NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年05月

NOCEのバイヤーズブログ

2014年5月30日 マルゲリータ、ジェノベーゼ、ボロネーゼ

今週、気温は高めでしたがそれ程暑く感じず、心地よい気温でした。
しかも夕方近くになると涼しく感じられる日もありました。
一方、昨日札幌では30度。
なんと北京では41度になったそうです。
北京は寒いイメージがあるのでビックリです。
世界中で異常気象が起こっていますが、人類が排出する2酸化炭素ではないと思っています。
多分、「地球が2酸化炭素の多い時期に突入したか、地軸がずれ始めている」と思っています。
地球の70%は海です。
30%の陸地に住んでいる人間の地域も砂漠や山があり僅かです。
ヨーロッパに飛行機で行くとシベリア大陸のツンドラ地帯を時速800キロで6時間以上飛び続けてもモスクワに到達しません。
どんなに頑張っても人間の力で地球全体の気温を上げる事等不可能です。
地軸がずれている仮定すると、日本海側が熱くなり太平洋側が涼しくなります。
今年の夏はどうなるのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれ絶好のお出掛け日和になるそうです。
特に日曜日は暑く、関東以西では30度を超えるそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

カフェノルマーレでは、メインフーズがパニーニなのでイタリアンをフィーチャリングしたメニューを増やす事にしました。
まず、シンプルにマルゲリータ。
ピザでおなじみのメニューで、トマトソース、モッツァレラチーズ、バジルの葉で作ります。
プレスを加えるとチーズがとろけてトマトソースとからみ、モッツァレラのクリ―ミーな味わいが強調されます。
ピザで食べるとピザ生地が適度に焦げてモチモチの耳ととけたチーズバランスよく味わえます。
所謂、ナポリピザの王道ですがこれが食べられるピッツェリアはかなりレベルの高い店で行列必至の覚悟でいかなければ食べられません。
パニーニで食べると、プレスをかけるのでパンの回りが適度に焦げ中はモチモチでトマトソースととろけたチーズでピザマルゲリータのような味わいです。
ピザとパニーニの「いいとこどり」と言った感じでしょうか。
ピザの窯の焦げや香ばしさはムリですが、ピザより劣化のスピードが遅いため食べるスピードも遅くてOKです。
次はジェノベーゼソースです。
文字通りイタリアの北側フランス国境近くの港町「ジェノバ」に因んでつけられた名前です。
バジルの葉、松の実、ガーリック、パルミジャーノ、オリーブオイルを「フードプロセッサーに入れて終わり」という至ってシンプルなソースですがなかなか味わい深くイタリアンでは極当たり前のソースです。
パスタなどに絡めても、グリルした魚などのソースとしても相性は抜群です。
今回は、スモークチキンと合わせたもの、ジェノベーゼとモッツァレラチーズをプレスしたものをご用意させていただきました。
最後は、ボロネーゼです。
ボロネーズとも言いますが、語源はイタリア北部にある都市「ボローニャ」です。
西欧最古の大学「ボローニャ大学」がある事で学術都市として有名です。
僕は、過去4回デザインの見本市で行った事があります。
建物の屋根の色が赤い瓦でまた、壁にも赤系統の色が使われていることから「赤いボローニャ」とも言われています。
ノルマーレでおなじみのモルタデッラは、別名「ボローニャソーセージ」とも言われこれもここの名物です。
ボローニャは「食べるボローニャ」と言われるだけあって「イタリアの食」が凝縮された街で「食べ飲み」好きにはたまりません。
どこのトラットリア、リストランテ、ピッツェリアで食べても「ハズレ」がありませんでした。
ボロネーズソースとは、日本で言う「ミートソース」のようなものですが別物です。
ボロネーズソースは牛肉のラグーソースとも呼ばれ、牛ひき肉をたまねぎ、ニンジン、セロリ、ガーリックを赤ワインとトマトで煮込んだものです。
基本的に塩以外、調味料は使いません。
じっくり煮込んだ「日本のミートソース」より浅く肉の形が残っています。
イタリアではタリアテッレやパッパルデレなど、手打ちの平打ち麺に絡めるのが一般的です。
さて、先週「白子のたまねぎ」を使用して試作してみたところ上手く出来たので、今週ノルマーレで作りました。
通常のパスタソースより水分を抜いて作ったのですが、実際パニーニにするとまだプレスした時にソースの水分が蒸発してしまいパンのサクサク感が無くなってしまいました。
そこでさらに煮込んで水分を飛ばし完成させました。
ミートソースではありません。
ボロネーズです。
プレス前にパルミジャーノレジャーノチーズを振りかけてあります。
これもプレス中にとろけます。
今週からオンメニューになっています。
白子のたまねぎとオージービーフのボロネーゼ、是非おためしいただければと思います。

