NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年07月

NOCEのバイヤーズブログ

2013年7月26日 もちふわピザ

今週は、まるで梅雨に戻ったかのようなはっきりしない天気が続きました。
夕方近くになると黒い雲がやってきて雷鳴が轟くと言った一見夏の風景なのですが、昼間スカッとした夏の青空がありません。
実際、東北や北陸地方では梅雨は明けていないため、後日関東地方の梅雨明けが変更される可能性もあります。
そう言えば、この間下北沢の街中で「アブラゼミ」に先駆けて「ミンミンゼミ」が鳴いていました。
なにか例年より早いような気がします。
これは、7月上旬の記録的猛暑が影響して「ミンミンゼミ」が時期を間違えてしまったのでしょうか。
ミンミンゼミが早く鳴くと秋の訪れや霜が早いといわれています。
因みに「アブラゼミ」は今日現在鳴いていません。
早いもので7月も最終となる今週末のNOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌、仙台、新潟、関東は曇りや雨で他の地域は晴れ、日曜日は札幌、仙台、福岡を除いて晴れるそうです。
今週末、NOCE蔵前店のある隅田川で「隅田川花火大会」が開催されます。
子供の頃、花火大会と言えば「多摩川の花火」で二子玉川から和泉多摩川、調布、府中、聖蹟桜ヶ丘、八王子、青梅、奥多摩と(立川の昭和記念公園で開催されるものは、多摩川に入るかは微妙)段々と川下に曜日をずらして下って開催されます。
僕は、当時住んでいたマンションの屋上から「にこたま」から聖蹟桜ヶ丘まで見えました。
その後、規模が縮小され近所では「にこたま」だけになってしいましたが、今年は結構開催されるところが多いようです。
隅田川も見てみたい所ですが、「すごい人」らしいので、いつも足が遠のいてしまいます。
おすすめは、やはり「にこたま」でしょうか。
混んではいますが、少し離れれば結構余裕です。
ただし、トイレから遠くなりますので予めチェックが必要です。
まちがっても川にしてはダメです。

夏の週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、カフェ系、モダン系と万能なカウンターチェア2種です。
IMG_1148.jpg

デザインの基本は、1990年代のスパニッシュモダンのように見えます。
当時、スペインのバレンシアで毎年開催された国際家具見本市は、デザイン面でミラノ、ケルンに並ぶ程世界のインテリア業界で話題でした。
ガウディの影響でしょうか、アイアンとウッドのハイブリッドが斬新でした。
今回のカウンターチェアもブラックで細めのアイアンの脚は、高級感だけではなく懐かしさの中にレトロ感さえあります。
IMG_1136.jpg

プライウッド(成型合板)を使用し曲面を意識した座面には、チーク天然木の突板が貼ってありブラックアイアンの脚とのコントラストは抜群です。
IMG_1144.jpg

この曲面と大きめの座面は、デザインだけではなく座り心地の良さも実現しています。
背もたれを支える金具がレトロ感を一層引き立てています。
0726.jpg

フットレストの位置やデザインも泣かせてくれます。
0726-2.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、モダン系が中心ですが形状が直線なのでシンプルでもいけそうです。
素材は脚部がアイアンで、シートと背もたれはチーク天然木積層合板突板となっています。
さて価格ですが、背もたれの付いている方が13,800円、スツールが9,800円とこのデザインと素材から見れば充分コストパフォーマンスの高い商品だと思います。
カウンターチェアと言うと一般家庭ユースよりもリアルカフェやプロユースを連想してしまいますが、腰窓に置けばカウンターテーブルが無くても充分雰囲気がでます。

暮れかけた遅い夏の午後、腰窓に置かれたカウンターチェアに腰掛けるといつもの景色も違って見えます。
冷たいモヒートのグラスを傾けると遠くに響く花火の音と微かに匂う線香花火の香りが氷の中に溶けていきました。

