NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年07月

NOCEのバイヤーズブログ

2015年7月31日 北欧系本格派ソファ

今週も、暑い日が続いています。
夏なので、仕方ありません。
それでも、こんなに暑い事、多分無かったように思います。
今年、5月も暑い日が続いて「5月からこんなに暑かったら、夏は一体どうなるのか」と思っていたら、やはり大変な事になってしまいました。
多分、「過去に経験したことが無いような暑さ」と言うより「過去に経験したことがないような暑さが毎日」と言う感じです。
ただこの暑さ、ゆでガエルのように慣れてしまい「だんだん普通」なってしまっていそうです。
ゆでガエルとは、カエルは変温動物なので自分で環境に合わせて体温を調節しますが、鍋にカエルを入れて徐々にあたためていくと茹であがるまで気が付かないというものです。ただ「実際実験をした」という話は聞いたことがありません。
危険や危機が徐々に進行しているにも関わらず、徐々に慣れてしまい事の重大さに気が付かない比喩と言われています。(会社などが危機的状況にも関わらず、根本的問題を解決せず借金などでその場しのぎを繰り返しているうちに債務不履行で突然倒産するなど)
カエルもそこまでバカではありません。
本当に熱くなれば逃げ出します。
僕は昔、ガス風呂でやった事があります。
浴槽に温度計入れて。
ハッキリ言って45度過ぎた位から感覚がマヒしてきます。
「これ50度位いけるかも」と思ってもなかなか温度は上がりません。
ところが、ある一定の時間からすごい勢いで上昇します。
あまりの熱さで飛び出しましたが、多分47から48くらいでしょうか。
出た後、全身真っ赤でヒリヒリして水も浴びられませんでした。
それから、全身のかゆみで3日くらい、風呂もシャワーもなしでした。
親も知りません。
「人間もカエルも熱かったり、辛かったりしたら早めに逃げる方がいい」と言うのが、僕の実験から導き出された考察です。

暑さが続く今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、にわか雨や雷雨があるところもあるそうですが、ほぼ全地域で晴れて暑くなるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、北欧を感じさせる高級感漂う本格派ソファです。
0731-1.jpg

バイイングは今年の3月で、モチュベーションはナチュラルの木製フレームでした。
木製フレームのソファと言っても、よく目にする「フレームの上に本体が乗ったもの」ではなく、ボディと一体化させたたようなイメージです。
この効果により全体をスッキリとさせる一方、フレームの木部を強調させることによりシンプルになり過ぎず微妙なバランスを保ったデザインになっています。
この手法は、10年前デンマークなど北欧系ソファメーカーで良く見かけるスタイルでした。
ただ最近、北欧でもソファメーカーが減少してしまっているようで、既に10年前のケルン(ドイツ)の見本市でも数社しか出展がありませんでした。
近隣の人件費の安いポーランドやラトビア、エストニアにデザイナーが依頼するようになったからだそうです。
さて、デザインの特徴ですが北欧モダン系らしく、低めのアームがボトムからトップに向かって外側に開いたものになっています。
0731-2.jpg

また、そのアームを木製フレームが支えるように付いているのも特徴のひとつです。
0731-3.jpg

背もたれ部分はアームと一体化しているため、角が取れて柔らかなイメージを全体に与えています。
0731-4.jpg

木製フレームと一体化した脚は
0731-5.jpg

フレームのボトム部分で外にハの字に開きます。
0731-6.jpg

アームが下方に内側に(上方に外側)つぼみ、ボトムのフレームで脚が下方に外側に開くためボトムのフレームを中心に括れを形成します。
よく北欧系ソファで見るデザインで、この作用が全体に暖かみを与えてくれるのです。
インテリアの観点から言うと、カフェ、ナチュラル、シンプル、などソフトな環境なら、ほぼオールマイティに合いそうです。
ファブリックのカラーはブルーと
0731-7.jpg

