NOCEの家具バイヤーズブログ 2016年07月

NOCEのバイヤーズブログ

2016年7月29日 2016年、梅雨明けなのにお別れですか

今週、関東、甲信越でも梅雨が明けました。
ただ、例年と少し違うようです。
今朝、起きると青い空に真っ白な雲とグレーの雲、少し切なくなるような空でした。
まるで、北海道やドイツのような空です。
これは、本来梅雨前線を北に追いやる太平洋高気圧が弱く、北のオホーツク海高気圧に覆われているからです。
去年の今頃は、強い太平洋高気圧の影響で38位の猛暑日が続きました。
今発生している温帯低気圧も台風に変わってすぐ消えてしまうのでしょうか。
それでも夏は夏です。
しかも、日中過ごしやすく熱帯夜も無く大歓迎です。
オホーツク海高気圧。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌を除いて全地域で恵まれるそうです。
去年のような猛暑日は無さそうなので、お出掛けには良さそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国各店スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

春まだ浅い頃、柔らかい朝の光が
160729-1.jpg

下北沢の路地に降り注いでいました。
160729-2.jpg

いつもと
160729-3.jpg

何も変わらない、下北沢の朝の風景がありました。
160729-4.jpg

その朝の静けさを破るような
160729-5.jpg

光景に出合いました。
160729-6.jpg

えー!まさか?ウソだ!・・・・多分リニューアルのため・・・下北沢ではよくある事・・・。
「ねぇーー、あの黄色いのぼりって本当ですかぁ?」
160729-7.jpg

「・・・・・・・・・・・」
「ところで今、何やってるんですかぁ?」
「決意をしているところなの」
「えっ・・・何の決意ですか?」
160729-8.jpg

「それはね・・・・・大人の階段のぼる事・・・」
160729-9.jpg

「えー、ってその階段ですか?僕には、どう見ても下北沢のビルの階段にしか見えないんですけど」
「そんなこといいじゃない!他人に見えなくても私にしか見えない事があるの!だからぁ・・それが大人の階段なの!傷つけないでよ!・・・悲しくなってきた・・」
「ごめん・・・そんなつもりで言ったわけじゃなくって・・・その大人の階段の行き先って知ってる?・・・そして1度のぼったら振り返ることが出来ない事・・・そして2度と戻れない事、・・・・」
「そんな事、もちろん知ってる、だからそれが大人の階段・・・。ぜんぜん下北沢の階段じゃない・・。」
160729-10.jpg

「それでもここは、下北沢ですよぉ。それなら下北沢の大人の階段?大人の下北沢の階段?それとも階段の大人の下北沢ですか?あっ!わかった階段の下北沢の大人であたりでしょ!」
「バカにしないでよ!大人の階段の事なんか誰にもわからないんだから!・・・大人の階段・・・大人の階段なんて・・きっとみんな嫌いなはず・・・見ないふりしてるだけ!」
160729-11.jpg

「決めたわ」
160729-12.jpg

「えっ?」
「決めたの!」
160729-13.jpg

「何を?」
「のぼるの!」
160729-14.jpg

「のぼるのよ!大人の階段!ありのままで、自分を信じて、そうよ変わるの、私、少しも寒くないわ」
160729-15.jpg

「少し、違う方向行ってませんか?」
「いいの・・・・これでいいの」
160729-16.jpg

「ちょっと待って、これでお別れ寂し過ぎる!他の店で看板娘のバイトで雇ってもらうとか、ここに残って背中に(テナント募集中)背負うとか、何か方法あるでしょ!それなら不動産広告に(美しいお姉さん付き物件)で特集組んでもらうとか・・・なんとかできないの!」
「・・・・・・・・・」
「さてと、そろそろ行くね」
160729-17.jpg

「本当に?」
「私、もうのぼり始めたから振り向けないけど、忘れてた・・・ありがとう・・・私を知らない誰かに私がいた事を知らせてくれて・・・」
160729-18.jpg

