NOCEの家具バイヤーズブログ 2018年07月
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年7月27日 ネオ・ノルディック(新北欧スタイル)チェア 1

今週も強烈な暑さが続きました。
埼玉県の熊谷では、40度を超え記録を塗り替えたそうです。
その日、下北沢某所にて温度を測ると41度でした。
おそらく、実気温は40度を超えるところが続出だとおもいます。
今朝は、昨晩から台風の影響で、今までの暑さから考えられないくらい涼しい気温でした。
明日の朝早くですが、皆既月食と地球に「最接近の火星が地球の陰になる」が同時に見られる日でしたが、台風の影響で難しそうです。
週末は、「関東に上陸の可能性あり」だそうです。
7月最後、台風接近の週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は、札幌、広島、福岡以外は、恵まれず、日曜日は、新潟以外の全地域でくもりや雨になるそうです。
来週から8月です。
夏本番!・・・・・と言いたいところですが、すでに7月から本番です。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、インダストリアル、ブルックリンから派生したネオ・ノルディックと呼ばれるチェアです。
20180727-1-1.jpg
ネオ・ノルディックとは、そのまま言えば「新北欧スタイル」ですが、これで話が終わってしまうため、もう少し考察させていただければと思います。
最近のヨーロッパ家具のトレンドを見ていると、スティールと木製、またはファブリックなどのハイブリッドなものが目を引くようになってきました。
北欧スタイルと言うと、やはりミッドセンチュリー時代のデザイナーが作ったチェアやテーブル、キャビネットなどが、白を基調にしたシンプルなインテリアに配置するケースが主体でした。
所謂カフェスタイルです。
この北欧ビンテージ系カフェが「時代を席巻した」と言っても過言ではありませんでした。
その後シアトル系コーヒーカフェの出現と、その台頭とともにややハードなインテリアに変わっていきました。
新しく出来る飲食店やアパレルショップ、スタジオなども、ニューヨーク系といわれるブルックリン、インダストリアルなどのハードなインテリアを多く取り入れるようになっています。
ここで最近、少し目にするようになってきたのが「ネオ・ノルディック」なのです。
もともとヨーロッパのインテリアでブルックリン系は、そこまで浸透しなかったように見えます。
パリやロンドンなどインテリアの形式が、古くから確立されていたからでしょうか。
前衛的なニューヨークスタイルとは、相反するのでしょう。
それでも、ニューヨーク系インテリアの要素が多々含まれています。
ブラックのスティールフレームを多用したハイブリッド構造など「これってインダストリアル?」と思ってしまうアイテムが多く見られます。
ただ、その色やラインが北欧を意識させるものになっているのです。
インダストリアル系が、グレーの壁やレンガなど無骨なもの・・・この無骨さが好まれているわけですが、ネオ・ノルディックは、白い壁や木のナチュラルさが目立ちます。
インダストリアルに「北欧系の上品さ」をプラスしたスタイルとも言えるでしょう。
前置きが長くなってしまいましたが、チェアのご紹介に戻します。
デザインはシンプルなもので、ブラックで塗装されたスティールにシートが載り、
20180727-1-2.jpg
シート下部からつながるフレームで背もたれを支えています。
20180727-2.jpg
脚部は、若干外にハの字に開いていますが、シートの形状が正方形のため、邪魔をせず適度なバランスで形成されています。
20180727-3.jpg
サイドから見ると、背もたれの角度と後脚の角度が、大きめなシートと背もたれを綺麗に支えていることがわかります。
20180727-4.jpg
さて、このチェアのデザインのアイコンとも言える背もたれですが、シート中央部分からセンターよりに2本の支柱が平行に上部に伸び、背もたれを縁取るようなフレームに結合しています。
20180727-5.jpg
背もたれの大きさを維持するために、フレーム構造になっているのだと思います。
この背もたれの支柱が、センターによっているため、ミッドセンチュリーよりもミラノサローネ時代のスカンディネィヴィアを連想させます。
当時は、イタリアモダン系でもよく使われていた手法でした。
正方形の厚めなシートと独立した背もたれが、フレームのラインと融合し全体を柔らかなイメージにしています。
20180727-6.jpg
インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル、カフェ、あえてネオ・ノルディック、そしてナチュラルとかなり広範囲なインテリアに対応出来そうです。
とくに木の素材を活かしたテーブル、SLO、SDN、SBL、オーク無垢MK-DTPBなどと合わせると「今を感じる」インテリアが楽しめそうです。
シートのカラーは、4色で左から、ライトブラウン、ダークブラウン、グレイ、ブルーになっています。
20180727-7.jpg
価格は、9,800円(税込)ととてもお求めやすい価格になっております。
インダストリアルから派生した新しいトレンド、是非実物をNOCE各店にてお確かめいただければと思います。