グリーンの2色をご用意させていただいております。
0731-8.jpg

フレームの素材は、アメリカンアッシュ天然木無垢でナチュラルに仕上げてあります。
0731-9.jpg

シートは奥行きが深くゆったりと座れます。
0731-10.jpg

少し余裕があり過ぎてしまう方は、付属のクッションを御利用していただきますと楽にお座りいただく事ができます。
また、シート内にはポケットコイルが内蔵されていますので、座り心地も抜群です。
さて、価格ですが幅185cm、ポケットコイル、そしてこのデザインで69,800円(税込)と考えられないくらいのハイコストパフォーマンスを実現させたソファで、ハッキリ申し上げまして安いと思います。
確かに、大柄ですがそのデザインにより圧迫感はありません。
フィーリング、座り心地、デザインやファブリックカラー、ナチュラルの木製フレームとのコンビネーション、ハイコストパフォーマンスな本格的ソファ、是非実物をNOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

暑い夏に涼しげなソファはいかがでしょうか。

PT15ソファ 3人掛け
¥69,800(税込)
幅185×奥行82×高さ81(45)cm

スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 13:47:23|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年7月24日 恋をした!

梅雨が明けた今週、猛烈な暑さが続いています。
いよいよ夏の到来です。
今週、海の日の月曜日、九十九里(千葉県の太平洋側の長い海岸)に行って来ました。
祝日でしたが、月曜日で3連休最終日だからでしょうか、道路は空いていました。
おかげで下北沢から1時間20分位で着いてしまいました。
青空に白い雲、波の音、そして海と心地良い風、いい時間を過ごす事ができました。
夏はこれからです。
週末、NOCEのある地域のお天気ですが土日の札幌、土曜日の新潟、日曜日の福岡は、ぐずつくそうですが、他の地域は土日とも晴れて暑くなるそうです。
特に関東の暑さは強烈になるそうです。
多分、下北沢も日中38度いくかも、です。
夏のお出掛けは、熱中症対策だけは万全にしておきましょう。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、新色がラインナップされたソファです。
0724-1.jpg

本体は2年半前に、グリーンとオレンジの2色でリリースされたものです。
オイルフィニッシュのオーク材フレームにスモーキ―トーンのコンビネーションが抜群ですでに何度もリピーティングオーダー(追加発注)をしているソファです。
デザインと素材、そして価格が魅力の大変コストパフォーマンスの高いソファです。
デザインの基礎は、ミッドセンチュリー(1950年頃)を代表するデンマークデザイナーによるものです。(ハンスでもヤコブでもない方)
ただこれが「ジェネリックによるリプロダクションか」というと、そうではありません。
確かに、細部にその要素を見る事が出来ますが、決定的に違うのは「2シーター」という事なのです。
オリジナルは、1シーターのみでした。
フレームが似ている2シーターもありますが背もたれのデザインやフレームの形状が違います。
厳密に言えば、2シーターはこのデザインに於いて存在しないのです。
それでもアームと
0724-2.jpg

そのフレームを背もたれ後部でつなげた曲線は2シーターでも再現されています。
0724-3.jpg

そしてフレームとシートを独立させ
0724-4.jpg

「浮き上がったようなシート」も表現されています。
0724-5.jpg

また、特徴でもある背もたれのボタンも配置されています。
0724-6.jpg

全体の雰囲気を締めているのは、オーク材無垢を使用しオイル仕上げの曲線を強調させたフレームとシートのコンビネーションですが、これに新しくリリースされたブルーのファブリックが尚一層盛り上げています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですが、インパクトのあるソファなのでハードな場面でも活躍してくれそうです。
価格は、変わらずの45,800円(税込)です。
オイルフィニッシュのオーク材を使用したフレームとその曲線、そしてブルーのファブリック、想像をはるかに超えるコストパフォーマンスです。
その雰囲気、座り心地を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MKDSソファ
¥45,800(税込)
幅130×奥行75×高さ89(43)cm


先日、下北沢の街を歩いているといつもの女子がいました。

僕「久しぶり! 幸せ見つかった? あのー、リュック重そうだけど何入ってるの?人生とかですか?」
150724-1.jpg

女子「私、わかったの! 幸せって見つけるものじゃなくて、気付くことだって・・・・」
僕「はー? ところで何してるの?」
女子「えーーーと・・・・恋してるの」
150724-2.jpg

