NOCEの家具バイヤーズブログ 2018年09月
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2018年9月28日 フィンガージョイント加工のTVキャビネット

今週で9月も終わりです。
台風があったり、地震があったりと慌ただしく過ぎてしまい、セプテンバーな気分もありませんでした。
今日は、初秋らしく晴れ上がった空に、かすかに金木犀の香りが街を漂っていました。
秋を感じる一瞬でした。
ただ、また来週は、台風24号の直撃を受けそうな進路です。
しかも沖縄から北海道まで定規で引いたような直線で、まるで沖縄発札幌行きの航路のようです。
こんな予想図「見たことない」です。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日の札幌を除いた全地域で曇りや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
特に日曜日は、新潟以西で台風の影響か、暴風雨になる予報が発表されています。
お出かけは、土曜日の方がよさそうです。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、オーク材天然木無垢材フィンガージョイント加工されたボードを使ったTVキャビネットをご紹介させていただきます。
MT801TVキャビネット
20180928-1.jpg
まず始めに、フィンガージョイントです。
フィンガージョイント・・・・・? あまり耳にしない言葉ですが、木材加工のひとつになります。
文字では、説明し難いと思いますが、ご説明させていただきたいと思います。
木製テーブルの天板を例にすると、まず元になる天板の中身から始めなくてはなりません。
中身は、大きく分けると、天然木か「そうではないもの」2種類になります。
MDF(中密度繊維版)とチップ合板(パーティクルボード)の2つが「そうでないものの」代表になるでしょう。
MDFは、木材チップを細かく粉砕し接着剤で固めたもので、チップ合板は,MDFに比べ使われるチップ素材の繊維が荒いもので、それらをボンドで固めて成型するものです。
テーブルの天板にこの中身を使い、天然木ではない化粧紙やPVCシートを貼ると、化粧板と表示されます。
一方、天然木の薄いベニヤを貼ると、天然木化粧合板、所謂「突板」(つきいた)となります。
天板が、化粧紙か天然木突板では、天然木の方がコストは高くなりますが、見た目の高級感が違います。
そして無垢材ですが、製法が大きく異なります。
その代表が「一枚板」でしょう。
一枚板ではコストが掛かるため、一枚板より細い木を成型し、長方形のテーブルなら縦方向に張り合わせたものを集成無垢と言います。
テーブルの天板では、これも無垢と呼んでいます。
さて、ジョイントフィンガーです。(長くなって申し訳ありません)
ジョイントフィンガー加工とは、短い木をつなぎ合わせて一枚の長い板を作る製法です。
利点は、短い木にあります。
一本の枝から120cmX80cmX5cmの天板を作るためには、集成無垢材の場合、120cmⅩ10㎝X5cmの板が8枚必要になります。
一本の枝から長い板を作ると、節やいたみなどを除かなければならないため、短いほうが取りやすくなり、コストも格段に安くなるのです。
先ほどの120cmの天板で考えると、40cmX10cm5cmの板が24枚必要になりますが、コストが安く、無垢のため質感も確保できます。
ただ、短い板をつなぐと一本になった時の強度が損なわれてしまうため、その補強のための加工がジョイントフィンガーになるわけです。
ジョイントフィンガーとは、字の通り「指結合」ですが、木の断面にギザギザを施し、ギザギザを合わせて結合させるのです。
それは、「右手と左手の指同士を双方の指の又部分まで伸ばして面を作る」様」に似ているからでしょう。
さて、(ようやくテーマ)今回のTVキャビネットですが、ジョイントフィンガーの荒さがかえって素朴さを強調しています。
20180928-2.jpg
構造は、ドアと引き出しのシンプルなものになっています。
20180928-3.jpg
引き出しの上にあるシェルフには、コード用の穴が施されています。
20180928-4.jpg
ブラックコーティングされたスティール製の脚が、全体の雰囲気を締めています。
20180928-5.jpg
天然木を使うと、どうしてもナチュラル感が先行してしまい、甘くなってしまいますが、このアクセントで、その部分は払拭されています。
素材は、オーク天然木無垢(フィンガージョイント加工)で表面をオイルで仕上げています。
20180928-6.jpg
オークのオイル仕上げにより、素材感が活かされ高級感さえあります。
インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル、カフェ、ナチュラル、北欧シンプル、ネオ・ノルディックとシンプルな構造と素材感から、ほぼオールマイティに合わせられそうです。
ソファ9296と合わせるとネオ・ノルディックが味わえそうです。
また、NEW. NEST, NEW ANGLEで合わせるとブルックリンが実現しそうです。
またデニム素材のソファ、7220HY5822 7182 HY0251 1665Bなどと合わせると双方のナチュラル感が増し、暖かなインテリアになるでしょう。
さて、価格ですが49,800円(税込)集成無垢材より価格は低く抑えられています。
オーク材のフィンガージョイント加工をオイルで仕上げた事により、素朴さとインダストリアルが融合され、クセがなく上品質なものとなっています。
実物をぜひNOCE各店にてお確かめ頂ければと思います。