スポンサーサイト
  1. 2018/07/27(金) 15:58:59|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年7月20日 ビンテージ系ラウンジチェア

今週も強烈な暑さが続きました。
最高気温が38度でも、あまり驚かなくなりました。
むしろ最高気温33度と聞くと、何か「凌ぎやすい」と感じてしまいそうです。
梅雨が記録的に早く終了し、太平洋高気圧の勢力が強いためだそうですが、この暑さヨーロッパでも同じだそうです。
先日、チェコのTON社の担当とメールのやりとりの過程で、彼は早めの夏休みを取って家族でトルコに行ってきたそうです。
連日38度の気温で「肌は焼けるし、うんざり」して「早くチェコに帰りたい」と思って帰ると、「チェコも暑さは変らないくらいか、むしろトルコより暑いくらいだ」と綴られていました。
お隣の韓国も、家畜が大量に暑さでやられたり、死者が出たりと大変なことになっているそうです。
日本でも農作物が心配です。

実は、今週この暑さの中、オフィスの空調が故障してしまい、サウナ状態での仕事となっていました。
部屋の温度が36度と「なんにも集中できず」でした。
メンテナンスの方も「こういったトラブルが多出で、人が足りなくなってしまい「修理に一週間以上かかる」でした。
なんとか昨日工事が終わり、快適になっています。
それでも「昔は、エアコンなかった」はずなので、なんとか耐えようとしました。
照明をおとす、必要のないPCには電源を入れない、氷で体を冷やす、アイスを食べるなどいろいろやってみました。
肉体的体感温度を下げるのは限界なので、感覚的にとネットにあった「風鈴の音」を拾ってみました。
これが不思議と結構ききました。

暑い日は、まだまだ続くそうです。
熱帯夜の日数も記録的になる可能性もあります。
まだ7月20日です。
体調にはくれぐれも気をつけたいと思います。

今週末、学校は明日から始まる夏休み、NOCEのある地域のお天気ですが、全地域で恵まれ暑くなるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、新しくヴィンテージライクの色が加わった、ブルックリン系ラウンジチェアを御紹介させていただきたいと思います。
20180720-1.jpg
このチェアのファーストデリバリーは、フレームがアッシュのオイルステインとオークにウォルナットステインでブラックPUの2タイプでした。
2タイプともブラックと木のコントラストにより、実際の柔らかなデザインよりハードな印象でした。
ブラックは、引き締まった筋肉質なイメージが強く、ブルックリン系の王道ともいえましたが、このチェアのポテンシャルを考慮して、オイルレザーライクなビンテージPUを使用することにより、かなり柔らかな印象となっています。
曲線を意識したフレームに、シェル型の背もたれとシートが乗った構造は、従来と変わりません。
20180720-2-1.jpg
20180720-2-2.jpg
見た目より幅広なアームや脚の表面には、アッシュ材特有な綺麗な木目に覆われています。
20180720-3.jpg
この木目とビンテージ系PUの融合により、北欧ミッドセンチュリーのイメージが強くなりました。
今回新しく加わったカラーは、ブラウンと
20180720-4.jpg
ライトブラウンの2カラーです。
20180720-5.jpg
フレームの素材は、アッシュ天然木無垢で表面をオイルで仕上げています。
本体の素材は、PUとなっています。
インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル、北欧シンプルやブルックリンまで、ビンテージPUの採用により、かなり広範囲なインテリアシーンで活躍できそうです。
又、付属のクッションは、腰をゆだねた時に心地よくサポートしてくれます。
20180720-7.jpg
シートハイが43CMあるので、ラウンジやソファの用途だけでなく、ダインニングチェアとしても使えるでしょう。
20180720-6.jpg
さて価格ですが、26,800円(税込)となっています。
新色が加わり、北欧ビンテージの色が濃くなったアームチェア、フレームのアッシュ・オイルステインとPUの絶妙なバランス、そしてその雰囲気、座り心地、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
  1. 2018/07/20(金) 18:01:45|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年7月13日 4種類のブルックリン、カフェ系チェアをまとめて御紹介

