NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年02月

NOCEのバイヤーズブログ

2014年2月28日 表参道の新たなトレンド

山梨に降った大雪から2週間経ちましたが、現地はまだ完全に通常に戻っていません。
海外のコンテナも来週からなんとか入庫できそうな感じになりました。
積雪はまだ50cmを超える所もあるそうです。
東京と言えば、今日まるで冬を忘れてしまったかのように暖かな朝を迎え、コートを着て歩くと汗ばむような陽気でした。
ただ山梨はまた週末、雪の予報が出ているので心配です。
生まれてから今まで雪が楽しみでしたが、雪の多い地方の方々には大変失礼なことだったと反省しています。
たまに山で見る雪、東京に降る雪、それはそれでいいと思いますが大量に降ればそれは恐怖でしかないからです。
雪の怖さを初めて知りました。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、関東から以西は曇りや雨とはっきりしない天気で仙台、新潟、札幌はくもりがちですがまずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

新入荷のダイニングテーブルダイニングチェアを御紹介させていただきます。
ナチュラル系オイルステインにホワイトをミックスさせたユニセックスな雰囲気のダイニングテーブルとチェアです。
0228-1.jpg

テーブルのデザインは基本的に北欧系で、特にテーブルのエッジを丸くしてある所が特徴と言えます。
0228-2.jpg

この丸みが全体の印象を柔らかなものにし、一方でホワイトとナチュラルオイルステインのコンビネーションが引き締めるという抜群なバランス感覚を持ったテーブルです。
天板の色は他にブルー、グリーン、イエロー、ブラックがありましたが、どれもナチュラルとのコントラストが強すぎるのでホワイトのみの展開となりました。
チェアのデザインはオーソドックスなミッドセンチュリー系デザインでテーブルに合うようにナチュラルと
0228-3.jpg

ホワイトとのコンビネーションの2タイプをご用意いたしました。
0228-4.jpg

テーブルに合わせるチェアのバリエーションによってダイニングセットとしての表情が全く異なります。
ここは、僕も迷った所で初めは「ホワイトのみ」のつもりでした。
ホワイトを合わせると全体的に印象が柔らかくなります。
ナチュラルを合わせると締まった感じになります。
ただ、いつものように「迷った時は2本違う色」は今回当てはまらないと思います。
印象がぼけてしまうからです。
インテリアの観点からは、カフェ、ナチュラル、シンプルと割と広範囲に対応してくれそうです。
素材の木材はオークでオイル仕上げ、ホワイトの部分はMDFです。
カラーのバリエーションはテーブルがホワイトとオークのコンビのみで、チェアは前述のように2タイプあります。
さて価格ですが、テーブルが29,800(税込)とチェアが各9,380円(税込)とオーク素材を使用したテーブル、チェアとしては格安だと思います。
ナチュラルとホワイトのコンビネーションは、お部屋を明るくしてくれます。
春の模様替えに役立ててみてはいかがでしょうか。
1月31日のブログでご紹介させていただいたビビッドなブルーやオレンジのソファと合わせるとお部屋の雰囲気が全く変わりそうです。

MO3ダイニングテーブル
¥29,800(税込)
幅140×奥行70×高さ74㎝
組立式
OCE0ダイニングチェア
¥9,380(税込)
幅45×奥行52×高さ80(46)㎝


