NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年12月

NOCEのバイヤーズブログ

2014年12月26日 Goodbye ! 2014年

クリスマスが過ぎいよいよ年が変わる時刻が近づいてきました。
なにか、クリスマスが盛り上がらないので「年の瀬」と言う感じも薄く感じてしまいます。
僕の休みは、31日から4日までと例年より短めですが、いつもの通り大晦日そして来年の元旦を雪の山で越そうと思います。
山の中腹にあるオーベルジュに(レストランホテル)冬用タイヤを装着したレンタカーで向かいます。(自分の車に冬用タイヤを着けるとかなりのコストになる上、高速の渋滞ポイントを避けた場所で車を借りるのでコストもストレスも軽減です。因みにオーベルジュの値段はフルコースのフレンチと朝食込みで13,000円と考えられないくらいの価格です。)
大晦日、下北沢から電車でレンタカーの場所まで移動し、ホテルの近くの公衆温泉で雪を見ながら今年を振り返り、イヤーエンドのフレンチディナーをいただいて、ゲレンデに上がる打ち上げ花火を見ながらシャンパンを開け、今年と来年にグラスを捧げ、たぶん10時にはベッドの中で年が変わるころは夢の中だと思います。
氷点下10度、屋外で飲むシャンパン、グラスが冷えて痛いくらいになります。
ただし、大晦日の山は大荒れとの予報が出ているので、花火も屋外のシャンパンも無くなってしまいそうです。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが土曜日は新潟を除いて恵まれ、日曜日は関西以西でくもりや雨とあまりはっきりしない天気になるそうです。
大晦日と元旦は新潟、札幌、福岡以外はまずまずだそうです。
今年もNOCEに格別のお引き立てをいただき誠にありがとうございました。
来年も引き続き、お客様のご愛顧をいただけますよう、全国スタッフ一同なお一層精進させていただく所存でございます。
誠に勝手ではございますが、NOCEは31日から2日までお休みをさせていただきます。
新年は3日から営業しております。
初詣など、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければとお客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今年最後の新商品のご紹介は、先週に引き続き汎用性が高いコンパクトなアームチェアです。
1226-1.jpg

デザインは、シート部分がイタリア系で脚部に円筒形のテーパードレッグを使用している所から、下部がミッドセンチュリーと言ったところでしょうか。
全体の印象は「丸過ぎず角過ぎず」と、クセのないスッキリとしたものになっています。
このチェアの特徴であるアームは、薄く
1226-2.jpg

あまり高くないので「所謂アームチェアの圧迫感」のようなものは感じません。
1226-3.jpg

これはデザイン面だけではなく、テーブルの下に収まる、又2脚並べても場所を取らないなどという利点もあるのです。
ナチュラルステインの脚も全体の爽快感に寄与しています。
1226-4.jpg

ダイニングチェアとしても
1226-5.jpg

ソファのサイドチェアとしても幅広く使えそうです。
1226-6.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系、シンプルとお部屋のコンセプトに合わせて幅広く適応しそうです。
シートファブリックのカラーはブルー
1226-7.jpg

ブラウン
1226-8.jpg

グリーンの3色になっています。
1226-9.jpg

脚部の素材は、アッシュ天然木無垢でナチュラルステインで仕上げてあります。
シートは奥行きが深く、また前方に向かって高くなるように傾斜が付いているので座った時に「すっぽりとおさまる感じ」があります。
さて価格は、23,800円(税込)と少し高めですが、このチェアの素材やデザインなどのパフォーマンスを考慮すれば、決して高いと思いません。
幅が150cm(脚のクリアランスにもよりますが)テーブルなら、4脚を片方に2脚ずつテーブルの下に収納させる事が出来ます。
アームチェアのアームが薄いことと低い事で可能になったものですが、それが原因でデザインがスポイルされなかった事がこのチェアの最大のポイントと言えるでしょう。
座り心地やフィーリングなど、実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MK2246アームチェア
¥23,800
幅53×奥行57×高さ79(45)cm


