NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年07月

NOCEのバイヤーズブログ

2014年7月25日 雷

今週、火曜日に梅雨が明け激しい暑さが続いています。
それより、先日「海の日の雷雨」凄まじいものがありました。
僕は、「かみなり」大好きです。
黒い雲が遠くの方からやってきて「ごろごろ」と彼方から雷鳴が轟いて、辺りが暗くなって、稲妻が走って、大粒の雨が降り出して・・・・・と夏です。
その日も窓の外を「ずーっと」眺めていました。
稲妻を見るためです。
空が光っていても稲妻を見る事は出来ません。
しかも一瞬なのである程度予想して空を見ていないと見る事は出来ません。
流れ星のようなものです。
ただ、本当は不謹慎です。
流れ星に害はありませんが(かなり低い確率で無いとは言えませんが)雷は電車を止めたり、人の命を奪ったりします。
ただ、夜空に縦横に走る稲妻と轟音・・・自然のすごさを感じられる時です。
こう言っても、実際山の中で雷に遭った事があります。
土砂降りの中、ジッパーとボタンが金属なのでGパンを脱いで地面に伏せました。
山の雷です。
近くの木に落ちました。
近くに落ちると音は「どーーん」だけです。
「ごろごろ」はこの「どーーん」が空に響いて発生するので近くに落ちると「ごろ」とも聞こえません。
そして「どーーん」と同時に髪の毛、眉毛まで逆立ちました。
本当に死ぬかと思いました。
それから、もっと怖いのは海です。
海で黒い雲を見たら絶対、海から出なければダメです。
直接、雷にやられなくても近くに落ちただけで感電するからです。
場合によっては死亡するケースもあります。
雷は金属に落ちるわけではありません。
高い所に落ちます。
そのため、木に落ちたり人の頭に落ちたりするわけです。
雷って綺麗なだけでは決してありません。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の土日と新潟の日曜日を除いて晴れるそうです。
暑い週末になりそうですが、やはり夏は暑くないと。
そして、夕暮れ時のシャンパンです。
ボサノバなんか流れてたり。
街ではセミが鳴き始めています。
夕暮れの街はいかがでしょうか。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、丸いデザインにビビッドな配色を施したスツール付きのソファです。
0725-1.jpg

この商品は春のバイイングでした。
オリジナルは大柄なパッチワーク模様で様々な色で構成されていましたが、個性的過ぎるので単色にしました。
先週ご紹介させていただいた、ユーロインテリアのカラーを採用するにはピッタリのデザインだと思いバイイングしました。
特徴は丸いデザインとカラーリングですが、コンパクトである事とスツールをセットした点もあります。
0725-2.jpg

よくシステムソファのコンパクトバージョンを考案してみますが、どうしてもデザイン面と機能面でバランスが取れません。
機能面を優先させると、シートの幅にゆとりを持たせるため四角くアームも細い「角ばった小さなソファ」になってしまい、ソファの安心感が無くなってしまいます。
そこでボリュームもある小型のシステムソファと言うとスツールを独立させるしかないわけです。
0725-3.jpg

丸みのあるデザインですがアームの外側をカットすることにより、スペースを無駄にしません。
0725-4.jpg

脚は、長めのテーパードレッグを使用しているため全体の雰囲気をより柔らかくしています。
0725-5.jpg

コンパクトですが、奥行きが充分に確保されているのでゆったりと座れます。
0725-6.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですが、使い方によってはシンプルでもいけそうです。
カラーは、ブルー
0725-7.jpg

オレンジ
0725-8.jpg

レッド
0725-9.jpg

グリーンの4色です。
0725-10.jpg

さて価格ですが、オットマンとセットで49,800円(税込)とかなりお求めやすい価格設定となっています。
セットのオットマンも丸くなっていて、独立しても使えますので来客時には役立ちそうです。
ビビッドな色とのマッチング、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

YU9112ソファ(オットマン付き)
¥49,800
ソファ:幅130×奥行81×高さ79(42)cm
オットマン:幅50×奥行50×高さ42㎝
※部分組立
スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 15:07:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年7月18日 The Hope

