NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年07月

NOCEのバイヤーズブログ

2017年7月28日 オーク無垢材で作られたドレッサー

今週、梅雨が明けたはずでしたが、ぐずついた日が続いています。
特に一昨日の夜は、涼しささえ感じられました。
天気図を見ると、まだ梅雨前線が関東地方にかかっていました。
その上、奇妙な動きを見せる台風5号。
東北地方に居座る梅雨前線に阻まれているのか、太平洋の海水温の低さに妨げられているのかわかりませんが、珍しい動きなのは確かです。
勢力の強いオホーツク海高気圧のおかげで今日も「夏!」の日ではありません。
台風の影響っぽい空には、様々な色をした雲にところどころ切り取られた青い空がありました。
下北沢では、老舗の「パン屋アンゼリカ」が長い歴史に終止符を打とうとしています。
たて文字ベーカリーでカレーパンが有名でした。
またひとつ、下北沢の店が無くなっていきます。
今月末がラストなので連日行列です。
そういえば、来週からもう8月です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、仙台、新潟、関東はくもりや雨とあまりはっきりしないそうですが、ほかの地域はまずまずと恵まれるそうです。
週末、お出掛けの際にはぜひNOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、オーク無垢材を使用し表面をオイルで仕上げたドレッサーをご紹介させていただきたいと思います。
20170728-1.jpg
デザインは、4本の足に本体をのせたシンプルな構造になっていますが、外側に向かって開くテーパードレッグが、北欧ヴィンテージのエッセンスを全体に与えています。
20170728-2.jpg
この柔らかいデザインに対し、表面をオイルで仕上げたオーク無垢材を使用することにより、重厚さや高級感が加味されました。
20170728-3.jpg
この2つの要素がミックスされ、「甘すぎず、強すぎず」と絶妙なバランスをもったドレッサーになっています。
特にオイル仕上げや
20170728-4.jpg
オーク無垢材の使用により、木目が強調されより上質なものにしています。
20170728-5.jpg
たたんでいたミラーは、
20170728-6.jpg
あけると、面積があります。
20170728-7.jpg
NOCEスタッフによると「大きくて顔全体が見えやすい」そうです。
ミラーの下は、このように区切られていて、コスメなどの収納に役立ちそうです。
20170728-8.jpg
ドレッサーという機能面だけではなく、デザインと素材からインテリアの価値も高く、またデスクとしての汎用性もあるのです。
20170728-9.jpg
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプル以外に、オーク無垢とオイル仕上げの重厚さから、ブルックリン系でもいけるかと思います。
素材は、オーク天然木無垢材で、表面はオイルで仕上げています。
さて、価格ですが48,000円(税込)とこのパフォーマンスから考えれば高価とは思いません。
木目が強調された重厚感のあるドレッサーは、リビングに置いても全く違和感がありません。
このフィーリングや質感を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

ドレッサー1614
¥48,000(税込)
サイズ :幅105×奥行45×高さ114(75.5)cm


スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 15:53:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月21日 下北沢とワインと夕暮れと

今週、関東地方も梅雨が明けました。
ちょうど先週、ゲリラ豪雨のような雨が雷を伴って降った翌日で、「梅雨明けの雷」とセオリー通りに梅雨が明けました。
ただ、例年のように梅雨明けと同時に「ドカーンと猛暑日の連続」ではありません。
今日も日陰には、涼しい風が吹いていました。
猛暑は、8月にやって来るのでしょうか。
夏本番、序の口の今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌、仙台、新潟の土日を除いて恵まれるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

梅雨明けした関東地方ですが、今年の梅雨はあまりジメジメした感じがなく、むしろサッパリした感じでした。
そこで「何がよかった?」と聞かれれば、「最高に夕焼けが楽しめた梅雨でした」と答えてしまうほど、感動的な夕焼けが下北沢の空一面を覆っていました。
まず、この時期は夏至を含んで日が長く8時近くまで暮れなずんでいます。
そして、夕焼けのピークが7時位と、6時前からディナーを開始すると「いい気持ち」でピークを迎える事が出来るのです。
そして、夕焼けに欠かせないのは、雲です。
夕焼けの主役は、雲なのです。
梅雨時期の水分の多い雲と、長い日の組み合わせはベストなわけです。
しかも、6時から飲めると。

