NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年02月

NOCEのバイヤーズブログ

2016年2月26日 素材感豊かなテーブル

今週で2月も終わりです。
もう桜のつぼみが膨らみ始めていますが、まだ寒い日が続いています。
水曜日の夜は、雪がちらつきました。
先日、札幌に用事で出かけました。
日帰りのつもりが、天候のため最終便が欠航になってしまい、振り替えられた前の便も条件付きでした。
その条件が、なんと「羽田がダメだった場合、関西国際空港」だったので空港から引き返して札幌の夜を楽しむ事にしました。
ジャズライブバー、ワインバーとはしごして・・・・、辺りは雪が積もってと飛行機のおかげでトリップすることができました。
札幌のおみやげといえば、定番の「白い恋人」ですが冗談をこめて「黒い恋人」を買ってしまいました。
前に、類似商品で「おも白い恋人」で問題になりました。
「尾も白い恋人」ではなく「面白い恋人」だと思います。
今度「黒い恋人」に対し「はら黒い恋人」では・・・・・絶対売れません。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域の天候ですが、土曜日、新潟、関西、広島、福岡は雨やくもりとスッキリしませんが、日曜日は、新潟、福岡を除いて恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材を使用し表面をオイルで仕上げた素材感たっぷりなダイニングテーブルを御紹介させていただきます。
160226-1.jpg

デザインは、オーソドックスでスクエアを強調したシンプルなものです。
特徴は、天板に対して太い四角形の脚で「ファーマーズテーブル」や「ファームヤードテーブル」と呼ばれるカントリースタイルのテーブルが基本です。
160226-2.jpg

イギリスでパイン材を使いオイルで仕上げたものが有名で、日本でもカントリーブームの頃よく見かけました。
そして、20年位前にアッシュ材にヴェンゲと言うかなり「ブラックに近い濃い茶色」でステインされたテーブルが、「禅スタイル」として流行しました。
よく、ヨーロッパのインテリア雑誌に浴衣を着たカップルが羅列された漢字のパーテーションを背に低いソファに座り、白い皿にならんだ寿司と餃子を食べるシーンが見られたころです。
日本食ブームの頃でした。
「FUTON」と言うベッドも流行りました。
そのブームが去った後、ナチュラルオークにオイルステインされたテーブルが流行りました。
これは、ババリアカントリースタイルと呼ばれるもので(ババリアは南ドイツのバイエルンの南側)骨太で素朴なドイツらしいテーブルでした。
ただ、ソリッドオーク(無垢材)を使用しているため、180cmのテーブルが30万ととても手が出る金額ではありませんでした。
しかも、オークをふんだんに使用しているため無骨過ぎて日本の家屋には馴染めそうもない感じです。
さて、今回のテーブルですが、ブリティッシュカントリー、禅、ババリアンと来てかなり洗練された感じに仕上がっています。
160226-3.jpg

前3者と較べると別物に見えます。
ひとつは天板の厚みによるものと思います。
天板はオーク無垢材(集成無垢)を使い、厚みを押さえてあります。
160226-4.jpg

脚と天板の厚みのバランスを見るとそのスッキリ感がおわかりいただけるかと思います。
160226-5.jpg

そして更に上質な雰囲気にしているのが、仕上げのオイルステインです。
160226-6.jpg

綺麗過ぎず、ラフ過ぎずと絶妙なバランスの取れたステインで、木目を大変美しくさせています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系、シンプルとデザインがシンプルでナチュラル色が濃いためオールマイティに対応します。
また、最近のブルックリン系でもこのスタイルのテーブルをよく見ます。
合わせるチェアは、曲木035ブラック、DC231Aウォルナット、ブラック、T3534、T3533などで、かなりその色が濃くなります。
もちろん、木製チェアならオークだけではなく
160226-7.jpg