今週は、梅雨明けを連想させるような暑い日が続きましたが、梅雨はまだ明けていません。
今日は、昨日と違ってどんよりとした曇り空です。
今週末は、海の日がからんだ3連休です。
毎年、海の日と言うと「晴れて暑い」という印象があるので今年の梅雨明けは例年より遅いようです。
3連休を含む今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌を除いて土日とも全地域で変わり易い梅雨末期の荒れたお天気になるそうですが、月曜の海の日は全地域で恵まれるそうです。
ただ、梅雨明けは微妙です。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております

今週の新商品のご紹介は、曲木で有名なチェコのTON社のチェアに鮮やかなビタミンカラーを張り地に使用したものです。
0718-1-1.jpg
0718-1-3.jpg
0718-1-2.jpg

このチェアは、現行モデル189でフレームカラーはウォルナット色です。
今回、そのフレームカラーをホワイトに変更し又、シートの生地に鮮やかな色を採用した事により印象が随分変わりました。
ビビッドなカラーですが、もともとファッションのトレンドからインテリアに来たものです。
ヨーロッパでは去年あたりから目立つようになり、今年初めに開催されたケルンや4月のミラノなどの展示会でも顕著だったそうです。
ただ、ヨーロッパの流行が「そのまま日本でも受け入れられるか」は疑問です。
それでも一見難しそうな色でも意外と馴染めそうです。
例えば白い天板にナチュラルの脚。(BHダイニングテーブル120
0718-2.jpg

オールホワイトでは少し軽くなりすぎるのでナチュラルをアクセントに使うと締まった感じになります。
これも同じ例です。(MO3ダイニングテーブル
0718-3.jpg

これはナチュラルと合わせた例ですが、片方のチェアもホワイトにした方がはまりそうです。(ダイニングテーブルBF7094S
0718-4.jpg

チェア単体で見ると少し扱いにくそうですが、テーブルとのコーディネーションにより使いこなす事が出来ます。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系からシンプルと意外と広範囲に合わせられそうです。
下北沢のカフェノルマーレでは、BF7094テーブルのオーク色と合わせて置いてありますが、うまく調和しています。
さて価格ですが、14,800円(税込)です。
ウォルナット色に比べて高いのは、ホワイトだからです。
チェコの工場では、チェアを「ドブ付け」と呼ばれる方法で塗装しています。
「ドブ付け」とは、スプレーや刷毛で色付けする方法ではなく、液体塗料の入った浴漕のような容器にチェアをまるごと「ドボン」と突っ込んで塗装する方法です。
その際、容器内を完全に他の色を除去しないとホワイトに色が移ってしまうため手間がかかるそうです。
その手間代というわけです。
ホワイトとカラーのコンビネーションを是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

曲木189チェア
¥14,800
幅47×奥行45×高さ78(47)cm


先週の金曜日、夕方突然雨が降り出しそして雨が降ったまま日が射してきました。
西日なので東の空に虹を探すと
見えました。
140718-1_201407181541347ff.jpg

大きな虹。
しかも2重になっています。
140718-2.jpg

下北沢の空にかかる虹の架け橋。
HOPE!です。
140718-3.jpg

「のぞみ」です。
ひかりやこだまではありません。(スミマセン。ここ「はずす」ところじゃありません)
雨があがると虹は徐々に消え
140718-4_20140718154137d14.jpg

街は
140718-5_20140718154141668.jpg

夕映えに彩られていきました。
140718-6_20140718154133043.jpg
  1. 2014/07/18(金) 15:12:53|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年7月11日 台風一過

今週は、梅雨らしいジメジメとした天気が続きました。
「今まで経験したことがない台風」と言われた台風が発生し910ヘクトパスカルに発達し上陸するとの予報でした。
各地で被害がでましたが、台風はそれ程発達しませんでした。
太平洋高気圧の力が予想より弱かったからでしょうか。
今週末、NOCEのある地域の天候ですが福岡の日曜日を除いて晴れて暑くなるそうです。
例年なら、来週中にも梅雨明けですがまだ全国的に雨や曇りの日が続くそうで梅雨明けは先になりそうです。
週末は梅雨の晴れ間、絶好のお出掛け日和になりそうです。
その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も新商品のご紹介は、先週に引き続きヴィンテージ系ソファです。
0711-1.jpg

