NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年05月

NOCEのバイヤーズブログ

2015年5月29日 ポーランドのチェア

今週も初夏を思わせるような陽気の日が続きました。
今日は少し凌ぎやすそうです。
今週末NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日は福岡を除いて恵まれそうで日曜日は全地域でぐずついてしまうそうです。
関東以西、来週梅雨入りかも?ですが梅雨入り前の週末、まだそれ程暑くないので新緑の街路樹に覆われた街は如何でしょうか。
お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、新しくナチュラル色が追加になったスピンドルバックチェアです。
150529-1.jpg

このチェアは今までウォルナット色のみで販売していましたが、テーブルにオークナチュラル色が追加される予定なのでそれに合わせてのナチュラル色の追加となりました
デザインのモチーフは、フィンランドのデザイナーチェアで、これをポーランドのトーネットチェアを作っていた曲木工場で作っています。
曲木工場と言っても実際、曲木を使っている部分はありません。
強いて言えば、シートに積層合板を使っているところが「曲木工場らしさ」を感じるところでしょうか。
ポーランドと言うと少し馴染みが薄く感じられるかも知れません。
場所はドイツの東側で、昨今問題のあるウクライナの西にあたり、南はチェコになります。
大国ドイツとロシアに挟まれたポーランドは、長い歴史の中で決して安泰とは言えませんでした。
先の戦争で首都ワルシャワが戦場になったのもそれ程昔の話ではありません。
僕は、ワルシャワとベルリン(ドイツ)の中間にあるポズナンと言う都市で家具の見本市が行われるため何度か行った事があります。
その当時まだ、ソビエト時代の影響が残っていて仕事で行っても面白いところでした。
街の佇まいは、まだ古く自動車もソ連製のラダや東ドイツ製のトラヴァントが多く走り、公共交通は路面電車(トラム)とトロリーバスが主流でした。
まるでモノクロームの映画の世界でした。
ポズナンの見本市のあと、約150キロ離れたヴロツワフと言うところにある家具工場に行き、川沿いにあるレストランでいただいたコルドンブルー(キエフ風鳥のカツレツと日本では呼ばれています。鳥胸肉の中に香草バターとハムを入れ衣を付けて揚げ焼きするウクライナ、キエフの伝統料理。あつあつの出来たてにナイフを入れると中からバターが飛び散ることから、ポーランド人は爆弾とよんでいました。コルドンブルーはフランスの呼び名。この場合バターがチーズになります。)が忘れられません。
氷の付いたウォッカのボトルをショットグラスで乾杯して・・・・。
当時のワルシャワも大都市と言う他はこのポズナンとあまり変わらない印象でした。
た。
今では地下鉄が2路線ある近代都市になっているそうです。
そして、家具の生産量は世界第4位と世界有数の家具輸出国となっています。
さてチェアに話を戻して、ナチュラル色ですが以前、ナチュラルとウォルナットとミックスして販売するとナチュラルが「さし色」(通常アクセントになるカラーを意味しますが、この場合は、ウォルナットを引き立てるアクセント色を言います。さし色は「さし色単体」で売れる事は全体の10%から20%と言われていますが、さし色がないと主流の色も売れない事もあるのです。)になってしまいナチュラルが売れ残ってしまう事がよくありました。
ただ最近は、その差が縮まってきたような気がします。
奥行きが深い座面とハイバックの組み合わせで座り心地も抜群なのは、色が変わっても同じです。
150529-2.jpg

素材は天然木ブナ無垢材をフレームに、天然木ブナ積層合板(プライウッド)をシートにと贅沢に木をふんだんに使用してあります。
価格はウォルナット同様の14,800円(税込)となっています。
ナチュラルは、使いこなしが難しいと言われていますが、チェアにデザイン性があるので比較的スムーズにお部屋に馴染んでくれそうです。
質感や座った時のフィーリングを是非NOCE(ノーチェ)各店にてお試しいただければと思います。