あと5日で2014年が終わろうとしています。
今年を振り返る時です。
今年を個人的に採点するに当たり簡単なセルフチェックをしてみました。
よく去年の今頃を振り返って、「あっという間だったけれど振り返ると長かった」という印象が充実感100%だそうです。
それに対して「一年長かったけれど、振り返ると短かった」と言うパターンが最悪です。
空虚で残念な一年です。
そして「一年長かったけれど、振り返っても長かった」が上から2番目で「一年短かったけれど振り返っても短かった」が3番目だと思います。
重要な事は振り返ると長いと言う事です。
僕は、「短かったけれど、振り返るといつもより少し短かったような気がする」で充実度90%くらいでしょうか。
個人的に今年を振り返って・・・・・。
今年もよく泳ぎました。
週3回、ノンストップクロールを一年続けました。
年間だと150回以上、泳いだ距離は400キロを超えます。
今年、50メートルプールにも数十年ぶりに行き、ノンストップ30往復もやってみました。
何が目的かわかりませんが、しばらく泳いでいると頭の中が真っ白になって全て忘れてしまう時間が来るからでしょうか。
今でも「どうしたら往復タイムを1秒縮められるか」を課題に毎回泳いでいます。
これが、かなり奥深い。
書きだしたらきりがありません。
それでも、おそらく5秒は縮まったと思います。
1回に約60往復以上するのでタイムは300秒、5分縮まった計算です。
そしてこれを更に縮めるには、維持する以上の努力が必要なのです。
ただ気を抜くとすぐにタイムに反映され、1回戻すのに3回以上通わないと戻りません。
何か人の信頼関係みたいで、一生掛けて作った信頼も1秒で失われてしまうような。
プールのおかげで心拍数が減り(大体45くらい)、血圧が病院レベルになってしまいました。
それでもまた今年のようにプール、来年も続けます。
タイムとにらめっこで。
さて、こうしている時間も、時は2014年12月31日11時59分59秒に向け刻まれています。
僕たちは、限られた時間の中で生きています。
どんなにテクノロジーが進化しても人間という生物である以上、変わる事はありません。
大晦日は、1年で最もその「時」を感じる事が出来る日なのかも知れません。

今年、来年、未来と。

それでは、よいお年お迎えください。
スポンサーサイト
  1. 2014/12/26(金) 14:54:06|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年12月19日 クリスマス2014

今週、寒い日が続いています。
朝、目覚めると朝焼け越しの窓ガラスが曇っていて寒さを視覚からも感じられます。
来週はクリスマスです。
年々、クリスマスらしい街の雰囲気が無くなっていくような気がします。
クリスマスケーキの予約を促す広告もあまり見ません。
もっともバター不足が影響しているのかもしれませんが、盛り上がっていません。
コストを抑えるためにマーガリンやショートニングを駆使するらしいです。
考えてみれば、昔はそんなものだったような気がします。
それは、クリスマスケーキが大量に出るのでコストを抑えて安く販売しようとしたからなのでしょうか。
クリスマスケーキがおいしくなったのは最近の話で、僕にとってクリスマスのデコレーションケーキはちょっと・・・・という印象でした。
でもケーキがおいしくなると、なんか昔のグリーンやピンクのパステルカラーのバタークリームにぱさぱさのケーキが懐かしくなっていたところでした。(因みにここで言うバタークリームとは、原材料にバターを使わずマーガリンやショートニングを使ったパチモンの事です)
なんか、クリスマス全盛の昭和の匂いがしそうですが、きっと食べたらあの無理して食べた頃を思い出すのでしょうか。
今年のクリスマスソングランキングも山下達郎さんの「クリスマスイブ」だそうです。
駅の前やコンビニに店が出て山積みになったクリスマスケーキがどんどん無くなって、手にケーキを持った人たちがイルミネーションの雑踏に消えて行く・・・「街角にはクリスマスツリー、銀色の煌めき」。
今年のイブはどうなるのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で崩れ、日曜日は札幌、仙台新潟は引き続き雪や雨でその他の地域は晴れや曇りとまずまずになるそうです。
一年で一番街が輝く日がきます。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、ミッドセンチュリーの香り漂うダイニングでもラウンジでも使えるアームチェアです。
141219-1.jpg