是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

チェアBF7104
¥13,800
幅45×奥行43×高さ91(71~74)㎝

チェアBF7103
¥9,800
幅45×奥行38×高さ71~74㎝


カフェノルマーレがオープンして一カ月が経過しました。
数多くのお客様に御来店いただき感謝のかぎりでございます。

しかし、カフェとは言えビジネスです。
上司から「もっと収益を」とかなりつつかれています。
基本的に僕は、インテリアと音楽とメニュー担当で運営はタッチしていません。
そこで、メニューを攻撃されるわけです。
「もっと売れるものを」と。
「僕一応、家具のバイヤーなんですけど」と言いたいところですが、始めた以上それは言えません。
パニーニ中心だと夜が難しい。
そこで、「生地に2次発酵かけずにピザを焼いてみては」と思いましたが、店にはパン用の280度が最高温度であるデッキオーブンしかありません。
通常のピザ専用オーブンや窯は500度近いオーブンで焼き上げます。
それでは勝ち目はないのでしょうか。
立派なオーブンです。
そこでパンのようなピザです。
生地はピザ用です。
それでもいわゆるパンピザではありません。
パン用のこだわったデッキオーブンで焼き上げるので焼き立てパンの香りが残り、パンのようにモチモチ感もありと、そして周りはカラッと。
名付けて「もちふわピザ」。
具材はパルマハムやモッツァレラチーズもあるわけだし。
試作段階では成功していますが、商品化できるかどうか。
ところで上司に家具の事で怒られるのは納得できますが、ピザのことで言われるのは少し納得できません。
今度、家具の売り上げが悪い時は、「ピザ造りに忙しいので」と都合のいい言い訳の材料がみつかりました。
尚、成功すれば後日限定メニューでオンさせていただければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/26(金) 15:19:57|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年7月19日 Shutdown

今週は先週と違い少し過ごしやすい日もありました。
夕方、北の方角から涼しい風が吹くと少し気持ちも和らぐような気がします。
昨晩は、夜8時過ぎに突然風が強まり、大粒の雨が滝のように降ってきました。
ちょうどその時、バーの窓際で外を眺めていました。
降り始めた雨は、20分くらいで止み外に出ると空には月が浮かんでいました。
「突然降って突然晴れる」と、まるで南国のようでした。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれるそうです。
夏のお出掛けには絶好です。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、収納機能が付いためずらしいソファです。
130719-1.jpg

デザインは収納が優先されるためシンプルなスクエアを尊重させたものになっています。
2000年前後に流行したZENスタイルが基本になっています。
ZENスタイルとは当時、日本の文化が珍しかったのかフランス、ドイツを中心に畳や障子、布団といった日本独特の生活習慣を模倣したインテリアのカテゴリーです。
フランスなど著名なインテリア雑誌には、四角く低いソファに「ヴェンゲ」と呼ばれた濃いダークブラウンで塗装されたローテーブル、四角を強調したダイニングテーブルに張りぐるみのアイボリー色のチェア、ベッドルームには低いベッドフレームに畳のようなものを乗せたFUTONベッドと呼ばれるものが掲載されていました。
そこにはたいてい、中国漢字模様の浴衣姿のカップルがソファに座り中国桂林の写真を二人で仲良く眺めていました。

話をソファに戻して、スクエアなデザインは「曲線を活かしたデザイン」より小ぶりに見えるためお部屋に設置した時に圧迫感がありません。
又、ナチュラルのテーパードレッグをやや中央に寄せて取り付けてあるため、ZENスタイルのアクが抜けミッドセンチュリーの香りもしてきます。
130719-2.jpg

そして何と言ってもこのソファの最大の特徴がこのアームの外に付くアッシュ天然木突板をナチュラルにステインした収納棚です。
130719-3.jpg

4個に分かれた棚は様々な目的に使えます。
棚側に座ると上段に置かれた物は手を伸ばせば座ったまま取ることが出来るので(個人差があります。)リモコンやタブレット端末からティッシュケースまで頻繁に使う物を収納しておくと便利そうです。
インテリアの観点からは、ナチュラル系、カフェ系を中心に、シンプルやモダンなどクセのないデザインによりかなり汎用性が高いと思います。
ファブリックのカラーはオレンジの他に
グレーと
130719-4.jpg