僕は、悲し過ぎて最後まで見送る事は出来ませんでした。
RIMG0024.jpg

そして桜坂を
降りる途中、
RIMG0026.jpg

カフェ・ノルマーレで荒れた心をコーヒーで潤しました。
RIMG0030.jpg

RIMG0028.jpg

「すみません!おとなの階段って一体なんでしょうか?」
RIMG0025.jpg

「うーーん、いい質問だ、それはな、人生は全てガラスのショーケースの中って事さ、つまり自由の中の不自由と不自由の中の自由って事」
「ところで、あなたはどちらでしょうか?」
「オレはな、自由と不自由の間に無限に広がり続けるブラックホールの時空の彼方から微かに見える光が幾重にも屈折して、見えないものが見えてくるような精神構造はまるでポケモンをスマホの中で見つける仮想現実からの逃避に迷走する心理構造から派生する邪推と戦う・・・・・・・○×△□☆・・∞・・・」
「ありがとうございます。大変よくわかりました」
梅雨明け前
下北沢の路地は
淡い雨に包まれ
彼女のいなくなった階段をうっすらと濡らしていました。
翌日、2016年の梅雨が明けました。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/29(金) 17:06:05|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年7月22日 スクールチェア 3

今週、関東以西で梅雨が明けましたが、関東では涼しい風が吹いています。
今朝は、少し肌寒く感じられる程でした。
梅雨明け予想の最長が7月23日頃だそうなので、それは超えそうです。
オホーツク海の高気圧のおかげで熱帯夜にならないのが幸いです。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、梅雨の明けない関東や新潟、仙台を含め全地域で恵まれるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も新入荷のスクールチェアのご紹介です。
3回にわたってご紹介させていただいたスクールチェアも、これが取りあえず最後です。
「何故スクールチェア?」ですが、現在インテリアシーンのトレンドを見ると、ヴィンテージを主流としたカフェ系から、インダストリアル、ニューヨーク・ブルックリンスタイルまでと少しカオスのような状態があります。
NOCEのチェアで言えば、T3534M1チェアはブルックリン系の代表的チェアです。
このチェアは、もともとシートもスティールでしたが、少しハードになりすぎるのでウッドに変更しました。
その事により、カフェ系でもある程度対応出来るようになりました。
さて、スクールチェアですが、ブルックリンとカフェの中間的存在とも言え、インテリアでは、見た目より意外とオールマイティに使えるのです。
そこで今週のスクールチェアです。
160722-1.jpg

デザインの特徴は、まずアールの付いた背もたれを支えるフレームです。
160722-2.jpg

このアールが全体の雰囲気を柔らかくし、インダストリアル系の硬さを和らげているのです。
そしてそのフレームに支えられた小ぶりな独立した背もたれも所謂「かわいさ」を強調しています。
160722-3.jpg

シートと背もたれを接合しているビスが露出していて、雰囲気を盛り上げています。
160722-4.jpg

脚に入っているヌキも上手く使われて、デザインのアクセントにもなっています。
160722-5.jpg

素材は、脚にスティール、シートと背もたれには、アッシュ天然木プライウッドを使用しています。
カラーは脚にブラック、シートと背もたれはチークでステインされています。
このブラックフレームとチークの組み合わせは、正にスクールチェアの定番とも言えるコンビネーションで、ブルックリン系インテリアの要ともなっています。
インテリアの観点から、ブルックリン系やカフェが中心ですが、シートと背もたれに天然木を使用しているためナチュラルでもいけそうです。
これは、BF2458と合わせたものですが、普通の木製ダイニングテーブルでも充分雰囲気が出ます。
160722-6.jpg

