の本屋もずっと様々な時代を書棚にならぶ本を見ながら歩いてきたわけです。
書棚に並ぶ本のタイトルはいつもその時代を反映していました。
レジの店員さんの目を気にしながら立ち読みに耽った高校生時代。
その頃は、南口にも小さな本屋がありましたが大きい分だけ(店員さんの目に付かない)こちらの方を利用させていただきました。
そもそも、「本が売れない」と言われてから随分時間が経っているような気がします。
僕の時代も、「本を読まなくなった」と言われ本を読む人は少数派でした。
むしろ、最近の方が本を読む人が増えたように感じます。
本屋に大きなピンチが襲来したのは、コンビニで雑誌が置かれたことでした。
コンビニの戦略としてウインドウ側に雑誌を並べ立ち読みさせ、外から店内に人が居るように見せるというものです。
つまり、「こそこそ立ち読みしていた雑誌」を堂々とで立ち読みできるようになったわけです。
そして、雑誌の売り上げ自体もコンビニが中心になって行きました。
それでもコンビニのブックシェルフにも限界があります。
街の本屋の方が量や専門書や新刊などで勝っていました。
ここで書籍業界の再起を賭けて登場したのが大型チェーンブックストアでした。
資金力により一等地に広い場所を確保し圧倒的な本の量です。
しかも立ち読み大歓迎でソファまで用意してあります。
怖い店員さんもいません。
欲しい情報があればメモしても怒られません。
これでは、街の本屋に勝ち目はなさそうです。
それでも下北沢の本屋には対抗手段がありました。
実は、2階に相当数のマンガの単行本があったのです。
僕には判りませんが、いつも人が居て多分レア物がたくさんあったのだと思います。
当然、立ち読み禁止で一冊ずつビーニル袋に入っていました。
専門分野に特化することで生き残りの道を模索していたのです。
ただ、スマホやタブレット、ネットの普及は本そのものの存在を否定し始めました。
電車内や家で立ち読み出来るようなものです。
昔は、おいしそうなレストランや気持ちのいいバーを探すのも本や雑誌でしたが今は殆どネットです。(因みに僕はレアな雑誌に未だに頼ってしまいますが)
それが、いつでもどこでもネットに繋げられる環境にあればです。
新宿から下北沢に帰る途中、偶然代々木上原によさそうなバーを見つけたら電車を降りて寄ってみてしまうわけです。
そして最後に止めを刺したのは、アマゾンです。
新宿から下北沢に帰る途中、偶然面白そうな本を見つけてクリックすると翌日その本が家に届けられているわけです。
これって立ち読みの心理と似ています。
本屋には怖い店員さんが監視していて、続きを読みたいという欲求に抑制がかかります。
ネットでは全部読めないので同じなのです。
抑制のないところに欲求はありません。
仕方ない事かもしれませんが、本を売るために立ち読みを促進させたことが裏目にでてしまったのでしょうか。
今、下北沢ではブックカフェといってオーナーがレアで面白い本を集めてカフェと一緒に運営する店が増えました。
本のセレクトショップです。
形を変えた本屋になっていくのでしょうか。

下北沢に最後に残った大手ブックストアが旧駅前のピーコック3階にあります。
0531-11.jpg

ピーコックストアがここにできたのも本屋のオープンと同じ1970年です。
万博があった年、ピカピカの本屋とピーコック。
本屋は閉店し、ピーコックはイオンになってしまいました。
このビルの取り壊しの噂も聞くようになりました。
窓から、本屋の建物と壊された駅前食品市場跡の無機質なアスファルトがあります。
0531-12.jpg

まだ、あの「本屋さんの匂い」がしてくるようです。
そしてその隣には今はただの歩道橋になってしまった旧下北沢駅が見えました。
0531-13.jpg

これも取り壊されるのでしょうが、下北沢という街は一体どこに向かっているのでしょうか。
面白い街は建物や道路を新しくする事で「どこにでもあるつまらない街」になってしまうのです。
パリのど真ん中に古い街並み壊してコンプレックス作ります?
下北沢の駅とホーム残してリノベーションして面白い事できなかったんですかね。

ここでBREAKING NEWS!