僕「えっ! もう1回!」
女子「だからぁ・・恋してるって言ってるじゃない!」
僕「って・・・もしかして・・・後ろの彼?」
150724-3.jpg

女子「そう・・・・。ずっと気になってたんだけど・・・わかったの・・恋しちゃったって・・・」
僕「ふーーーん。」
女子「彼ね、最近、宣伝部に来てね、すごいの・・仕事熱心だし・・・しかもイケメン。」
僕「ふーん・・・。仕事熱心はわかるけど、イケメンねぇ・・そっちの世界、良くわからないけど、ところで、この人この前、女子じゃなかったっけ?」
女子「いいじゃない!そんな事!関係ないんだから!ほっといてよ!私の恋なんだから・・恋・・恋なの!」
僕「彼って、気付いてる? イケメンって言ってるけど見た事あるの?」
女子「多分、私の気持ちなんて知らないと思う・・恥ずかしくて振り向けない・・・」
150724-4.jpg

彼「今さー、僕に恋してるって言ってなかった?」
150724-5.jpg

僕「言ってないって・・。ところで彼女どんなもん・・?」
彼「どんなって言われたって・・振り向いてくれないから・・・でも僕の事好きなんだよねぇ・・・」
150724-6.jpg

彼「まぁいいや、とりあえず仕事中だから後にしてよ。僕さぁいちおう宣伝部で期待されてるんで・・・」
150724-7.jpg

女子「勝手に話しないでよ! ほっといてよ!」
150724-8.jpg

僕「ねー、そこの角、曲がったところにイケメン4人いるの知ってる? 彼らなんてどう?」
女子「知ってるけどぉ・・・」
僕「お仕事中すみません、すごいイケメンぞろいですねぇ、突然ですが自己アピールしてもらえませんか。ついでに名前付けてもいいですか?右からO, AB, B, Aでいいですか? それではOさんからどうぞ」
150724-9.jpg

O「よくマイペースって言われるけど、行動が先でちゃうんだよね、とにかくやってみないとわからないじゃん、でもやったあとよかったかのかってくよくよするわけ・・・趣味ねぇ・・自撮りかなぁ、好きなものは、スマホの中の自画像・・一日見てても飽きないんだよねぇ。・・好きなもの?・・・・自分でしょ」
150724-10.jpg

AB「よく人から変わった人っていわれるけど、かなり努力してるんだよね・・でもなんかいつも空振りでむくわれないの・・・だからあんまり色々期待しなくなっちゃった。趣味ねぇ・・・あるけど言わない・・・だって理解されないし、理解してもらおうとも思わないし・・好きなもの?・・・特にない・・嫌いなものならいっぱいあるけど・・特に甘えてるやつダメね・・・もっと努力しろよって・・・」

B「わがままって言われても全然気にならないね・・・言われれば言われるほどうれしくなるよ・・オレのアイデンティティみたいな・・・けど結構、ねに持つタイプなんだよね・・・趣味?・・・意外かも知んないけど釣り・・・・それもじっくり糸たらして待つやつね・・・好きなもの?・・・人を押しのけても目立つことかな・・・オレの場合だけかもしれないけど」
150724-11.jpg

A「オレですか・・・あんまり自分のいいところないから・・・今だってほんとはBに押さえられてストレスたまってるんですよ・・・でも言えない・・やめろよって・・・
  それより、こいつはこういう性格なんだ・・・相手にするな・・・自分さえ我慢すればってね・・・そして大丈夫、大丈夫全然気にしてないっすよって笑顔で言っちゃうんです・・・場をこわしたくないんで・・・趣味?・・・人のためになる事・・・・
   好きなもの?・・・その時ありがとうって言われる事・・・」

僕「ありがとうございました。ところでみなさん、角曲がったところの女子知ってます?・・興味のある方います?」
B「A、お前興味あるよな・・・だって他の奴、オレも含めて自分しか興味ないもん。」
A 「えーまぁ・・みなさんがそう言うなら・・・その女子なにか困ってるんですか?」
僕「今、話してきたんだけど、Aなんかどぉ? 相談から恋愛とかって・・?」
150724-12.jpg