これはBF7038です。
160722-7.jpg

これはBF6123Sで全然違和感なしです。
160722-8.jpg

このテーブルは、MK-DTSOでブルックリンインテリアの王道とも言える組み合わせです。
160722-9.jpg

TC140テーブルとの相性は、天板がナチュラルでも抜群です。
160722-10.jpg

TC-80で天板にブラウンを選ぶとブルックリンの匂いがより一層濃くなります。
160722-11.jpg

一見、癖がありそうなチェアですが、わりとオールマイティに対応する事ができるのです。
さて、価格ですが13,800円(税込)と、このクオリティから考えれば、充分コストパフォーマンスの高いチェアと言えるでしょう。
3回にわたってご紹介させていただいたスクールチェアですが、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MS595チェア
¥13,800(税込)
幅42×奥行47×高さ76.5(45)cm
  1. 2016/07/22(金) 14:59:46|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年7月15日 スクールチェア 2

先週のブログで「今年は、梅雨前線がない」と書いてしまいましたが、これは事実ではありません。
しっかり在りました。
お詫びして訂正いたします。
今週は、梅雨の末期のような豪雨の日もありました。
梅雨明け間近でしょうか。
今週末は、海の日が絡む3連休です。
関東近郊の海水浴場はどこも海開きをしていますが、年々盛り上がらなくなっています。
やはり海に行く人が少なくなったからでしょうか。
先週、晴れたので九十九里に出かけましたが、いつもある「海の家」がありませんでした。
海に入りましたが、クラゲにやられました。
この時期にクラゲです。
海水温が上昇しているからでしょうか。
そう言えば去年話題になったサメって・・・・。
だから、海に来なくなってしまうのかも。
3連休の週末、NOCEのある地域のお天気ですが土曜日は、札幌、名古屋、大阪、広島で晴れますが、他は愚図つき、日曜日は、札幌を除く全地域でくもりや雨、海の日の月曜日は、広島を除いてあまり恵まれないそうです。
「梅雨明けの海の日」にはなりそうもありませんが、日を選べばお出掛けにはよさそうです。
その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、前回ご紹介させていただいたスクールチェア1に続いて、第2弾のスクールチェアのご紹介です。
160715-1.jpg

前回ご紹介させていただいたスクールチェアと、基本的に同じ北欧系ですが脚のデザインに特徴があります。
A状に前後に開く脚が左右に付いている所です。
160715-2.jpg

スクールチェアなのでデザイン上の都合ではなく、機能の問題です。
このチェアのデザインが、スクールチェアがモチーフなので完全な「スクールチェアのレプリカ」ではありません。
本来の目的はズバリ「スタッカブル」(チェアを重ねて置くことが出来る。スタッキングとも言う)だと思います。
その部分をデザインとして取り入れているだけで実際、積み重ねる事はできません。
そして、シートがフレームに固定されず浮いたような感じのデザインも特徴です。
160715-3.jpg

シートの形状は、先週同様先端に丸みが付いています。
又、ビスがシートと背もたれに露出しているのも重要なアクセントになっています。
160715-4.jpg

素材は、背もたれとシートにアッシュ天然木プライウッド、脚とフレームにはスティールが使われています。
アッシュプライウッドはチーク色に塗装され、フレームはブラックで艶を落としてあります。
フレームは、画像では分かりにくいとは思いますが、かなり「がっしり」した感じです。
この「がっしり」としたスティールのブラックフレームと、チーク色プライウッドのコンビネーションが絶妙で全体のイメージを決定しています。
インテリアの観点から、やはりインダストリアルやブルックリンが中心ですが、カフェ系でも充分活躍しそうです。
さて、価格ですが、¥13,800円(税込)この雰囲気から考えれば充分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
Aデザインのブラックの脚にチーク色プライウッドのシートと背もたれ、この抜群な組み合わせはスクールチェアのイメージを超えています。
是非、実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

MS520チェア
¥13,800(税込)
幅46×奥行47.5×高さ79.5(48)cm
※NOCE Online storeでは2脚セット(税込¥27,600)で販売しています。
  1. 2016/07/15(金) 14:39:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年7月8日 納涼東京タワー

