NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年09月

NOCEのバイヤーズブログ

2013年9月27日 2013年 上海出張 2

今週は、いよいよ秋の始まりを感じる気候になりました。
朝は、少しひんやりと先週の暑さが思い出せない感じです。
今週末、NOCEのある地域の天候ですが全地域で恵まれるそうで、初秋を感じるお出掛けには絶好です。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければとお客様の御来店を全国スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

空に舞い上がった飛行機は、直ぐに千葉県立幕張海浜公園の上空になりました。
0927-1.jpg

中央右に見える丸い建造物はこの公園のシンボル千葉マリンスタジアムです。
海の色が変わって見えるのは何故でしょうか。
海水が綺麗になって透明度が増したのか、プランクトンの関係かわかりませんが鮮やかなエメラルドグリーンの幕張の海は初めて見ました。
飛行機は去年開通した東京ゲートブリッジを超え
0927-2.jpg

アクアラインの風の塔
0927-3.jpg

海ほたる
0927-4.jpg

横浜港にかかる横浜ベイブリッジを過ぎます。
0927-5.jpg

画面中央左下の3本指が山下埠頭、そのまま上に大桟橋、赤レンガ倉庫、そしてそのまま上に行って右上の端にNOCE横浜駅前店があります。
雪のない夏の富士山を超えると雲の中に入り
0927-6.jpg

雲を抜け福岡上空に来ました。
0927-7.jpg

ここまで来ると上海まで半分以上フライトした事になります。
五島列島を越え海上を飛ぶと
0927-8.jpg

飛行機は徐々に高度を下げ、
0927-9.jpg

長江(揚子江、ようすこう、ナイル川、アマゾン川に次いで世界3位の長さの川)河口の埋め立て地が見えてきました。0927-10.jpg

これは、長江河口にかかる「長江大橋」です。
0927-11.jpg

長江河口には、中州にあたる大きな島、崇明島があります。
河口の島と言っても世界3位の長さの川の河口なので沖縄本島位の大きさがあり、島の人口も70万人います。
この大きな橋は、2009年に開通した河口を上海側の岸から長興島までをトンネルで結びそこからこの大橋で崇明島を、そして崇明島から対岸をさらに大橋で結ぶという世界最長(25,5キロ)の越海高速道路の一部です。
近年、国家プロジェクトである長江デルタ地帯と呼ばれる長江河口の工業化は、発展著しい地区でもあります。
上海港のコンテナ取扱量は2011年にシンガポールを抜いて世界第1位になっています。
(因みに2位がシンガポール、3位香港と続く)
ここに上海自由貿易区を設立するそうですが、広大過ぎて想像できません。
ここに外国からの投資を促進させ域内での規制緩和、非課税など所謂シンガポールなどの自由貿易区を作る構想です。
ITや金融、医療部門など最先端のテクノロジーを持った企業を積極的に誘致するそうです。
この域内では、FBやツイッターも解禁です。
家具工場は?・・・勿論ダメです。
マニュファクチャー、べたべたの手工業はお呼びではありません。
リストの段階で対象外だそうです。
尚、試験的に「自由貿易試験区」として今週29日から始動するそうです。
橋で繋がっている長興島の上空にさしかかると世界最大規模の造船所が見えました。
0927-12.jpg

建造中の大型タンカーや貨物船だけでも30隻以上あります。
その中にピカピカの納船間近のNYK(日本郵船)の自動車運搬船がありました。
これもかなり大きい船なのでまわりの建造中の船も相当大きいものだと思います。
そしてとなりのドックには更に大きい巨大コンテナ船が建造中です。
0927-13.jpg