はじめに、今回の西日本地域の大雨による災害につきまして、犠牲になられた方々には心よりご冥福をお祈り申し上げます。
被災された方々には、できるだけ早い復旧を願うとともに心よりお見舞い申し上げます。
今回の大雨により、被災地から通うNOCE広島店スタッフの交通手段がなくなり2日間ほど臨時休業させていただきました。
しばらく連絡がつかず、本日連絡がつき無事が確認されました。
いずれにしても大変な事態になっていることは、疑いようがありません。
一日も早い復旧、復興を願うばかりです。

東京は、今週も早い夏の暑い日が続いています。
例年、来週の月曜日の「海の日」近辺で梅雨明けですが、今年はその近辺で梅雨明けから2週間が経過しています。
災害、「この間も関東で比較的大きな地震があったし」明日(7月13日)は、今年2回目のジェイソンの日、しかも「新月」::::。
で、スーパーに行って2リットルのミネラルウォーター36本買ってきました。
もしかしたら「みんな同じ事考えて売り切れかも」と思いましたが、全く余裕でした。
備えあれば憂いなし、です。
今週末、海の日を含む3連休、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の日曜日、月曜日を除いて、晴れて暑い日になるそうです。
お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の後来店を心よりお待ち申し上げております。


今週は、新商品として先々週入荷してきたチェア4種類を一挙に御紹介させていただきたいと思います。
20180713-1-1.jpg
20180713-1-2.jpg
20180713-1-3.jpg
20180713-1-4.jpg

このチェアは、3月の発注で全て同じ工場で製作されたものです。
そのためイメージは、インダストリアル系を少しソフトにして、カフェやラウンジ系でも使えそうなチェアから、ネオ・ノルディック「新北欧スタイル」と呼ばれるシンプルなものまでとなっています。
それでもあえてカテゴライズするならば、やはりブルックリン系となるでしょう。
さて、3月の発注となると「その時持っていたデザイアー」と「これはいける!」を忘れてしまいそうになってしまいます。
バイヤーとして毎日「ありとあらゆる商品」を見ていると「どれがいいか、わからなくなってしまう」と言ったスランプに陥る事も多々あるのです。
そこで新商品の入荷時には、その時の商品に対するパッションを思い出さなければなりません。
今回御紹介させていただくチェアですが、ブルックリン、インダストリアル、ラウンジ、カフェ、シンプルと汎用性が高く、また「座り心地の良さ」が決め手でした。
カラーは、ヴィンテージ系PUを選択し、各チェア共通で5色に限定しました。
カラーのチョイスは、メーカーではなくNOCEの他のラインナップに合うように選んでいます。
初回入荷は、各アイテム、各色100本程度で、総数2000本の入荷ですが、ここで人気のあるモデルと色を売り上げから選定し、次回のリピーティング・オーダーに繋げるわけです。
カラーは、4アイテム共通でブラウン(546)
20180713-2.jpg
ブルー(505)
20180713-3.jpg
トープ(516)
20180713-4.jpg
キャメル(513)
20180713-5.jpg
グレー(516)の5色となっております。
20180713-6.jpg
全てヴィンテージ系PUを使用しています。
特にトープと呼ばれるカラーは、ファッションやインテリアで最も注目されているカラーです。
フランス語で「もぐら」の意味だそうですが、グレーとベージュを合わせた「グレージュ」とも呼ばれる色でベージュに」近い気がします。
それでは簡単に各アイテムを御紹介させていただきます。
まず513から。
20180713-7.jpg
縦のスティッチがアクセントの座面とアールが付けられた黒い脚が特徴です。
20180713-8.jpg
4本の脚より安定感があるため、ラウンジ系でもいけそうです。
生地は、ヴィンテージ系オイルレザーの雰囲気を持っています。
20180713-9.jpg
価格は、12,000円(税込)となっています。
20180713-10.jpg
次は、546です。
20180713-11.jpg
このチェアの脚は、少し細めで繊細なイメージを持っています。
20180713-12.jpg
そのため、木製ダイニングと合わせても、それ程うるさくありません。
ブルックリンからカフェまで幅広く対応できそうです。
そして、肉厚の背もたれと
20180713-13.jpg
シートは、抜群の座り心地を提供してくれます。
20180713-14.jpg
価格は、12,000円(税込)となっております。
20180713-15.jpg
今度は505です。
20180713-16.jpg
今回御紹介させていただくチェアで、唯一の4本脚です。
外側に向かって「ハの字」に開く細めのテーパードレッグと、背もたれにある縦に入ったスティッチのコンビネーションにより、全体の印象を繊細なものとしています。
クセのないデザインは、ブルックリンからカフェ。シンプルとかなり汎用性があり、ダイニングチェアとして様々なテーブルに対応してくれそうです。
面積の広いシートは、奥行きもあり、しっかりと腰を支え「よい座り心地」を与えてくれます。
20180713-17.jpg
価格は、9,800円(税込)となっております。
20180713-18.jpg
最後は、516です。
20180713-19.jpg
見ているだけで大変美しい、曲線を強調したカンティレバー方式のアームチェアです。
20180713-20.jpg
カンティレバーとは、4本の脚で本体を支えるチェアと違い、片方(とくに前側)だけで支える構造のチェアです。
20180713-21.jpg
」926年、北欧デザインに多大な影響を与えたバウハウスのマルト・スタムがガス管を利用し考案したチェアの構造です。
その後、同じバウハウスでマルセル・ブロイヤーも同じ構造のチェアを発案し、その後著作権侵害でスタムに提訴され、1962年敗訴となり、マルト・スタムがカンティレバーチェアの発案者として広く認められるようになりました。
今回御紹介させていただくチェアは、よく見かける角型のカンティレバーと違い、曲線で構成され、その曲線を活かしアームを形成しているのです。
20180713-22.jpg
後方から見ると、その曲線がより強調されて見る事が出来ます。
20180713-23.jpg
フレームは他のチェアと違い、よりインダストリアル感を強調させるためメッシュ加工されています。
20180713-24.jpg
もともとバウハウスの信条でもある「美しい生活用品」、カンティレバーチェアもガス管という工業製品から派生したもので、インダストリアル系とも言えます。
ただ、最近はこの手の家具をカテゴライズする上で、ネオノルディックスタイル(新北欧スタイル)というジャンルもよく見るようになりました。
このチェアをあえてカテゴライズさせていただければ、インダストリアルともブルックリンとも少し毛色が違い、北欧シンプルよりミッドセンチュリーよりなので「ネオノルディック」でしょうか。
20180713-25.jpg
価格は、13,800円(税込)となります。
20180713-26-1.jpg
最後に、これはNOCEの物流センターでコンテナから降ろした後、スタッフに撮ってもらった商品紹介画像ですが、なんだか「絵になった」のでアップしてみました。
20180713-26-2.jpg
20180713-27.jpg