ウォルナットでもいけます。
160226-8.jpg

素材は、オーク天然木無垢でオイルで仕上げています。
サイズは120×80×72.5㎝と
160226-9.jpg

150×80×72.5㎝の2種類になります。
160226-10.jpg

さて、価格ですが120が58,000円(税込)と150が64,800円(税込)とこの素材感と雰囲気から考えられないくらい格安です。
ただ、ウイークポイントがあります。
現段階で改善策を検討していますが、このオイルステインが熱に弱いらしく使用前や使用中に乾いた布でふき取っていただく事と、全部とは言えませんが集成無垢の欠点で使用中にクラック(ひび)が入ってしまうと言う点です。
どちらも味と思えば問題なく、それを上回るくらいのパフォーマンスがあります。
ブルックリン好きの人は「クラックが入った方がカッコいい」と言っていました。(アメリカ人)
ソリッド(無垢)の証拠だからそうです。
個人の趣味にもよりますが、「オイルが浸み出さないように、そしてクラックが入らないように」と作るとどうしても綺麗なものになってしまい、ナチュラル感が損なわれてしまいまい、その上コストもかかります。
この欠点を差し引いてもパフォーマンスは充分あると思います。
是非、実物をNOCE(ノーチェ)各店にてご確認いただければと思います。

MK-DTPB-V120テーブル
¥58,000(税込)
幅120×奥行80×高さ72.5㎝
※組立式

MK-DTPB-V150テーブル
¥64,800(税込)
幅150×奥行80×高さ72.5㎝
※組立式
スポンサーサイト
  1. 2016/02/26(金) 15:04:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年2月19日 フレンチにもブルックリンにも見えるチェア

先週の日曜日は、まるで初夏を感じさせるような陽気でした。
窓を開け放して風に当たっていると季節を忘れてしまいそうでした。
街は、夏の香りがしました。
ところが翌日から一転、冬に逆戻りで寒い日が続いています。
ただ今日は、暖かくなるそうです。
見上げると春の色をした空が見えます。
今週末NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で崩れ、日曜日は札幌、新潟が雪の他は恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週は、アイアンと木を融合させた繊細なチェアを御紹介させていただきます。
160219-1.jpg

バイイングは去年の9月でした。
アイアンフレームに木製の背もたれとシートを組み合わせたハイブリッド構造で雰囲気は、シートや背もたれの形状から北欧のスクールチェアやミッドセンチュリーを連想させます。
これに、繊細なアイアンのフレームを加える事により「野暮ったさ」が無くなり斬新なイメージさえあります。
そしてポップなカラーリング、ほぼ「一目惚れ」でした。
この商品のメインバイヤーはフランスだそうで、「パリのカフェ」や「アパルトマン」を想像しますが、「ブルックリン」でも通用しそうです。
まず、デザインの特徴はこの脚にあります。
160219-2.jpg

1本の棒状の細いアイアンをボトムで曲げ、テーパードさせています。
ミッドセンチュリー、特にアメリカのテーブルやチェアでよく見かける手法です。
そして、次にプライウッド(ブナ天然木)のシートと背もたれを組み合わせたところです。
160219-3.jpg

プライウッドは、ライトオーク色に艶消しでラッカーされオイルステインのようなテイストです。
このプライウッドが、アイアンの冷たさを和らげナチュラルな雰囲気を強調しています。
丸みを帯びたシートは前方で緩く下方向にアールを付けてあり、座り心地に寄与しています。
120219-4.jpg

また、座面上のビスもアクセントになっています。
楕円形をした小さめな背もたれが、全体のデザインに北欧ミッドセンチュリーのエッセンスを加えています。
120219-5.jpg

特に、フレームと背もたれを接合させているビスがその雰囲気を一層盛り上げています。
因みに、後ろから見るとこのような構造になっています。
160219-6.jpg

そしてこのチェアの「売り」はカラーです。
ホワイト
160219-7.jpg

ブルー
160219-8.jpg

グリーン
160219-9.jpg

ブラックの4色になっています。
160219-10.jpg

背もたれに木を使用しているため様々な木製テーブルに対応します。
160219-11.jpg

160219-12.jpg

160219-13.jpg

こうするとブルックリンスタイルにもなります。
160219-14.jpg

160219-15.jpg

デザイン性に注目されがちですが、ハイバックな背もたれとシートの奥行から想像以上の座り心地を与えてくれます。
また、なんとスタッキングも出来るのです。
インテリアの観点から、カフェ系を中心にナチュラル、ブルックリンと個性的なわりにオールマイティに対応できそうです。
さて価格ですが、12,000円(税込)とデザイン性や見た目のインパクトを考慮すれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
繊細なデザイン、カラー、そして座り心地、是非実物をNOCE(ノーチェ)各店にてお確かめいただければと思います。

BIS806チェア
¥12,000(税込)
幅49×奥行52×高さ87.5(47)cm
※Onlinestoreでは同色2脚組み、¥24,000(税込)で販売しています。


