NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年1月29日 クォリティ クエスション
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2010年1月29日 クォリティ クエスション

今週は、少し寒さが和らいできたような気がしました。
時間が経つのが早く、もう1月も最終週となっていて来週からは2月です。
冬も終わりなのでしょうか。

週末は、新潟と札幌を除いてNOCEのある各都市は晴れそうです。
昼間の気温は少し暖かくなりそうなので
散歩気分で各NOCEに出かけてみてはいかがでしょうか。

今週の新商品は、エクステンダブル(伸縮可能)なテーブルです。
RH0381-60.jpg RH0381-60テーブル アッシュナチュラル
¥25,800
W60(100)×D90×H72cm
アッシュ材
Made in China
※組立式

<エクステンション時> RH0381-60(2).jpg この手のテーブルはNOCEでも数多く販売してきました。
「今回なにが特徴か」といえばサイズが小さい事と
木にアッシュ材を使って雰囲気をよりナチュラルにしたことです。
アッシュ材は木目が綺麗にでるので
以前「禅スタイル」がヨーロッパで流行ったころ(5年前)
Wenge(ヴェンゲ)色といって黒に近い塗装をしていました。
NOCEでもイタリアやフランスから多数輸入していたものです。
今回のアッシュナチュラルを言葉で表現すると
オークとパインの中間といったところです。
カフェ系インテリアにもよくマッチします。
アッシュのチェアはもちろんですが、ウォールナットにも
アルミのチェアに合わせてもいけるかもしれません。
特に先週チェコから入荷したチェアはいいかもしれません。
ブラックとかレッドなど少しカフェとは離れそうですがいけると思います。

機能的には、左右それぞれに20cmずつ拡がります。
従来、正方形のこういったテーブルはよく見かけるのですが、
80×60というのはめずらしいかもしれません。
つまり最大に広げた時は100×80になるわけです。
ちなみに片方だけ広げると80×80の正方形になるというわけです。

80×60は、本物のカフェでも人気が高く
ずいぶんご購入いただいています。
また、個人ユーズではパソコンデスクの代わりとして
ご購入されるお客様も多数いらっしゃいました。
結構使い勝手のあるものです。

今回、素材にこだわったので若干NOCEの同じ機能のテーブル
「サターン」より高くなっていますが、
実物をご覧いただければおわかりいただけることと思います。

それでも価格は25,800円と充分安いとおもいます。
是非NOCEでお試しになっていただければと思います。

最近、中国嫌いがなくなってきているような気がします。
バイヤーとしては、いい商品であれば国は関係ありません。
NOCEでは表示に原産国を必ず表示しているため、
数年前はこの表示だけで引いてしまうお客様もいらっしゃいました。
確かに、家具の技術をいえば中国は世界最高になったとおもいます。
もともとイスの歴史は長いわけで、ヨーロッパの木工技術も
もとは中国だと言われています。
実際目の前で宮廷家具を作る中国の職人を見ると
そのカンナ裁きは息を呑むほどです。
ただ、全部が良いわけでないのは世界共通で
中国人に悪い人も良い人も日本の13倍いるわけです。
これをステレオタイプに押し付けると世界では生きていけません。
今でも、ヨーロッパの田舎に行くと
「日本人はみんな富士山のまわりに住んでいて、
男は忍者か相撲取りで女は全部芸者」と思っている人がいるのです。
確かに静岡県にも山梨県にも相撲を取る人はいます。
浴衣で盆踊りをしていれば彼らには芸者に見えるので
事実として誤認されてしまいます。

確かに何度も中国で失敗したこともあります。
コンテナごと粗大ゴミということもありました。
これも実は、中国だけではありません。
ヨーロッパでもアジアの他の国でもありました。
いま付き合っている中国を含む全てのメーカーは、
こういった事はありません。
なぜならば1度でも事故があれば2度と付き合わないからです。

実は今週も僕が信じたせいで一発やってしまいました。
取引のある会社で数年間、彼を通して取引していたのですが、
彼が突然その会社を辞めてしまい、その会社の商品を
「自分を通して買って欲しい」と言われたのです。
ところが、着いた商品の品質は悪く、調べたところ
ちがう所で作ったそうです。
彼に言わせれば「前の会社にオーダーすると納期が遅れるので、
お前のことを考えてわざわざ他の会社に頼んで作らせたのに、どこが悪い」
ですと。
もちろん、前の会社に確かめると全くのウソだとわかりました。
これは彼のオリジン(国)ではなくキャラクターです。
これを逆にとらえて、このキャラがオリジンだとすれば
他の人は大迷惑な話です。

今、日本を代表する世界のメーカーが同じ立場になりそうなのが
気がかりです。
スポンサーサイト



  1. 2010/01/29(金) 11:36:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