A5910チェア
¥14,800(税込)
幅41×奥行48×高さ82(43)㎝


今週、円安が進んでいます。
このまま一本調子で行くのか予断を許しません。
なぜならば円安は輸入価格、つまり原価の上昇に直結するからです。
この円安は2007年以来です。
チャートをひも解くと2007年から4年かけて円高が続き2011年(震災の年)をピークに円安が進み丁度、今年が4年目になります。
見事なⅤ字を形成しています。
2007年アメリカのサブプライムローン問題から発生した金融危機は2008年にリーマンショックを迎え世界同時不況へ突入していきました。
このころから円高が始まったと考えられます。
そして円安ですが、これは金融緩和によるものでこの円安がどこまで続くかは読み難いところです。
例えば来週、支払期限を迎えるギリシャがデフォルトすればトレンドは又変わっていくでしょう。
ただ、輸入価格は為替だけで考える事はできません。
なぜならば、海外の原価自体が7年前と違ってかなり上昇しているからです。
2007年時の原価が10ドルだとすると現在は大体17ドルから20ドル位に上昇しているのです。
付き合いの深い会社でも最低5割(15ドル)は上昇しています。
ラフに2007年から原価は、毎年約1割上昇していると考えられますが、2007年から始まった円高でこの上昇分を吸収できました。
これが、円安トレンドになると反比例するのです。
2007年に10ドルのものは、4年後の2011年には14ドルです。
円換算すると10ドル×124円=1,240円です。
2011年、円のピークを80円と考えると14ドル×80円=1,120円になるのです。
為替だけで考えれば、円高で利益が上がると考えられますが海外の商品価格の上昇から考えればそれ程の差はありません。
ところが17ドルに123円をかけると大変な事になるのです。
なんと、2,091円です。
2011年、4年前の約「倍」です。
そして、販売価格は7年前からたいして変わっていないのです。
どう乗り切るか、思案のしどころです。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 15:15:55|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年5月22日 The monster has gone.

今週は、なんとまた台風の接近がありました。
ただ先週のものと違って関東から遠かったためか、フェーン現象が起こらずに、むしろ涼しい「まるで秋のようなさわやかな風」が吹いていました。
今日も心地良い風が吹いています。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域の天候ですが土曜日、日曜日とも恵まれるのは、札幌、仙台、新潟、で他地域は土曜日に関東、名古屋、大阪が恵まれるそうですが、日曜日はぐずついてしまうそうです。
広島、福岡は土曜日、日曜日ともあまりスッキリしないお天気になるそうです。
お出掛けの際には是非、NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければとお客様の御来店を全国スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、既にリリースされているソファの新色です。
7220ソファとして6年前に初リリースしたソファで、当時からグリーンとブラウンの2色のみの展開でした。
150522-1.jpg

商品は、短命なものがあります。
流行性の強いもの、品質に問題があるもの、売れると思っても期待以上に売れないものなど様々です。
NOCEには20年というようなロングセラーもありますが、6年も売れ続ければロングセラー言えるでしょう。
クセのないシンプルな少し重厚感のあるデザインは、
マッシブなアームと低い背もたれのバランスに基づいています。
150522-2.jpg

