NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年05月

NOCEのバイヤーズブログ

2016年5月27日 曲線が美しいソファ

今週は、真夏日になる日が2日ありました。
帯広で28度、札幌でも24度と、5月としては異例です。
この夏、どのくらい暑くなるのか想像するだけでもうんざりですが、先に暑くなった方がエネルギー出し尽くして冷夏になるかも・・・・・。
多分ありません。
きっと、猛暑日と熱帯夜の連続になると思います。
ただ、今の暑さは湿度が少ないので半袖で外を歩くと、風が心地よく感じられます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、日曜日の名古屋、大阪、広島、福岡を除いて恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週も先週に引き続き、新入荷の北欧系ソファを御紹介させていただきたいと思います。
160527-1.jpg

このソファも先週と同じメーカーのものでバイイングは、去年の10月でした。
全体的な印象は、北欧にイタリアンのエッセンスを足した感じでしょうか。
まずデザインの特徴ですが、丸みのある大きいアームと
160527-2.jpg

同じデザインで作られた低めの背もたれです。
160527-3.jpg

この背もたれとアームの関係ですが、前から見ると斜めに付けられたアームと背もたれは一体化しています。
これを後方から見ると外に広がったアームと背もたれは独立している事が解ります。
サイドから見ると適度に傾斜した楕円形の背もたれが、ソファらしい「どっしり」としたイメージを全体に与えています。
160527-4.jpg

曲線が強調されているソファが、甘すぎない印象になる理由でしょうか。
この、楕円のアームと背もたれを独立させた手法は、イタリアンでよく使われモダンの象徴とも言われた物です。
イタリアンにより過ぎると、一般的なインテリアに合わせるのが難しくなります。
160527-5.jpg

そこでこれを中和しているのが、アッシュ天然木を使用したフレームと一体化した脚なのです。
ナチュラルにステインされた「アッシュ天然木をハの字に開く長めの脚」が、ソファのボトムでフレームとともに形成されています。
このフレームと脚が全体に北欧のエッセンスとナチュラル感を加え、イタリアンのクセを和らげています。
今から10年ほど前、実際イタリアや北欧のソファメーカーで取り入れていた手法でした。
インテリアからの観点ですが、クセが取れたと言っても形状にインパクトがあるので「ソファが中心」と考えれば、意外とオールマイティにカフェ系、ナチュラル系、シンプル、モダン、ブルックリンまでこなせそうです。
ファブリックのカラーは、ブルーと
160527-6.jpg

グレーの2色です。
160527-7_20160527171743f3c.jpg


脚とフレームの素材はアッシュ天然木無垢で、ナチュラルで仕上げてあります。
160527-8.jpg

例えば、グレーとBF7543(13,800円税込)のようなややハードっぽいアイテムと合わせるとブックリン系になり
160527-9_20160527171745b73.jpg


ブルーにナチュラル素材のCT0915(15,800円税込)を合わせるとカフェ系やナチュラル系になります。
160527-10.jpg

さて、価格ですが79,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば高いとは思いません。(相対評価です。たしかに絶対値から考えれば高価。あくまでも商品のパフォーマンスから考えた評価です。19,800円のソファでも価格に対するパフォーマンスが低ければ、絶対値が安くても評価は下がります。)
低い背もたれと大きめなアームのバランス、曲線を強調したデザイン、アッシュ天然木ナチュラルの脚と全体の雰囲気、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

S1013ソファ 3人掛け
¥79,800(税込)
幅188×奥行81×高さ80(43)cm
※脚部とフレームの取り付け
スポンサーサイト
  1. 2016/05/27(金) 17:05:35|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年5月20日 硬めなインテリアに合うソファ

今週も初夏を感じさせる気候が続いています。
沖縄では、もう「梅雨入り」だそうです。
春の終りです。
春の終りも夏が来るとは言え、何か物悲しさを感じてしまいます。
春は冬が去り、「何か新しいものが生まれる予感」で気持ちがワクワクします。
このワクワク感が、終ってしまう「切なさ」からでしょうか。
梅雨前、外を歩く事に最も適した季節です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれるそうです。
気候もよく、絶好のお出掛け日和になりそうです。
目的もなく、心地いい風に吹かれながら歩くだけでもとても気持ちいい季節です。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、北欧系をシンプルにまとめた新入荷のソファを御紹介させていただきたいと思います。
160520-1.jpg

商品のバイイングは去年の秋で、入荷は先月でした。
スタイルは北欧色が濃く表現されていますが、あまり甘くなり過ぎてはいません。
全体的なデザインは、曲線を意識したものです。
特にこのアームの曲線は、その象徴とも言えるでしょう。
160520-2_20160520163605aea.jpg