先日、表参道に行ってきました。
表参道と言うと何を想像します?
古い順から並べてみると、キディランド、ラフォーレ原宿、竹の子族、ホコテン、カフェバー(キーウエスト)、オープンテラスのあるフランスのようなカフェ、ブランドショップ、キャットストリート(裏原)、セレクトショップ、カリスマ美容師、プチプライス(フォーエバー21、H&M)ヒルズ表参道、パンケーキ、ポップコーン、最近ひと少なくね、でしょうか。
どこまで記憶があるかわかりませんが、実は僕も「最近、人少なくね。」派でした。
ところが、ここで止まっている僕はすでにトレンドからアウトされています。
先日、恥ずかしながらと言うか、今更と言うか、業界にいながらというか、お勉強のため行ってまいりました。
雑貨業界のトレンド2店、激安北欧デザイン雑貨で有名なその名も「THERE」と「飛ぶ虎」。
まず、原宿から表参道の通りに出ると、相変わらず凄い行列のポップコーン店「屋根裏部屋」があります。
食べてみたいと思いますが、何時間待つかわからないのでパス。
表参道なんか人が多くてビックリです。
アディダスを見て明治通りにぶつかり渋谷方向に右へ、その後道なりに進むと又凄い行列。
ここが雑貨屋「THERE」です。
警備の方が「今比較的空いていまーす!並べば40分で入れまーす!整理券は90分後入場でーす!」と叫んでいます。
店内は身動きできない程の人たちであふれ、更にレジに大量にならんでいました。
お勉強とは言えすでにここで心は折れています。
取りあえず入店あきらめました。
明治通りを表参道に引き返すと途中「ワン オーキッド」という下北沢にもあるラーメン店にも30人位の行列ですが、マヒしてすでに多く感じなくなってます。
表参道を今度は青山通りに向かいます。
表参道パンケーキ戦争のパイオニア「卵料理と他」がありましたが、100人程ならんでいて以前より短時間で入れそうです。
少し歩くと、今や表参道パンケーキのトレンド「カフェお食事処」が出てきました。
あこがれのエッグベネディクトです。
「ハワイで一番おいしい朝食」です。
地下1階に店がありますが地上の階段を超えて行列が出来ています。
そこに「このラインで約2時間待ち」というK点がありましたが、あきらかに「K点越え」の大行列。
人数は計測不可能でしたが、200人は楽に超えていると思います。
更に表参道ヒルズの前に行列発見。
ニューヨーク発のチョコレートバー「最大さんとブレナーさん」(「最大」は人名ですがこれしかおもいつかなかったので)
ニューヨークでも2時間待ちだそうです。
多分、それよりは短く入れそうです。
行列人数158人。
そこを過ぎるとすぐに違う行列。
同潤会アパートの切れ端の1階にある、シアトル発「ロシア語でとうもろこし」のポップコーン店です。
人数102人。
そこを過ぎて左に曲がると昔「ロイホ」だった所にコペンハーゲン発の雑貨屋「飛ぶ虎」があります。
行列は重なりあうように出来ていて人数は計測不能ですが推定300人は超えていると思います。
店内は混みあっている上、レジの行列も計測不可能でした。
更に驚く事に行列に参加されている方、かなりの人数で「THERE」の袋、持っています。
という事は、少なくとも表参道に来て「2時間以上は並んでいた」と言う事なのでしょうか。
当然、ここはお勉強しないで帰る事にしました。
これってなんですか?
この時間、歩いている人抜きに並んでいる人だけで表参道界隈だけで推定3000人はいます。
ディズニー慣れした並ぶ事が苦にならない日本人の特性かと思ったら、ニューヨークでは当たり前の光景らしいです。
つまり、行列自体がトレンドなのです。
表参道はその時代をリードしてきた所です。
竹の子族の時代は、「表参道に踊りに行く」カフェの時代は「座りに行く」キャットストリートの時代は、「撮ってもらいに行く」でした。
時代のトレンドは「並びに行く」なのでしょうか。
表参道に人が増えた要因は間違いなく行列参加人数に比例しています。
これにより、キャットストリートや渋谷、青山まで人が増えた気がします。

トレンドに乗り遅れた僕は、「飛ぶ虎」を過ぎて、青山のとんかつと言えば「私のFOUNTAIN」という「カツサンドで有名な店」の本店でヒレカツとキャベツを買って家でイタリアンワイン、バルバレスコをやりながら、「行列かぁ」とつぶやくと、ヒレカツが胸にしみていきました。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 16:47:07|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年2月21日 大雪非常事態

始めに、今回の大雪による商品の遅配に関しましてお客様に多大なご迷惑をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます。
又、今回の大雪により被災された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、今回犠牲になられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。