おそらく9000TEUはありそうです。(もっとあるかも)
(TEUとは20フィートコンテナの積載個数。コンテナ船の大きさはこれで測る。近年コンテナ船は巨大化して最大のデンマークのマースクラインが所有するEMMA MARSKは14,500TEUある。もっとも2位の同じ船社のGUDRUNの10,150TEUなので別格であろう。)
9000TEUのコンテナ船というと全長で330メートルくらいあるので隣のタンカーもおそらく20万トンクラスの船だと思います。
中国の造船量は世界トップでおそらく造船所ランキングでもここがトップになる可能性があります。
例のタイタニック2号は長江の上流にある造船所だそうで、2016年に処女航海するそうです。
オーストラリアの大富豪によるもので就航はタイタニック同様、イギリスのサザンプトンからタイタニックと同じ航路を辿りタイタニックの辿り着けなかったニューヨークを目指すそうです。
船は全くのレプリカで外観も当時のものを再現し、船内もエアコンを除けば装飾も同様です。
処女航海の乗船券はプレミアム物で1億円とか。
ただし、救命ボートは人数分あるそうです。
これって虫・・・? ではありません。
0927-14.jpg

自動車です。
計測不可能ですが、2000台位でしょうか。
飛行機は空港滑走路にアプローチし
0927-15.jpg

上海浦東(プドン)国際空港に着陸しました。
0927-16.jpg

今週もここまでしか書けませんでした。
連休後で仕事がたまってしまい、なかなか先に進めません。
来週こそ、本題の家具に行きたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金) 13:43:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年9月20日 2013年 上海出張 1

今週、台風の通過とともに一気に秋になってしまいました。
朝、窓を開けていると寒くて閉めてしまうほどです。
そう言えば以前、シリア問題にについて触れました。
とりあえず当面の危機が去り安心していますが、このままで終わる筈ありません。
利害も絡みアメリカとロシアのスタンドオフ状態に近隣諸国の利害と宗教が更に絡んでもし武力行動が起これば収拾がつかなくなりそうです。
しかも、最新兵器で行われる戦争は従来の戦争の概念を変えてしまうかも知れないのです。
最強と言われるアメリカ大型空母も誘導ミサイルの前にはただの大きな標的です。
先日、試験的に発射されたアメリカのミサイルはロシアのイタルタス通信英語版によればシリア到達前に落とされてしまったそうです。
「振り上げた拳」をどうするのか。
利害だけでなく面子が加わると厄介なことになります。
アメリカの報道ではこの数日また、強行な発言が目立ってきています。
とにかくペルシャ湾で武力闘争が始まれば日本にとっても世界にとってもいい事はひとつもありません。
オイル価格が上昇し最悪止まるからです。
そう言えば「東京」に決まってから、日本では連日「漏れたとか流した」とか報道していますが海外のメディアは「決定前」まであれ程報道していたにもかかわらず一気に「例の問題」に一切触れなくなりました。
お隣の国でも連日一面見出しの「輸入禁止の話題」は今週から完全に消えています。
少し不気味です。
すみません。
あまりにも気になってしまっているので書いてしまいました。
話変えて、昨晩は「仲秋の名月」でした。
以前から書いていますが、満月とは厳密に言えば月と地球が回っているため満月になる瞬間であり状態ではありません。
昨晩は、その満月の瞬間が夜8時13分でした。
まんまるの月。
世界が丸く平和に収まるようにと下北沢にぽっかり浮かぶ美しい丸い月に手をあわせました。
因みに今日は「十六夜」いざよいです。
見忘れた方、今宵も充分綺麗です。
「いざよい」には満月の「十五夜」に対し「ためらう」という意味があります。
時の経過の中に月が欠けていく儚さでしょうか。
今週も連休が絡む週末、NOCEのある地域の天候ですが全地域でまずまずになるそうです。
気候もよく絶好のお出掛け日和です。
その際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

又、今年も上海の展示会の季節がやってきました。
今年はどのような傾向にあるのでしょうか。
以前、ブログでデザインやアイデアの枯渇が「中国家具ビジネスのアキレス腱」だと書いたことがありました。
今や、中国は世界一の家具生産輸出国です。
ただ、それは労働賃金が低いという事で単なる欧米の下請け工場のカラーが強く、自ら商品を開発するという部分に於いては弱いという弱点があるのです。
そこで、多くのメーカーが競い合ってコピーをしてきたわけですが、新しいものが出来なければコピーにも限界があります。
これが所謂アキレス腱にあたるわけです。
欧米経済の低迷とともに家具の開発速度も鈍化してしまいました。
去年の展示会では、「未だミラノ全盛時代(のデザイン)の模倣商品」が多く、目新しいものはありませんでした。
今年はどうなるのでしょうか。
一泊二日の弾丸ですが、気合入れて行きましょう。