余裕のある奥行きの利点を最大限に活かし、アーム上部から背もたれに向かって緩やかなカーブを描いて繋いでいきます。
背もたれの高さが低いため、必然的に曲線は緩やかになります。
160520-3_20160520163654ef6.jpg

薄いアームが全体のフォルムを縁取り、シャープなイメージを演出しています。
160520-4.jpg

又、アームが外に少し開くように湾曲しているため、「シャープなイメージ」と言っても硬質感はありません。
160520-5.jpg

そしてこのソファを更に上質なものにしているのが、ボトムでフレームと一体化しているオーク材の脚です。
160520-6.jpg

テーパードで長めの脚が、全体のデザインに北欧のスパイスを加え、全体に高級感を与えているのです。
160520-7.jpg

シートと背もたれのクッションは6個に分かれています。
160520-8.jpg

デザイン重視のためシートは薄く硬めですが、奥行があるため「ふかふか」よりも腰をしっかり受け止めます。
160520-9.jpg

又、付属の小さなクッションは、「ランバーサポート」としても使えるので、硬いシートに浅く腰かけても快適です。
インテリアの観点から、北欧系シンプルやブルックリンと言った硬めのインテリアが合いそうですが、ナチュラル系やカフェ系でも全く問題ありません。
特に、最近のカフェは、ニューヨークスタイルのインテリアが多く、北欧ヴィンテージ系と拮抗するか、ニューオープンの店は殆どニューヨーク系なので、ひとえにカフェと言っても多様化しています。
このソファに個性があるので、ソファ中心にダイニングや周辺のインテリアを決めて行くのもアリです。
脚とボトムの素材は、天然木オーク無垢材を使用しています。
ファブリックのカラ―はブルーと
160520-10-1.jpg

グレーの2色になります。
160520-10-2.jpg

このようにコーディネートするとブルックリン系になります。
160520-11.jpg

壁にサイン系のアクセントを施せば完璧です。
さて価格ですが、69,800円(税込)とこのスペックを考慮すれば充分コストパフォーマンスのある商品です。
幅が176㎝と大柄に感じますが、シャープなデザインが圧迫感を消しています。
薄いアームが、シートのクリアランスに充分な余裕を与え、3シーターと変わらないパフォーマンスを確保しています。
高級感とデザイン、とてもこの価格とは想像できないソファ、是非NOCE各店にて実物をお確かめいただければと思います。

S1008Aソファ 2人掛け
¥69,800(税込)
幅176×奥行78×高さ83(42)cm
※脚部とフレームの取り付け
  1. 2016/05/20(金) 16:06:00|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年5月13日 オーク素材とファブリックが融合した綺麗なチェア

ゴールデンウィークが終わり、夏日が続いていて街はまるで初夏です。
つきなみな質問ですが、「連休は、いかがお過ごしでしたでしょうか?」
僕は、最後の土日の土曜日に海へ行って来ました。
連休終盤とは言え、道路は驚くほど空いていました。
九十九里浜まで、のんびり走って1時間10分で着いてしまいました。
この時期、九十九里浜(千葉県)では、はまぐり漁が真っ盛りで4cmくらいのはまぐりを大量に採っていました。
本当は絶対やってはいけない事ですが、砂浜でひとつふたつ採ってみました。
砂浜が少し盛り上がっている所を手で少し掘ると、面白いほど採れます。
でもこれは、密漁行為なので絶対やってはいけません。
勿論、採れたものは全て埋め直します。
先日、下北沢にあるスーパー「オオゼキ」に行くと、パックに入った4cm くらいのはまぐりが売っていて「九十九里産」と書いてありました。
多分、あの時見た「はまぐり」だと思います。
感激して・・・・・・・買いません。
「はまぐり」が嫌いだからです。
はまぐりが、終わると季節は梅雨に向かっていきます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれるそうです。
絶好のお出掛け日和になりそうです。
気温が高くても、湿度の低い心地いい風が吹いています。
鮮やかになってきた街路樹の緑の葉が、風にそよぎます。
風になびきながら「さわさわ」する音を聞くとほのかに夏の香りがします。
週末、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、シートカラーとオークのコンビネーションが素晴らしいチェアを御紹介させていただきます。
160513-1.jpg

もともとこのチェアは、シートに「ブラックPVC」を施し、ダイニングテーブルとセットで販売しているものです。
オーク無垢材に、オイルステインで「木の風合い」を活かしたベストセラー商品です。
今回、「少し柔らかなイメージを」と思いシートをファブリックに変えてリリースしました。
デザインは、丸みを帯びた背もたれに
160513-2.jpg