なんとこんな貼り紙がありました。
0531-14.jpg

この駅来週の月曜日から解体工事に入るそうです。
今はホームも線路もありません
これで
0531-15.jpg

本当に下北沢駅とお別れです。
0531-16.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/05/31(金) 15:06:26|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年5月24日 オリジナルソファ

気持ちのいいさわやかな日が続いています。
湿度が低く街を歩いているだけで風が心地よく過ぎていきます。
週末のNOCEのある地域のお天気ですが、札幌の土曜日を除いて全地域で恵まれるそうです。
ただ来週からは、梅雨の足音が聞こえてきそうです。
絶好のお出掛け日和、テラスのあるカフェでアップルタイザーなどいかがでしょうか。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、北欧ビンテージをモチーフにデザインしたオリジナルソファです。
北欧ミッドセンチュリーでよく見かけるデザインですが、少しアレンジを加えてあります。
0524-1.jpg

一番大きな所は、背もたれの高さです。
低くする事により圧迫感がなくなりスッキリとした感じになります。
あまりスッキリさせすぎると色気が無くなってしまうのでアームにボリュームを付けました。
0524-2.jpg

この形状の特徴は、シート側の(イン側)ラインを直角にし、アウトは上から曲線で脚の付け根まで降ろしてある点です。
この曲線が実は一番苦労した所でプロトタイプでも3度やり直しをしました。
脚は少し長めが欲しかったのですが、長くするとソファのボトムラインは薄くさせなければなりません。
すると必然的にアームの長さが短くなってしまいアームがボテっとして野暮ったくなってしまうため、アームを優先させた限界の長さになっています。
それでも出来あがると、ソファの重厚感が増し「ちょうどいい長さになった」と思っています。
フレームに乗ったシートはビンテージに習い厚みを薄くしてあります。
奥行きは、長めに取ることで安定感のあるデザインを与えるばかりではなく、座り心地の良さにも寄与しています。
0524-3.jpg

インテリアの観点からは、カフェ系を中心にナチュラル、シンプルと汎用性が高くどんなお部屋にも馴染んでくれそうです。
特に、ウォルナット系の木製家具との相性は抜群で、オークダイニングセットMK1T4Cなどウッドの家具でカフェ、ナチュラル系ならどれでもいけそうです。
素材は、前回御紹介させていただいたNEW PS 04に使用してある本革(ハーフレザー)と同じものを使用していますので、手触りや質感は上質なものとなっています。
0524-4.jpg

さて、価格ですが2シーターが73,800円、3シーターが84,800円とNOCEのラインナップでは高めになりますが、この質感からすれば十分コストパフォーマンスがあります。
革の質感、全体のフィーリングなど文章や画像では十分御説明できません。
IMG_0686.jpg

08Bソファ 3人掛け
¥73,800
幅135×奥行80×高さ79(45)㎝
※部分組立

08Bソファ 3人掛け
¥84,800
幅164×奥行80×高さ79(45)㎝
※部分組立

是非、NOCE各店にてお確かめいただければとおもいます。
  1. 2013/05/24(金) 15:18:28|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年5月17日 祝、ピザ、パニーニ研究所がカフェをオープン

今週は初夏を思わせるような汗ばむ日がありました。
街は緑に溢れ入梅前の一番いい季節です。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で晴れそうですが日曜日は札幌を除いて曇りや雨になってしまうそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

以前から、パニーニにこだわって研究してきましたが、是非お客様にもお召し上がりいただければとこのたび下北沢にカフェをオープンさせていただくことになりました。
インテリアはNOCEの家具を使い、音楽もこだわって選択させていただきました。
オープンは6月末を予定しています。
近くなりましたら又御報告させていただきたいと思います。
尚、カフェブログは研究所第一期生が担当させていただきますので、こちらもよろしくお願いいたします。
それでは、所長にかわります。

所長御挨拶

ピザ、パニーニ研究所は設立を宣言してから、ブログでも取り上げず随分とご無沙汰してしまったように見えるが、実はあれから一期生の入所とともに研究は最高機密のもと極秘裏に進んでいた。
数多くの失敗と成功を繰り返し、我々は満足のいく成果にたどりついた。
そして10年間探求し続けた「あのミラノで食べたパニーニ」が完成したのだ。
(因みに「あのミラノで食べたピザ」は現在研究中である。)
このパニーニとNOCEをコラボさせ、更なるシナジー効果を期待し、6月末下北沢にカフェをオープンさせる運びとなった。