そしてシートに内蔵されたポケットコイルがクオリティを上げています。
150522-3.jpg

今回、新しく加わった色はブルーです。
150522-4.jpg

デザインは普遍的でもカラーの流行は売り上げに反映されます。
ここ3年くらい前からブルーが売れるようになりました。
カラーの流行はサイクルのような気がします。
その昔、ソファのカラーと言えばブルーの時代がありました。
NOCEのソファで当時のソファのベストセラーは、ライトブルーのストライプ柄のソファベッドでした。
ドイツ製の88,000円のソファが月に300本以上売れていました。
今のブルーも流行なのでピークアウトは必ずあります。
「現在、どうか?」と聞かれても「すみませんが、お答えできません」と答えるしかありません。
それでもインテリアをカジュアルに楽しむなら、それが例え流行であっても「好きな色を選ぶ」事が正解だと思います。
さて、値段ですがビックリです。
この円安と消費税増税にもかかわらず、6年前の価格と同じ29,800円(税込)です。
「円安と増税で原価は確実に30%以上値上がりしている」にもかかわらずです。
ファブリックのクオリティもポケットコイルの数などの質など何ひとつ落としていません。
ひとえに企業努力ですが、ロングセラーの強みもあります。
「長くなってしまうので止めときます」ではマズイので簡単に。
商品をリリースするには、開発から始まって売れるまでに時間や手間がかかります。
これは全て経費です。
長く売れ続けると「この経費がかからなくなる」ので値上げコスト分を吸収する事が出来るのです。
申し訳ありませんが、これ以上企業秘密なので書けません。
ご容赦をお願い申し上げます。

7220ソファ
¥29,800(税込)
幅155×奥行88×高さ76(45)cm
※部分組立


今から一カ月前の出来事だったでしょうか。
朝、下北沢を会社に向かって歩いていました。
0522-1.jpg

別に変わった様子もありません。
「だんだん昔の線路が埋められていくなぁ」とぼんやり思っていました。
0522-2.jpg

そして、遠くを見ると・・・・・なんと「あの怪獣クレーン」が無い・・・・・・。
0522-3.jpg

「一体どうしたんだぁ!」
0522-4.jpg

「・・・・・・・・・・」
「なんでそんな姿になっちゃったの!」
「・・・・・・・・・・・」
「何で答えてよぉ!」
どうやら、あの壮大なクレーンと運転台が抜けてしまい、魂も無くなってしまったようです。
なんだか、いつもあるものが無いと少し寂しいものです。
「抜けがら」のシルエットがくもり空に切り取られていきました。
0522-5.jpg

その晩、僕は怪獣に言い忘れた事に気付いて
0522-6.jpg

走りました。
0522-7.jpg

「言っておかなければいけない事に気付いたんだ。僕のブログで、君の事、下北沢の空を奪う高層ビルを建てるデストロイヤーって書いたけど、本当はただ井の頭線のガードを付け替えに来ただけの心やさしい怪獣なんだよね。知ってたのに面倒くさいから訂正忘れてた。でも、君はずっとこの街のヒーローだったよね。街に来る人はみんな写真撮ってた。青い空とオレンジのコントラスト。上海行きの飛行機で空から見た事もある。そして、一番君が素敵だったのはあの晩・・・・皆既月食の晩・・・覚えてる?・・・・君とオレンジの皆既月食・・・・みんなのシャッター音がこだましてたっけ・・・・きっとみんなの心に刻まれてる・・・・はず。」
0522-8.jpg

「バイバイ・・・・ヒーロー・・・」
0522-9.jpg

翌朝、同じ場所に来ると怪獣は影も形も、そして残骸さえまったく無く消え去っていました。
0522-10.jpg

そして街は、何も無かったように1日が始まっていきました。
0522-11.jpg

行き交う人達の雑踏、そして当たり前のように過ぎて行く日々・・・・・。

それでも僕は、忘れない。
  1. 2015/05/22(金) 15:18:18|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年5月15日 2015年のゴールデンウィーク

先週は、仕事日が2日しかなく一週間分の仕事を凝縮してやらなければなりませんでした。
特に海外は、ゴールデンウィークは関係ないのでメールバックするだけで結構な時間がかかってしまいます。
しかも、メールバックの返信が直ぐに来るのでなかなか終わりません。
そんな感じで先週は、ブログまで到達しませんでした。
ゴールデンウィークが終わった今週ですが、初夏を思わせるような気温が続いています。
チェコに「気温が30度」と伝えると、「海で泳がないのか?」と聞かれてしまいました。
台風は来るし本当、夏です。
このまま暑い日が続くと本当の夏はどうなってしまうのでしょうか・・・・。
最高気温50度とか。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日はほぼ全地域であまりスッキリしないお天気になるそうですが、日曜日は福岡を除いて恵まれるそうです。
お出掛けの際には是非、NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、カフェ系の王道と言えるダイニングチェアです。
150515-1.jpg