女子「でも・・・私・・・彼以外ダメみたい・・・だって恋してるから・・・」
それから数日後、彼に会いました。
僕「どうしたの?」
150724-13.jpg

彼「自由なんだよ!」
150724-14.jpg

彼「自由になったんだよ! I am free !」
彼「ねー、カッコよくない・・僕・・」
150724-15.jpg

彼「この45度からがたまんないんだよね・・・撮ってよ・・ほら・・」
150724-16.jpg

彼「さて南口の浴衣の娘とカフェノルマーレで待ち合わせなんだ・・・いそがなっくっちゃ」
150724-17.jpg

僕「看板どうしたの? 宣伝部・・・」
彼「ああ・・あの女子が持つっていうから・・・た・たのんでないよ・・自分からいいだすからさぁ・・持ちたいって・・・」
150724-18.jpg


  1. 2015/07/24(金) 15:42:44|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年7月17日 モダンとレトロを融合させたソファ

今週始め、猛烈な暑さが続きました。
日中、下北沢の街中で気温を測ると36度でした。
こんなに暑いとこの夏は、一体どうなってしまうのでしょうか。
そして、木曜日から台風の影響で豪雨だったり、晴れたりと不安定な天気になっています。
週末は、海の日を含む3連休です。
3連休、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の仙台、新潟、名古屋、大阪はぐずつくそうですが、他の曜日は全地域でまずまずとなるそうです。
台風11号は、去りましたが、また12号が続いています。
月曜日の「海の日」は、台風の影響で波は高そうですが、湘南ならば影響は少なそうです。
僕の好きな九十九里は、まだ影響が残りそうです。
来週には梅雨明けです。(予想)
暑い夏がやってきます。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、北欧系とモダンを融合させたスタイリッシュなソファです。
150717-1.jpg

バイイングは今年の3月で、モチュベーションは、平らなデザインとナチュラルウッドのコンビネーションでした。
そのデザインの特徴はアームと
150717-2.jpg

背もたれの高さにあります。
150717-3.jpg

低めで幅広のアームが圧迫感のないソファのイメージを演出しています。
そのアームと低めの背もたれとのバランスが、全体に平らな印象を与え、モダンテイストを感じるデザインに仕上がっているのです。
150717-4.jpg

そして、ボトムにナチュラル色のウッドフレームを使用し
150717-5.jpg

(背面)
150717-6.jpg

脚を外側にハの字に開かせている点と
150717-7.jpg

背もたれに3つのボタンを施しているところが、北欧ミッドセンチュリーのエッセンスを全体に加えています。
150717-8.jpg

この2つの要素、モダンのシャープな面とミッドセンチュリーの柔らかさを融合させる事が、このソファ甘すぎず硬すぎずと微妙なバランスを保ったデザインに仕上げているのです。
この融合により、カフェ系からナチュラル、シンプル、モダンと幅広く様々なインテリアに対応する事ができるでしょう。
脚の素材はアッシュ天然木無垢材を使用し、ナチュラル色に仕上げています。
150717-9.jpg

ファブリックのカラーは、グリーン
150717-10.jpg

イエロー
150717-11.jpg

ブルーの3色になります。
150717-12.jpg

どのカラーもこのソファのデザインに似合うように選択してあります。
また、奥行きの深いシートに低い背もたれ、そしてシートに内蔵されたポケットコイルは、抜群な座り心地を与えてくれます。
さて価格ですが、59,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えられないくらいのお値打ち価格です。
シンプル過ぎず、またアクの強さもないデザイン、そしてポケットコイル内蔵のシートとこの値段からは想像できない程のパフォーマンスを与えてくれるでしょう。
実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

YU5811Cソファ 3人掛け
¥59,800
幅181×奥行73×高さ71(42)cm
  1. 2015/07/17(金) 15:14:30|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年7月10日 ワンランク上のダイニングセット

