NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年3月26日 2010年春 中国出張1
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2010年3月26日 2010年春 中国出張1

先週、出張のためブログは僕の担当ではなかったのですが、
まるで僕が書いているようなブログでビックリしました。
ブログ担当から外され、僕の代わりに
ゴーストライターが登場してしまうかもしれません。

今週は、真冬のような寒い日が続きました。
桜の開花宣言が何かピンときません。
週末は、札幌と新潟を除いて天気はまずまずらしいのですが、
あまり暖かくならないそうです。
暖かくなるのは来週中頃からになるそうです。

まず今週の新商品紹介から。
7182-08-20100326.jpg 7182-08ソファ 2人掛け グリーン
¥23,800

W115.5×D74×H70(38)cm
Made in China
※組立式

◇1人掛け(W66cm)は¥17,800です。
  グリーンの他にワインレッドがあります。
7182-08 1P GR0326.jpgのサムネール画像 7182-08 1P ワインRD0326.jpgのサムネール画像


7182-08 2P ワインRD0326.jpg








新商品と言ってもおなじみのソファで、
NOCEでも同じようなソファを売っていました。
今回「なぜあえて」と思われるかもしれませんが、
単純にこちらの方がリーズナブルだからです。
このデザインは、もともと北欧の有名デザイナーのもので
日本のメーカーでもこれに基づいたデザインのソファを
ミッドセンチュリー(1960年代)にリリースしていました。
これが、レトロブームとカフェブームにより復刻版として
再び登場しましてカフェの定番とも言える程ヒットしました。
いまでも根強い人気があります。
この手の木枠ソファを作るメーカーは、
取り扱う現地商社を含めると100以上はあります。
大きさやデザイン、値段もまちまちです。
その中から「手軽にカフェっぽく」で少し小ぶりでシンプル、
そして手頃な価格という事でこのメーカーに決定しました。
以前のNOCEのモデルは背もたれにボタンが付いていて、
やや大きめなものでしたが価格が高かったため
競争力に欠けると思いスウィッチしました。
しかし、細部のやりとりに時間がかかってしまい、
最終的な商品化に1年かかってしまいました。
こだわった部分は布とアームの色です。
布の色からアームの色を選定したので値段以上の雰囲気があります。
このアームの色だけで半年かかりました。

さて価格ですが、2シーターで23,800円、1シーターで17,800円と
NOCEならではのプライスです。
この価格なら2シーターとウォールナット系のローテーブルと合わせても
3万でおつりがきます。
3万でお手軽にカフェっぽく出来ます。
カタログの写真はちなみにアームの色が変わる前のものです。
チェリーっぽいのでNGでした。
ただ撮影に間に合わなかったため急遽サンプル段階で撮影したものです。

毎度の中国出張ですが、今度はルートを変えてみました。
いつもは香港から東莞(ドングァン)まで初日に入り
広州に抜けて行くのですが、毎度の事ながらこれがけっこう大変で
疲れてしまうため今回は比較的に楽だと思われるコース取りをしました。
ただホテルは展示会の側で最後の日は空港近くのホテルと
あまり中国を感じられない旅程でビジネスオンリーというかなり地味な
行程となってしまいました。

出発の日は朝から出社して午前いっぱいまで仕事をして
下北沢から渋谷に向かいました。
0326-1.jpg







14時16分発の
0326-2.jpg 成田エクスプレスで成田空港に向かいます。
0326-3.jpg







空港に着くと
0326-4.jpg









成田の空は少しよどんでいました。
0326-5.jpg 17時10分発の広州行(GUANGZHOU、グァンジョウ)は
定刻通りの出発です。
0326-6.jpg









なんと、広州線はローカルなのでしょうか。
0326-7.jpg











成田で初めて「沖止め」の飛行機に乗ります。
沖止めとは、オープンスポットとも呼ばれ、
ボーディングブリッジのあるサテライトに駐機せず
エプロンに止める場合をこのように言います。
このような場合飛行機までバスなどで移動しなければなりません。
通常、小さな飛行機(B737以下)又は、乗客が少ない場合、
メジャーではないLCC(ローコストキャリア)などが
「沖止め」を強いられます。
ただ、LCCだとサテライトの一番端に駐機させられるので
「沖止め」の方がいい場合もあります。
というわけでバスに乗りました。

サテライトに止まる飛行機を上に見て
(なんかみじめでいやな気持ち)バスは機材に進みます。
0326-8.jpg








バスがタラップの前に着きました。
0326-9.jpg B767(機材名)で「沖止め」?(大きな飛行機なのに?という意味)
こんな近くでおおきな飛行機見るのは久しぶりなのでした。
0326-10.jpg







タラップを登り席に着くと、
0326-11.jpg






少しオレンジになった空が見えました。
0326-12.jpg 飛行機は滑走路の前でターンして飛び立ちました。
0326-13.jpg






夕日に映える富士山を過ぎ、
0326-14.jpg 暮れなずむ長崎上空を越し
0326-15.jpg













上海の夜景を後にすると広州国際空港に着陸しました。









この空港も他の中国の主要空港同様大きくて近代アートのようです。
0326-17.jpg 0326-18.jpg













ここから50キロくらい離れたところに展示会場があり、
そこに隣接しているホテルまでタクシーで向かいました。
空港からのタクシーはメーターさえ倒させれば、
ボルことはありません。
無事ホテルに着き食事もせずに寝ました。
スポンサーサイト



  1. 2010/03/26(金) 02:42:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