NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年03月

NOCEのバイヤーズブログ

2016年3月25日 2016年 広州出張 1

今週は、桜の開花宣言が出されたにもかかわらず、冬のような寒い日が続いています。
街の桜も枝に数個の花を咲かせてから、花びらは増えていません。
今週末は、「絶好の花見日和か」と思っていたのですが、少しムリそうです。
そのせいか、街もいつもの3月末の賑わいがないような気がします。
満開の桜は、来週中ごろのようで「お花見」も来週末がピークになりそうです。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、全地域で曇りもありますが概ね良好だそうです。
春先のほころびかけた桜の木、満開の頃もいいかも知れませんが「人ごみがイヤ」な方にはピッタリです。
やがて散りゆく儚い命に精一杯服らむつぼみに時間のせつなさを感じて・・まだ人の少ない目黒川などいかがでしょうか。
お出掛けの際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

先週、プロローグのブログを書き終えて、下北沢から井の頭線で
160325-1.jpg

渋谷に向かい
160325-2.jpg

山手線に乗り
160325-3.jpg

品川で
160325-4.jpg

京急に乗り換えます。
160325-5.jpg

今回は、成田ではなく羽田からの出発でした。
国内線でよく使う空港ですが、国際線では久しぶりです。
下北沢からだと大体40分から50分と成田と比較すると各段に便利です。
何か、「海外に行く感」がなく不思議な感じです。
しかも快速特急だとなんと品川の次が羽田「国際線ターミナル」(最短11分)なのです。
160325-6.jpg

この日も快速特急で多分11分で国際線ターミナルに到着しました。
160325-7.jpg

速すぎて全く「海外に行く感」なしです。
改札を抜け
160325-8.jpg

国際線出発ロビーにエレベーターで昇りました。
160325-9.jpg

ロビーで搭乗券を受け取りました。
160325-10.jpg

ロビーは成田と違いガランとしています。
160325-11.jpg

最近、成田はLCC便(格安航空会社)の増加で海外観光客を中心に前より混んでいます。
一方、羽田はメジャーキャリア(LCC、ローコストキャリアに対して呼称。LCC出現前、マイナーキャリアに対して使われていたものの名残)が中心なので空いているのでしょうか。
これから、こういった住み分けが進むと都心から不便な成田「ローコスト」と便利な羽田が「メジャー」とハッキリしそうです。
空港内にあるショッピングモール「江戸小路」にはもう桜が開花していました。(造花)
160325-12.jpg

何故ここに来たかと言うとある買い物があったからです。
160325-13.jpg

電卓です。
昨晩、電卓がない事に気付き「コンビニで買えばいい」と思い、翌日コンビニに行くと当然在りません。
それなら、空港内にあるお土産ショップならなにかあるかもと思い歩きましたが、あるわけありません。
スマホもケータイも持たない僕にとって「今更」でした。
「全部暗算でやってやる」とヤケになっていたところ、すごく地味なスペースの片隅に小さな「電卓」がひとつだけポツリと売っていました。
カラフルやチープなものではなく、地味な黒いビニールカバーの付いた「これは便利、税計算付き」の電卓を580円で買いました。
なにか悲しくなってきました。
必死に悲しみを振り払いながら出発口から
160325-14.jpg

イミグレを終え
ゲートに向かいます。
160325-15.jpg

対面に国内線ターミナルが見えますが、見慣れた羽田空港に変わりありません。
160325-16.jpg

国内出張のイメージのままです。
ゲートに向かうと
160325-17.jpg

今日の飛行機、中国南方航空「広州」行386便が駐機していました。
160325-18.jpg

ボーディングに時間を過ぎてもボーディングのコールがありません。
160325-19.jpg

20分位すると「機内清掃のため」とアナウンスがありました。
40分すると機体整備のためと文言が変わりました。
ふと、飛行機を見ると
なんとエンジンの前に集まって首をかしげる整備スタッフがいるじゃあーりませんか。
160325-20.jpg

「これって、大丈夫?」と思いグランドホステスに聞くと「整備中」だそうです。
しかも、中国のベテラングランドホステスが中国語でグランドホステスを集めて、まるで試合中の選手のように怒鳴っています。
なんか帰りたくなってきました。
他の待っている乗客たちみんな、旅慣れているのかいないのか全然気にしていません。
「まー、片肺(片方のエンジンだけ)でも飛べるし、着陸も出来るし」とあきらめ、「整備がおわったので搭乗」のアナウンスの後、搭乗しました。
160325-21.jpg