先週、金曜日に「また雪が降る!」と浮かれていたら大変な事になってしまいました。
会社が終わりビストロで雪を見ながら一杯やっている時、雪はそれ程でもなく天気予報の通り「先週のような大雪にはならない」と余裕でした。
適度に水分の多い雪だったのでパラパラと道に降り積もる雪を見ながら飲む「お酒」は最高でした。
ブログ用の「雪国下北沢で・・・・」のために写真を撮りまくっていました。
「なんかまだ止みそうもないな」という事で更に、先週大雪の時に行ったワインバーに。
すると「雪でお客様いらっしゃらないので閉めるところでした」とオーナーシェフ。
「よかったら一緒に雪、見ながら飲みません?」と誘われ、なんと全部おごりで飲んでしまいました。
他愛のない話と時間の上に雪が積もっていきました。
すっかり出来あがってしまってベッドに潜り込むまで記憶がありません。
翌日起きると辺りは大変な事になっていました。
なんと先週の積雪と変わらないのです。
溶けて行く雪を見ながらこの時、なにも考えていませんでした。
翌日、ラジオの交通情報で中央高速、甲州街道、中央本線全て通行止めと知ってもまだ「山梨は陸の孤島になってしまったのかなぁ」と深刻に考えていませんでした。
NOCEの倉庫は一部山梨にあります。
そこは、営業倉庫ではなくNOCEスタッフで運営されています。
細かい家具のメンテナンスは、普通の営業倉庫では出来ないからです。
突然心配になり、同僚に電話して見ると「道路には車が放置され全く機能していない。除雪も出来ず復旧の目途もたたず。玄関は雪で開かない。」と悲痛の叫びを聞きました。
「暖をとるストーブの灯油がなくなったら買いに行く事も出来ない」と。
食料品や飲料を求め、雪道を徒歩でようやく辿り着いたコンビニはすでに物がなくなっていたそうです。
これは大変な事になってしまったと、アナログテレビにアダプターを繋ぎ(テレビは普段あまり見ないので緊急時のために地デジ対応のアダプターだけはある)見るとニュースはオリンピックばかりで山梨の事は全くわかりません。
ネットも同じでした。
一番、情報をキャッチする事が出来たのはツイッターでした。
開くと「ガレージがつぶれた」「電車に閉じ込められ36時間たっても再開のめどがたたない」「公民館は避難民でいっぱい」「マジ、やばい。この状況拡散希望!」なと悲痛なツイートで一杯でした。
僕も一度真冬のドイツで悪天候により新幹線に14時間閉じ込められた事がありました。
ドイツ人は寒さに慣れているのか車内の温度は15度位です。
しかも外はマイナス10度。
ストレッチをしても体が温まらず結局「一睡も出来ず」でした。
その後、体調を崩し回復に1週間もかかってしまいました。
それを考えると今回の「36時間閉じ込め」はあり得ません。

そして同僚の家に灯油を届けなければと策を講じても、全ての道路と鉄道がストップしてしまえば何も思いつきません。
古い友人に連絡して飛行機から灯油のポリタンクを投下するとか・・・・でも調布の飛行場閉鎖中だし。
結局個人では何も出来ません。
無力です。
ただ祈るのみです。
翌日、自衛隊による手作業の除雪作業で道路の真ん中に小型乗用車1台分の道ができました。
すれ違いは出来ませんがなんとかガソリンスタンドまで車で行き灯油を手に入れたそうです。
NOCEの倉庫も出荷できませんでした。
倉庫が雪で覆われるだけではなく、まずスタッフが来る事が出来ません。
そのうちの一人は水曜まで孤立状態でした。
そして集荷のトラックが来たのは木曜日です。
それもなんとか都合をつけた1台のみ。
もっと悲惨なケースは、金曜日に出荷したまま中央高速を走っている時、雪に捕まってしまったトラックです。
運送会社でも「どこにいるのか」把握できない状態でした。
正常に戻るにはまだ時間がかかりそうです。

