NOCEの家具バイヤーズブログ 2017年09月

NOCEのバイヤーズブログ

2017年9月29日 木製フレームの本格的ソファ

今週は、9月最後の週で、来週からもう10月です。
今年も残すところ3か月を切ってしまいました。
早過ぎます。
そして昨晩、冷たい雨とともに冷たい気温も運ばれてきました。
いよいよ秋本番です。
先週、スコントに入荷した「可愛い過ぎる」キャビネット、本日売れてしまいました。
どこかで大切に使われることを願っています。
9月最後の今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の新潟を除いて全地域で恵まれるそうです。
お出かけにはとても良さそうです。
秋の気配漂う街は、いかがでしょうか。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、木質感たっぷりな本格的ソファをご紹介させていただきたいと思います。
20170929-1.jpg
木製フレームの「ドッシリ系ソファ」と言えば、どうも野暮ったく、重厚感が強調されたムダに価格の高いソファを想像してしまいます。
その価格は、30万から50万程度でしょうか。
確かに、木をふんだんに使い、高級なファブリックや本革でシートを作れば価格が高くなるのは当たり前です。
ただインテリアから考えると、重厚過ぎてマッチしなかったり、浮きすぎたりと、個人的な見解ですが、いまいちピンと来ません。
そこで今回御紹介させていただくソファは、重厚な面と繊細な面を「いいとこどり」したものです。
その特徴と言えば、まずオーク無垢材で形成されたフレームをオイルで仕上げ、そのフレームに極シンプルなシートを乗せたところでしょう。
20170929-2.jpg
オーク材のオイル仕上げは、全体をナチュラルな雰囲気にし、木製フレーム特有の硬さを取り除いています。
一方、シンプルなシートは、北欧系ソファによく見かける手法で、シンプルかつ高級感も生み出しているものです。
シートは、このように単純なもので、下部分をフレームにベルトで固定する形になっています。
20170929-3.jpg
シートとバッククッションを除くと、シートの構造がわかります。
20170929-4.jpg
そしてクッション全てを取ると、フレーム自体がわかります。
20170929-5.jpg
Sバネやウェービングテープも使用しないシンプルな構造で、背もたれにはラダーバック構造になっています。
後方からシートを配置した状態で見ると、ひとつのデザインにも見え、部屋に独立させて置いてもよさそうです。
20170929-6.jpg
そしてデザイン上のアイコンになっているアームですが、面積が多く腕を乗せやすくなるだけではなく、小物やリーディングライトを置いても便利に使えます。
20170929-7.jpg
因みにグラスやカップにも便利ですが、オイル仕上げのため水分で「輪染み」になりやすいので、ご理解をいただければと思います。
このアームは、決して厚くなく全体の印象から見ると薄くさえ見えます。
これが、全体をやわらげる効果になっているのです。
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプル、インダストリアルではないブルックリンと幅広く、存在感が強くかつ柔らかな印象も兼ねているため、お部屋を選ばず対応できそうです。
素材は、フレームにオーク無垢材をオイルで仕上げ、シートはファブリックになっています。
タイプは、2シーターと、
20170929-8.jpg
3シーターの2タイプのご用意となっています。
20170929-9.jpg
ファブリックのカラーは、ブルーと
20170929-10.jpg
グレーの2種類になっています。
20170929-11.jpg
さて価格ですが、3Sが98,000円(税込)2Sで88,000円(税込)と10万を切る価格はこのボリューム感と素材感では考えられません。
重厚感と繊細さを兼ね備えたソファ、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければ思います。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/29(金) 16:25:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年9月22日 「今風なカフェ」って?


今週も晩夏というより初秋と言った気候が続いています。
今年の涼しかった夏は、その名残の残暑さえ無く終わっていきそうです。
今週初め、台風一過の街には、奇麗な青い空と雲が散りばめられていました。
日中、気温が高めでも湿度が低いため爽やかに感じます。
今週末は、昼と夜の長さが同じになる秋分の日です。
最近、暮れるのが早くなりました。
季節は秋に向かい、更に夜の訪れが早くなっていきます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の関東を除いて全地域で恵まれるそうです。
本当は、「晩夏」ですが夏らしさがなかった分だけ、今年は夏を懐かしむことも出来ません。
このくらいの頃の海が、僕は好きです。
人のいなくなった海岸、少し涼しい潮風、青い空とさざ波。
そして街に帰って、その名残で一杯と。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

先々週まで3回にわたってご紹介させていただいた「今風なカフェチェア」でしたが、御好評につき、欠品するアイテムが多数出てしまいました。
このブログを通してお詫び申し上げます。