バイイングは去年の9月でしたが、諸事情により遅れてしまい、リリースが3月中旬になってしまいました。
好評で初回入荷分が既に在庫切れになりそうなので、昨日慌ててリピートオーダーをかけました。
新商品のリリースは、いつも「ヒヤヒヤ」ものです。
まず、「売れなかったら・・・」で、次に品質です。
品質が見本と違う場合や、部材の品質を落として出荷されてしまう事もあるのです。
今回のチェアですが、品質の問題や見本との相違はありませんでしたが、組み立て式でその方法に若干課題がありました。
生産者は「問題ない」との事でしたが、チェアの組み立ては結構難儀です。
ただネジを締めて完成させるだけでは済みません。
微調整をしないと「ガタつき」がでてしまうのです。
大体のお客様は「組み立ては初めて」です。
微調整自体が難しい上、穴が微妙にずれているとネジを締めたり、緩めたりしながら合わせていかないと上手く合いません。
これでは、簡単に組み立て出来るわけありません。
600本以上ありましたが、結果として全て組み立てての出荷となりました。

さて、チェアに話を戻して、まずデザインの特徴ですが丸みを持った背もたれと
150515-2.jpg

脚の形状にあります。
150515-3.jpg

特に背もたれのフレームと一体化した後脚は
150515-4.jpg

後方と側方に開き、背もたれとシートを支えています。
150515-5.jpg

そして、座面のRとミックスされ曲木のようなフレームに曲線はないものの全体的な印象はとても柔らかなものに仕上がっています。
150515-6.jpg

フレームの素材にはチークと
150515-7.jpg

ナチュラルにはアッシュとどちらの素材も艶を落とした仕上げで、木目がとても綺麗に出ています。
150515-8.jpg

シートのカラーはイエローと
150515-9.jpg

ブルーの2色で、フレームはアッシュナチュラルとチークの2種類になります。
150515-10.jpg

木目を活かした木の素材感と曲線を意識させたデザインが、ファブリックの色と絡んで絶妙なバランスを全体に与えています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですがシンプルでも充分活用できそうです。
シートのカラーにアクセントがあるのでカーテンや壁の色とコーディネートさせると一層引き立ちます。
さて、価格ですが14,800円(税込)とこの素材とデザインを考慮すれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
深めの座面に曲線が強調された背もたれは、デザインだけではなく座り心地の良さも同時に与えてくれます。
実物を是非NOCE(ノーチェ)各店にてお試しいただければと思います。

NS9268ダイニングチェア
¥14,800(税込)
幅53×奥行52×高さ79(48.5)cm


今年のゴールデンウィークは、どこにも行きませんでした。
正確に言えば日帰りの海だけでした。
土曜日、連休初日、比較的に道路が空いていたので九十九里海岸まで行きました。
京葉道路が少し混んでいたくらいで往復スムースでした。
150515-11.jpg