グリーンがあります。
130719-5.jpg

どのカラーもソファのフォルムにマッチするように選ばせていただきました。
さて価格ですが、このボリュームと機能で59,800円と抜群のコストパフォーマンスを実現しています。
ナチュラルウッドとファブリックのコンビネーションやボリューミーな雰囲気を画像では表現出来ません。
是非、実物をNOCE各店でお確かめいただければと思います。

TH002ソファ
¥59,800
幅176×奥行80×高さ73(38)cm
※部分組立


昨日、AM10時に旧下北沢の駅が完全に封鎖されてしまいました。
0719-1.jpg

これから駅舎はただ解体されていくのみです。
地下駅にも慣れてしまい、小田急線が地上を走っていた頃がはるか記憶の彼方に感じてしまいます。
新しく出来た連絡通路はシャットダウンされた壁の横にあります。
0719-2.jpg

まだ歩く人は少なく無機的な壁と新しい建築物の臭いがしました。
0719-3.jpg

少し進むと井の頭線ホームから小田急線の上りホームを繋ぐ連絡通路の名残がありました。
0719-4.jpg

クネクネと
0719-5.jpg

まるで迷路のような
0719-6.jpg

通路を歩くと
0719-7.jpg

井の頭線のガードをくぐり
0719-8.jpg

南口に出ます。
0719-9.jpg

これは前日撮影した最後の下北沢駅です。
0719-10.jpg

階段を上り
0719-11.jpg

自動券売機のあった所を過ぎ
0719-12.jpg

階段を下りる前に
0719-13.jpg

ふりかえるとよく待ち合わせに使った改札口前の窓があります。
0719-14.jpg

その瞬間、賑わっていた時間がとても手の届かない所に飛んで行ってしまいました。
階段を下りるといつもの新しい下北沢の駅がありました。
0719-15.jpg

今、階段は時代という白い壁に閉ざされ、駅は記憶の底にゆっくりと沈んでいくのでしょうか。
0719-16.jpg
  1. 2013/07/19(金) 13:15:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年7月12日 モルタデッラのコトレット

先週、「七夕の夜は久々に晴れそう」と言っていましたが、なんと七夕の前日に梅雨が明けてしまい七夕の日は猛暑日ですっかり「星ながめる事」を忘れてしまいました。
それから連日激しい暑さが続いています。
東京では、日曜日から4日連続猛暑日が続きました。
これはタイ記録だそうで昨日更新すると新記録になるところでしたが34,5度と「記録更新ならず」でした。
こんなに暑い日が続くのであれば「記録更新しろ!」です。
因みに、昨日下北沢で日中の気温を測ると36度でした。
どこで「東京34.5度」になってしまうのでしょうか。
下北沢で測れば「祝!記録更新」です。
それから夜8時に計測すると33.5度で涼しくなる気配すらありませんでした。
3連休が絡む週末のお天気ですが、新潟の3連休、広島の日、月、仙台の土曜日はあまり恵まれないそうですが、他の地域は晴れて暑くなるそうです。
関東は土曜日が暑さのピークと言われていますが、「和らいで33度」とは、考え方変えなければなりません。
とはいえ、海の日を含んだ3連休。
お出掛けにはよさそうですが水分補給など熱中症対策は万全にした方がよさそうです。
そしてその際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。


今週の新商品の御紹介は、イタリアモダンに北欧ミッドセンチュリーのエッセンスを加えた本格的なソファです。
0712-1-1.jpg

まずデザイン全体の特徴ですが、アームと背もたれを低くしてシートの奥行に余裕を持たせてある事です。
0712-2.jpg

このデザインにより、シートハイがそれ程低くなくても全体が低く見え、ワイドが180cmあっても圧迫感を感じません。
これは、15年位前のイタリアモダン全盛期、まさにミラノサローネが実売買の見本市として機能していた頃流行ったデザインで当時としては斬新でした。
B&B,アルフレックスは勿論、当時そこまで有名ではなかったモロゾやミノッティなどのメーカーが「ローライフ」デザインのソファを次々にリリースしました。
その後、生産拠点がイタリアから中国にシフトすると「これと言ったソファ」のデザインのトレンドはなくなり多様化していきました。
さて、この平らな
0712-3.jpg