今週も梅雨らしく雨の日が続いていました。
七夕の夜も雨でした。
もっともあまり七夕の事を知らない人が増えているような気がします。
下北沢のスーパーの前にある植木鉢に短冊がかかった木がありましたが、写真を撮っているのは外国からいらっしゃった方ばかりでした。
それにしてもこの時期、3つの台風が同時多発とは珍しい事です。
ヨーロッパでは熱波らしく、パリで40度近い気温が観測されました。
日本でも、火山活動が活発化しています。
金融の方は大丈夫でしょうか。
来週の月曜日がきがかりです。
来週と言えば、例年なら梅雨明けです。
暑い夏の始まり・・・・かどうか。
週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、福岡の日曜日を除いて全地域で恵まれるそうです。
絶好のお出掛け日和になりそうです。
その際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、ハイグレードなダイニングセットです。
0710-1.jpg

こちらの商品はNOCEでもっとも高価なダイニングセットです。
そのため、いつも後でお伝えさせていただいております価格ですが、先にお伝えさせていただきたいと思います。
価格は128,000円(税込)です。
一見、この価格で引いてしまいそうですが、チェアが15,800円(税込)、テーブルが64,800円(税込)と考えれば、それ程「高い」とは思いません。
しかも、セット価格として通常の単品価格より安く設定させていただいておりますので、是非ともご検討いただければと思います

全体のデザインは、北欧が基本になっています。
0710-2.jpg

テーブルのデザインの特徴は、テーパードの円筒型の脚が外側に開いている部分と、
0710-3.jpg

天板の周りに縁取りを施して角を落とし、天板自体に丸い印象を与えたところです。
0710-4.jpg

脚の北欧ミッドセンチュリーと天板のモダン北欧スタイルという二つの要素が上手く融合し上質なスタイルを構築しているのです。
一方のチェアですが、ミッドセンチュリーの典型といえるデザインです。
0710-5.jpg

フレームを上部から下方に向かって外に開かせ
0710-6.jpg

楕円形で湾曲させたシートをやや前方に取り付ける手法はその象徴と言えるでしょう。
0710-7.jpg

大きめな背もたれは、座り心地の良さに貢献しています。
また、ファブリックのカラーはあれこれ悩まずこのスタイルとトレンドからブルーのみとさせていただきました。
そしてデザイン以上に、このダイニングセットを一段と上質に見せているのが、素材と仕上げの質感です。
0710-8.jpg

素材はオーク天然木ナチュラルで表面をマット(艶消し)で仕上げています。
この仕上げとデザイン、そしてブルーとのマッチングが価格以上のパフォーマンスを演じているのです。
ミッドセンチュリーの香りを漂わせ、「今」のエッセンスを加えたダイニングセットは上質な空間をお部屋に与えるでしょう。
質感、座り心地、雰囲気、実物を是非、NOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

KARDELLOダイニングセット
¥128,000(税込)
テーブル:幅140×奥行80×高さ71㎝
チェア:幅45×奥行47×高さ75(45)㎝
※組立式(テーブルのみ)

  1. 2015/07/10(金) 16:24:27|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2015年7月3日 クロちゃんが舞った日

今週も梅雨らしく、雨や曇りとジメジメした日が続きました。
そして7月に入りました。
海開きした海岸も多数あります。
ギラギラした太陽が苦手な人は今くらいの海がお奨めです。
少し寒いのを我慢すれば、クラゲや人が少なくて快適です。
ただし、今週末の関東沿岸部は雨みたいです。
週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、札幌の土日は恵まれ、新潟の日曜、広島の土曜を除いて雨や曇りと言ったはっきりしないお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと、お客様の御来店を全国スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、木製アームのソファです。
0703-1.jpg