完成したパニーニを御紹介したい。
これである。
IMGP6241.jpg

パニーニのパンは粉から練り上げたもので、イタリアの知り合いからもらったレシピの配合に少し日本に合うように手を加えたオリジナルである。
このパンの研究に日数を費やした事は言うまでもない。
粉の配合、発酵時間と温度、PH、イーストや酵母、捏ね時間と温度、油脂量、焼成時間
全てがひとつのパンに相関関係として関わってくため、全てデータとして記録し日夜研究を重ねてきた。
それではこのパニーニについてご説明させていただく。
IMGP6258.jpg

向かって右側のパニーニがイタリア系スタンダードパニーニである。
スライサーでスライスしたパルマ産18カ月熟成のプロシュート(生ハム)とイタリア産モッツアレラチーズ(水牛ではない乳牛のプレーンなもの)をパンに挟みグリラーで焼いたものである。
焼くことにより、「表面パリパリ中モチモチ」の香ばしいパンに、サクっといくと中のアツアツチーズがとろけ、生ハムと絶妙なハーモニーとなるといった典型的イタリアンパニーニである。
左側は、あえてグリラーを通さずパンと素材のハーモニーを味わっていただきたい一品である。
こちらは、照りチキとレタスである。
少し硬めに焼きあげたパンに照りチキソースがしみこんでいく。
口に含むと照りチキとパンが口の中で絶妙なバランスで溶けていく。
もちろんイタリアには照りチキは存在しないオリジナルメニューである。
我々は、オリジナルメニューの開発にも余念なく様々な実験を試みた。
500以上の案から最終的に10個が厳選された。
却下された中には、私の研究中の「おでんをミキサーに挿入し、ミキシングにてペースト状にしてパンに辛子をたっぷり塗ってグリルするおでんパニーニ」は「気持ち悪いからやめてほしい」と断念せざるを得ない案があった事を付け加えておく。
こうして厳選されたオリジナルパニーニとイタリアンハム4種、パルマ産プロシュート、モルタデッラ(ソーセージ)、コッド(普通の加熱ハム)サラミにモッツアレラチーズとマリボー、サムソーチーズをオリジナルでブレンドしてプレスするイタリアン系を含め20種類を御提供する予定である。

しかしながら、カフェのオープンはゴールではない。
正にスタートであり、単なる通過点にしか過ぎない。

ありがとうございました。
★IMGP6242
  1. 2013/05/17(金) 15:29:24|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年5月10日 下北沢駅前食品市場

今週初めは、涼しい日が続きましたが昨日から初夏を感じさせるような暖かさになっています。
週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は広島、福岡を除いてくもりや雨になってしまうそうですが、日曜日は札幌を除いてなんとか恵まれそうです。
暑くも寒くもないこの季節、お出掛けには絶好です。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、長年ランニングしてきたデザインをモディファイし、さらに素材に変更を加えたソファです。
モディファイされたソファの原型はPS 04というソファですが、今でもロングセラーとして販売させていただいているものです。
ただもう少しレトロな雰囲気が欲しかったのと、いい本革の素材が見つかったため「少し手を加えてみよう」という事になりました。
一番目立つところは
0510-1.jpg

脚です。
0510-2.jpg

PS 04は、クロームです。
リリースされた当時は、イタリアモダン全盛時代でクロームの脚が主流でした。
NOCE商品に木製の物が多い事、このソファが曲線を強調している事等から木製に変えました。
テーパードの脚にウォルナットでステインし外側に向けて開かせることにより、ヴィンテージやミッドセンチュリーのような雰囲気が強調されました。
丸いアームとの相性も抜群です。
0510-3.jpg

次にボディのモディファイですが、全体的に丸みを抑えて「平たい」イメージを加えました。
0510-4.jpg

まず、ボトムのラインの直線を強調しました。
0510-5.jpg

脚の付け根まで直線を引き、そこから一気にカーブを付けてアームまで持っていきます。
これによりPS 04より直線的になりました。
次に座面を薄くし、アームを少し小さくしました。
そして奥行を少し伸ばしました。
0510-6.jpg

