NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年3月12日 2010年版カタログ完成

NOCEのバイヤーズブログ

2010年3月12日 2010年版カタログ完成

今週は、暖かい日と寒い日の差が激しく、
特に今週NOCEが新しくオープンした広島は雪に見舞われ
飛行機の欠航や新幹線に遅れが出るなど大変でした。
週末、札幌、新潟、福岡は少しぐずつくようですが、
他のNOCEのある地域は久々に晴れそうです。

今週の新商品なのですが、カタログの発行にあわせて表紙に使った
チェアとテーブルをご紹介させていただきたいと思います。

noce2010_カタログ表紙.jpg この商品に会ったのはちょうど一年前でした。
商品のテイストもデザイン、質感も全て良くて一目惚れ状態でした。
ただ一脚2万前後のチェアをNOCEで売れるかどうかが不安で
なかなかオーダーに踏み切れませんでした。
これは、絶対値と相対値の問題なわけです。
絶対値から考えれば一脚7,000円前後が中心のNOCEでは
高いことになりますが、相対値(比較値)として考えれば絶対安いとしか
いいようがありません。
もともと中国には家具の歴史が古くからあり、職人のレベルも
かなり高水準です。
前に中国のアンティークレプリカを作る職人の「カンナ裁き」を見たのですが、
彼なら普通にどんな木製家具も作ってしまうだろうと感心してしまいました。

この商品は、ニューヨークのブルックリンにある会社がメーカーであり、
中国で生産しています。
彼らの主張するデザインのコンセプトは、日本の伝統に基づいていると
いっていますが、アメリカと北欧を足した感じです。
なぜならばこのチェアを見ておわかりになられる方もいらっしゃるとは
思いますが、アームチェアのほうがデンマークを代表する
デザイナーのもので、ウインザーのほうがアメリカ生まれで
アメリカ国籍を持つ有名日本人デザイナーによるものです。
(1960年代のスウェーデンデザイナーのものにも似ていますが
素材や細部のデザインから考えると違う)
この辺が日本を意識しているという由縁かもしれません。
テーブルはアルゼンチンデザイナーによるものだと言っていました。
原型は1900年前半の有名フィンランドデザイナーのものが
モチーフなのかもしれません。
またこのニューヨークのメーカーの
「日常使われる家具ほど美しいものはない」というコンセプトも
僕は気に入っています。

まずアームチェアですが、デザインは語る必要がありません。
そのものだからです。
違うところは、座面が木製なのとフレームにビーチ材を
使用しているところです。
これは、最近の流行である異なる木材を組み合わせて作る
(ハイブリッド)技法を取り入れたからでしょうか。
座面がアメリカンウォールナットでフレームがビーチというわけです。
625.jpg CW625チェア ウォールナット
¥23,800

W67.2×D52×H80(40)cm

もうひとつのチェアは素材までそのものです。
たぶん違うところは、微妙なサイズ違いと
ウォールナットのワックス仕上げだと思います。
この艶消しが現代版といった感じでとてもいい感じになっています。
これもハイブリッドで背もたれにはヒッコリーを使用しています。
(原型も同じ)
628.jpg CW628チェア ウォールナット
¥19,800

幅59×奥行52×高さ76(43)cm

テーブルは、完全にミッドセンチュリーを現代にアレンジしたもので、
デザインもとてもよく出来ています。
素材はアメリカンウォールナットのワックス仕上げで
このテーブルだけでも存在感があります。

DT.jpg DT7189テーブル ウォールナット
¥49,800

W170×D80×H75cm
※組立式

ロッキングチェアは、僕の勉強不足でデザインソースがわかりませんが、
必ずあるはずです。
ミッドセンチュリーにはまちがいないとおもいます。
それでも「なんかこんなチェアが部屋にあって、コーヒーでも飲みながら
読書したり音楽聴いたりできれば」という憧れで取ってしまいました。
フレームはやはりアメリカンウォールナットを使用しています。
622.jpg CW622チェア ウォールナット
¥26,800

W61×D80×H89.5(42)cm

さて気になる価格ですが、アームチェアが23,800円
ウインザー、19,800円そしてテーブル49,800円
ロッキングチェアが26,800円です。
このクオリティから考えればとんでもなく安いとおもいます。
是非、ご覧いただければと思います。
カタログの表紙は上記のテーブルとチェアで飾られています。
今回のカタログのコンセプトは、
「部屋をお手軽にカフェに」をモチーフとしています。
やはりNOCE本来の低価格志向に変わりありません。
5万もあればソファからローテーブル、ダイニングテーブルに
チェア2本付けてもおつりがきます。
また一方今回のような1脚2万円のチェアも入荷しレンジもひろがりました。
ひとつのスタイルに固執しないで
自由に組み合わせていただければと思います。

尚、来週は中国出張のためブログはお休みさせていただきます。

スポンサーサイト
  1. 2010/03/12(金) 04:20:45|
  2. バイヤー&スタッフのブログ