NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年02月

NOCEのバイヤーズブログ

2015年2月27日 ジェノヴェーゼ

まだ寒い日が続いていますが、見上げると雲や空が春の色になっています。
日中、太陽も徐々に高くなり、照らす光は「春間近」と言った感じです。
そんな日は、しばらく空を眺めて見たくなってしまいます。
そして少し遅くなった夕暮れ、暮れかけた街に出てシャンパン。
冷たい風の中に僅かな温もりを感じられそうです。
気が付けば、もう来週から3月です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが土曜日は札幌、新潟、福岡を除いてまずまずとなるそうですが、日曜日は全地域で崩れてしまうそうです。
2月と3月の狭間の週末、春を見つけに街に出てみてはいかがでしょうか。
お出掛けの際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

ジェノヴェーゼと聞くとすっかりお馴染みになった、あのグリーンのバジルソースを連想します。
僕もあのグリーンのソースが好きで、時々無性にパスタに絡めて食べたくなる事があります。
リングイネ、フェデリーニ(細めのスパゲティーニ)、タリオリーニ(細麺の手打ちパスタ)など、「茹でたて」を絡めるだけでもたまらなく美味です。
さて、僕はジェノヴェーゼと言うと由来であるイタリアのジェノヴァも連想してしまいます。
ジェノヴァとはイタリア南西部にある都市の名称です。
フランスから見ると南部になり、モナコの近くになります。
地中海に面し、イタリア最大の貿易港を持っています。
港湾都市であるため、中世には商工業、金融の街として発展し、コロンブスの生誕の地としても有名です。

さて、バイヤー駆け出しの頃、ケルン、パリ、ミラノを短期間で回るため宿泊代と時間節約を兼ねて夜行列車を多用していました。
当時まだTGV(フランスの新幹線)が今ほど発達していなかった頃、ヨーロッパ主要都市を結ぶユーロシティと呼ばれる夜行列車が数多く走っていました。
パリで朝から仕事をして、夜ミラノに向けてガールドリヨン(パリのリヨン駅、通常南に向かう列車はここから出る)から夜行列車に乗り、朝ミラノに着いて展示会を見て夜の飛行機で帰国というハードなスケジュールでした。
パリ発ミラノ行きの夜行は人気ですぐに満席になってしまいます。
最初は乗り方がわからず普通の席で夜を越しましたが、ひとりだと荷物が心配で全く眠れません。
当然、翌日眠くて仕事になりませんでした。
「何のために来たんだ」と情けなくなりましたが睡魔に勝てず会場のベンチで2時間も眠ってしまう事もありました。
そこで「何かいい方法はないか」と調べたところ、クシェットと呼ばれる簡易寝台車が連結されている事を知りました。(クシェットは、個室に3段ベッドが2つ向かい合わせにあるベッド数6の個室で、価格も安く割と空いていた)
簡単なブランケットが付いていて、とにかく横になって眠れるので普通席から乗り変えると天国でした。
それが、パリからローマに行く夜行列車にしか連結されてなく、途中駅でミラノ行きに乗り変えなければなりませんでした。
それがジェノヴァ駅だったのです。
夜、パリのリヨン駅の近くのビストロで「塩漬け茹で豚のソテーとフレンチフライ」の定番メニュー(メニューはフランスでは定食のこと。メニュー、アーとベーがある場合A定食とB定食になる)を食べ、夜のリヨン駅からクシェットに乗り早朝、ニースの海岸線を走り(世界有数のリゾート。車窓からの風景は絶景としか言いようがないほど)少し走るとジェノヴァ駅に着きます。(どちらか忘れてしまいましたが、ジェノヴァ駅は2つあって間違えると乗り遅れてしまいます)
早朝のジェノヴァ駅でミラノ行きの列車を待つ間、コロンブスの生誕地であるジェノヴァの綺麗な街を少し歩きました。
朝もやの中にまだ眠っている古い街並みが幻想の中に浮かんでいました。
大きな港のあるジェノヴァの朝は、潮の香りがしていました。