これにより全体的な「平ら」感が一層強調されるわけです。
最後に背もたれの高さを低くして完了です。
0510-7.jpg

デザインの変更面は以上ですが、次に大きな所は本革に変更した点です。
発色と手触りの良さは抜群です。
0510-8.jpg

素材とデザインの変更を加えた結果、カフェ系、ナチュラル系を中心にモダンまで幅広く対応できるようになりました。
さて、価格ですが3シーターで79,800円、2シーター64,800円とこのパフォーマンスからは、有り得ない程格安な価格となっています。
大きな理由は、ハーフレザーと言われる手法で体の触れるアーム、背もたれ、シートなどの内側部分だけに革を使用したことです。
見た目は殆どオールレザーと変わらず本革の感触を味わえ、しかもリーズナブルとエフィシェンシーを追求したものとなっています。
この本革の味わいは言葉で表現できません。
是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

ソファPS 3人掛け サドル
¥79,800
幅174×奥行85×高さ75(42)㎝
※部分組立
ソファPS 2人掛け サドル
¥64,800
幅133×奥行85×高さ75(42)㎝
※部分組立



下北沢から地上を走る小田急線が消えて1カ月が過ぎました。
当たり前の風景が消えてしまった事にも慣れてしまいました。

オオゼキ前の「いつも開かない踏切跡を渡ると
130510-1_20130510171136.jpg

朽ち果てた下北沢駅がありました。
130510-2.jpg

ホームは原形を無くし、駅舎はただの歩道橋になってしまいました。
ここまで壊れてしまうと悲しむことさえできません。
東北沢へと続いていた線路は完全になくなりました。
130510-3_20130510171136.jpg

踏切跡を渡り終えると、つい1カ月前「踏切を待つ人々」でいっぱいになった「下北沢駅前食品市場」の裏口があります。
RIMG0589_20130510171135.jpg

ピーコック前の「もと北口」に出る近道です。
戦後の闇市場の名残なのですが、
130510-4_20130510171135.jpg

中に入ると
130510-5_20130510171134.jpg

異空間にトリップします。
130510-6_20130510171134.jpg

僅かに切り取られた時間の中に
130510-7_20130510171442.jpg

自分を見つめ直す事が出来ます。(初めての人は少し怖いかも)
130510-8_20130510171441.jpg

取り壊されてしまうのか、もう閉めてしまった店もありますが
130510-9_20130510171440.jpg

昼でも飲める居酒屋、
130510-10_20130510171440.jpg

八百屋さん
130510-12_20130510171439.jpg

魚屋さん
130510-13_20130510171604.jpg

夜には賑わう立ち飲み屋さんも元気に営業していますが、
130510-14.jpg

外に出ると
130510-15.jpg

実はもう8割取り壊されてしまっています。
130510-16.jpg

壊している現場は悲しくて撮れませんでした。
ピーコック前の「下北沢駅前食品市場」のメインエントランスは今こんな風になってしまいました。
130510-17.jpg

左側のトタンの壁の外側が今、歩いてきた所です。
130510-18.jpg

右側の4角いトタンは「一軒だけ残った」オバチャンの居酒屋です。
因みにここも昼間から飲めます。

撮影をしていると後ろで園児の送迎中のママ達が「あんなところでネバッて、立ち退き料でも釣り上げているのかしら?」と。
何時からこんな優しくない街になってしまったのでしょうか。
古くから居酒屋をやっていれば常連さんもたくさんいるはずです。
「その常連さんの心の拠り所だったら」って。
震災のころ言ってた「絆」ってどこに行ったのでしょうか。
そう言えば、この街のど真ん中に大きな道路が通ります。
茶沢通りの踏切、いつも詰まっていましたが踏切が無くなったらウソのように交通量は変わらないのに激減した気がします。
車に乗らない人が増えているのに、大きな道路必要なのでしょうか。
その道路を作るために下北沢の街自体がこの市場のように壊されていきます。
僕は懐古主義ではありません。
何かを壊せば何かが生まれるものです。
車は拡幅工事をしている中野通りと淡島通りに任せておけば、わざわざ下北沢を通らなくても行けるはずです。
むしろ、下北沢地区はイタリアの古い街のように自動車進入禁止にして、路上パフォーマンスはパリのようにオーディション付きの許可制にすればいいと思います。
街を壊して道を作っても文化は生まれません。
増えるのは自動車の通行量と歩行禁止エリアだけです。
  1. 2013/05/10(金) 16:51:09|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年5月2日 ポーランドから来たチャーチチェア