現在取引中のメーカーから、1年程前に特別価格にてオファーがあった商品です。
その後、サンプルとして1台だけ他の商品とともにコンテナに積んでもらい展示したところ好評だったので導入する事に決めましたが、それまで課題もありました。
1番の問題は、「組み立て式」でした。
サンプルの段階で簡単ではありませんでした。
もちろん、「組み立て式」は、商品代金が安いだけではなく、小さくなるので輸送料が大幅に削減できます。
ただ、「お客様組み立て」で難易度が高いとアウトです。
そのためメーカーに交渉してセットアップしての出荷を検討してもらいましたが、当然コストは上がります。
結果として市場での競争力は低下してしまうのです。
そしてデザインです。
このデザインは言わずと知れたデンマークのデザイナーのものですが、ジェネリックとして売られているものです。
ただ、細部にコストカットが施されていて構造も外見も若干違います。
またサイズも微妙に違いますが、これはかえってスッキリ見えるので○。
0703-3-2.jpg

こうしたデザインが「受け入れてもらえるかどうか」です。
とりあえず初回は、テスト販売として既存のソファのオーダーとともに60台コンテナに積んでもらいました。
特徴は、ナチュラルカラーのウッドフレームに鮮やかなカラーリングのファブリック、そして価格です。
まずアームのデザインですが、このサイドビューは巨匠デザイナーそのものです。
0703-2.jpg

大きく違うのはバックです。
0703-3.jpg

巨匠の方は縦に入るラダーバックでフレームが見えている状態で、背中のクッションとフレームが一体化していません。(このソファは一体化)
このため、厳密に言うと背もたれの高さが少し低めになり(あえて言わせていただくと)全体のバランスがいいような気がします。
フレームの木材はコストの関係でラバーウッドを使用しています。
0703-4.jpg

ファブリックのカラーはブルーと
0703-5.jpg

グリーンです。
0703-6.jpg

どちらの色もナチュラル色のフレームとの相性は抜群です。
インテリアの観点からカフェ系、ナチュラル系からシンプルとソファに個性があるのでお部屋の雰囲気作りの要になってくれそうです。
さて、価格ですが「組み立て済み」で59,800円(税込)とお手頃な価格設定となっています。
実物の雰囲気や座り心地を是非NOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

NC130ソファ 3人掛け
¥59,800(税込)
幅175×奥行75×高さ76(43)cm


それは5月初めの日曜日の事でした。
僕は、ベースを弾いていました。
するとベランダに置いてある「みかんの木」にひらひらと黒いアゲハ蝶が舞っていました。
しばらくすると、今度は綺麗な色をしたアゲハ蝶(ナミアゲハ)が舞いました。
その後、そっと「みかんの木」を見ると、なんと雄株の葉にひとつ、雌株の葉にひとつとたまごがそれぞれ付いています。
植木鉢の小さな「みかんの木」なのでアゲハ蝶もひとつしか産んでいかなかったのでしょうか。
この「みかんの木」ですが、3年前にアゲハ蝶をかえした時、みかんの葉を見つける事に苦労した事からホムセンで買ってきたものです。
それから3年、初めてです。
そしてこの木も育ったので産んでいったのだと思います。
今回、予想外なのはそれぞれ異なる蝶が違う木(同じ木ですが)にひとつずつ同時期に産んでいった事です。
蝶も木に付いている葉の量でたまごの数を決めるのでしょうか。
一週間後、直径1ミリくらいの黄色いたまごから2ミリくらいの黒い子供がそれぞれ生まれました。
この時、どちらがクロかナミかわかりません。
特に、クロアゲハは山椒の葉に産む事が多く、僕もみかんのクロアゲハは初めてでした。
さて、この「みかんの木」を部屋に入れるかどうか・・・。
部屋に入れれば責任もって蝶にかえさなければなりません。
それでも、外に出しておくと天敵が多いため蝶になる確率は低いと。
特にこの小さい時にハチにやられてしまうケースが多いのです。
という事で部屋に入れる事にしました。