  1. 2016/02/19(金) 17:57:41|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年2月12日 久々のライブ

今週は、少し寒さが和らいだような日がありました。
空を見上げると春のような空で、明日は春1番が吹くとの予報です。
そう言えば、今朝「アインシュタインの相対性理論が実証されるかも」との見出しがありました。
もし、実証されれば人間が過去の時代に行くのは不可能でもその時代を映像で見る事が出来るようになるかも知れないのです。
例えば、今見えている星の光は1億年前の光で、その光にカメラのようなものを載せれば過去を見る事が出来ると言う事です。
何時の時代が1番見たいでしょうか。
恐竜、それとも豊臣秀吉、富士山より大きかった八ヶ岳ですか。
それでもきっと実現は100年以上先の話で、今の時代の人は「見られる時代の人」になっていると思います。
「昔、人類と言う生物がいた」とか・・・なんて。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域でくもりや雨とあまりスッキリとしない天候になるそうです。
ただ気温は高くなるそうで、日曜日は関東で23度との予報です。
半袖で過ごせそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

1年位前から通うようになった飲み屋があります。
月に3回か週1ペースで行くようになりました。
そして、いつもいらっしゃる常連の僕より10以上年上の「おじ様」と会話するようになりました。
会社帰りにお立ち寄りになるようでいつもスーツにネクタイです。
話の流れで、その方が「昔バンドをやっていた」とおっしゃるので僕も「プロを目指している頃もあった」となって、「いつか一緒にできるといいですね」で終わっていました。
それが、1ヶ月前「今度の2月14日にライブやるんだけど、やらない?」と突然言われました。
いつも弾いていても「人前でいつやったのか、わからない」くらい遠い過去の話なので正直、気乗りしないので「バレンタインデーは、チョコレートの回収で忙しいから」と嘘ついてやんわり断っていました。
しかも、ギター(アコギ)2本のバックでベースです。
そして、あまりやった事がないカントリー。
それにスラッピング(チョッパーとも言う)を入れて欲しいと。
聞けば、彼の通う「自由参加型ライブバー」の行事だそうです。
そう言えば最近、この手のライブバーよく見かけます。
下北沢にも知っているだけで3件あります。
勿論、参加した事はありません。
そして会うたびに誘われるうち、「こんな偶然もありかも」と思い「リハをやる」と言うのでまずは「リハやって判断しよう」と考えを変えました。
「まずは譜面を」と言って譜面をもらいましたが、なんと歌詞の上にコードが書いてあるどこかの「うた本」のようなものでした。
5曲でしたが全部聞いた事ないので、歌詞だけでベースは弾けません。
なんとかお願いしてリハまでにコードを小節に区切ってもらうようにしました。
そしてリハは、夜7時半から秋葉原でした。
その日は、プールの日なのでロッカーに楽器を入れて75分ノンストップクロール、そしてシャワー浴びて楽器を担いで駅に向かいます。
すれ違う人の視線を感じました。
「この街で楽器持っている人は普通なんだけどなぁ」と思ったら、寒空の下にもかかわらず、汗が止まらず顔には玉の汗、髪の毛は濡れてくるし、体からは湯気が出ているではありませんか。
まるで「すでに熱いライブをやったあと」みたいです。

下北沢から小田急線に乗り新宿で
IMGP5525.jpg

総武線に乗り換え
IMGP5529_20160212161803f14.jpg

秋葉原で
IMGP5534.jpg

降りました。
IMGP5535.jpg

秋葉原で降りるの初めてです。
IMGP5539_20160212155412fb3.jpg

秋葉原と言えばメードカフェです。
AKBです。
と、思ったら呼び込みもなく普通の街と変わりませんでした。
簡単に「夜ごはん」と思って辺りを見回すと、こんな所に「箱根そば」がありました。
IMGP5542_20160212160802e13.jpg

「小田急沿線だけ」と思っていたので意外です。
昔、地上に駅があるころ下北沢にもありました。
ミニ天丼と冷たいそばのセットですが、全然ミニではありません。
これで550円、下北沢にも帰ってきて欲しい。
なんとなく懐かしい香りがする線路沿いの道を歩いて行くと
IMGP5545_20160212160605ef2.jpg

スタジオの看板がありました。
IMGP5550_20160212160607999.jpg

階段を降りてロビーにいくとおじ様と彼の相棒のギターの方がいらっしゃいました。
IMGP5551.jpg

「はじめまして」と会釈をしてスタジオに入ります。
これは、スタジオで借りた(有料)ジャズベースです。
IMGP5553_201602121620250f6.jpg