デザインはオリジナルでデンマークのオールドヴィンテージに基づいて製作してあります。
確か数年前、「ヴィンテージの専門店を作れ」と命令されデンマークやフィンランド、スウェーデンのディーラーをあたった事がありました。
その当時も(今も多分同じ)当然の事ながらヴィンテージは生産品ではないため流通在庫がなくディーラーが「出たとこ勝負」で一点ものを買い集め、コンテナ単位になった時点で出荷というシステムでした。
大きなディーラーは、世界中にクライアントが居るので「いい商品」はお付き合いをしても直ぐには分けてもらえません。
一方、小さなディーラーは資金力がなく「まず倉庫代」からこちらが負担しなければなりません。
そして、「一点ものが出た時に競り負けるので100万円をバジェットとして指定銀行口座に振り込んでほしい」との事でした。
しかも、商品確認のため現地の倉庫まで見に行ってコンテナの積み込みまでこちらがやらなければなりません。
これは、「バイヤーの片手間にできるものではない」とあきらめていたところ「大きなオークションがあり今現金を振り込んでくれれば」とメールがあり大量のソファ、チェア、テーブル、ブックシェルフなどの画像が添付してありました。
「よし、何が来ても勉強」と意気込んで会社に振り込みの許可をいただくのに2日かかってしまい、振込先を確認したところ「オーストラリアのバイヤーが全部買ったので次回」でした。
真実はわかりませんが、面倒くさそうなので企画からやめました。
このソファは、その時どうしても心残りのソファがあったので画像をもとにスケッチし商品化したものです。
デザインの特徴はまずアームの形状です。
0711-2.jpg

座った時に肩から膝へ自然に手を降ろしたようになっています。
これは、アームレストに腕を置く高さを自分で選択できる事なので、人間工学に基づいた機能美とも言えるでしょう。
又、そのアームを内側に向け曲線を付けているので「置いた時の腕のストレス」を軽減させるだけではなく、デザイン上でも柔らかな雰囲気を全体に与えています。
0711-3.jpg

もうひとつの特徴は長めのテーパードレッグです。
0711-4.jpg

脚の長さを長めにして、ソファ本体エッジ近くに配置する事により全体のイメージが引き締まりました。
張り地には、先週ご紹介させていただいたPUを使っています。
このPUの仕上がりが大変よくできていて、実はこのソファもこのPUが在ったから商品化したようなものです。
このソファのプロトタイプは2年以上前に完成させていましたが、似合う生地がなく没になっていました。
とにかく風合いと感触がなんとも言えません。
0711-5.jpg
(この手は店舗スタッフの手です)

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系を中心にシンプルまで対応できそうです。
タイプは、2シーターと
0711-6.jpg

3シーターの2タイプになります。
0711-7.jpg

カラーはライトブラウン
0711_8_3.jpg

ブラウン
0711-9.jpg

ベージュの3色になります。
0711-10.jpg

さて価格ですが、2シーター49,800円(税込)3シーター59,800円(税込)になります。
この雰囲気と質感を考慮すれば充分コストパフォーマンスのある商品といえるでしょう。

全体のバランス、質感、デザインを画像と文章だけで表現するには限界がありますので是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

03Kソファ 2人掛け

¥49,800
幅125×奥行78×高さ85(45)㎝
※部分組立
03Kソファ 3人掛け
¥59,800
幅174×奥行78×高さ85(45)㎝
※部分組立

昨晩去った台風は、下北沢ではあまり猛威をふるいませんでした。
それでも今朝は台風一過の青空が路地の上に広がっていました。
140711_1_1.jpg
140711_1_2.jpg