すくすくと育っていきました。
餌がみかんの葉のため木から逃げる事はありません。
しばらくすると、ナミアゲハとクロアゲハの違いが見えてきます。
そこで、ナミちゃんとクロちゃんと命名する事にしました。
ナミは、体が小さいのですが始終動いて葉を食べますが、クロはのんびりで動きもナミの10分の1くらいのそのそしています。
ただ、ナミの木は葉が少なくおそらくこのままでは生きていけなくなるので、外にあるみかんの木から枝を折って継ぎ足しておきました。
クロもナミも順調に成長し体の色がグリーンになりました。
この頃になると葉の食べ方が多くなり、1日1枚食べてしまいます。
そして、オスメスの区別ができます。
よく動くナミがオスでクロがメスでした。
敵のいない葉っぱに囲まれた日の射す窓辺の毎日は、幸せそのものです。
そしてベランダの前の「みかんの木」の葉がだんだん無くなっていきます。
これを見ていたら、なんか「みかんの木」もかわいそうになってしまい、「みかんの木」を保護するため、ナミもクロも箱に移して外の葉を取ってきて育てる事にしました。
まずは、よく動くナミから。
箱に入れると隅々まで動き回り葉を食べます。
次に、クロを移動させるのですが木の幹にくっついていてなかなか葉に移動してくれません。
葉に移動した所を「葉ごと」移してしまおうと言うわけです。
待つ事4時間。
ようやく箱に移しました。
育った木を惜しんでいるのでしょうか、箱の中でじっとしています。
そして時間の経過とともに彼らの体に変調が来ます。
蝶になる準備である「さなぎ」になるのです。
この「さなぎ」になる前、この変調のためかとにかく動き回ります。
箱からの脱走も試みます。
「一体、自分、どうしたんだ!」と言った感じでしょうか。
ナミがさなぎになりました。
そして、のんびりのクロが箱の中を考えられない速度で動きまわった後に、用意した割りばしにぶらさがって「さなぎ」になりました。
さなぎになって11日後の土曜日の朝10頃、ナミが蝶になりました。
小さいアゲハでした。
箱から出して2時間後、羽根を乾かして飛び立っていきました。
クロちゃんは、まだ眠ったままです。
それから、毎朝チェックです。
朝、蝶にならなければ次の朝までなりません。
何故チェックが必要かと言うと、もし箱の中で蝶になってしまい長時間放置すると羽根をパタパタさせるので傷んでしまい飛べなくなることもあるからです。
しかも、仕事のある平日に蝶になってしまうと面倒見られません。
そして土曜日をむかえました。
朝、5時半この時期すっかり辺りは明るくなっています。
「今日も蝶になる気配なしか」と思っていたら8時半頃、
突然クロちゃんが蝶になってしまいました。
150703-000001_2015070316084662b.jpg

生まれたてなのでまだ羽根が濡れていて
150703-000002_201507031608480d3.jpg

脚もよちよちです。
150703-000003_20150703160851fa3.jpg

しばらく羽根を乾かした後、パタパタとし始めたので僕の指につかまらせて
150703-000004.jpg

寝室にある東向きの窓のカーテンに着けました。
s-0703-.jpg


クロちゃんはこれから敵の多い自然界へと飛び立っていかなければなりません。
黒い羽根が透けてまるで影絵のようです。
それから、待つ事3時間全く動きません。
のんびりしていた子供の頃のように。
そしていよいよ「フライトだ」と羽根を閉じるのですが、また羽根を開いてじっとしています。
150703-000006.jpg

これを何度も繰り返していました。
昼近く、カーテン脇のベッドのカバーを直そうと広げた瞬間、驚いたクロちゃんが突然飛んでしまいました。
でも全然、飛べません。
ダメです。
「ゴメン! クロちゃん!」
このままでは鳥の餌になっちゃうよー!
ひらひらと落下しながら、なんとか進むのですが隣の壁に当たって墜落しそうでした。
とその時、渾身の力を振り絞ったクロちゃんは方向をこちらに向けターンしたのです。
そして、なんと奇跡的にベランダの網戸につかまったのです。
僕は胸をなでおろしました。