スポンサーサイト
  1. 2018/09/28(金) 16:31:03|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年9月21日 インダストリアル系アームチェア(条件付き販売)

今週は、秋を思わせる涼しい日があり、また夏に戻ったような日がありと、季節の変わり目を感じる週でした。
今日は、9月で8年ぶりの低温だそうです。
長袖シャツ1枚では、かなり寒く感じます。
今週末も先週末に続いて3連休です。
日曜日は秋分の日、昼と夜の時間が同じになる日です。
これから最も昼間の長さが短くなる「冬至」に向かい、日が暮れていく時間が早くなっていきます。
夕焼けが最も奇麗な季節です。
暮れかかる午後、テラスのあるカフェで「泡」を一杯・・・・でしょうか。
3連休の絡む今週末のNOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は広島を除いてぐずつき、日曜日は全地域でまずまずとなり、連休最終日は札幌を除いて再びすっきりしないお天気になるそうです。
3連休、お出かけの際には、是非NOCEにお立ち寄り頂ければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、インダストリアル系でハードなイメージのアームチェアです。
T3564WBチェア
20180921-1.jpg
ひと昔前なら、この種類のチェアは、モダンと呼ばれていました。
インテリアの世界で「モダン」というワードは、あまり聞かなくなりました。
今から25年位前、ミラノ・サローネ全盛時代当時、今まであまり見なかった斬新なデザインのソファやチェア、テーブルなどが、ミラノやケルンと言った主要な家具見本市に展示され始めました。
当時は、イタリアのチェアが世界の生産量の80%と言われる程、シェア率が高い頃でした。
今では、100万位するイタリアモダンでも20万から30万位で手に入りました。
赤いレザーに座高が低く、面積の広いシート、スクエアデザイン、見ているだけでも顔がほころんでしまうほどです。
家具生産地も他の商品同様中国に移り、イタリア通貨リラの事実上の切り上げとなった統一通貨ユーロの導入で、イタリアの家具工場は、減少していきました。
モダンインテリアは、もう少しミックスされたイメージで、例えば「和空間」にモダンなど現在でも名残はあります。
話を戻して、今回ご紹介させていただくチェアのデザインですが、脚と座面部分は、T3534M1チェアと共通で、アメリカ系スティールチェアの象徴的なものです。
20180921-2.jpg
20180921-3.jpg
アームと一体化した
20180921-4.jpg
背もたれは、曲木チェアを彷彿させるデザインで、丸く大きく湾曲しています。
20180921-5.jpg
この丸みが、「スティールが持つ冷たさ」をある程度和らげているのです。
背もたれと
20180921-6.jpg
アームレストのデザインは共通のものです。
20180921-7.jpg
アームレストの角度は、床に対し平行なため、アームを預けた時の違和感はありません。
カラーは、ガルバナイズドと
ブラック(艶消し)の2色となっています。
インテリアの観点ですが、インダストリアル、ブルックリン、カフェが中心となりますが、ネオ・ノルディックやシンプルでもいけそうです。
合わせるテーブルとして、TC140-70Mテーブルは、同じ工場なので素材感も共有されるのでお勧めです。
また、SLO-01テーブルにするとSLOの木質感もあり、カフェ系やブルックリンの印象になるでしょう。
MK-Z-008-160などオーク無垢材系テーブルなら、異素材感とデザインの融合が楽しめ、特にブラックを4脚そろえると、ブルックリン系のかなりインパクトがあるインテリアが実現出来そうです。
また、スタッキング(縦に積み重ねる)もできるので、使用しない時に重ねて置け、それがまた、お部屋のインテリアのアクセントにもなるでしょう。
さて、価格ですがブラックが7,980円(税込)とガルバナイズドが12,800円(税込)とインパクトがありながらリーズナブルで、手軽に難しいインテリアに挑戦できます。
先週に引き続き、こちらも条件付き販売となってしまいました。
このチェアは、スタッキングして入荷するため、細かい傷が付いています。
スタッキングせずにコンテナに入れると、スタッキングが4脚のため、4分の1しか積めません。
そのため、止むを得ず出荷させました。
インダストリアルやブルックリン系と言う事で御了承いただければと思います。
「そのマイナス点を加味しても価値はある」と思っています。
実物を是非NOCE各店にて、お確かめいただければと思います。