シートに着くと
160325-22.jpg

飛行機は羽田国際空港のビルを離れ
160325-23.jpg

滑走路を
160325-24.jpg

滑り
160325-25.jpg

舞い上がると多摩川が眼下になっていきました。
160325-26.jpg


スポンサーサイト
  1. 2016/03/25(金) 15:59:34|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年3月17日 2016年 春 広州出張 プロローグ

毎年、この時期になると「行くべきか、やめるか」と悩むところですが、前回「行かなければならない」と悟ったので、今回は覚悟を決めて行く事にしました。
ここ数年インテリアの傾向が多様化し、小さなトレンドはあるものの「これ」と言ったものはありません。
例えば、「男前インタリア」や「インダストリアル」に小さなトレンドがあっても主流とまではいきません。
あえて言わせていただければ、ブルックリンや西海岸系のアメリカンスタイルが目立つようになっている事でしょうか。
とは言え、家具と言うより「ヴィンテージ小物」と呼ばれる雑貨が主役です。
さて、世界的に消費不況と言われる中、「世界の家具工場」はどこを向いているのでしょうか。
今日の午後の飛行機で夜、広州に着き、明日展示会を見て翌日早朝広州を立ち昼過ぎには羽田に戻ると言ういつもの弾丸出張です。
それでも見なければ何も始まりません。

今週末は3連休です。
桜の開花予想によると東京は3月21日なので、この連休から咲き始める事になります。
暖かな季節は、もうすぐそばです。
3連休、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日は全地域でぐずつくそうで、日曜日は新潟を除いてまずまずとなり、月曜日は全地域で恵まれるそうです。
春のお出掛けにはよさそうです。
千葉の房総半島では、黄色い菜の花が風にそよいでいます。
春の海、淡い光が波に舞い、まだ少し冷たい潮風が頬を撫でていきます。
3連休、お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

時間が来たので羽田に向かいます。


  1. 2016/03/17(木) 12:24:33|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年3月11日 カラフルなブルックリン系スツール

今週、前半は暖かな日が続きましたが、後半から冷たい雨の日になり一昨日の晩は雪がちらつきました。
よくこの時期の天候を「三寒四温」(さんかんしおん)と言いますが、暖かな日の中に寒い日がある今の季節を象徴しているのかと思ったら、これ冬の季語です。
3日寒い日が続くと暖かな日が4日続くと言う意味ですが、語源は中国で真冬、周期的に繰り返される気候を指したそうです。
ただ、最近は春先の今の季節に使われる事が多くなりました。
本当は、12月に「三寒四温」と使うのが正しいわけですが、あまりピンときません。
やはり、今の時期「寒い日が3日、暖かな日が4日と段々と春に向かう様子」が合っているような気がします。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日は新潟を除いて全地域で恵まれ、日曜日も福岡を除いてまずまずとなるそうです。
気温は、あまり上がらないようなのでコートを羽織って出掛ける最後のチャンスでしょうか。
お出掛けの際には是非NOCE(ノーチェ)のお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心からお待ち申し上げております。

今週は、スティールの脚とアンティークな風合いを持った木製シートを組み合わせたインダストリアル系スツールを御紹介させていただきます。
160310-1.jpg

特徴は、3本のスティール製の脚と
160310-2.jpg

木製座面のハイブリッドにあります。
160310-3.jpg

特に座面は、エルム材無垢(集成無垢)にオイルステインで仕上げ、無骨さを強調し、更に脚と座面部分の接合部を座面上にネジとともに露出させる事により、より「荒削り感」を強調させています。
そして、脚に色を付けることでより個性的なものとなりました。
カラーはホワイト
160310-4.jpg

ブラック
160310-5-1.jpg

160310-5-2.jpg

ブルーグレィ
160310-6-1.jpg

IMG_2486.jpg

グリーンの4色となります。
160310-7-2.jpg

IMG_3169.jpg

各色で表情が全く異なって見えます。
インテリアの観点から、色に配慮すればカフェ系、ナチュラル系、ブルックリン、シンプルとオールマイティです。
例えば、グリーンとブルーならカフェ、ホワイトならナチュラル、ブラックならブルックリンなどです。
こうしたり、
160310-8.jpg

こうするとブルックリンです。
160310-9.jpg

また、このようにサイドテーブルとして使うとお部屋のアクセントにもなります。
160310-10.jpg

160310-11.jpg

160310-12.jpg

スツールと言ってもかなり個性が強いので使い方によってはかなり広範囲に活躍してくれそうです。
さて、価格ですが5,980円(税込)とこの雰囲気から考えれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
使い方次第でかなりハイレベルなパフォーマンスを演じてくれるスツール是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