僕「クロちゃんさっきはゴメン。驚かすつもりはなかったんだ。ただずっとそこにいるかと思ってベッド直しただけ・・・」
150703-000007.jpg

クロ「本当にビックリしたぁ。あんな大きな物見た事がなかったから思わず羽根が動いてしまったの。そしたらフワッと体が浮いて・・・でもね全然飛べなくて。このまま死んでしまうかもって。そしたら、見覚えのあるベランダが見えて・・・それから先はなんだか覚えてなくて。」
僕「本当に良かった。よく戻って来られた。そこなら安全だからゆっくりできるはず。
クロちゃん、下を見てごらん。覚えてる?クロちゃんが大好きだった、みかんの木」
クロ「エッ、これが?こんな小さかったっけ?」
僕「そう。いつも「のそのそ」上にいったり下におりたりって・・・何時間もかけてさ。」
クロ「やめて、のそのそなんて・・・・ただ日の光が気持ちよかったから」
僕「窓から中は見える?窓のヘリにあの育った箱があったんだよ」
クロ「もちろん覚えてる。いつもその横でベース弾いてたでしょ、そしていつも夜遅く帰ってきて、だんだん私に関心無くなってたみたいだったし」   
僕「あ、それはさぁ、クロちゃんがさなぎになっちゃったから・・・ね」
クロ「ねぇ、ドア開けて、中に入れてよ。そんな話するもんだから私、部屋に帰りたくなっちゃった、日に包まれてごろごろしたい」
僕「・・・・入れてあげたいけど・・・戻れないんだよ・・・蝶になったクロちゃんは狭いところを飛ぶと羽根を傷めてしまうから。」
クロ「そう私、蝶だったっけ・・・戻せない時間・・・2度と帰れない時空・・・」

それから2時間、クロちゃんは寝てしまったかのように動きませんでした。

僕「起きた?」
クロ「あー、眠い」
僕「夜になったらどうする? そこで一晩過ごせばいい。そして一生ずっとそこに居ればいい。どこからか花を摘んで持ってきてあげるから・・・」
クロ「・・・・・・・」
僕「そこでじっとしていて、彼が来たらさっと飛んでつかまえて、大好きなみかんの木にたまご産んで・・・そしたらまた僕が育てるから・・・」
クロ「あのー、少し言葉の意味がわからなくなってしまって・・・眠いからかなー・・みかんの木って・・・」
僕「大好きなみかんの木だよ!いつも太陽の下、上にのぼったり、おりたり・・・気持ちよかったよね・・・どうした?・・」
クロ「なんか、空が急に広がっていく・・」

それから更に1時間、午後4時、蝶になって8時間。

僕「ねぇ、ベースの事覚えてる?・・・」
クロ「・・・・・・・」
僕「それじゃクロちゃんのために1曲やるよ。えーーと。そうだなぁ。ちょっと古いけど
  山下達郎のRide On Time 旅立ちにピッタリかと思って」

ケースからこの間、工房に調整に出したばかりのコンディション最高のフェンダージャズ
ベースを取り出しリモコンをオンして曲とともに始めます。
スラッピングが効いた名曲です。(原曲ではフェンダーのプレシジョンベース)
曲が終わって。

僕「ねぇ、どう?」
クロ「・・・・ごめんなさい・・よくわからない・・・」
僕「よく、みかんの木の前で弾いてたじゃない・・」
クロ「ねぇ・・それよりここはどこ?・・・そしてさっきからずっと考えてたの。 あなた、いったい誰だっけ・・・?」
僕「いいよ・・・僕は覚えてるから・・・」
クロ「・・・・・どんどん空が近づいてくる、・・・・」
僕「さっき熱演しちゃって・・・ちょっとTシャツ着替えてくる・・・」

ベースをスタンドに立てて着替えて戻ってくるとクロちゃんはいませんでした。

僕「えー!なんで・・・突然・・・・挨拶なしって!」

急いで寝室の窓から空を見るとヒラヒラと黒い蝶が舞っていました。
そして彼方に消えて行きました。

クロ「だって・・・ありがとうって言ったら・・このままずっと飛べなくなってしまいそうだったから・・」

その日の夕方、下北沢の空が深紅に染め上げられていきました。
150703-000008.jpg

今頃、同じ空の下で舞っているのでしょうか。
150703-000009.jpg


僕は、しばらく見上げる空に「めそめそ」していました。
過ぎた時間にひらひらと蝶が舞っていました。

会話以外、全て事実です。
  1. 2015/07/03(金) 16:11:51|
  2. バイヤー&スタッフのブログ