ゴールデンウイークの中日で街もお休みモードになっていますが、僕はカレンダー通りです。
それにしても、5月だというのに少し肌寒い日が続いています。
今年は例年より寒いのでしょうか。
4月に東京で夏日(最高気温25度)が1日も無かったのは21年ぶりだそうです。
アメリカ中西部では、37年ぶりに「メイデイ、スノウ」と呼ばれる極めて珍しい「5月の雪」が降ったそうです。
実は今朝5時に目覚めてファンヒーターONしてしまいました。
ゴールデンウイーク後半、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の金曜日、土曜日を除いて全地域で恵まれるそうです。
正に絶好のお出掛け日和のゴールデンウイークになりそうです。
朝は相変わらず寒そうですが、日中は20度前後と外で過ごすには最高です。
僕は、特に予定はありませんがテラスのあるカフェやレストランで明るいうちからシャンパンでもやりたい気分です。
ゴールデンウイーク、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、ポーランドにある曲木工場に依頼して製作したチャーチチェアです。
チャーチチェアは、現行の物もありますがパイン材です。
去年、チャーチチェアを「ブナ材のウォルナット塗装で作れないか」と画策していたところ、ポーランドから営業のため来日した曲木工場の人が偶然イギリスのインテリアショップに「チャーチチェアのサンプルを依頼されているところだ」という話を聞きました。
そこで、「もしイギリスとの話が製作まで進行するなら一緒に乗らせて欲しい」と告げましたが、イギリスとの話は途切れてしまったそうです。
このまま終わらせたくないので、現行のパイン材チャーチチェアのデザインとイギリスデザインをミックスさせたデザインでロット生産してもらいました。
そして完成したのがこちらです。
1_20130502142606.jpg

現行のパイン材チャーチチェアの背もたれは、横に入るラダーバックですがこちらは縦の背もたれでクローバー模様のくり抜きがあります。
横から見ると座面の奥行が現行モデルに比べて深いことがわかります。
2_20130502142605.jpg

この深さが抜群の座り心地を与えてくれるのです。
また、脚のフレームに着目すると脚と脚を繋ぐヌキの数が多い事がおわかりいただけるかと思います。
これは、チェア自体の安定性や耐久性を確保するだけでなくデザイン面でもチャーチチェアの特徴でもある「素朴さ」を表現することに寄与しているのです。
後ろから見るとチャーチチェア定番の
3_20130502142605.jpg

ボックスが付いています。
4_20130502142604.jpg

そして背もたれの上部はこれも定番とも言えるフレームを固定させるための「ホゾ」が見えています。
5.jpg

これは、普通のチェアでは隠すところですがデザイン上、素朴感を強調するためにあえて見せているのです。
ボックスは、讃美歌の他に雑誌も入れることができます。

インテリアとしてはカフェ系、ナチュラル系が基本でしょう。
NOCEのウォルナット系のテーブルならほとんど合います。
素材はブナ天然木無垢で、ウォルナット色にステインされています。
木を贅沢に使用しているので見た目より重くしっかりとしています。
さて価格ですが、13,800円とこのパフォーマンスと現在のユーロのレートを考えれば安いと思います。
しっかりと作られたチャーチチェアですが、やはり敬虔なカソリックの国(ポーランド)で作られた物なのか、少なくとも僕の見たチャーチチェア・リプロダクションではこれほどの逸品は見たことがありません。
そして、トーネット系曲木の工場で作られただけあって座り心地も抜群です。
これは長年の伝統から座面の長さを長めに取ったからです。
価格、デザイン、実用性とまさに世界最強のチャーチチェアだと思います。

A4600チャーチチェア
¥13,800
幅42×奥行53×高さ88(46)㎝

是非、NOCE各店にて座り心地、雰囲気をお確かめいただければと思います。

  1. 2013/05/02(木) 14:12:41|
  2. バイヤー&スタッフのブログ