残念ながら、ボロネーゼのリリースにより「ジャパニーズボロネーゼ」の「そぼろ」が消えてしまいました。
牛ひき肉を」赤ワインとしょうゆと砂糖だけで軽く煮込む僕のオリジナルでしたが・・・・・・・残念。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/30(金) 15:40:05|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年5月23日 白子(九十九里)のたまねぎ

今週は、変わり易い天気の日が続きました。
朝、晴れていると思うと突然空が黒くなり強風と雷です。
しかも一日の寒暖の差が激しく、朝半袖で出掛けると昼の雨ですっかり涼しくなってしまい、帰るころ半袖だと少し「きつい」感じでした。
それでも梅雨前の「気持ちいい日」が続いています。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれ特に日曜は夏を感じさせるような暑さになるそうです。
絶好のお出掛け日和です。
その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

先々週、白子のたまねぎをノルマーレに持っていった事を書きました。
その後そのたまねぎは、すぐに無くなってしまったので今週また買いに行く事にしました。
その日、下北沢から自動車で出掛けました。
通常首都高速を渋谷ランプで乗りますが、混んでいるため天現寺から乗ってレインボーブリッジを渡り、東関東自動車道を通り、右にディズニーランドを見て幕張の最近出来たイオンモールを見て宮野木ジャンクションで京葉道路に入り木更津方面に進みます。
東金有料道路の分岐を東金方面に進みそのまま終点の東金で降ります。
ここまで所要45分位です。(順法速度)
ここからそのまま一般道を直進して台方交差点を右折し県道31号を白子町方面に左折すると
青空の広がる田園風景に出会います。
0523-1.jpg

下北沢から道が空いていれば70分位で到着します。
なにか
0523-2.jpg

とても遠い所に来た気がします。
0523-3.jpg

信号で待つ空さえ目に染みてきそうです。
0523-4.jpg

木立を抜けると
0523-5.jpg

たまねぎ畑で
0523-6.jpg

たまねぎを
0523-7.jpg

収穫していました。
0523-8.jpg

ここは白子町の農産物集荷、出荷場です。
0523-9.jpg

今の時期は集荷された「たまねぎ」を箱に詰め
0523-10.jpg

全国に出荷しています。
0523-11-1.jpg

「白子のたまねぎ」って実はブランドです。
コンビニでも「白子のたまねぎ」で売っています。
この集荷場でたまねぎを売っています。
この時期「掘りたて」を畑でも売っていますが、「掘りたて」は水分が多く傷み易いため乾燥させてここの方が扱い易いというわけです。
相場は、ワンネット10キロ「畑で1000円」、こちらでは1100円です。
これはここのローカルルールなのです。
どこもディスカウントなしの協定価格ですが、誰も公正取引法違反で訴えたり、独占禁止法違反で提訴したりする人などいません。
車をおいた駐車場には白子の空がありました。
0523-11-2.jpg