さて、話を変えてそもそも「今風なカフェ」って何でしょうか。
別に決まった規定も定義もありません。
僕が感じたままです。
最近、よく街で見かけるカフェです。
イメージとして、あまり規模が大きくなく席数は10席位で、コーヒー豆をオリジナルでブレンドしていて、割と若めな人が起業していて、なんかブルックリンにありそうで、外に簡単に飲める席があって・・・でしょうか。
ここは下北沢に最近出来た「それっぽいカフェ」です。
20170922-1.jpg
今日は、夏休みでした。残念。
20170922-2.jpg
こちらのカフェは、典型ともいえるパターンです。
20170922-3.jpg
そういえば、特徴のひとつに「テイクアウトOK」がありました。
やはり、このカフェも小規模でどことなくブルックリン系の香りがします。
店内では、店名に則したナチュラル系アメリカ人女性ボーカル(BLUE NOTE)の曲が流れています。
空間は、狭くてもなぜが「心地よさ」がありました。
最近、よくこのような小規模でシンプルなカフェを見かけます。
確か、代々木上原、八幡あたりにも数件あった気がします。
大きい店は、出店コストもランニングコストもそれなりにかかってしまいますが、小規模ならそれ程かからず、ランニングもオーナーで回せます。
このゆとりが、ビジターを緊張させさない理由でしょうか。
こんな感じが「今風なカフェ」だと思っています。

先週、「可愛すぎるキャビネット」をご紹介させていただきました。
白いバージョンは、カフェノルマーレに持っていきましたが、後からウォルナットバージョンが倉庫で発見され、スコント(NOCEのアウトレット)に展示したところ翌日売れてしまいました。
そしてなんと、白バージョンが発掘され、昨日から展示しています。
20170922-4.jpg
先週のウォルナットには、ドアがありませんでしたがこちらは有りです。
20170922-5.jpg
ガラスの棚も無傷でした。
20170922-6.jpg
ほぼA品です。
3番目に登場なので3姉妹?3兄弟?の末の妹でしょうか。
価格は、画像の通りです。
勿論、「一点もの」なので売り切り御免となっています。(金曜日11時現在、在庫あり)
スコント、カフェノルマーレもNOCE同様、ご愛顧いただければと思っております。

  1. 2017/09/22(金) 15:29:26|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年9月15日 カフェ・ノルマーレにキャビネット


今週、9月中旬になり見上げる空は、日々秋らしくなっています。
気が付けば、日が暮れる時間が早くなりました。
夏、やはりこれで終わりなのでしょうか。
日が暮れると涼しい風が吹いて、テラスのある席が一番心地よい季節になりました。
最近、外で飲酒する人が減少しているそうですが、確かに外食でグラスワイン一杯600円は、原価から考えれば高く感じられます。
市販価格、1000円としてグラス5杯分とすれば原価200円となるわけです。
一杯400円の利益と考えますが、ここから人件費、家賃、光熱費などを引くと、店全体で利益を出すのはけっこう大変なことです。
ただ、飲む方にとっては、あまり関係ありません。
店の雰囲気やロケーションなど様々な要因があって、600円の価値を見出せれば飲むだけです。
秋の夕暮れ、涼しげな風が吹いて、街の喧騒に灯りが灯り、テラスの席について・・・・とワイン600円なら絶対安いと思います。

今週末、敬老の日が絡む3連休ですが、「台風18号が九州に上陸後、列島縦断の可能性」があると言われています。
3連休NOCEのある地域のお天気ですが、台風の影響で札幌の土日と新潟の土曜日を除いて雨やところによっては暴風雨になるそうです。
台風の進路によっては全く違うお天気の可能性もあります。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

先日、と言っても7月末の話ですが、下北沢の名店「アンゼリカ」が50年の歴史に幕を下ろしました。
カレーパンやみそパンで有名だった縦文字系ベーカーリーのひとつでした。
揚げたてのカレーパンの中に、コッテリとしたカレーがフィリングされ、定期的に食べたくなる一品でした。
僕は、カレーパンの他にたっぷりタマゴにマヨネーズの「タマヨちゃん」も好きでした。
カレーパンとタマヨちゃん2つでかなりのインパクトになります。
「しばらくいいかな」ですが、忘れたころ強烈に食べたくなっていました。
その日、朝から100人以上の行列ができていました。
20170915-1.jpg
店は、もう2度と開くことがないシャッターを下ろし、そして歴史になっていきました。
20170915-2.jpg
行き交う人たちが閉店を惜しんでいました。
20170915-3.jpg
シャッターに閉店を告げる紙が張られると
20170915-4.jpg
アンゼリカは、日常から消えていきました。
20170915-5.jpg