さて駆け足で4種の新商品を御紹介させていただきました。
説明では、しつくせない「座り心地」「フィーリング」を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

  1. 2018/07/13(金) 17:18:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年7月6日 ナチュラルな北欧シンプル系カフェチェア

今週から7月です。
異例の梅雨明けで前半は、強烈な暑さの日が続きました。
ただ、風が強かったため、体感温度はそれほど高くありませんでした。
今日は、朝から雨が降り、梅雨模様です。
7月最初の週末、NOCEのある地域のお天気は、関東はまずまずとなるそうですが、他の地域は土日とも崩れてしまうそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、北欧系シンプルをベースとしたカフェチェアです。
20180706-1.jpg
デザインの基調は、北欧ミッドセンチュリーで、背もたれとアームが一体化してデザインが象徴的と言えるでしょう。
20180706-2.jpg
プライウッドの湾曲した背もたれが、全体のシルエットを柔らかなものにしています。
この効果により、他パーツの直線による硬さを吸収し、とてもバランスの取れたクセのないチェアに仕上がっています。
サイドから見るとアームと前後の脚が一体化していることがわかります。
20180706-3.jpg
これは、よく見かける北欧ミッドセンチュリーの手法で、現在製造しているチェアでも多く採用されています。
そのアームは、アームレストの上部に
20180706-4.jpg
さらにプライウッドをかぶせ、補強だけではなく、アームを預けた時の心地よさも実現し
ています。
20180706-5.jpg
シートは、横幅がありゆったりとしています。
20180706-6.jpg
素材は、ブナ材天然木無垢でカラーは、ウォルナット
20180706-7.jpg
ナチュラルの2色となっています。
20180706-8.jpg
インテリアの観点から、カフェ、ナチュラル、シンプルですが、合わせるテーブルによってはブルックリンでもいけそうです。
横幅の広さと背もたれのカーブが、存在感を強調させています。
さて、価格ですが14,800円(税込)です。
このチェアの素材感、デザインを考慮すれば、コストパフォーマンスの高い商品といえるでしょう。
座り心地、デザイン、素材感、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

  1. 2018/07/06(金) 13:16:49|
  2. バイヤー&スタッフのブログ