たまねぎは10キロワンネットで
0523-12.jpg

生産者別に置いてあります。
0523-13.jpg

品種はソニックというもので大型のものから比較的小さいものまでいろいろあります。
白子のたまねぎは甘さが売りのようです。
0523-14.jpg

新たまねぎの保存方法のインストラクションが掲示してありました。
0523-15.jpg

湿気がダメらしく、冷蔵庫もダメみたいです。
リンゴと置くのもダメなんですって。
粒が中位の残り2ネットの「中村さんち」のものを
0523-16.jpg

2ネット、ゲットしました。
0523-17.jpg

1つは自宅アンドおみやげ用とあとひとつはカフェノルマーレ用です。
車にたまねぎを積んで走ると様々な畑で
0523-18.jpg

ネットのたまねぎを路上売っています。
0523-19.jpg

掘ったばかりのたまねぎ。
0523-20.jpg

ここでも販売中。
0523-21.jpg

たまねぎをネットに詰めています。
0523-22.jpg

たまねぎの旗が九十九里の風に靡いていました。
0523-23.jpg

たまねぎ畑の中を
0523-24.jpg

走る道が青い空に続いています。
0523-25.jpg

最後のたまねぎ畑では「たまねぎ掘り」をやっていました。
0523-26.jpg

詳細は解りませんが有料で出来るそうです。
たまねぎ畑を抜け九十九里有料道路を走ると空で雲がダンスをしていました。
0523-27.jpg

空が時空を超えていきます。
0523-28.jpg

一面に広がった雲がクライマックスを演じるころ
0523-29.jpg

横に水平線が見えはじめました。
0523-30.jpg

海と出会う瞬間のなんとも言えない気持ちはいつになっても変わりません。
0523-31.jpg

車を止めて
0523-32.jpg

海です!
0523-33.jpg

砂浜と海と空。
0523-34.jpg

そして海を背にして帰る事になりました。
0523-35.jpg

海を去る時の切なさはいつになっても変わりません。
ただ今日は少し違います。
後部座席にたまねぎが幸せそうに乗っているからです。

追記
このたまねぎワンネットをこのままカフェノルマーレに置いてきました。
現在、ビーフシチューやフリッタータ、ハンバーグ、パニーニ等に使用しているたまねぎは全てこのたまねぎです。
僕もカレーを作ってみましたが「とにかくおいしい」のひとことでした。
今週、ノルマーレのメニュー開発でボロネーズラグーソース(ボローニャのミートソース)をこのたまねぎを使って試作してみました。
試作段階ではOKだったので、後はレシピを完成させノルマーレスタッフが量産できれば来週後半にメニューオンできそうです。
実はノルマーレでは結構たまねぎ消費します。
1週間でネットの3分の2くらい無くなっていました。
うれしい限りです。
なぜならば、たまねぎをいっぱい消費してくれれば、また「たまねぎを買いに行く」事ができるからです。
  1. 2014/05/23(金) 15:32:17|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年5月16日 仲春

今週は、初夏のように暑い日があったり、突然雨が降って涼しくなったりと変わり易い天候で服のチョイスに悩みました。
最近、日の出が早く日没が遅くなりました。
基本的に日の出とともに目覚めてしまうので5時に目覚めて5時半には起きてしまいます。
何をするかというと6時から趣味と実益を兼ねた英語のお勉強です。
この自習ももうどのくらい続けているかわかりませんが、全く納得できていません。
そこで先月から新しい学習方法を取り入れてみました。
ズバリ、ディクテーションです。
これは、昔楽器を使ってやった「コピーして譜面に落とす」のと同じ作業です。
今は、いい時代です。
その頃は、カセットウォークマン、CDウォークマンの時代でした。
カセットは、伸びて音程が変わるまで聞きました。
CDウォークマンは、5台以上つぶしました。
今は、iPadです。
いくらリバースしても壊れません。
ただ生のニュースのVOAやCNNは、「今まで理解していた」と思っていても文字であらわすと全くダメです。
細かい所が聞きとれていません。
それ以上にスペルがダメです。
聞いて意味も理解しているはずなのに微妙に外してしまいます。
これってメールの弊害なのでしょうか。
仕事上、1日に何回も海外と英語でメールをやりとりするのですが、なんとパソコンにはスペルチェック機能があって勝手に直してくれます。
忙しい時や即行メールには便利ですが、慣れてしまうと通常でもこれに頼ってしまうのです。
VOAニュースは音声の他に英語表記があるものもあるので答え合わせができます。
まず、これ見てビックリです。
冠詞、前置詞が落ちているケースがかなりありました。
次にリエゾンです。
ニュースなので容赦なしです。
わかり易いように話してくれません。
当然ですが、現場で必死に話している人を学習の対象にしているわけなので当たり前です。
特に、試合終了後の興奮しているスポーツ選手のインタビュー、全滅です。
勿論、ゴナ、ワナ、スカイナ(kind of)ウッブ(would have)は解りますか、total amount of 12,000を「トッタアマノブトゥエザン」と早口でやられると流石にイラっとしてしまい30分同じフレーズを聞き返してしまう事もあります。
昔、ベースの音が聞き取れなくて何度も聞き返した事を思いだしてしまいました。
先月から始めたディクテーションノート、明日でビッチリ書いて終わります。
取りあえずまた新しいノート買って続けてみます。
因みに、解らない所について最初は無理せずカタカナで書く事をお勧めします。
それこそ全文カタカナでもOKです。
「ヘー」って思う事、沢山あります。
そして書いた文章を理解した上でニュースと同じ速度で読みます。
これに、メトロノームを使います。
メトロノームはミュージシャンの必需品で、僕もとりあえず毎日楽器に触れているので使っています。
後は楽器と同じで、最初はローテンポでだんだんスピードアップして限界まで早くするわけです。
慣れてくるとネットのCNNの記事、初見でも楽に音読出来るようになります。
慣れる時間は、短くありませんが努力しかありません。