そしてジェノヴェーゼです。
ジェノヴェーゼソースは、本来ジェノヴァ地方で栽培されるバジルの葉と松の実、ガーリックとパルミジャーノ、オリーブオイルをすりつぶして作るシンプルなソースです。
地理的にも近い、南仏プロヴァンス地方にあるピストゥーとほぼ同じですが、起源はジェノヴァだそうです。
このジェノヴェーゼは「ペスト・ジェノヴェーゼ」と呼ばれ名称認定されています。
本来のレシピの代わりにコストを下げるため、松の実のかわりにカシューナッツを入れたりパルミジャーノの代わりに他のチーズを入れたりして作る場合が多くありますが、これは「ジェノヴェーゼ風」であり「ジェノヴェーゼ」とは呼べない事になっています。
よく市販のジェノヴェーゼに「ピンキリ」がありますが、これは内容によるからです。
安価なものは、カシューナッツを混ぜるだけでなくポテトを入れて盛っています。
よく小さい容器(直径2cm×高さ3cm)で800円位するジェノヴェーゼがありますが、内容物を見ると「ペスト・ジェノヴェーゼ」の通りです。
カフェ・ノルマーレでも「ジェノヴェーゼ」を提供しようとしましたが、市販の「本物」を使うと高くて話になりません。
そうかと言って、安価なペーストを使うと「なんか違う」んです。
そこで、オリジナルに準じて試作してみました。
ただ材料費だけでも市販の安価なジェノヴェーゼを上回ってしまいますが・・・・。
さて今回の製作にあたり使用するフープロ(フードプロセッサー)ですが、本来はNGです。
フープロのモーターの熱でバジルの香りが消えてしまうのと、回す時間によってバジルが粉砕され過ぎて風味が落ちてしまうからです。
ただ、すり鉢などで作ると「作る人」のスキルによって味にバラつきが出てしまい、フードとしてご提供することができません。
そのため、今回はバジルを最大限傷めない方法でフープロを使用し作りました。
これがフードプロセッサーです。(クイジナート)
150227ー1

これが今回の材料。
150227ー2

レシピ化するため、分量はキッチリ測っておかなければなりません。
フレッシュバジルの葉で、茎は落としておきます。
150227ー3

ジェノヴァ産と言いたいところですが、日本産です。
ガーリックは3等分くらいで、芽は辛くなるため抜いておきましょう。
150227-4.jpg

ここでみじんにする必要はありません。
フープロで粉砕する時に細かくなりすぎてしまうからです。
まずフライパンをあたためて
150227ー5

松の実を
150227-6.jpg

煎ります。
150227-7.jpg

絶対焦がしてはいけません。
パチパチと香ばしい香りがして僅かに焦げ目が付いたらすぐにフライパンから出します。
火を止めて放置すると余熱で焦げてしまうからです。
今回、「ガーリックの辛さ対策に」ほんのわずかな「くるみ」を入れてあります
まず、ガーリック、煎った松の実、パルミジャーノを入れ
150227-8.jpg

オリーブオイルを加え
150227-9.jpg

高速で回します。
150227-10.jpg

ここでモーターの熱を取るため休ませた後、フレッシュバジルの葉を加え
150227-11.jpg

更にオリーブオイルを加え数回に分けて回します。
150227-12.jpg

このようなペースト状になったら完成です。
150227-13.jpg

今回、「ガーリックが多すぎたか」と思いましたが本物は更に多いような気がしました。
そのため、ランニングはくるみを更に少量に控えるようにしてあります。

出来あがったジェノヴェーゼをパニーニにモッツァレラチ―ズを加えて挟みます。
パニーニグリラーで焼きあげると、とろけたチーズがジェノヴェーゼと絡み、焼けたパンの香ばしさと調和して絶妙な味わいになりました。
カフェノルマーレでは、すでに「バジル&モッツァレラ」としてオンメニューさせていただいております。
ジェノヴァに思いを馳せて作ったジェノヴェーゼ、是非カフェノルマーレにてお確かめいただければと思います
スポンサーサイト
  1. 2015/02/27(金) 14:47:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年2月20日 スレートカラーのソファ