朝5時に起床して5時半に家を出ました。
まだ目覚める前の
0920-1_20130920173242e9e.jpg

下北沢の街を抜け
0920-2_201309201732416f6.jpg

改札口から
0920-3.jpg

階段を上がり
0920-4_20130920173241381.jpg

ホームに出ると
本多劇場のビルが朝焼けを切り取っていました。
0920-5_20130920173240a32.jpg

淡いオレンジの中には(エンパイアステート)ドコモビルがシルエットを作っていました。
0920-6_2013092017324025b.jpg

(新宿南口前にそびえ立つドコモビルは地上272メートルでミッドタウン、都庁ビルに次いで東京都内では3番目の高さになる。ただ50階相当の高さで実質ビルとして機能しているのは25階までで残り半分の25階分はマイクロ波の電波塔であり中は空洞の張りぼてであるが、この事実を知る人は意外に少ない)
オレンジ色の井の頭線を
0920-7_201309201732394a9.jpg

渋谷で
0920-8.jpg

降り
0920-9_2013092017345860b.jpg

まだ眠そうなスクランブル交差点を見ながら
0920-10.jpg

JRのホームまで歩き
0920-11_20130920173458de9.jpg

6時12分発の
0920-12.jpg

成田エクスプレスを
0920-13.jpg

成田空港駅終点で降り
0920-14_20130920173457cc2.jpg

空港ロビーに出ました。
0920-15_201309201734576af.jpg

このまま、カウンターには寄らず直接イミグレーションに向かいます。
0920-16.jpg

もうカウンターでの発券手続きをしなくなって随分なれましたが、たまには「本日はどちらまで?」「お気をつけて行ってらっしゃいませ」の儀式が少し懐かしくなってしまいます。
出国手続きを終えゲートに向かいました。
0920-17_20130920173456941.jpg

少しガランとした待合ロビーを越し
0920-18.jpg

ゲートから上海経由重慶行きの“エアチャイナ”158便の
0920-19.jpg

ボーイング737-800に搭乗し
0920-20_20130920173455150.jpg

シートに着くと
0920-21_20130920173636897.jpg

飛行機はゆっくりと動きはじめます。
0920-22_201309201730305a2.jpg

やがて滑走路に着くと
0920-23.jpg

速度を上げ
0920-26_2013092017302564f.jpg

舞い上がると
0920-27.jpg

成田空港がすぐに眼下になりました。
0920-28.jpg


すみません。
本来、上海まで引っ張るつもりでしたが時間がなくなってしまいました。
  1. 2013/09/20(金) 17:38:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年9月12日 2013年上海出張前夜

今週は、上海で開催される展示会に行くためいつものブログはお休みさせていただきます。
上海出張と言っても一泊二日のビジネストリップで大阪や福岡、札幌など国内出張とあまり大差ありません。
朝の飛行機で成田を出発し、昼前に上海に着きそのまま会場に直行し閉館時間まで見てその後市内のホテルにチェックインして、翌日の朝チェックアウトで再び会場に行きその日の午後の飛行機で帰国というハードなスケジュールです。
スイムウエアは持っていきますが、多分「無し」だと思います。
このスケジュールに「クロール3キロ」入れたら、おそらく翌日に響くので体力温存でいくとおもいますが、もし会場が期待はずれの場合はしっかり泳がせていただきます。
食事はホテルのレストランで、禁酒です。
これも翌日に関係するからです。
さて、広州で開催されていた展示会が昨日終わりましたが、出展していたサプライヤーから「日本人はあまり来なかった」とのメールがありました。
例の外交問題ではないと思います。
1番は、円安と中国のインフレによる商品価格の上昇で、2番目は国内大手運送業者が大型商品の取り扱いを中止したことや、燃料の高騰で運賃が値上がりしたことでしょうか。
これらの理由により、「以前より家具が取り扱い難くなった」と考えられます。
こういった状況が、「家具の生態系にどのような影響をおよぼすのか」を知るためにも今回の上海には意味があると思います。
それでも、バイヤー根性として旅費位は稼がなければなりません。
家具輸入ビジネスには、いま大変な逆風が吹いています。
それでもチャンスは必ずある筈です。
また来週からレポートさせていただきます。
  1. 2013/09/12(木) 18:46:46|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2013年9月6日 オリンピック開催地決定前夜