これは今年3月のバイイングで、決め手はアーム付きで張りぐるみの割に硬すぎず上手くミッドセンチュリーの雰囲気をまとめている点でした。
全体的に丸みを帯びたデザインは、イタリアモダンを連想させますが
141219-2-1.jpg
141219-2-2.jpg

ナチュラルステインのテーパードの脚を
141219-3.jpg

ハの字に開く事と小ぶりのアームも外側にカーブさせる事により、ミッドセンチュリーや北欧色も強調されました。
141219-4.jpg

そして更に背もたれのボタンがその雰囲気を盛り上げています。
141219-5.jpg

見た目は、アームがあるためラウンジチェアのようですが、座面がフラットなのでダイニングチェアとしても充分使えます。
141219-6.jpg

アームが低めなので、幕板の薄い天板のダイニングテーブルなら天板下に納める事が出来ます。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系などを中心にシンプルでも対応できそうです。
あまり大きくないコンパクトなサイズなので圧迫感がなく、どんなお部屋のシーンにも素直に溶け込んでくれそうです。
素材は、脚部にアッシュ天然木無垢を使用し、ナチュラルを艶消しで仕上げてあります。
141219-7.jpg

ナチュラルで仕上げる事により、軽快感が増し全体の雰囲気を柔らかなものにしています。
また、ファブリック素材にマイクロファイバーを使用し、高級感と柔らかな感触を与えています。
カラーはグリーン
141219-8.jpg

ライトグリーン
141219-9.jpg

ブルーの3色になります。
141219-10.jpg

同じグリーンでもライトグリーンとグリーンでは表情が異なりますが、ブルーとグリーンは同系列の配色なので複数ご購入される場合、異なる色を合わせても楽しそうです。
さて、価格ですが22,800円とアームチェアでこのパフォーマンスを考えて比較すれば決して高いとは思いません。
サイズが小ぶりなのでダイニングチェアとしても、丸いデザインを活かしてラウンジチェアとしても使えます。
座り心地や雰囲気は画像や文章では表現しきれません。
是非NOCE各店にて実物をお確かめいただければと思います。

MK2247チェア
¥22,800
幅52×奥行53×高さ78(45)cm



クリスマス色があまりない下北沢を歩いているとこんなフラッグが北風に靡いていました。
1219-1.jpg

これって、獅子舞の獅子がサンタになってるんですけど、正月とクリスマスを合わせ正月もこのまま変えずに1月7日くらいまで引っ張るのでしょうか。
だとすれば、究極の省エネフラッグです。
「メリークリ正月」なんでしょうか。
すると遠くから大きな声が聞こえてきました。
「おーい!急げ!」
1219-2.jpg

「24日までに空に昇ってプレゼントをもって来なければならなんいだぞ!時間が無いぞ!」
1219-3.jpg

なんとサンタが空に昇っているところでした。
「忙しいところすいませーん!なんで下北沢からなんですかー?」
「サンタクローして、クルシミマスですかー?それともサンタクローする時クルシミマスですかー?」
1219-4.jpg

「話しかけるな!急いでいるんだ」
「あなたたちはどんなご関係なんですかー? 3人でサンタ3? それとも全員「太」と言う名前で三太? 一太、二太、三太ってところですかー?」
「っていう事はオレが三太か」
1219-5.jpg

「振り返ると危ないですよ!3番目だから三太とは限りません。世の中そんな単純じゃありませんよー! ところでサンタさん幸せってなんですかー?」
「ウーン、難しい質問だ・・・・。気が散るから黙っていてくれないか」
1219-6.jpg