  1. 2018/09/21(金) 17:24:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年9月14日 今を感じさせるソファー(条件付き販売)と送料の値下げ

今週から暑かった日も落ち着き、少し初秋を感じる日が続いています。
さて、NOCEでは画期的なイベントを実施することになりました。
配送料の値下げです。
えーー!この運賃値上げラッシュのなか?
まず、ある配送業者さんから、「家具の宅配はNG」と突然お達しがあり、今までの「玄関渡しのリーズナブルな配送」が出来なくなってしまいました。
そして、業界の人手不足もあり、配送会社各社で運賃の大幅値上げです。
これにはやむを得ず、従来の配送料金に加算し対応してきました。
物を動かせば必ずお金がかかります。
配送料は、無料ではありません。
商品代金に上乗せするか、別途いただくかのどちらかです。
NOCEは、透明性を維持するため、別途いただいてきました。
すると、福岡や札幌のお客様は、「20,000円のソファーに20,000円近い送料払う」となってしまいました。
手の届く価格が、いきなり手の届かない価格になってしまうのです。
そこで、送料をNOCEで少し負担し、値下げする事にしました。
詳しくは、各店またはオンラインショップでご確認いただければと思います。
送料表は下記の通りです。
送料表_01

今週末、3連休の絡むNOCEのある地域のお天気ですが、札幌と福岡を除いて3連休ともくもりや雨とあまりスッキリしないお天気になるそうです。
晩夏と初秋の狭間、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週は、インダストリアル、ブルックリンから派生した、ネオノルディック系ソファーをご紹介させていただきます。
9296ソファ
20180914-1.jpg
このソファーを初めて見たのは、取引先のメーカーからの画像でした。
その画像は、今回のソファーではなく、別のソファーに新しい生地を張ったものでした。
そして画像の片隅に小さく写っていたソファーの「格好よさ」に電気が走ってしまいました。
問い合わせたところ、欧米からの特注だと言われました。
「なんとか買うことは出来ないのか」と交渉の末、今回の買い付けとなったのです。
デザインの特徴は、線の細い黒のメタルフレームです。
20180914-2.jpg
黒いメタルフレームを使用したソファーは、インダストリアル系でもよく見かけますが、割と線の太いフレームを使用し、無骨なイメージを強調したものが多いように思います。
それらをUS系とすれば、今回のソファーはユーロ系となるのでしょう。
分類すれば、やはりネオノルディックにカテゴライズされると思います。
デザインのアイコンは、まずフレームと一体化したアームにあります。
20180914-3.jpg
大きくありながら繊細なイメージは、インダストリアルとは違う印象になっています。
また、そのボトムから斜線に伸びるバックシートを支えるフレームの角度とアームの割合は、絶妙なバランスで、直線の美しささえ感じます。
20180914-4.jpg
そして張り地にベルベットを使用することにより、高級感が増し、細めなフレームと絡んで独特なイメージになっています。
20180914-5.jpg
シートと背もたれですがデザイン上、厚い形状ではスポイルされてしまうため、薄いものになっています。
20180914-6-1_20180914145930a60.jpg
ソファーの命でもある座り心地に影響があるかと思いますが、これを補うため高密度ウレタンを使用しています。