今週、冷たい雨の日がありましたが、少し春を感じられる暖かな日もありました。
最近、朝6時には空が明るくなっています。
おかげで僕の起床時間も5時50分位です。
気温や天候にかかわらず「日の出とともに目覚める」ので最近起きるのが楽になっています。
街の梅の木の花がひとつ、ふたつとほころび始めました。
春を感じる季節の入口でしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は福岡を除いて他地域は恵まれるそうですが、日曜日は全地域で雨や曇りとぐずついてしまうそうです。
週末お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介も先週に引き続き、新色を加えたソファです。
0220-1.jpg

新色を加えると確かに雰囲気が変わるので、新商品と考えられますが一般的には「ただ色変えただけ」に見えます。
少し理屈っぽくなりますが、バイヤーの立場から考察させていただければと思います。
まず、ひとつのソファがあって「50色の中から選べるカラーバリエーション」と「単色」つまり1色のみの「二つのパターンがある」とします。
このパターンでは選べるソファの方がいいのは当然です。
ただ、供給側から「お客様への手渡し時間を考えれば」最低50色50本在庫しなければなりません。
しかも売れる色にバラつきがあるため、安定供給を確保するためにはおそらく相当数の在庫が必要となるのです。
季節要因や流行でいつも同じ色が売れるとは限りません。
全く売れない色もあります。
これでは在庫のための経費が嵩み、最終的には売価に反映されてしまいリスキーで現実的ではありません。
これを解決するために注文生産にするわけです。
ただ注文を受けてから生産するので、海外の場合は船の航行時間も考えて最低3カ月以上のデリバリー期間が必要になります。
また、注文生産のためキャンセルは出来なくなります。
この点が気にならなければ、50色の方が有利です。
一方、単色の利点は注文生産の不利な部分です。
単色のため在庫は最小限で済み、在庫からのお客様へのデリバリーとなるため日数はケースにもよりますが最短7日です。
また売り上げ予想も容易で商品管理も楽です。
そして何よりも単色を大量発注する事によりコストが大幅に抑えられ、市場に安価で供給できるのです。
僕の考えでは「あるソファに対して似合う色は決まっている」と思っています。
多くても4色が限度です。
そして商品管理をする身として、4色もあると本当は発狂しそうです。
オーダーをする時に半年先の売れる色を完璧に予想し、それをコンテナに入るソファの総数に合わせて色の割合を考えなければならないからです。
つまり、ソファというカテゴリーから考えて「工場が同じなら形の違うワンカラーのソファが2個と同じ形で2色のソファ」は同じ事なのです。
さて話を戻して今回新しく導入する色ですが、もともとのスモーキーなグリーンに対してスモーキーなブルーになります。
0220-2.jpg

少しくすんだライトブルーでスレートと呼ばれる色です。
タイプはグリーン同様、
2シーターと
0220-2P.jpg

3シーターで
0220-3P.jpg

価格もグリーンと全く同じ48,000円と58,000円(各税込)となっています。
大型で本格派のソファ、価格もリーズナブルな事に変わりありません。
ひと味違う雰囲気が漂う新色のソファを是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。(今回限定販売のため店舗が限られているため直接店舗にてご確認いただければと思います。)

TD9809ソファ 2人掛け
¥48,000円(税込)
幅151×奥行90×高さ80(43)cm
※部分組立




  1. 2015/02/20(金) 15:23:07|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年2月13日 ヴァレンタインズデイ

祝日が絡んだ今週、「春1番か」と思われる気圧配置で暖かく感じられる日もありました。
春1番は吹きませんでしたが、季節はゆっくりと春に向かっています。
まだまだ寒い日が続くそうですが、夜明けは早くなり、日の暮れるのは遅くなっています。
街も少しずつ春の気配が感じられます。
コートとマフラーで街歩きもよさそうです。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌、新潟は土日とも雪ですが他の地域は恵まれそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、もともとウォルナット素材のみで展開していた三角形のダイニングテーブルをオークナチュラルにしたものです。
0213-1.jpg

素材をウォルナットからオークナチュラルに変更しただけで「まるで別物」のような雰囲気になりました。
もともと三角形のダイニングテーブルという個性的なデザインですが、素材を変えただけで印象もかなり変わりました。
それぞれチェアを配置するとわかります。
これは、前にご紹介させていただいたスツールを組み合わせた例です。
0213-2.jpg
LSR44スツール(ブルー、グレイ)