今週は、涼しい日と37度近い日がありローラーコースターのようでした。
そしてまるで真夏のように夕立があったり、熱帯夜があったりと例年の梅雨とは様相が違っています。
また、天気図を見ると梅雨特有の梅雨前線が見当たりません。
例年、台風などによって梅雨前線が刺激され大雨になりますが、関東ではそれが今年はありません。
台風もなければ、梅雨前線も無いからです。
そのためダムにも水が貯まらないわけで、今この時間も刻々とダムの水は減り続けています。
梅雨明け予報は来週後半とされていますが、今年は梅雨の概念そのものが違う気がします。
「梅雨が存在しなかった」とか、「梅雨の期間が7日くらいだった」とか・・・・本当はもう梅雨明けしているのでしょうか。
因みに去年は7月10日で、平年は21日です。
そう言えば、昨日は七夕でした。
強烈に暑くて(下北沢は37度)忘れていました。
街にも笹の葉もなく、行事感や季節感はありませんでした。

今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は札幌を除いて崩れ、日曜日は大阪、広島を除いてくもりや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

東京タワーと言えば、御承知の通り「納涼」です。
道歩く人、声をかけて「東京タワーといえば?」と聞くとほぼ全員「納涼に決まってるじゃん!」とか「それやっぱり納涼でしょ!」です。

夏の午後、増上寺の森に蝉時雨が響く。
黒い雲が雷鳴と大粒の雨を引き連れてきた。
洗われた街に灯りが灯る。
160708-1.jpg

東京タワーの前にあるバーのテラスは、少し冷たい風の中に木の匂いがした。
160708-2.jpg

目の前にある鉄骨は、朝鮮戦争で使われた戦車の鉄で作られたそうだ。(都市伝説?)
160708-3.jpg

そして増上寺の墓地をつぶして建てられ、今でも脚4本のふもとのひとつは墓地だ。
東京が先を見ていた時代、オリンピック、新幹線、そしてバブル、今東京タワーは、何を見ているのだろう。
見上げると時代という時空にタワーが刺さる。
160708-4.jpg

少し冷えた夜風が、シャンパングラスを揺らす。
最後の客になってしまった。
160708-5.jpg

静かなテラスに僕と東京タワー。
名残惜しんでシャッターを切った。
ギャーーーーーーー!


なーんて、全部フィクションです。
ブログのネタを探している最中にこんな写真を見つけたので、
これを元に妄想した僕の頭の中のエピソードです。
実際、テラスには人がたくさんいましたのでご安心ください。


  1. 2016/07/08(金) 15:49:40|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2016年7月1日 スクールチェア 1

今週は、梅雨らしく雨の降る日もありましたが、やはり例年より雨は少ないような気がします。
ただ、山でも雨が降ったのか若干ですが、関東のダムの貯水率が上昇しました。
それでも今日(7月1日)で矢木沢ダムの貯水率は19,7%で、11%台より改善された程度です。
所謂、関東の水ガメと言われるダムは8か所あります。
全体の貯水量は今日現在(午前11時)で1億7736万トンです。
ここで比較するデータがあります。
深刻な水不足として貯水率のワースト記録が1994年で、30%の取水制限を実施しました。
そして1996年も30%の取水制限がありました。
現在は、10%の取水制限が実施されています。
今年の何が問題化と言うと、例年貯水率が下がるピークが8月で、最悪の1996年は6月から下がり始めたのですが今年は5月から下がり始めた事と、2億トンを割り込んだのも1ヶ月(1996年より)早い事です。
又、例年この時期に貯水量が梅雨のため底ばいしますが、その量も1996年が4億トンとすると今年の貯水量は1億7000万トンなのです。
「1996年と同じ動きをする」と考えれば、貯水率は限りなくゼロに近づきます。
同じ様な貯水率推移を見ると3年前で、2億トンを割り込み取水制限が実施された年ですが、それは7月下旬の事です。
これと比較すると1994年位は行きそうな感じですが、今年の「異常な台風の少なさ」を考えると最悪のゼロもあり得ます。
因みに2013年は8月までは平年並みでした。
現在1億7736万トンですが、1億5000万トンを下回ると更に取水制限10%が加算され20%となります。
あと2736万トンです。
さて、水不足・・・・僕にとって深刻な問題があります。
プールです。
取りあえず、ホテルのプールに高いお金払って通うか、混んだプールで我慢するか。
いや・・・海です!
諸君!海があるじゃないか!
と言うわけで、今日は江の島、鎌倉方面と九十九里の一部で海開きです。
そう言えば、もう7月でした。
今週末NOCEのある地域のお天気ですが、土日とも札幌、仙台、新潟を除き曇りもありますがまずまずだそうです。
因みに来週も「関東のダムに雨」は期待出来ないみたいです。
週末お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、ブルックリンやインダストリアルからカフェまでオールマイティに使えそうなヴィンテージ系スクールチェアです。
160701_1.jpg