左右と
160513-3.jpg

前後にハの字に開く脚で北欧系ミッドセンチュリーに基づいています。
160513-4.jpg

フレームがラウンド状ではないため、全体的に甘くなり過ぎず引き締まって見えます。
160513-5.jpg

そしてオーク無垢材をオイルで仕上げたフレームは、ナチュラル感たっぷりな上、高級感さえ漂わせています。
160513-6.jpg

綺麗な木目が特徴であるオーク材とファブリックの相性は抜群で、このチェア全体を上質なものにしています。
160513-7.jpg

この木目は、背もたれだけでなく
160513-8.jpg

脚や
160513-9.jpg

無垢材を使用しているため贅沢にも、フレーム上すべてに見る事ができます。
160513-10.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系を中心にブルックリンやシンプルまで幅広く対応できます。
素材は、オーク天然木無垢を使い、オイルで仕上げてあります。
シートのカラーは、グレーと
160513-11.jpg

ブルーの2色のご用意となっております。
160513-12.jpg

全体的にコンパクトなので、お部屋に配置しても圧迫感がありません。
その上、奥行きにゆとりのあるシートと背もたれのカーブで座り心地も抜群です。
さて価格ですが、9,980円(税込)とこの素材と雰囲気で10,000円以下とは、想像を超える安さです。
合わせるテーブルは、オーク系が基本ですがチェアの主張が強いので割とどんなテーブルでもいけそうです。
160513-13.jpg

また、同色で揃えず2色で揃えても良さそうです。
初回ロットは完売してしまい現在は2クール目ですが、これも早そうです。
デザイン、仕上げ、雰囲気に座り心地、そして強力なコストパフォーマンス、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MK1T4Cチェア
¥9,980(税込)
幅45×奥行47×高さ75(45)㎝
※Online storeでは同色2脚組み¥19,960(税込)で販売しております。
  1. 2016/05/13(金) 16:46:54|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年5月6日 2016年ゴールデンウイーク

今日は、3つに分かれたゴールデンウイークの2つ目が終わった金曜日です。
今日を休みにして6連休にする人もいるそうですが、僕はカレンダー通りのお休みのため、今日は通常出勤です。
それでも街は、まだ連休モードで今日も昼から人で溢れそうです。
今年は、出掛ける人が少ないのか、地方から東京に遊びに来る人が多いのか、主要な東京の街は異常な程、人でいっぱいでした。
外国の方ではありません。
外国の方は、地震関連でキャンセルする人が多かったそうです。
まぁ考えて見れば、「下手な外国に行くより、東京の方がずっと面白い」です。
2泊3日の滞在で、「ディズニー無し」としても回るのは無理です。
銀座、東京駅周辺、新宿、渋谷、青山、六本木に加えて、代官山周辺、浅草、下北沢などのコアな街から最近注目されている門前仲町、清澄白川、築地周辺の下町、高円寺、中野、吉祥寺と言った中央線沿線エリアまであります。
そしてこれらの街には、個性的な飲食店も多く高級から立ち飲みまで「星の数」程あるのです。
特にこの時期、休日まだ明るい夕方5時くらいから、アウトサイドに席のある店で飲み始めるのが最高です。
下町や、高円寺、中野には屋台のようなアウトサイドにビールケースをテーブル代わりに置く、「昭和時代の情緒溢れ過ぎ」な店がたくさんあります。
そのまま居ても、はしごしても、また新宿まで(高円寺、中野からなら電車で10分)行ってゴールデン街や2丁目に行く事も出来るのです。
また高層ビルやホテルのバーも節度を保てば、それ程高く付きません。
東京に暮らしているとわかりませんが、確かに東京はパラダイスだと思います。
時差もなく、言葉も通じます。
東京に住んでいても「知らない東京」が沢山あります。
そう言えば、僕も仕事以外で海外に行きたいと思わなくなってしまいました。
面倒くさい手続きに飛行機。
東京で充分。
でもこれってあまりよくありません。
どんどん内向きになってしまうからです。
世界は、知らない事ばかりです。
「もっと、見聞を深めなければ」と思いますが、実際「パリに行って何したい?」と聞かれても、前ほど「これ!」がありません。
絶対よくありません。
でも・・・・・飛行機で12時間・・・。
今年のゴールデンウイーク、海外にどのくらい行ったのかわかりませんが、東京に今まで見た事もない程の人が居たのは確かでした。
週末、ゴールデンウイーク後半のNOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、関東、広島、福岡を除いてあまりはっきりしないお天気になるそうですが、2016年ゴールデンウイーク最終日は全地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。
  1. 2016/05/06(金) 16:26:44|
  2. バイヤー&スタッフのブログ