これは、別の色で組み合わせた例です。
0213-3.jpg
LSR44スツール(グリーン、イエロー)

勿論、グリーンとブルー等、本数や組み合わせでもイメージが変わります。
少し、ミッドセンチュリー系でコーディネイト。
0213-4.jpg
MK2247チェア

ジェネリック系。
0213-5.jpg
DC231Aチェア

ヨーロッパの街角にあるカフェ風なイメージです。
0213-6.jpg
曲木189チェア

シンプルなチェアでもOKです。
0213-7-1.jpg
C0918チェア

素材をナチュラルオークに変えると全体的に、ウォルナットの重厚感より軽快なイメージになります。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系からシンプルと広範囲に適応できそうです。
素材は天板にオーク天然木突板を使用し、ナチュラルステインで仕上げてあります。
0213-7-2.jpg

脚はラバーウッド天然木無垢をテーパードレッグで天板と同じ色になるように仕上げています。
0213-8.jpg

さて、価格ですがウォルナットと同額の13,800円(税込)とかなりのお値打ち価格となっています。
NOCEには様々なチェアがありますので、店舗にて組み合わせてコーディネイトしてはいかがでしょうか。

ダイニングテーブルBF2458
¥13,800(税込)
幅100×奥行100×高さ72cm
※組立式



今週末、土曜日はヴァレンタインズデイですが、クリスマス同様年々、影が薄くなってきたような気がします。
ヴァレンタインズデイには諸説あります。
もともと「古代ローマ時代、収監されていたキリスト教ヴァレンティヌスが目の見えない看守の召使の娘に説教すると目が見えるようになり、その女子がキリスト教に改宗してしまったため、ヴァレンティヌスは処刑され、その処刑日の前日にその恋心を手紙に綴った」とする成就しなかった恋とヴァレンティヌスに捧げる日がヴァレンタインズデイです。
そしてカードに恋心を綴って手渡すという風習になったと言われていましたが、これはカード会社(グリーティングカード)の「販売のための作り話」だったという事になっています。

それでは、「ヴァレンタインは存在しなかったのか」と言うとそうでもなさそうなのです。
古代ローマ時代、キリスト教が台頭する前、異教徒のルべカリア祭として存在していました。
この祭りはおそらく種まきをする前に豊年を祈願して2月15日から開催されました。
その祭りの前日、当時男女別々に生活していた若い女子が札に自分の名前を書いて箱に投げ、翌日男子がその箱から女子の名前の書かれた札を引くと、その女子と祭りの間、一緒にいる事を許されました。(この辺は、日本の古代の祭りに似ています)
そして、多くのカップルはそのまま結婚したと言う事です。
ただローマ帝国下、若い男子はみんな兵士で「結婚すると戦意が下がる」(妻子に気が向くため)と考え結婚を禁止しました。
ここでヴァレンタイン司教が、兵士を憐れみ秘密裏に結婚させたのがバレてしまい処刑されてしまうと言う話が出てくるのです。
その処刑日が2月14日です。

その後、キリスト教はこの祝祭を異教徒のものとして認めませんでした。
ただ、反発も多く簡単に禁止する事も出来ず、キリスト教と紐着ける理由が必要になったわけです。
実際、カトリックでは「ヴァレンタインズデイ」そのものが存在していません。
又、現在でも「聖人ではないヴァレンタイン」と「異教徒の祝祭」を商業主義の観点から「聖ヴァレンタインの日」として盛り上げる事に意義を唱える教会関係者も少なくありません。

最も、日本でバレンタインが一般化したのは1970年とされています。
全くキリストと関係ありません。
海外にチョコレートを女子が片思いの男子に告白するために差し出す行為はありません。(韓国は日本になぞって存在します)
明らかにチョコレート会社の販売促進による一大イベントでした。
それでも、若い片思いの、しかも告白する勇気のある女子に限定しては大した売り上げにはなりません。
そこで、本気チョコと義理チョコが生まれ義理チョコが主流になってしまったわけです。
それでもわざわざチョコを普段あんまり関係のない上司にあげるのも下心がなければムダな事です。
まして、上司のおっちゃん部長が「○○ちゃん、チョコないの?」は完全にセクハラにあたり労働基準監督局に言わなければなりません。
「チョコをあげなければ」と悩んで鬱になってしまったら会社の責任なのでしょうか。
また、おっちゃん部長ももらえなくて鬱になった場合も深刻です。