今週は、不安定な天気が続き関東では竜巻が発生するなど少しいつもの季節とは違う気候でした。
昨日、朝5時くらいに目覚めると空一面オレンジ色で稲妻が走り幻想的でしたが、人によっては「不気味」と感じるのでしょうか。(こっちの方が多いかも)
何か毎日が台風接近中のような天気です。
オリンピック開催地が決定される週末の・・・・・。
ところで僕の周りがおかしいのか、オリンピック開催に関して殆どの人がネガティブです。
大変申し訳ない話ですが、僕はネガティブでもポジティブでもありません。
他に関心あることが多すぎでそこまで到達できないからです。
話を戻して、今週末NOCEのある地域のお天気ですがほぼ全地域でくもりや雨になるそうです。
ただ暑さは和らぐそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、ヨーロッパのデザイナーによる曲線が強調されたソファです。
0906-1.jpg

このソファは今年の展示会(4月5日のブログで取り上げました)で買い付けたもので、メーカーの担当者によると「どこの国のデザイナーかわからないが、ヨーロッパの人」だと言っていました。
どのような理由か判りませんが試作で「没」になってしまったそうです。
初めてこのソファを見た時、ブースを素通り出来ず気になってしまいましたが「なんか違う」と感じていました。
「どこが違うのか」と考えるとシートの奥行が深いところに気が付きました。
ヨーロッパ仕様なのでどうしても大きくまたシートの奥行も深くなってしまいます。
この深さがこのソファ全体のデザインをスポイルさせてしまっているのです。
そこで日本仕様にシートの奥行を少し浅くしてもらい、今回入荷したのがこのソファです。
0906-2.jpg

こうすることにより背もたれの曲線やハイバックが強調され、シートの奥行とのバランスも整いとても美しくエレガントなデザインになりました。
ハイバックがソファ全体のデザインの要になっていますが、それを更に盛り上げているのが細部の曲線です。
0906-3.jpg

脚の部分は本体枠のカーブに合わせてあり
0906-4.jpg

シートのコーナーも丸くカットされ
0906-5.jpg

背もたれ後部も曲線が強調され後ろの脚も前脚同様にカーブしています。
0906-6.jpg

そして大きめなハイバックの背もたれは上部で左右に開いています。
全体的にはアールヌーボーを意識したフォルムで丸い印象ですが、全体で見てみるとあまりその印象は強くありません。
これは、ハイバックの効果でイタリアモダンでも時々見られた手法です。
インテリアの観点ですが、ソファの主張が強いのでオールマイティと言えるでしょう。
ウォルナット等木製家具や木製フローリングにもよく調和します。
コーディネートにより様々な顔を見せてくれそうです。
例えばカフェ風に
0906-7.jpg

レトロ風にと。
0906-8.jpg

ファブリックのカラーはグリーンとブルーの2色をご用意してあります。
どちらもノスタルジックでありながら「今」を感じさせるカラーです。
さて価格ですが74,800円とこの大きさとデザインを考慮すればかなりコストパフォーマンスがあると思います。
ハイバックなので背もたれ、特にコーナーに背中を預けた時の心地良さは格別です。
とにかくインパクトのあるデザイン、そして座り心地、是非NOCE各店にて実物をお確かめいただければと思います。

AS08ソファ
¥74,800
幅160×奥行74×高さ82(44)cm
  1. 2013/09/06(金) 14:47:57|
  2. バイヤー&スタッフのブログ