梅雨の最中、夕暮れが近付くとワクワクしながら空を見上げます。
よし!今日はいけそうだ!と下北沢の6Fにある「ワインとフレンチ」の店に予約を入れました。

家を出て空を見上げると
20170721-①
暮れかけた空が街を覆っていました。
20170721-②
「まだ間に合う」と急く気持ちを抑えながらレストランに向かいます。
席に着くと、まるで絵画のように窓に切り取られた夕焼けがありました。
20170721-③
日が沈んでいきます。
20170721-④
これからが「一番」です。
20170721-⑤
雲が
20170721-⑥
染め上げられていきます。
20170721-⑦
徐々に
20170721-⑧1
色を
20170721-⑧2
失っていくと
20170721-⑨
ひかり始めました。
20170721-⑩
グラスにシャンパンと雲を注いで夕空に捧げます。
20170721-⑪
瞬きの光はとても切なく
20170721-⑫
儚く消えていきます。
20170721-⑬
藍色の空にソーヴィニオンブラン(白ワインぶどうの品種)
20170721-⑭
雲は形を失い、下北沢の街が淡い青に包まれると
20170721-⑮
空は、その名残を惜しむように群青に変わり
20170721-⑯
雲は形を変えながら
20170721-⑰
青い帳の向こうに消えていきました。
20170721-⑱
漆黒には、メルロー(赤ワインのぶどう品種)で。
20170721-⑲
窓の下の街は、始まったばかりの夜の喧騒を謳歌していました。



  1. 2017/07/21(金) 17:07:02|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月14日 新色にリニューアルされたソファ

今週は、梅雨明けを感じさせるくらい暑く晴れた日が続いています。
それでも空を見上げると、まだ夏本番の青空ではありません。
これは、オホーツク海高気圧がもたらす「晴れ」で、まだ暑くても風がカラッとしてさわやかです。
昨日も下北沢の空には、秋を思わせるような夕焼けに包まれていました。
20170717-A1.jpg
雲を彩る橙と淡い水色の空、まだ浅い夏に吹き込んだ風は、少し冷たく感じました。
20170717-A2.jpg
来週は、梅雨明けでしょうか。
そして今週末は、「海の日」を含む3連休です。
海だ!と九十九里に毎年行こうとしますが、だいたい途中で断念してしまいます。
ローカルな話ですみませんが、東関道で湾岸市川から穴川まで渋滞すると、いくら抜け道知っていても無理です。
今年も多分無理でしょう。
ただ昨今、子供の海離れが顕著なのでチャンスありかもですが・・・・。
そういえば最近、連日の猛暑に熱帯夜にもかかわらずセミの声、全く聞きません。
セミも少子化で減少しているのでしょうか。
3連休が絡む今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、初日土曜日は仙台を除いて恵まれ、日曜日は札幌と新潟を除いてまずまずとなりますが、月曜日は関東と仙台を除いて曇りや雨といったハッキリしないお天気になるそうです。
関東は、連日もう梅雨が明けたようなお天気で来週もあまり雨が降らないようです。
今日もかなり夏!です。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。


今週は、現行色を一旦廃番にして、新たな色でリニューアルしたソファを御紹介させて頂きます。
20170717-1.jpg
このソファのリリースは、2014年6月でした。
当初は、グリーン、オレンジ、イエロー、ブルーの4色でした。
全体的に「丸くてコロっと」が強調されたデザインなため、ヴィヴィッドな原色系を使用していましたが、今のNOCEのラインナップから若干外れてしまうため、色変更となりました。
前の色は、所謂ポップなカラーで、スツールとセットになったソファでは、ややカジュアル過ぎる感じでした。
今回の新色は、グレーと
20170717-2.jpg
ブルーになります。
20170717-3.jpg
ソファは、張り地によってかなり表情が変わってしまいます。
今回の、ブルーとグレーに変更する事により、別物になったような気がします。
デザインは全く変更なく、丸を強調した厚めのアームと背もたれが特徴ですが、
20170717-4.jpg
このようにコーディネートすると「別物」の意味がおわかりいただけるかと思います。
20170717-5.jpg
従来のポップなカラーリングではあり得ない程、お手本のカフェ系インテリアが実現できます。
ブルックリンやナチュラル系でも同様かと思います。
20170717-6.jpg
従来のカラーでもブルックリン系を中心にイメージ出来ますが、余程環境が整わないとかなり難しいものでした。
今回のリニューアルでカラーが変わりコーディネートが簡単になった分だけ、イメージしやすくなったかと思います。
価格は、49,800円(税込)と現行色処分価格(35,800円)から恐縮ながら戻させていただきました。
カラーリングの違いで表情が変わるソファ、是非NOCE各店にてご確認いただければと思います。