街の上を速い雲が流れると
140711_2.jpg

建造物が
140711_3.jpg

紺碧を縁取っていきました。
140711_4.jpg

ところで子供の頃、僕は「台風一過の日」を「台風一家の日」だと思っていました。
台風の家族、台風ファミリーみたいな。
「昨日の台風一家」って「誰がお父さんで誰がお母さん?」と真剣に悩んでいました。
結局、「南の海に台風一家が住んでいて次々に日本にやって来る」と理解することにしました。
とすると昨日の台風一家は、二男くらいでしょうか。
でも、次々に来ては消えていく台風一家。
次は長男が消え、母が消え・・・。
マズイ、また悲しく終わってしまいました。
  1. 2014/07/11(金) 16:04:15|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年7月4日 ヴィンテージなソファ

今週の日曜日の午後、「今まで経験したことのない雨」が下北沢に降りました。
よく「経験した事のない雨」と言われていますが、本当にすごい雨でした。
まず音がすごい。
滝のような雨で「氷が降ったのか」と勘違いしてしまうほどです。
視界10メートルくらいでしょうか。
辺りは真っ白でした。
強い風がぐるぐると巻いて雨粒が多方面から窓ガラスにあたります。
近所のマンションの方々、ほぼ全員が窓に張り付いて外を見ていました。
雷が近くに落ちました。
道路は川のようになっています。
歩いている人は軒先に避難しています。
1時間くらいで雨はあがりましたが、「経験した事がない雨」を経験しました。
今度、あのような雨が降ったらなんと言えばいいのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが札幌、新潟、広島は土日ともまずまずで、土曜日の関東、大阪、仙台を除けば雨は降らないそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新商品のソファを御紹介したいと思います。
0704-1.jpg

新商品と言ってもロングセラー商品のモディファイです。
もとのモデルは、オリジナルの「NEST」というソファで確か8年位前のリリースだったと思います。
ベースのデザインは、北欧系シンプルで当時流行っていたモノトーンに合うように少しハードなエッセンスを加えたものです。
ただ、最近のNOCEのラインから若干はずれてしまっているので「なんとかならないか」と画策していました。
まず、ここの工場は布系が得意ではありません。
もともと革製ソファ専門工場でした。
そこでヴィンテージ系の革を探していたところ、あまりいいものが見つからず又、見つかっても高価で商品化できそうもないものでした。
そんな頃、工場から「いい物が見つかった」とサンプルが送られてきました。
一目惚れでした。
PU素材ですが、この質感、ヴィンテージ感は他にありません。
話が前後してしまいますが、この素材の入手から「NESTのリモデルを思いついた」と言っても過言ではありません。
主な変更箇所は、脚を木製にした事です。
0704-2.jpg

これに新しい張り生地を使用することにより全く別物になりました。
ヴィンテージの風合いを活かしつつ、シンプルなデザインも残してあるのでクセのないどんなシーンでも似合いそうなソファになっています。
0704-3.jpg

素材はPUで、脚部はラバーウッド天然木になっています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですがシンプル系でも充分対応できそうです。
カラーは、ライトブラウン
0704-4.jpg

チョコレート
0704-5.jpg

ダークグレーの3色になりますが、カラーによって印象が全く異なります。
0704-6.jpg

特にダークグレーは、ハードやモダン系インテリアでもいけそうです。
さて価格ですが、2シーターが55,800円(税込)、3シーターが64,800円(税込)とこの雰囲気とデザインを考えれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えます。

NEW NESTソファ 2人掛け
¥55,800(税込)
幅148×奥行83×高さ77(44)㎝
※部分組立
NEW NESTソファ 3人掛け
¥64,800(税込)
幅176×奥行83×高さ77(44)㎝
※部分組立

間違い探しです。(だと思う)
0704-7.jpg

先日、下北沢を歩いていたらこんな看板がありました。
よく見るカフェのランチメニューですが・・・・・・よーく見ると何かおかしい。

「痛いサラダビュッフェ」ってキャベツだけとか。
「痛みとサラダビュッフェ」だとサラダビュッフェが手の届かない所にあって体のかたい人が「いてて」とか言いながら取るとか。
「苦悩のサラダビュッフェ」だと見た事もない野菜がいっぱい並んでるとか。

でも本当はどれも間違っていません。
僕に「これは間違っている」という権利はないからです。
  1. 2014/07/04(金) 14:19:13|
  2. バイヤー&スタッフのブログ