ソファのシルエットにミッドセンチュリーのエッセンスを加えているのが
0712-4.jpg

まずこの長めのウォルナット色にステインされたテーパードレッグです。
0712-5.jpg

そしてファブリックカラーのグリーン
0712-6.jpg

ベージュ
0712-7.jpg

ブルーです。
0712-8.jpg

どのファブリックも格子柄になっていてレトロな感じと高級感を演出し、これもミッどセンチュリー的雰囲気に寄与しているのです。
0712-9.jpg

インテリアの観点からは、カフェ系からシンプル、モダン系までかなり広い守備範囲で対応できそうです。
基本的にウォルナット系のテーブルが合いますが、NOCEのオーク系のテーブルならどれでも合いそうです。
背もたれは脱着式なので間口の狭いお部屋までの搬入が通常ソファより容易です。
0712-10.jpg

又、シートに奥行があり
背もたれ方向に角度が付いているので見た目よりも座り心地は高レベルです。
0712-11.jpg

幅が180cmありアームも低いので横になる事もできます。
さて、価格ですが59,800円とこのパフォーマンスから考えれば格安と言えます。
一見クセのあるデザインに見えるソファですが、カフェ系からシンプル、モダンと汎用性も広く飽きのこない仕上がりになっています。

夏の午後、このソファに横たわるとDaydreamに誘われながら現実の夢の中に沈んでいきました。
目覚めると、湿った風がカーテンを揺らし、遠くには雷鳴が響いていました。

カフェノルマーレがオープンして2週間が経過しました。
オープンまで随分と企画やデザインに参加させていただき、家具の世界にもどれるかと思っていたのですが甘かったようです。
オープンすると日々様々な問題が起こります。
まずは、パニーニにするパンの数量管理です。
出る量は全く予想できません。
足りなくなることもありました。
家具で言えば欠品です。
急遽作っても粉から捏ね上げて発酵、焼成までとすぐにパンになりません。
そこで多めに作ると余ってしまう、つまりロスを作ってしまうわけです。
そしてこれの活用方法が宿題となりました。
とりあえず、一番先に思いついたのが「パン粉」です。
円安と小麦粉原料の値上げでパン粉も安くありません。
自家製パンをおろしてパン粉にすれば文字通り「自家製パン粉」の出来上がりです。
ノルマーレのスタッフに頼んでおろし器で冷凍したパンをおろしてもらいパン粉を作ってもらいました。
きめが細かくここまでは大成功です。
もともとノルマーレのパンはフランスパンの生地がベースなのでフランスパンのパン粉に近いもが出来ます。
次に「これを何に使うか」です。
とりあえず思いつくのは「フライもの」でしょうか。
イタリアにはミラネーゼと言って肉を5mmくらいになるまで叩いて伸ばしパン粉を付けてフライパンで揚げ焼きするという伝統料理があります。
それなら、モルタデッラハムやコットプロシュートを5mmの厚さにスライサーでカットしてパン粉をつけてミラネーゼ風にしてはどうかと思い試作してみました。
試作第1号がこれです。
0712-12.jpg

これがなかなかのものなのです。
もちろん、イタリアの高級ソーセージモルタデッラに自家製パン粉なわけですから。
この後、改良を重ね「モルタデッラのコトレット(カツレツ)」としてフードメニューにリリースさせていただきました。
プロシュートコットも同様に「プロシュートコットのコトレット」としてオンメニューとなりました。
モルタデッラが800円、プロシュートが600円とイタリア風にパルミジャーノの粉末がまぶしてあり、オリーブオイル少し付けて食べるのが最高です。

ビールでもプロセッコでもワインでもなんでも合います。
パン粉の別の活用方法とパンの活用方法は現在開発中で近いうちにオンメニューさせていただきたいと思っています。
下北沢にお越しの際には是非カフェノルマーレにもお立ち寄りいただければと、冷たい生ビールやプロセッコ、そしてもちろんパニーニなどご用意してお客様の御来店をスタッフ一同お待ち申し上げております。
  1. 2013/07/12(金) 14:34:58|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年7月5日 2013年七夕