これにより勿論「ふかふか感」はありませんが、硬質な中に心地よく沈んで腰をサポートする気持ちよさがあります。
インテリアの観点ですが、ブルックリン、インダストリアル、ネオノルディックを中心に、シンプルやモダン、合わせる家具にも寄りますがカフェ系までと個性が強いわりに、それほど限定されません。
タイプは、1シーター
20180914-6-2.jpg
2シーター
20180914-7_20180914145936583.jpg
3シーターの3タイプの御用意になっております。
20180914-8_2018091414593687d.jpg
3シーターの背もたれは、横幅が長くなるため、このような補強が施されています。
20180914-9_2018091414593659b.jpg
シートと背もたれの素材は、ベルベットでカラーは、ブルー
20180914-10_20180914145936b6b.jpg
グリーン(エメラルド・グリーン)
20180914-11.jpg
グレーの
20180914-12.jpg
3色の展開になります。
20180914-13.jpg
合わせる家具をブルックリン系でコーディネートすると、かなり上質なインテリアが演出できそうです。
20180914-14-1.jpg

20180914-14-2.jpg

20180914-14-3.jpg

20180914-14-4.jpg

さて、価格ですが1シーターが25,800円(税込)、2シーターが43,800円(税込)59,800円(税込)とこの雰囲気を考慮すれば十分コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。
ただし・・・と書かなくてはいけないのは、大変残念かつ恐縮なことです。
実は、このフレームには「こすれキズやハゲ」があります。
現在、メーカーと交渉中ですが、全て交換としても時間がかかります。
最終的には、「キズのあることをご了承していただいた上の条件付き販売」となってしまいました。
キズの詳細は、ひとつひとつ違うため残念ながら、ご説明ができません。
また、フレームの塗装がマットなため、タッチアップも難しい状況でございます。
デザインがインダストリアル系なので、フレームの傷もデザインとしてご理解いただければ・・・ですが。
これは、ソファーメーカーが外注でフレームのみを発注し、これに対しメーカーも「返品できずに出荷した」と思います。
本来の価格よりは、安く値段設定をいたしました。
「新商品をより早く」が裏目に出てしまいました。
おそらくNOCEの店舗の展示も同じ状況かと思いますが、キズの部分を差し引いてもそれ以上に雰囲気や座り心地、そして「今」を感じさせるソファーです。
実物を是非、NOCE各店にてお確かめいただければと思います。
RIMG2124 (002)
RIMG2127 (002)
RIMG2125 (002)
RIMG2126 (002)
RIMG2123 (002)

  1. 2018/09/14(金) 15:23:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ

2018年9月7日 デニム地を使ったソファー 2

今週、日本は2つの大きな自然災害に見舞われた週でした。
まず、今回の災害で犠牲になられた方々に謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
そして、負傷された方々、また被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