「夜、プレゼント配る時どうするんですかー? この辺は防犯強化地域で勝手に人の家入ると住居侵入罪で逮捕されちゃいますよー!」
1219-7.jpg

「えっ!」
「2番目のサンタさんって実は女子?」
「よーし!あと少しだ!」
1219-8.jpg

「リーダー!ずーっと上向きっぱなしで首いたくないですかー?」
1219-9.jpg

「サンタが上を目指さなくて誰が目指すんだ! みんな振り向くんじゃないぞ!上だ!上を目指せ!オレたちはサンタだぞ!」
「でもー!下の2人ともずっーと振り返りっぱなしなんですけど、もしかしたら空に昇るの後悔してるんじゃないですかー?なんでこんな辛い事してるんだろ、みたいな、出来れば引き返したいとか」
冷たい風が吹き抜けました。
1219-10.jpg

「準備はいいか!」
1219-11.jpg

「空に向かって行くぞ!」
1219-12.jpg

こうして、ひとサンタずつ空に向かって飛び立って行きました。
最後のサンタが飛び立とうとする時、飛び立つ前に
「さっきの、幸せだけど、答えを出すまでに時間をくれるか?」と。
1219-13.jpg

サンタに別れを告げるとまた別の所から聞きなれた声が聞こえました。
「なんでだ!」
1219-14.jpg

「なんで僕はサンタになれないんだ!」
1219-15.jpg

「なんでなんだ!」
1219-16.jpg

「それはね、こいつが君にあるから。尻尾の生えたサンタなんか見たことない。それより君はマウスのようなミッキーサンタなの?ミッキーのようなマウスサンタなの? マウスサンタのようなミッキーなの? それともミッキーサンタのようなマウスなの? でも本当はサンタと言う使命の奥底に潜む矛盾と葛藤するマウスのような尻尾がなければと自縄自縛に落ちて行くミッキーなの?」
1219-17.jpg

2014年 メリー・クリスペプラーじゃなくって、メリークリスマス!

それでは、よいクリスマスを!
  1. 2014/12/19(金) 14:40:36|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年12月12日 エミリア!

今週初めから寒気の影響で東京も寒い日が続きましたが、昨日(木曜)と今朝は少し緩んでそれ程寒くありませんでした。
空を見上げると、青い空に低いグレーの雲と高い白い雲が途切れ途切れにミックスされ、まるでドイツの空のようでした。
少しヨーロッパが恋しくなってしまいました。
それとは別ですが、今週カフェノルマーレのメニュー開発をしました。
ラグーソースは、イタリア直伝の本格的な調理方法でボロネ―ゼ(イタリアのボローニャ地方が名前の由来)としてパニーニに挟んでリリースしています。
「このラグーソースを活かして何か出来ないか」と模索していたところ、ボロネーゼの由来でもあるエミリア・ロマーニャ州にラザニアがあった事を思い出しました。
このボロネーゼとホワイトソースを使ったラザニアをラザニア・エミリア風と呼んでいます。
ホワイトソースとボロネーゼが絡んで、絶妙な味わいになります。
ただ、ホワイトソースが曲者で誰でもできるようなレシピにしなければなりません。
そして昨日事務所の給湯室でフライパンを振って、ある程度の完成形ができました。(企業秘密)
あとは、これが「ラグーと合うかどうか」です。
ただラザニアそのものをオーブンでやってしまうのも「あり」ですが、カフェノルマーレでやっても面白くありません。
そこで、オリジナルパンを使ってグラタン風にアレンジしてみました。
ホワイトソースとラグーが見事に絡んでエミリア風になっていました。
パンとの相性も良くあと数か所、改良すればオンメニューできそうです。
エミリア風パングラタンでしょうか。
パングラタン・エミリア風でしょうか。
そしてさらに、このホワイトソースを使って生ポルチーニと絡めたものをくり抜いたパンに入れて焼く「ポルチーニパンシチュー」の開発にも成功しました。
こちらも、もうすぐオンメニューで寒い時期に開発できてホットしています。
下北沢にお越しの際には、NOCEカフェノルマーレをよろしくお願い申し上げます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが札幌の日曜日、仙台の土曜日、新潟の土日、福岡の土曜日は雪だそうで、残りの曜日と他の地域は概ね良好だそうです。
冬も本格的になってきました。
街路樹の落ち葉が木枯らしに舞う季節です。
一年で一番、街が煌めく時です。
早い夕闇にざわめくひとなみ、暮れかけた街に出てみてはいかがでしょうか。
お出掛けの際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、クラシックなエッセンスとミッドセンチュリーのエッセンスを融合させたデザインとカラフルなカラーリングに1,2,3シーターにオットマンまで付けたフルボリューム展開のソファです。
141212-1.jpg