最近は、友達同士で交換する「友チョコ」や自分で買う「自分チョコ」が主流で、告白用の「本気チョコ」の需要は数パーセントと言われています。

太古の「札の時代」から、カードそしてチョコ(アメリカではバラで男子から女子)と心の伝達方法が変わっています。
現在では、メールやライン、SNSなどと多様化しています。
チョコもメール形式で一括配信。
開くとハート形のピンクのチョコが出てきて「ハッピーバレンタイン」。
これなら100個単位でも相手とあまり関係がうすくてもOKです。
2月14日深夜になって慌てて「あっ、バレンタイン忘れてた」と一括配信するのが本当の「ギリチョコ」なんてね。

それでは、Have a nice happy Valentine’s day and weekend !
  1. 2015/02/13(金) 15:46:43|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年2月6日 カラフルスツール

今週、先週に引き続き雪が降るとの予報でしたが、日中少しパラついただけで夜には霞んだ月が出ていました。
ただ明け方、細かい雪が舞い屋根が薄く白くなっていました。
山で見る雪のようでした。
日中、事情で雪の降る空を見つめる時間がありました。
雪は、どこでもいつの日も変わりません。
色々な雪を思い出していました。
ケルン、パリ、ミラノ、ロンドン、ワルシャワ、モスクワ、ブダペスト、札幌、仙台、新潟と・・・そして下北沢、白馬、表参道・・・小学校の時、曇る窓ガラスを拭くとマンションの前の小さな広場一面に積る雪に、はしゃいで外に出た事、びしょぬれになった服をストーブで乾かし震える体から湯気がたっていたこと・・・・様々な雪が時間の中に消えて行きました。
曇った空から降る雪に「今見ている雪も時間の中に消え、思い出すのはいつだろう」と。

週末、NOCEのある地域の天候ですが、土曜日は福岡を除いてまずまずだそうですが日曜日は仙台を除いて曇りや雨とあまり恵まれないそうです。
週末、お出掛けの際には是非NOCEのお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は先週に引き続きスツールです。
ただ同じスツールでも先週のシンプルな木製スツールと違い、カラフルでデザインが強調されたものです。
0206-1.jpg

脚が4本とアップホルステッドシートという簡単な構造ですが、シートの厚み、脚の形状と角度や素材、シートファブリックのカラーで雰囲気がかなり変わってきます。
まず脚の形状ですが、4本のテーパードレッグが本体の外側にそれぞれ開いています。
0206-2.jpg

脚の素材はアッシュ天然木で艶消しのナチュラルで仕上げています。
0206-3.jpg

この脚のデザインと素材感がこのスツール全体のイメージを決めています。
そして厚目のシートとファブリックカラーのコンビネーションがより上質なものにしているのです。
0206-4.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系を中心にシンプルまで幅広く対応できそうです。
スツールとは言え、存在感があるので複数で揃えるとお部屋の雰囲気を変えるほどインパクトがあります。
ファブリックのカラーは、グレー
0206-5.jpg

グリーン
0206-6.jpg

ブルー
0206-7.jpg

イエローの4色になります。
0206-8.jpg

脚の素材はアッシュ天然木無垢材で、シートの中材はウレタンフォームとなっております。
又、ファブリックカラーは以前ご紹介させていただいたLSR15ソファと全く同じ素材とカラーリングなので合わせてコーディネートも楽しそうです。
価格は、4980円(税込)とお手頃です。
4脚を別々のカラーで揃えてもよさそうです。
0206-9.jpg

LSR44スツール
¥4,980(税込)
Φ37×高さ52cm
※組立式

見ているだけでも可愛いスツールですが、座り心地も悪くありません。
実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
  1. 2015/02/06(金) 16:06:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