NOCEの倉庫は「そんな僻地にあるの?」と言いたくなりますが、山梨とは言え東京に近い山梨で東京に通勤している人も少なくありません。
そんな所で起こった事です。
そして今回の雪で山梨県だけでもまだ取り残されている方がいらっしゃいます。
その中には安否の確認が取れない方も含まれているのです。
火曜日の段階で今回の大雪により亡くなられた方は23人だそうですが、それ以降発表がありません。
詳細が分かればもっと増えるかもしれません。
報道されなくなった今、今回の大雪は世の中的に過去のものになったような気がします。
数年前なら2ケタの死者数と言えば大災害でした。
思い出すと去年、大島を襲った台風による土石流で犠牲になられた方は35人、未だ行方不明の方が4人もいらっしゃいます。
大島は6年前、イタリアンのオーベルジュがあると聞いて行った事があります。
大島は東京都です。
ナンバーは「品川」です。
東京から船で1時間45分で行けます。
東京からもっとも近いリゾートアイランドです
そこで起こった大災害です。
不思議でした。
数年前ならもっと大きなニュースになっていたと思います。
それどころか、「逃げなかった人の責任」とか犠牲者を批判する意見までありました。
今回の大雪でも、「そんな大雪の日に出掛けた人の責任」から「限界集落に住む人の当然なリスク」など耳を疑う意見がありました。
これって一体どんな流れなんですか。
ヒートアップしてきたので締めくくります。

そしてNOCEのスタッフから送られてきた画像で今回、東京の近郊で起こった大雪の凄さをアップして終わりたいと思います。

これは、スコップで雪を掘りながら駐車場に向かうところです。
0221-1.jpg
後ろに2台の車が埋もれています。

雪を払い車を発掘した所です。
0221-2.jpg

くれぐれもここは豪雪地帯ではありません。
中央線の赤い電車の走る所です。
こんな雪、降った事ありません。
  1. 2014/02/20(木) 16:44:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年2月14日 雪のバレンタインズデイ

先週末、東京は記録的な大雪になりました。
土曜日未明から降り始めた雪は瞬く間に積り始め、辺りを白い世界に変えていきました。
昼ごろプールに泳ぎに出かけましたが、「ここはどこ?」と言うほど下北沢の街が雪国になっていました。
しかも、東京では滅多に見られないパウダースノーです。
夜になると風も強まり吹雪のようでした。
あまりにも感激して外が見られるレストランに出掛けワインで「雪見酒」やってしまいました。
風にあおられて舞い上がる雪煙の中を車のヘッドライトが過ぎて行く・・・・。
土曜日ということもあって少し飲み過ぎてしまいました。
「これで東京の雪は最後」と思ったら、また今朝から雪が降り始めしかも積っています。
雪質は先週より湿った感じですが、今窓の外を見ると白銀の世界です。
そして今日は、なんとバレンタインズデイです。
年々「バレンタインの日」の印象が薄くなってきたような気がします。
もともと宗教色が濃く、恋人達の日と言ってもチョコレートのプレゼントは日本独特なものです。
菓子メーカーの策略と言う話もありますが、2月14日に東京で雪が降った記憶はありません。
そして、週末金曜日。
このまま雪が降り続けばまた今晩も「ホワイト、ハッピーバレンタインズデイ」と言ってシャンパンで乾杯になりそうです。

週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌、広島を除いて雨や雪、日曜日は札幌、仙台、新潟が雪でその他の地域はまずまずの好天に恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、先日入荷した北欧デザイナーズ系ソファを御紹介します。
0214-2.jpg

何故、「北欧デザイナーズ系」なのかと言うとデザインが完全なリプロダクトではないからです。
ある北欧の巨匠によるデザインに基づいていますが、このソファにはその部分を複合して使っています。
この手法は時々見かけるものですが、バイイングの決め手となったのはフレームにあります。
オリジナルは、ウォルナット天然木でよくあるスタイルでした
これを、オークのオイル仕様に変える事で印象がかなりやわららかいものになりました。
よく見るアームの形状も
0214-4.jpg

正面
0214-1.jpg

バック
0214-3.jpg

そしてバックエンドのカーブもオークを使用することにより従来のデザイナーズ系の硬さが無くなりました。
0214-5.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですが雰囲気がやわらかいのでシンプル系でもいけそうです。
フレームの素材は、オーク天然木にオイルフィニッシュで、ファブリックの色はメーカーにこの仕様に似合う色がこのグリーンしか無かったため一色のみの展開です。
さて価格ですが、このパフォーマンスでなんと45,800円(税込)と格安です。
オークを使用し、このフレームの形状を作るだけでもこの値段以上になってしまうので破格としかいいようがありません。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければ思います。