基本はフレットレスでやるつもりでしたが、スラップをやるのでフレットのあるベースが必要です。
2本持って行けないので借りる事にしました。
順ぞりの上、弦が古くて鳴りがイマイチですが、借り物なので仕方ありません。
当日は、フェンダー(70年代)のジャズベーを持っていきます。
これは、愛用のシェクター5弦フレットレスです。
IMGP5555_20160212160608248.jpg

よく鳴いてくれます。
譜面と実際の曲のすり合わせがもう少し必要ですが、なんとか着いていけました。
ギターX2とベースのトリオです。
練習はこれで終わり。
後は当日の本番前のリハのみ。
後は上手くいく事を祈るだけです。
練習が終わり、スタジオを後にしました。
IMGP5557_20160212160609ed0.jpg

アフターミーティングで「軽く一杯」誘われたのですが、時間が遅い事と明日の仕事を考えて次回と言う事にしました。
駅に向かって楽器を担いで歩いていると、遠い記憶の中に「ミュージシャン」を目指している頃が浮かんできました。
IMGP5561.jpg

その道をあきらめた日がありました。
徐々にやめる事はなく、正確に言えば「あきらめた日ではなく、あきらめた瞬間」でした。
ぶら下がっていたロープを離すように。
僕のバックの中には、家具の本と水泳用具、そしてファイルに入った5枚の譜面がありました。


  1. 2016/02/12(金) 15:13:56|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年2月5日 クラシックとハードが融合したソファ

今週も寒い日が続きましたが、今日は少し緩んで暖かく感じます。
外を歩くと日の光が春を感じさせ、梅の木には花が咲いています。
気が付けば、日が暮れるのが遅くなっていました。
いつもの週3プールですが、年末の108往復以来、なんか1時間ノンストップが物足りなくなってしまい75分が基本になってしまいました。
そして、今週からラップタイムが驚くほど早くなりました。
その原因を考えて見たところ、人生で初めて水泳の本を買った事でしょうか。
いつも立ち読みで済ませているのですが、最近本屋の本の量が激減していて「もしかしたら無くなるのでは」と思い、おもわず買ってしまいました。
確かに、勉強になりました。
もう一つ、スイムウエアを変えた事でしょうか。
前のモデルの後継モデルですが、前より体にかなりフィットします。
「塩素に強いが売り」で1年以上使ってしまい「いい加減まずい状態になった」ので買い換えました。(その前は半年ももたない)
自分のテクが向上したのか、スイムウエアのせいか・・・・。
多分・・・・・両方と言う事にしておきます。
でも「ゴーグル変えてもタイム上がる」らしいです。
因みにゴーグルの跡、通称「パンダ目」になるのが嫌で女性用使ってますが、ここは外せません。

今週末NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、札幌、仙台が雪で他の地域は晴れやくもりとまずまずのお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は新色が追加され、さらに洗練されたソファを御紹介いたします。
160205-1.jpg

既存色は、ブルー、レッド、グリーンの3色でした。
デザイン的に、くるみボタンを背もたれに多用し、丸みを意識したフォルムがクラシカルなイメージを強調しているため、あまり弱い色は似合わないと思っていました。
今回、新しく導入されたカラーはグレーです。
160205-2.jpg

グレーを採用する事により、クラシカルな臭みが抜け、本来このソファが持っている「ネオクラシック」の味がより強くなりました。
そのため、甘いインテリアだけではなくハードな空間まで幅広くカバーする事ができます。
カフェ系からシンプルやナチュラル、ブルックリンやインダストリアル系まで使い方によっては、そのインテリアの要として活躍しそうです。
例えば、ハード系インテリアで白いテーブルと合わせても甘くなりません。
160205-3.jpg

このソファにグレーを配色した事により、ある意味オールマイティな使い方ができるソファになったとも言えるでしょう。
クラシックとハード系の融合は、「クラシックのスパイス」を効かせたインテリアには最適です。
実物を是非NOCE各(ノーチェ)店にてお確かめいただければと思います。

YU8588Bソファ 3人掛け グレイ
¥54,800(税込)
幅163×奥行76×高さ78(45)cm
※部分組立
  1. 2016/02/05(金) 16:46:06|
  2. バイヤー&スタッフのブログ