「ヴィンテージ系スクールチェア」とは、わかりにくいかと思いますが所謂、学校で使うチェアの事です。
すみません・・・当たり前の事でした。
それなら何が特徴かと言えば、日本の学校にある「学校用椅子」ではなくヨーロッパのヴィンテージショップに必ず数脚置いてあるスクールチェアのレプリカです。
チェアの裏側に学校名や名前の入ったものをよく見かけます。
そのヴィンテージ系スクールチェアですが、国によってデザインや素材、カラーが異なります。
NOCEで扱っているA9349(12,800円税込)はポーランドの曲木工場で作られた15年以上前から販売し続けているロングセラー商品で、これは実際ポーランドやフィンランドで使われていたスクールチェアのリプロダクションです。
ヴィンテージ系スクールチェアは、小中学校用のスクールではなく高校以上、大学等で使用されていたものが殆どです。
さて今回ご紹介させていただくスクールチェアですが、デザインは北欧デンマークあたりが近いかと思います。
160701_2.jpg

ミッドセンチュリー時代にダイニングチェアなどで見かけるお馴染みのデザインです。
特徴は、フレーム構造に少し大きめな独立した背もたれとシートですが、スクールチェアのためフレームは木製ではなくスティールを使用してあります。
フレームのカラーは、デンマーク系なのでブラックです。
これがフランスだとブルーだったり、アメリカだとグレーだったりするわけです。
サイドビューは、質実剛健なイメージです。
160701_3.jpg

背もたれは、「しっかりと留めた感」いっぱいです。
160701_4.jpg

シートはスクールチェアの特徴通り、先端部分にアールが付いています。
160701_5.jpg

これは、立ったり座ったりを容易にさせるためでしょうか?
このスクールチェア、インテリアの観点から言えば、ブラック塗装のスティールフレームによるある種の硬さがあるので、インダストリアル、ブルックリン、カフェ系が中心になりますが、シートや背もたれが木製のためナチュラルでもいけそうです。
素材は、フレームにスティール、座面と背もたれにチーク天然木プライウッド(積層合板)を使用しています。
カラーは、フレームにブラックの艶消し粉体塗装でシートと背もたれにチークナチュラル色を活かすためクリアラッカーが施されています。
このブラックフレームとチークのコンビネーションがこのチェア全体の雰囲気を支配しているのです。
デンマークのヴィンテージ系スクールチェアは、このコントラストが多く最近のインテリアにも「すんなり」馴染めます。
例えば、テーブルBF7094S(16,800円税込)や
160701_6.jpg

テーブルBF7038S(14,800円税込)と合わせるとイメージが掴み易いかと思います。
160701_7.jpg

さて価格ですが、12,000円(税込)と素材やデザインから考えれば充分コストパフォーマンスの高い商品だと思います。
ブルックリン、インダストリアル、カフェとこのチェアがあれば結構決まります。
チークの風合いとブラックフレームのバランス、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

チェアBF7566
¥12,000(税込)
幅47×奥行57.5×高さ82.5(46)cm

  1. 2016/07/01(金) 15:11:40|
  2. バイヤー&スタッフのブログ