今週、スコント(NOCEのアウトレット)に商品を搬入していると、かなり古い商品が出てきました。
20170915-6.jpg
あまりにも「かわい過ぎた」ので、スコントで売らないでカフェ・ノルマーレの備品として活躍させることにしました。
倉庫の片隅で誰の目に触れることもなく10年以上眠っていました。
20170915-7.jpg
今では、カフェの備品として、またインテリアの一部として大活躍です。
あまりにもその「すました表情」がよかったので画像にしてしまいました。
ところが、今週のスコントの入荷で、このキャビネットのウォルナット色が入荷してきました。
下のガラスドアが破損していたので、下の段はガラスのシェルフになっていますが「これもノルマーレに」と懇願しましたが、スペースの関係で却下されてしまいました。
色違いですが、スコントに展示してあります。
一点ものなので売り切れ御免となっています。

さて話変わって、ここは昔NOCE・ROSSOが2階にあった建物で、無印があったところです。
20170915-8.jpg
2階は、NOCEのあと古着店が入り、退店のあとまた別の古着店になっています。
そして1階は、チェーンの眼鏡店でした。
下北沢と言えば「Z」1号店の地で、プライス系メガネ店の激戦地でもありました。
ついこの間までテナントが退店するとカフェや飲食でしたが、今はちがいます。
カフェが退店すると「古着店」です。
ここも古着店になるそうです。
この先のコンビニ後も「古着店」になりました。
この近くの老舗系カフェも「古着店」です。
下北沢に古着店「一体どのくらいあるのか分からないほど」出来ています。
完全に古着の街となっています。
休日には、老若男女、大小様々な店舗に集っています。
このブームいつまで続くかわかりませんが、「去るものあれば、芽生えるものもある」でしょうか。
おかげで古着を売買する人たちで、最近平日の午後も人が増えたような気がします。
ただ、古着は、売る人がいなくなり、枯渇するのでしょうか。
古着を買った人が再度売れば、枯渇しません。
究極のリサイクルです。

  1. 2017/09/15(金) 16:26:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年9月8日 今風なカフェチェア 3

今週、9月に入り例年のような残暑もなく、比較的すごし易い日が続いています。
特に朝晩、肌寒く感じられる日もありました。
天気図を見ると、秋雨前線が停滞しているように見えます。
このため曇や雨の日が多く、またオホーツク海高気圧のおかげで涼しい日が続いているわけです。
先週末、下北沢は、おまつりで賑わっていました。
遠くから次第に大きくなる神輿の「ソイヤ!ソイヤ!」の掛け声は、通り過ぎると、やがて次第に小さくなって消えていく・・・となにか夏の終わりの切なさと秋の訪れを感じます。
今年はすでに季節は秋のようで「かなかなのヒグラシ、オーシーツクツクのツクツクボウシ」の声を通り過ぎ、耳を澄ませば夜には秋の虫の声が聞こえます。
街にはほんのり金木犀のかすかな香りが漂っています。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌が少しぐずつく以外、全地域で恵まれるそうです。
晩夏を通り越して初秋のような陽気、お出かけにはよさそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております

先々週から続けてきました「今風なカフェチェア」のシリーズですが、今週が最後のご紹介になります。
先ずご紹介の前にお詫びをさせていただきます。
今回ご紹介のチェア、特に順番を決めて取り上げたわけではありませんが、なんと今日の時点で完売となり、予約のみの受付になってしまいました。
3日前にオーダーを入れましたが、年内に入荷するかは微妙なところです。
そして、オーダーを入れた後のアンサーバックは、多分にもれず「クレージーな環境規制の嵐が続き荒れ、多くの工場が閉鎖され、全ての原材料コストが値上げで、例えばウレタンフォームが50%、スティールが30%、カートンボックス(段ボール)は100%以上の値上げ」だそうです。
このため、やはり今回発注分から値上げとなりました。
次回入荷の価格は、若干値上げの可能性もあります。
さて、言い訳はこのくらいにしてチェアのご紹介をさせていただきたいと思います。