台風21号は大きな勢力を保ったまま、関西に上陸しました。
NOCE梅田店と堀江店、名古屋店は上陸が予想されていた火曜日に臨時休業とさせていただきました。
台風は上陸後、北上しました。
その夜、東京もかなり強い風が吹き、その強さを感じました。
梅田店の前の街路樹が、強風に根元から持って行かれたそうです。
NOCE名古屋店の「NOCEフラッグ」は、2本とも引きちぎられて、クサリだけになってしまいました。
おそらく、「かつて経験したことがない台風」だったかと思います。
そして、勢力が弱まったとは言え、その台風が北海道沖を通過した5日、翌日の6日未明に北海道、胆振地方を震源とする震度7のおおきな地震がありました。
NOCE札幌のある札幌では、街の電力が停電し、通信や交通もマヒ状態になりました。
札幌店スタッフは、全員無事でしたが、連絡が取り難い状態が続いています。
現在も地下鉄もJRも止まったままで、信号も停電で機能しないため、交通はほぼマヒ状態が続いています。
勿論、NOCE札幌店もオープン出来ず、今現在も目途は立っていません。
復旧を待つばかりです。
週末、お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

今週も先週に引き続き、新たにデニム生地を使用したソファーを御紹介させていただきたいと思います。
はじめにHY5822から。
20180907-1.jpg
丸く「コロン」としたデザインが特徴で、ブラウン、グリーン、チェックなどの生地を使い、カジュアルなイメージの人気ソファーです。
かわいいフォルムにデニムの粗さをプラスすることで、ユニセックスなイメージになりました。
20180907-2.jpg
その昔、ジーンズが日本に入って来た頃は、男子専門でした。
女子がジーンズ?・・と「不良っぽい」イメージでした。
女子が「ジーンズを身につけることが普通になった」歴史は、最近の事かと思います。
もともと作業着で、「男っぽさ」の象徴でもあったブルージーンズの名残なのか、デニムには無骨なイメージがあります。
それが、現在のインダストリアルを代表とする「男前インテリア」にマッチするのでしょう。
サイドビューもあまり粗さを感じません。
20180907-3.jpg
小ぶりながら、シートも深く座り心地も抜群です。
20180907-4.jpg
張り地のデニムは、ウォッシュのかかった薄めのブルーになっています。
20180907-5.jpg
インテリアの観点ですが、それほどイヤミがないため、カフェ、ナチュラル、西海岸、ブルックリンと「やわらか系」にも「ややハード」にも幅広く対応できそうです。
価格は、シートにポケットコイルのスペックは変わらず27,800円(税込)となっています。
気軽にカジュアル系インテリアを試すには、お手頃な価格です。

次は、HY0251のバージョンです。
20180907-HY0251-1.jpg
こちらは、先程のソファーよりデザイン上「角」が強調されているため、少し硬めな印象になっています。
デニムとの相性で現行のファブリックより、少し「甘さ」が抜けています。
サイドビューも角が強調され、デニムの無骨さが程よく表現されています。
20180907-HY0251-2.jpg
デニムとダークブラウンの脚との相性もグッドです。
20180907-HY0251-3.jpg
シートと背もたれ上にあるテキストがデニムの粗さを抑え、全体的にクセのない雰囲気になっています。
20180907-HY0251-4.jpg
タイプは、2シーターと
20180907-HY0251-5.jpg
3シーターの2タイプのご用意となっています。
20180907-HY0251-6.jpg
3シーターは大柄な分だけ、存在感もあります。
20180907-HY0251-7.jpg
インテリアの観点ですが、カフェ、ナチュラル、西海岸、ブルックリン、ネオノルヂックやインダストリアルとモダンを除けば、ほぼオールマイティと言えそうです。
価格は、シートのポケットコイルは変わらず、2シーターが24,800円(税込)、3シーターが28,000円(税込)と、こちらもお求め易い価格となっております。

デニムとフォルムの相性、フィーリングなど是非、NOCE各店にてご確認いただければと思います。
 
  1. 2018/09/07(金) 17:02:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