買い付けは今年の3月、試行錯誤のバイイングでした。
デザイン上、様々な要素を含んだソファで張り生地を選ぶと様々な表情になり、その選択に難儀しました。
最終的には、モダンユーロのカラーリングをチョイスし、あまり甘くなりすぎないようにしました。
又、デザインの要でもある、レトロを強調する背もたれのボタンの配色にもこだわっています。
全体のデザインを締めているのは、ハイバックの背もたれです。
141212-2.jpg

上部のコーナーにアールを施し、首を預けられるようになっています。
141212-3.jpg

クラシックなソファによくある手法で、ヨーロッパではそれを現代に還元したデザインでこの手法を取り入れたソファをよく見かけます。
この丸くない少し角張ったフォルムが全体をあまりクラシックに偏らないイメージにしているのです。
そして、内側に曲線を少し入れたこれもあまり丸くならない低めのアームと
141212-4.jpg

ハの字に外に開いた脚がミッドセンチュリーを演出し甘い雰囲気を作っています。
141212-5.jpg

このソファの肝とも言える背もたれは、「レトロ色の強いボタン」の配色を変える事によりポップな味付けをしています。
141212-6.jpg

インテリアの観点から、派手なイメージですが割と素直にカフェ系、ナチュラル、シンプル、色によってはモダンと幅広く様々なジャンルのお部屋に適応しそうです。
カラーは、グリーンに背もたれのボタンが他2色のソファの配色になるイエローとブルー
141212-7.jpg

ブルーにグリーンとイエローのボタン
141212-8.jpg

イエローにブルーとグリーンのボタンの3パターンになっています。
141212-9.jpg

タイプは3シーター
141212-10.jpg

2シーター
1212_2シーター

1シーターの3タイプになります。
141212-11.jpg

2シーターと3シーターには、それぞれオットマンが付いています。
又、オットマンも含め各シートにはポケットコイル内蔵され座り心地のよさも保証付きです。
1シーターと3シーターなど2つご購入される場合、色を変えて合わせてもいいかと思います。
1,2,3シーターと色を変えて揃えるとボタンの色が全て相対色になり、かなりインパクトのあるお部屋になりそうです。
現実、日本ではあまり馴染みがありませんが、海外のセット販売は1,2,3シーターのセットが基本になっています。
さて、価格ですが1シーターが22,800円、2シーターが43,800円、3シーターが49,800(各タイプ全て税込)とこのボリューム、デザイン、オットマン、ポケットコイルなどを考慮すれば、かなりのお値打ち商品と言えるでしょう。
座り心地や、色のニュアンスなど画像の表現では限界がありますので是非、実物をお確かめいただければと思います。

HY7741ソファ 3人掛けセット(オットマン付き)
¥49,800
ソファ:幅187×奥行78×高さ85(44)cm
オットマン:幅53×奥行53×高さ44cm
※組立式

HY7741ソファ 2人掛けセット(オットマン付き)
¥43,800
ソファ:幅135×奥行78×高さ85(44)cm
オットマン:幅53×奥行53×高さ44cm
※組立式