話が冒頭で大幅にずれてしまいました。
日の長くなった最近、休日は午後5時くらいから食事(アルコール付き)始めるのが最高です。
今は7時半位まで空が明るくなっているので、暮れる頃にはすっかり出来あがっているわけです。
テラスのあるレストランやカフェでワインとともにやると、少し気分が良くなった頃「ここはヨーロッパ?」と錯覚してしまいます。
もっともパリやミラノあたりだと夜10時頃までぼんやりと明るく、午後8時だと東京の5時くらいのイメージです。
今週末、NOCEのある地域の天候ですが、土曜日の新潟を除いて曇るところもありますが概ね全地域で恵まれそうです。
日没の長くなった夕方、街に出て少し早いディナーは如何でしょうか。
明るい太陽にシャンパンを捧げ、暮れていく街並みを見ながらの食事は最高です。
その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店、心よりお待ち申し上げております。

今週は、新商品のダイニングテーブルを御紹介させていただきます。
0516-1.jpg

去年の9月のバイイングで、夏に向けに涼しさと清潔感のある「白系」ダイニングテーブルを探している時でした。
特徴は、オークのオイルで仕上げた脚とホワイト天板のハイブリッドです。
少し冷たい印象のホワイトの天板を暖かみのあるオークナチュラルの脚が中和し、冷と暖という絶妙なコントラストを形成しています。
「天板がホワイト」で脚が木製という組み合わせはZENスタイル全盛時代によくヨーロッパで見かけられましたが、脚の色は当時ヴェンゲ色と呼ばれる濃いダークブラウンでした。
ただ、ダークブラウンとのコントラストが強すぎて置く場所を選んでしまいました。
デザインはシンプルですが、テーパードの脚を「ハの字」に外側に向けてあるため北欧色やカフェ色が濃く表現されています。
「ハの字」のナチュラル脚とホワイトの天板により「北欧カフェ」のイメージが強くなっています。
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプルが合いそうです。
明るく、清潔なイメージがあるのでお部屋のイメチェンにはピッタリです。
天板の素材は、MDFで表面は若干光沢のある仕上げになっています。
脚はオーク天然木無垢でオイルで仕上げてあります。

ホワイトのチェア(曲木チェア035ホワイト)を置いても
0516-2.jpg

ホワイトとオークのコンビネーションのチェア(BHダイニングチェア)を置いても
0516-3.jpg

オールオークのチェア(OCE0ダイニングチェア)を置いてもOKです。
0516-4.jpg

脚と天板の角度もいいバランスで配置されています。
0516-5.jpg

サイズは80×80
0516-6.jpg

120×80
0516-7.jpg

160×80の3タイプご用意してあります。
0516-8.jpg

さて価格ですが、80×80が17,800円、120×80が23,800円、160×80が29,800円(全て税込)とかなりリーズナブルな設定です。
天板の光沢とツヤを落とした天然木のオイル仕上げの脚がテーブル全体を上質なものにしています。
実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