YU9112ソファ(オットマン付き)
¥49,800(税込)
サイズ : ソファ:幅130×奥行81×高さ79(42)cm、オットマン:幅50×奥行50×高さ42㎝

  1. 2017/07/14(金) 16:02:26|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年7月7日 アカシア天板のブルックリン系ダイニングテーブルとベンチ

今日は7月7日、七夕です。
織姫と彦星の話は、とりあえず置いといて、「短冊に願い事を書いて笹の葉に結ぶ」って最近あまり見かけなくなりましたが、実際どうなんでしょう。
最近、「夢」がわからない人が増えているそうです。
夢と言えば、「夜、寝るときに見るもの」限定みたいです。
確かに「将来の夢」とか「夢は何?」と聞かれると「はー?」でしょうか。
僕は、短冊に「ロマンスカーが下北沢に停車するように・・・」です。
今日は、カルピスの日や冷やし中華の日、浴衣の日、でもあります。
夏らしい響きです。
例年だと、来週にも梅雨明けなので「夏!」はもうすぐです。
夏の暑い日、冷たいカルピス、グラスに響く氷の音、少し遅めの午後、喉を滑る冷やし中華、着なれない浴衣でおなかが冷えてしまって・・・・ではないです。
東京は、今晩「晴れ」の予報がでているので、もしかしたら七夕「織姫と彦星、かささぎが見えるかも」です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、記録的な大雨に見舞われている福岡は、土日とも雨、広島も土日ともぐずつくそうですが、他の地域は大阪の日曜を除いて概ね良好だそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、重厚感がありまた感度もいいブルックリン系ダイニングテーブルと
20170707-1.jpg
ベンチを御紹介させていただきます。
20170707-2.jpg
デザインは、極シンプルなものです。
20170707-3.jpg
4本のミッドセンチュリー系の脚に天板が乗っただけの構造です。
それでも強烈なインパクトがあります。
それは、天然木無垢材を使った分厚い天板と、その表面に見える木目です。
アカシア天然木無垢を使った天板上に見える木目は、大変美しく芸術とも言え、高級感さえ漂います。
20170707-4.jpg
(自然の木材を使用しておりますので、木目はすべて同じものはありません。)
スティールの黒い脚は、ミッドセンチュリー系で若干外に開いています。
20170707-5-2.jpg
天板に対し、やや細めに見える脚が、このマッシブな天板の強さを和らげています。
シンプル且つ繊細な脚と天板の厚さが見事に調和しています。
ベンチも基本的に同じ構造とデザインですが、こちらも単体だけで相当なインパクトがあるので単体で使用しても充分な価値があります。
20170707-6.jpg
また、ラックなどベンチ以外にも使えそうです。
インテリアの観点ですが、これだけインパクトが強いためどのインテリアシーンでも使えそうですが、
やはり王道のブックリンやインダストリアルにはよさそうです。
素材は、天板やシートにはアカシア天然木無垢、脚はスティールで艶消しブラックにて塗装してあります。
このあたりのスティールを使ったブルックリン系チェアは、申し分なくはまります。
20170707-7.jpg
20170707-8.jpg
20170707-9.jpg
最近のブルックリン系カフェインテリアが簡単に実現できます。
ただ、他に木製チェアでも充分合います。
さて、価格ですがテーブルが48,000円(税込)ベンチ29,800円(税込)とこのパフォーマンスから考えられないくらいお値打ちです。
初回入荷分は、好評でやや品薄になっています。
次回発注済みですが、10月以降になりそうなので、ご興味のあるお客様はなるべく早くお確かめいただければと思います。

夏の午後、部屋の真ん中に置かれたマッシブなテーブル。
ベンチに腰掛けて、頬杖ついて抽出中のコーヒーマシンを待つと、挽きたての豆の香りに、近所のクレーンの音さえ音楽になった。

SLO-01ダイニングテーブル
¥48,000(税込)
幅160×奥行80×高さ76.5cm

SLO-02ベンチ
¥29,800(税込)
幅140×奥行40×高さ45.5cm

  1. 2017/07/07(金) 16:10:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