帰りに昼ごはんを食べようと思ってコンビニに寄ろうとしたら、「なんかいつもと同じじゃつまらない」と思い地元のスーパーに行きました。
いつもと違う品揃えで新鮮でした。
とりあえず、おいしそうな弁当をゲットして肉売り場へ・・・クセなんです・・・知らないスーパーに行ったら肉売り場とワイン売り場に行くこと。
肉売り場に行くと「卯の花牛」という九十九里産の牛肉が売っていました。
おからをベースにした飼料を与えているそうです。
見た事ありませんでした。
なんか美味しそうな上に安い。
それもサーロインです。
160gで1600円。
下北沢では考えられません。
でも・・・1600円は高いかぁ・・・けど「どこかに行ったつもりで買っちゃえ」と。
何年ぶりでしょうか、和牛サーロインの霜降り。
塩のみで味付けしてグリルパンで炙って、少しいつもより高めのワインで。
最高でした。
日曜日、昼間ベースを弾き続けていました。
多分、4時間はやっていたと思います。
先日、調整に出したフェンダーのジャズべーが帰ってきて、弦高下げてもらいネックも調整してもらったのでスラッピングの曲ばかり夢中になって弾いてしまいました。
夕方、「どこかに行ったつもり」で代々木上原にあるシーフードのレストランのテラス席を5時から予約して友人とやりました。
出来あがるのが早くて、下北沢に帰って近所のバーで飲み直したらしいです。
記憶がありません。
月曜日、朝からプールでクロール、ノンストップで1時間、約3キロ。
「いつもの仕事帰りのプール」より早いラップで泳げました。
「仕事帰り」は、やはり疲れている事を知りました。
昼ごはんと夜ごはんを買うために、プールの帰りにスーパーへ。
昼は、やきそばを作る事にして、肉売り場に。
なんと、5等級のシャトーブリアン(ヒレ、テンダーロインの中央部の最もいいところ、牛1頭からヒレ肉が4キロでシャトーブリアンはたった600グラムしかとれない)があーるじゃありませんか。
見た事ない肉です。
テンダーロインだって高根の花です。
100グラム2,600です。
「どこか行ったつもりで」エイ!と買い物かごに。
シャトーブリアンに似合うワインが無ければと、いつももより高級な「スーパータスカン」を。
肉とワインだけで6,000です。
火曜日、この日はフェンダージャズべーではなく、シェクターの5弦フレットレスを5時間近く弾き続けました。
夜は馴染みの、レストランへ。
店の記念日だったし、連休どこも行かなかったので何時もより高いワインをお願いしました。
7,500円、ワインだけで。
そして、気持ちよくなってしまったらしく帰り道に顔見知りのワインショップで「連休どこも行かなかったので何かスペシャルなワインを」と言ったらしいです。
翌日、財布のレシート見てビックリ。
5,000円もするワインを無意識で買ってしまったみたいです。
後日、ショップの人に聞いたら「とても楽しそう」だったそうで、ソムリエと話して選んだそうです。
記憶が全くありません。
それでもセラーにちゃんと入っていました。
水曜日、母親を検査入院のため車で病院を往復しました。
帰りにデパ地下で昨日買ったボルゲリ(イタリア)のワインに合うおかずを買いました。
和幸のヒレカツをメインにサラダと点心を少々。
ボルゲリとヒレカツ(オリーブオイルでやります)最高でした。

あっという間にゴールデンウィークが去っていきました。
多分、どこかに行った方が安くついたと思います。

  1. 2015/05/15(金) 15:43:39|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年5月1日 バタフライテーブル

今週は、初夏を感じるような日が続き、半袖で過ごす日も多くなりました。
いよいよ明日からゴールデンウイークです。
僕は、カレンダー通りの休みで特にこれと言った予定はありません。
観光地は多分「激混み」で道路も大渋滞。
宿泊施設はどこもほぼ満室状態です。
とりあえず、一日はテラスのあるレストランで5時くらいから始めようと思っています。
5月の風に吹かれながらシャンパン。
そして6時半、「まだ明るい頃にはもうすっかり出来あがっている」です。
今の時期、日が暮れる時間が遅く余韻に浸れます。
他に何をするか・・・。
長水路(50mプール)でしょうか。
千駄ヶ谷の帰りに青山界隈を漂いながら気に入ったお店にふらっと立ち寄るとか。
それから、春の海もよさそうです。
まだ少し冷たい春の潮風に、キラキラ光る海と波・・・・。
砂浜に出来た風の造るドレープに想い出を沈めて・・・下北沢に帰ると辺りは夕暮れと雑踏・・・カウンターに座り・・・グラスに・・・一杯から始めて・・。
なんだか、飲みの理由探しになりそうです。
週末と連休のNOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、4日、5日とぐずつく地域もありますが全体的にはまずまずのお出掛け日和になるそうです。
ゴールデンウイーク、お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。
それでは素敵なゴールデンウイークをお過ごしください。