今回ご紹介させていただくチェアは、前回までと違いアームチェアです。
20170908-1.jpg
カフェチェアと言えば、今までご紹介させて頂いた中で、一番「それらしい」フォルムをしています。
アームチェアと言ってもアームがシートと一体となり、またアーム自体が薄いため全体的に重くならずスッキリしています。
サイドから見ると、シートと一体化されたアームの「スッキリ感」が強調され、寧ろスタイリッシュにさえ見えます。
20170908-2.jpg
背もたれの「菱形ステッチ」は、今までご紹介させていただいたチェアと同じです。
20170908-3.jpg
ブラックで塗装されたテーパードレッグは、外側にハの字に開いています。
20170908-4.jpg
アームと一体型になったシートとこの脚の形状のコンビネーションとともに、全体のイメージを「今風」よりミッドセンチュリーにしています。
この効果により、いい意味でクセがなくなり汎用性が高まりました。
インテリアの観点から、カフェ、ブルックリン、インダストリアル、北欧シンプルとデザインが「こなれている」分だけオールマイティに使えそうです。
シートのカラーは、チョコレート
20170908-5.jpg
ライトブラウンの2色になります。
20170908-6.jpg

さて価格ですが、12,800円(税込)となっています。
現行12,000円(税込)から、冒頭申し上げました事情により値上げさせていただきましたが、それでも充分コストパフォーマンスの高い商品だと思います。
初回入荷で他のチェアより量が少なかったため、現在入荷待ちとなっております。
次回入荷は、12月下旬を予定しております。
納期が長くなる原因も同じ事情です。
実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。


  1. 2017/09/08(金) 14:36:30|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2017年9月1日 今風なカフェチェア 2

今週から9月に入りました。
まるでカレンダーに合わせたように昨日から、涼しくなりました。
昨晩は、涼しいを通り越し半袖では寒いくらいでした。
これで2017年の夏は、終わってしまうのでしょうか。
暑くない夏は、何かその名残も薄く感じます。
季節感がないというか・・・・・。
今年の8月は、「日照時間の少なさ」が記録になるそうです。
そのため食品が値上がりしていますが、家具も原材料の値上げや労働賃金の高騰で値上げを余議なくされそうな勢いです。
特にファブリックが値上がりしていますが、これは中国当局が環境問題に真剣に取り組み、基準を高めたことによるものです。
このため、ファブリックメーカーの閉鎖が相次ぎ、話によっては最盛期の8割が閉鎖された地域もあるそうです。
そして稼働中の工場に注文が殺到し、納期は遅くなりさらに値上げとなってしまうのです。
それが最近、ファブリックの留まらず全ての原材料に波及しています。
しかも国内では、10月から運送会社の値上げが控えていて、家具を取り巻く環境も厳しくなりそうです。

台風15号の影響が残りそうな今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌、仙台、関東、新潟は、雨や曇りとハッキリしないお天気になるそうですが、日曜日は全地域で恵まれるそうです。
特に土曜日は、雨の地域ではかなり涼しくなるそうです。
仙台では日中20度に満たないそうで、半袖ダメな感じでしょうか。
週末、お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も先週に引き続き、カフェチェアをご紹介させていただきたいと思います。
20170901-1.jpg
先週と同じメーカーで作られているため、スタイルは同じものになっています。
大きく異なるところは、シートの形状で、両サイドを少し上方向に曲げたデザインになっています。
20170901-2.jpg
そして持ち上げられたシートのエッジが背もたれ部分まで続き、背もたれの湾曲と一体化した形で終わっています。
20170901-3.jpg
この作用は、デザインに安定感を寄与するだけではなく、座り心地にも大きく貢献しているのです。
座った時の「腰の包まれる感じ」は、格別で言葉では表せません。
インテリアの観点から、ブルックリン、インダストリアルが中心ですが、ややデザインが大ぶりなため、北欧シンプルでも対応できそうです。
カラーは、ライトブラウン
20170901-4.jpg
ブルー
20170901-5-2.jpg

グレー
20170901-6.jpg
チョコレートの4色になっています。
20170901-7.jpg
これは、ブルーのソファにインダストリアル系テーブルTC80、 曲木チェア035ブラックとコーディネートすると、かなりハードな印象になります。
20170901-8.jpg
一方、テーブルに北欧系シンプルを選んで合わせると、もう少し柔らかな雰囲気になります。
20170901-9.jpg
又、チェアのカラーを変えて揃えてもOKです。
さて価格ですが、8,800円(税込)とかなりお求めやすい価格になっています。
雰囲気やデザインではなく、是非座り心地をNOCE各手にてお確かめいただければと思います。

  1. 2017/09/01(金) 16:23:06|
  2. バイヤー&スタッフのブログ