MKDSソファ 2人掛け
¥45,800
幅128×奥行74×高さ87(44)㎝



外は雪なのでランチにカフェノルマーレに行くことにしました。
雪の中、がんばっている人がいました。
「雪が降ってきましたけどお仕事大変ですね。寒くないですか?」
140214-1.jpg

「・・・・・・・・・・・・」
「この先のノルマーレでは、パニーニの他にシチューも始めたみたいですよ。よかったら一緒に行きませんか?温まりますよ。」(微妙にステマ)
「・・・・・・・・・・・・」
「ところで、今日バレンタインズデイって知ってました?僕にチョコレートのプレゼントって選択肢なしですか?やっぱり本命は服屋さんのタイガーですか?」
「・・・・・・・・・・・・」
タイガーには勝てないので、諦めてノルマーレに向かいました。
先週降った雪の上に更に新しい雪が積もっています。
140214-2.jpg

席について
140214-3.jpg

パルマハムとモッツァレラチーズのパニーニとバレンタインメニューのチョコレートパニーニを。
140214-4.jpg

このチョコレートのパニーニですが、リンツの板チョコをパンにはさんでプレスをかけただけのシンプルなものです。
リンツのミルクチョコが溶けてパンに浸みこみ、オリーブの焦げた香りのサクサクのパンの外側と絡みなんともクリーミーな味わいです。
窓の外は雪が降り続いています。
140214-5.jpg

下北沢もそろそろ夜です。
140214-6.jpg

今夜は、街の灯りが雪に反射して少し明るい夜になりそうです。

Have a nice white valentine’s day night !
  1. 2014/02/14(金) 15:09:27|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年2月7日 雪国東京

今週初めは、春のように暖かな日になりましたが、水曜日から強力な寒気が上空に入り、寒い日が続いています。
そしてなんと、「明日は大雪になる」との予報が出ています。
去年の大雪の時、僕はプールで泳いでいました。
インサイドプールと外の雪とのコントラストが微妙でした。
雪の中で泳ぐのもなかなか楽しいものです。
そして夜。
勿論、外の見えるワインバーで雪に乾杯しました。
普段、見なれた下北沢の風景も全く別なものに見えます。
少し想像力を働かせて「ここはパリだ、札幌だ」とか思うと本当にトリップした気持ちになれます。
そして道路に積った新雪をサクサクと踏んで、ワインで火照った体を少しずつ冷ましながら帰りました。
その前の大雪の時は、わざわざ下北沢でレンタカーを借りてチェーンを巻いてもらい、車も人もいない表参道を「新雪を踏みながら」車を走らせました。
調子にのって、表参道に車を泊めて人気のレストランに行きました。
当然ゲストはいません。
レストランウエディングも出来る店で大きな部屋の特等席に座らせていただきました。
僕が雪に感動しているとソムリエがそれならと中庭の電動カーテンを全部開けてくれました。
中庭にしんしんと静かに積る雪を見ながらディナーでした。
東京とは思えない程、静かな夜でした。

話変わって下北沢のカフェノルマーレの前の大きな窓の前にも明日はきっと雪の世界が広がる事だと思います。
店内の音楽はミラノ系と北欧系が中心なので、「ここはミラノとかストックホルムだ」とか想像して、外に降る雪を見ながらミートボール入りのクリームシチューやパニーニでワインなどいかがでしょうか。
因みにその際、中庭にある大きな思いっきりジャパニーズの灯篭は無視してください。
いきなり、現実に戻されてしまいます。
NOCEのある地域の週末のお天気ですが、土曜日は福岡の雨を除いて雪、大阪や名古屋でも大雪になるそうです。
日曜日は関東以西では、雪や雨も上がり晴れや曇り、新潟、仙台、札幌は雪が降り続くそうです。
全国的に雪国になりそうです。
お出掛けの際には慣れない雪に充分お気づかいいただければと思います。
NOCEでは通常営業を予定しておりますが、場合によっては休業する事もございますので、お越しの際には各店舗に問い合わせいただけれればと思います。
  1. 2014/02/07(金) 11:44:13|
  2. バイヤー&スタッフのブログ