今週は、先週まで出張ブログを書かせていただいたので久しぶりに商品のご紹介をさせていただきます。
テーブルの端を折る事が出来るバタフライテーブルです。
150501-1.jpg

テーブルの両端を折ったり、伸ばしたりして必要に応じ
150501-2.jpg

天板の面積を調節する事が出来ます。
150501-3.jpg

このような伸長式タイプのテーブルは、形状によって微妙に呼称が変わっています。
よく日本ではエクステンションテーブルなどと呼ばれていますが、まつ毛の「エクステンション」から派生したのかわかりませんが、基本はExtendable Table又はExtending Tableといわれています。
正確に言えばPossible to extendなテーブルでしょうか。
ただ、これは伸長式テーブルの総称でタイプ別にはドローリーフテーブル、ゲートレッグテーブル、ドロップリーフ(バタフライ)テーブル、に分けられます。
ドローリーフ(Draw Leaf)は、天板の左右の下に小さい天板が収納されてそれを引き出して伸長させるテーブルで文字通りリーフ(板)を引く(ドロー)わけです。
それに対しゲートレッグテーブルは、テーブルの両端が折れているのはバタフライと変わりませんが、伸ばす時にそれを支える折りたたまれた脚があるテーブルです。
16世紀のイギリスが始まりで、チューダー様式のオケージョナル家具の代表です。
アンティークショップでも人気商品で、日本でも流行った事がありました。
一方バタフライは、テーブルの端が折れ、伸ばした時に支えるものが脚ではなく棒状の物を天板下から引きだして使用するテーブルです。
左右の折れた板がまるで「蝶の羽根のよう」だからでしょうか。
ただ、バタフライテーブルも一般的には「卓球台」を意味し、エクステンション同様に和製英語のような気がします。
正確には、左右のリーフ(板)が落ちる(ドロップ)ドロップリーフテーブルが一般的です。
そこで日本で、馴染みの深い「バタフライテーブル」と命名させていただきました。

デザインの特徴は、脚と天板の形状にあります。
150501-4.jpg

脚は4本とも対角線上に外に開いています。
150501-5.jpg

折りたたむ天板の形状は、端に向かって切り込みが入っています。
150501-6.jpg

これは、テーブル表面の有効面積が少なく効率的ではないように感じられますが、ここに切り込みを入れる事により人の脚がぶつからない利点があるのです。
通常のバタフライは丸か角ですが、丸は足元のクリアランスは確保されますがテーブルの表面積は少なくなってしまい、角は表面積の有効性は確保されますが足が当たってしまいます。
この両者の長所を活かしたデザインになるわけです。
折りたたまれたテーブルの端を
150501-7.jpg

持ち上げてテーブルの下にある「支え棒」を引き出し、持ち上げたテーブルの下に引っ張って固定すると完了です。
150501-8.jpg

ドローリーフテーブルの場合、天板に物が載っていると天板を持ち上げにくく手を挟んだり、載っているものが落ちたりする可能性がありますが、バタフライの場合は関係ありません。
テーブルの配置としてはこのように折れたテーブル側を壁に付けると一層お部屋のスペースが有効に使えます。
150501-9.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系からシンプルと幅広く溶け込みそうです。
素材は、アッシュ天然木で天板はチークがチーク天然木突板でナチュラルがアッシュ天然木突板になっています。
カラーは、チークと
150501-11.jpg

ナチュラルの2色のご用意になります。
150501-10.jpg

カラーにより表情がまったく異なってみえますのでお部屋のコーディネートでご検討いただければと思います。
さて、価格ですがこの素材と雰囲気で26,800円(税込)とかなりコストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。
とにかく、使い勝手がよく雰囲気や質感のよいテーブルです。
是非、実物をNOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

NS9269バタフライテーブル
¥26,800(税込)
幅79~138.5×奥行79×高さ75.5cm
※組立式
  1. 2015/05/01(金) 14:43:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