BHダイニングテーブル80
¥17,800
幅80×奥行80×高さ76㎝
※組立式
BHダイニングテーブル80
¥23,800
幅120×奥行80×高さ76㎝
※組立式
BHダイニングテーブル160
¥29,800
幅160×奥行90×高さ76cm
※組立式

いつもより少し早く目覚めた朝、淡い陽がコーヒーの香りを包むと、白いテーブルはキャンバスに、並んだパンケーキは黄金色に、目玉焼きは黄色に、サラダは緑色にジュースは橙色に描かれていきました。
  1. 2014/05/16(金) 14:18:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年5月9日 連休の狭間

ゴールデンウィーク明けの今週、稼働日が3日なので仕事が圧縮され、すぐに金曜日になってしまったような気がします。
ゴールデンウィーク明け、「少し気の抜けた感」のある週末のNOCEのある地域の天候ですが、ほぼ全地域で恵まれるそうです。
絶好の行楽日和になりそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

下北沢の空に大きな入道雲がありました。
0509-1.jpg

これから夕立でも来るのでしょうか。
今日は、金曜日。
明日からまた休みです。
連休、久しぶりにテレビを見ました。
朝、テレビをつけると沈没する船の映像が当たり前のように流れています。
僕は、未だにこの映像を繰り返し流している事にショックでした。
なぜならばあの沈んでいく船に300人近くの人が生きたままのってるんですよね。
高校生を含む、300人の人たちが生きたまま水責めに合う瞬間です。
思わずチャンネルをチェンジすると他のチャンネルでもやっています。
しかも、沈んでいく船の窓を船室から叩く人を赤マルで囲んで放送していました。
これって普段、当たり前のように放送されているんですか。
これ見てなんか得するんですか。
もし自分だったらとか、家族や知り合いだったらって思わないんでしょうか。
人の不幸楽しいですか。

テレビ消してプールで泳ぐ事にしました。
その晩は、近所の焼きとり屋でワインとともに過ごしました。
翌朝、気持ちが良さそうなので海に向かいましたが、大渋滞で断念。
引き返し家でベース弾いてました。
その晩、近所のワインバー(イタリアンバージョン)でやっていると知り合いと合い、記憶がなくなるまで飲んでしまいました。(推定ワイン3本)
翌日、またプールに行ってノンストップ1時間クロールをしたらアルコールがすっかり抜けその晩、近所のワインバー(ジャパニーズバージョン)で。
翌朝、連休最終日天気はくもり。
今日は「空いているだろう」と海に再チャレンジ。
道路は驚くほど空いていました。
目指すは九十九里です。
実は海以外にも目的がありました。
九十九里の白子はタマネギの有名な産地で今が旬なのです。
白子の道路を走るといたるところで「タマネギ掘り」をやっていて、赤い大きなネットに入ったタマネギが路上で売られています。(相場は10キロ当たり1,000円です)
海を見た後、早速ワンネット「ゲット」しカフェノルマーレに持って行きました。
それがこれ。
0509-2.jpg

すでにシチューに使われているので減っていますが、かなりの量がありました。
ノルマーレの今のシチューにはこの取れたてのタマネギが使われています。
何かタマネギたちを見ているとハッピーな気分になってきます。
0509-3.jpg

それはタマネギが丸いからでしょうか。
0509-4-2.jpg


ところで最近はやっているファレル・ウィリアムスの「ハッピー」っていう曲、なんか物悲しくないですか。
「幸せと不幸は表裏一体」とか「幸せの影」といったシュールな曲かと思って詩を見ると「本当にただただ幸せ」といった詩です。
最後に女性コーラスが「ハピー、ハピー・・・」と連呼してハモるんですが、なんか違和感があります。
その物悲しいのは短調(マイナーコード)だからです。
前にメジャー(長調)とマイナー(短調)について書かせていただきました。
昔、ロマ族(ジプシー)の曲は短調が多く讃美歌の多くは長調でした。
マジョリティの教会音楽とマイノリティのジプシー音楽と結論しました。
なぜ、「ひなまつりの歌が悲しいのか」と同じです。
連休最後の夜は、家でハンバーグ焼いておとなしく飲んで寝てしまいました。