今週は梅雨らしく「じめっとした」はっきりしない天気が続きましたが、涼しい事が幸いです。
下北沢では、今週末「下北沢音楽祭」が開催され、取り壊しの決まった旧地上駅の改札で無料ライブが行われるそうです。
本当のレクイエムになってしまうのでしょうか。
今週末NOCEのある地域の天候ですが、土日の新潟と福岡、土曜日の広島を除いてまずまずの天気になるそうです。
日曜日は七夕ですが、関東、名古屋、大阪は晴れる可能性もありそうなので、織姫と彦星にシャンパンでも捧げてみてはいかがでしょうか。
週末お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

久々に新商品の御紹介に戻ります。
今週の新商品はオリジナルデザインをポーランドで作成したカップボードで、以前ご紹介させていただいた3枚引き戸のダウンサイジングバージョンです。
デザインは、北欧ビンテージのブックシェルフやライティングデスクが基本になっています。
0705-1.jpg

コンセプトが3枚バージョンと同じなので上段の3枚のガラス戸は2枚になっていますが、下段のジャバラは、ジャバラ部分のパーツを共通させるため、3枚バージョンの時にある真ん中の棚は省かれています。
0705-2.jpg

側面から見ると天板から下の方に向かって斜めにラインが入っていますが、これはブックシェルフがトップヘビーになった時、前に倒れてこないようにデザインされたビンテージのデザインをフィーチャーしたものです。
0705-3.jpg

脚のデザインもブックシェルフ同様マッシブに四角くしました。
0705-4-1.jpg

背面にもウォルナット天然木の突板が施してあるので部屋の間仕切りなど独立させても使えます。
0705-4-2.jpg

ジャバラを
0705-5.jpg

左右に開けると中は4つの棚に分かれています。
0705-6.jpg

インテリアの観点からはやはりカフェ系、ナチュラル系が中心になりますが、形状がスクエアなため木を使ったシンプル系でもいけそうです。
コンパクトなので威圧感がなく小ぶりなソファテーブルにもよく合います。
素材は、ウォルナット天然木突板で、その表面をオイルで仕上げてありますので木そのもの風合いが強調され高級感さえあります。
さて価格ですが72,800円とウォルナット天然木とデザインを考慮すれば充分コストパフォーマンスがあると思います。
最近、北欧などヨーロッパのメーカーの家具を製作し家具製造に於いて成長著しいポーランドだけあって全体の雰囲気作りは見事です。
レトロ感溢れるめずらしいジャバラの扉が時間を少しだけ巻き戻してくれそうです。
実物を是非NOCE各店でお確かめいただければと思います。

カップボードC
¥72,800
幅83×奥行44×高さ165㎝
※部分組立


冒頭にも書きましたが、今週の日曜日は7月7日七夕の日です。
七夕については以前長々とやってしまったのでさらりと。
七夕はもともと中国にあった行事が奈良時代日本に伝わったと言われています。
日本ではお盆行事(中日が7月15日)のひとつで七日の夕方に精霊棚に幡(仏の威徳を示すための仏具で寺院の境内に立てる飾り布)を安置することから七夕と書いて棚幡(たなばた)と呼ぶようになったと言われています。
元の中国ではクリスマス、バレンタインデーとならんで年間「3大恋人行事」のひとつだそうで7月7日を「七夕バレンタインデー」と呼んでいます。
七夕の晩かその前後かどうか判りませんが、レストランは予約で満席になるとか。
基本的には男子が女子に「赤いバラの花束をプレゼントして告白する」のだそうですが、花束ならなんでもOKみたいです。
一年の中で生花店が最も忙しくなる日です。
七夕発祥の地ならではでしょうか。
日本では笹の葉に短冊に願い事を書いてつるし、晴れて星が見え無事に織姫と彦星が合う事ができれば願い事が叶うと言われています。
せっかくなら、日本でも「恋人の日」にして東京中の灯りを5分くらい一斉に落として星を見てその間に告白したりカップルは今後の幸せを願ったりとか、東京タワーとスカイツリーだけ赤くしてそれを見ると幸せになれるとか、どうなんでしょうか。
  1. 2013/07/05(金) 17:35:33|
  2. バイヤー&スタッフのブログ