BIS701スツール
¥5,980(税込)
Φ34.5×高さ45.5㎝
※Online storeでは同色4脚、¥23,920(税込)での販売となります。
  1. 2016/03/11(金) 14:47:44|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年3月4日 シンプル且つ味のあるダイニングテーブル

今週は3月に入り、いよいよ「春本番か」と思ったら、まだ寒い日が続いています。
来週9日は、部分日食が見られます。
東京は11時8分27秒が最大になるそうです。
そして桜の開花予想が発表されました。
NOCEのある地域で西から福岡3月20日、広島、大阪3月26日、名古屋3月23日、東京3月23日、新潟4月9日、仙台4月8日、札幌4月29日になるそうです。
東京は、例年より早い気がします。
予想が当たれば、東京の桜は4月に散ってしまう可能性があります。
そして、来週は5年目の3月11日を迎えます。
今週末、NOCE(ノーチェ)のある地域のお天気ですが、土曜日、福岡以外の地域は恵まれるそうですが、日曜日は新潟を除いて曇りや雨とあまりスッキリとしないお天気になるそうです。
ただ、気温は高くなるとの事でお出掛けにはよさそうです。
その際には、是非NOCE(ノーチェ)にお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も先週に引き続き、素材感を活かしたダイニングテーブルを御紹介させていただきたいと思います。
0304-1.jpg

先週のダイニングテーブルと工場は同じなので仕上げと素材は変わらず、オーク無垢材にオイルステインでマット(艶消し)に仕上げてあります。
相違点はデザインです。
原点は、ラスティック(田舎風、飾り気のない、荒削りと訳される)と呼ばれる部類に入ります。
よくあるこのヌキの入ったテーブルは、分厚い天板に、四角く太い脚がストレートに付いているもが多く、カントリースタイルの典型です。
今回のテーブルは、ストレートに脚が付いていません。
0304-2.jpg

ハの時に外に向かって付いています。
僕の記憶ではもっと無骨ですが、南ドイツのババリアン系アンティックや、チロルスタイルのオーストリアやスイスで原形を見た事があります。
最近では、スペインのヴァレンシア家具見本市全盛期にカバ材を使った少しモダンのエッセンスを加えたスタイルがありました。
ヴァレンシア・・・・・・6回位行きました。
バルセロナから2両編成の特急で行った事もありました。
途中、窓の外、走っても走ってもオレンジ畑が続きました。(ヴァレンシアオレンジ)
ヴァレンシアに着くと、白壁にオレンジ色の「かわら屋根」に青い空、街には古い闘牛場、まさに地中海そのものでした。
街のレストランで、当然パエリアを注文すると「出来あい」のパエリアをレンジで「チン」でした。
それから、「スペインでパエリア」やめました。
話を今回のテーブルに戻してと。
今回のテーブルは、全体的に細身に作られているためカントリーやクラシックの重たいところが取り除かれシンプルな印象になり、北欧系にも見えます。
最も象徴的な「ヌキと脚」の具合ですが、太くも細くもないと言った絶妙なバランスを保っています。
0304-3.jpg

天板は、オーク天然木無垢(集成無垢、細長い無垢板を張り合わせる構造)を使用し脚やヌキと同じ様にオイルで仕上げてあります。
0304-4.jpg

このオイル仕上げが全体から「田舎っぽさ」を取り除き洗練された雰囲気を醸し出し、高級感さえ与えています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル、シンプルからブルックリンまでかなり守備範囲は広いと思います。
例えば、RY42と合わせるとカフェやナチュラルなイメージになります。
0304-5.jpg

又、DC系や曲木035のブラックやT3534チェアと合わせるとブルックリンスタイルになります。
0304-6.jpg

素材は、オーク天然木でオイル仕上げになっています。
さて、価格ですが64,800円とこの素材とデザインから考えればコストパフォーマンスは充分高い商品だと思います。
但し、無垢なので天板に「ひび割れリスク」はあります。
又、組み立て時「ネジ留めが多くやや難易度が高い」(ただ脚のネジを回すだけではないと言う事)ところが弱点ですが、それを差し引いても「よく出来たテーブル」です。
実物を是非NOCE(ノーチェ)各店舗でお確かめいただければと思います。
  1. 2016/03/04(金) 17:34:02|
  2. バイヤー&スタッフのブログ