HY7741ソファ 1人掛け
¥22,800
幅84×奥行78×高さ85(44)cm
※組立式

  1. 2014/12/12(金) 16:43:59|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2014年12月5日 心に浸みるイルミネーション

今週は、12月に入り朝晩随分と寒くなりました。
日の出が遅いので起床も遅くなりがちです。
ここ数日、朝の窓ガラスが曇っていて冬の到来を感じさせます。
先日、取引先の曲木チェアでお馴染みのTON社とメールのやり取りがあって、それによるとチェコは寒波によりマイナスの日が続き街は氷で覆われ電車も止まり、高速道路は事故が多発しているそうです。
日本もこれから冷え込むのでしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、冬型の気圧配置で札幌、新潟は土日、福岡の土曜日が雪、他の地域は晴れや曇りとまずまずのお天気になるそうです。
それでも気温は全地域とも低めだそうです。
イルミネーションの街には厚手のコートがお似合いです。
白い息とマフラーに手袋。
少し冷たくなった頬がオレンジの灯りに照らされます。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、木材だけで構成された木の質感たっぷりのシェルフです。
141205-1.jpg

特徴は、アッシュ天然木を使ったプライウッド(積層合板)のシェルフとそれを支える同じアッシュ材を使用したフレームです。
141205-2.jpg

オールウッドの贅沢な作りですが、その分上質な仕上がりになっています。
そのシェルフですが、プライウッド上に施されたアッシュ天然木の木目が艶消し仕上げと融合し大変美しく現れています。
141205-3.jpg

又、エッジ部分がプライウッドの特性を活かして曲線を描きながら上方に曲げてあるため、直線的なシェルフを丸く柔らかなイメージにしています。
141205-4.jpg

この効果がデザイン性の向上に寄与しているのです。
インテリアの観点から、木の素材を活かし尚、デザイン性もあるのでほぼオールマイティにカフェ系からモダンまで様々なインテリアシーンに対応しそうです。
壁に付けて使用しても、独立させてパーテーションの代わりにも使えそうです。
壁に付ける場合は、上のシェルフの上のスペースにペンダントを吊るしたり、壁の空白にアートを掛けたりと使用方法でお部屋をワンランク上の空間にしてくれそうです。
ナチュラルのシェルフは、透明なグラス類を並べるだけでもお部屋が締まります。
素材は、フレームがアッシュ天然木無垢でシェルフはプライウッドにアッシュ天然木突板となっています。
塗装は艶を落としたクリア仕上げで木の質感が強調されています。
さて価格ですが、49,800円(税込)とこのシェルフの素材や存在感から考えればコストパフォーマンスは充分あると思います。
質感やボリュームは、画像だけの表現では限界がありますので是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。
MK9155ブックシェルフ
¥49,800
幅148×奥行35×高さ107cm
※組立式


先週、ブログ内で語らせていただいた表参道のイルミネーションですが、先日用事があって行って来ました。
ただ、スケジュール的にきつかったのでほんの一瞬しか見る事ができませんでした。
下北沢から小田急線に乗り、代々木上原で千代田線に乗り換えて明治神宮前で降り、
1205-1.jpg

5番出口を上るとすぐに神宮前交差点があります。
1205-2.jpg

そこから、イルミネーションで飾られた街路樹が青山通りへと続いています。
1205-3.jpg

最近、LEDの効果もあって色とりどりの派手なイルミネーションが目立ちますが、シンプルなイルミネーションも心打たれます。
ここも2年前は確か、ブルーが主流だったような気がします。
自然の木に電飾すると人口造形物では表現できない曲線が現れ、なんとも言えない美しさがあります。
そこに、シンプルな黄色い電気色のイルミネーション。
レトロな中に少し時間が戻されていくような気がしました。
  1. 2014/12/05(金) 17:12:01|
  2. バイヤー&スタッフのブログ