入道雲の下、街の人に「幸せ」について聞いてみました。
0509-4.jpg

「私、あんまり考えた事ない。」
0509-5.jpg

この人は興奮してしまいました。
0509-6.jpg

「幸せってなに! なんなの!」
「私、感じた事一回もないの!」
「ねぇ!そこの人待ってよ!」
「教えてよ!」
「幸せってなんなの!」
  1. 2014/05/09(金) 15:58:23|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年5月2日 春うらら

今週は、雨の日もありましたが昨日から初夏を感じさせるような暖かな日になっています。
それでも空を見上げると淡い青空と薄い雲が広がり、うららかな春の日差しがあります。
ゴールデンウィークですが、僕はカレンダー通りなのであまりゴールデンでもウィークな感じもしません。
もっとも11連休でもしたら仕事に復帰するのが大変なので「これでいい」と負け惜しみを言っておきます。
この連休は、天気に恵まれそうなので一日は海にでも行って、日も長くなったので5時くらいからテラスのあるレストランでシャンパンでもやって少しいつもより上質なワインでも開けましょうか。
後はプール行ったり、ベース弾いたりといつもの休日と変わらなくなりそうです。
連休、NOCEのある地域の天気は、多少曇るところもありますがほぼ全地域で恵まれるそうです。
最近、日が長くなってきました。
外にいるだけで気持ちよい季節です。
緑の街路樹の葉が薄い青空に透けながら、風に揺られています。
陽気に誘われて街に出てみてはいかがでしょうか。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新入荷のサイドボードを御紹介させていただきたいと思います。
デザインのコンセプトは、完全に北欧ビンテージです。
0502-1.jpg

内側に付いたテーパードの長い脚とボトムの幕板、大きなスライドドアとその横にある引き出し等どれをとっても「そのもの」です。
バイイングは去年の9月で、決め手はなんといっても「アッシュ材のオイルフィニッシュに一目ぼれ」でした。
ビンテージはチークのラッカー塗装が多く、経年劣化でいい具合になりますが新しく作るとあまりそのいい雰囲気がでません。
そこでこのオイルフィニッシュですが、アッシュ材とのマッチングが絶妙でビンテージの重厚感が程良く落とされ、ナチュラル感と微妙なバランスを作っています。
アッシュ材のオイルフィニッシュは、オーク程重くなくパイン程軽くないといった感じでしょうか。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系、北欧テイストなどが合いそうですがシンプルでもまたハード系のアクセントとしても使えそうです。
左側はスライドドアで中の棚板は3段階で調整できます。
0502-2.jpg

右側の引き出しは1段目と2,3段目と4段目でそれぞれ深さが違い目的によって使い分ける事が出来ます。
0502-3.jpg

またスライディングレールが木製でノスタルジックな雰囲気を演出しています。
少し凝った引き出しのノブも木製で全体のナチュラル感を引き締めています。
0502-4.jpg

素材はアッシュ天然木、オイルステインで仕上げてあります。
価格は98,000円(税込)で脚のみの取り付けでお届けさせていただいています。
横幅が175cmの大きさとデザイン、素材から考えればコストパフォーマンスは充分あります。
部屋に置くとその部屋のイメージを変えてしまうほどのインパクトがあります。

うららかな春の日、部屋のサイドボードの上に置いてある小さなスピーカーから聞こえるアコースティックギターの音色。
窓に差し込んだ陽の中に溶けると、カーテンを揺らす風は草の匂いがしました。

是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

NPサイドボード
¥98,000
幅160×奥行90×高さ73㎝
※部分組立
  1. 2014/05/02(金) 11:54:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