NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年6月25日 2010年 夏至(から3日目)

NOCEのバイヤーズブログ

2010年6月25日 2010年 夏至(から3日目)

今週は梅雨の最中にもかかわらず、
晴れの日が多かったような気がします。
ただ、この週末は、梅雨のない札幌を除いて
あまり天候には恵まれないようです。
大きく崩れることはないようなので、
ジメジメする季節ですがNOCE各店にお寄りいただければと思います。

今週の新商品のご案内は、先週に引き続き、
ブログ「2010年春 中国出張2」 ご紹介させていただいたソファです。

7220GR0625-2.jpg 7220ソファ 2人掛け グリーン
¥29,800

幅155×奥行88×高さ76(45)cm
張地:ポリエステル、中身:ポケットコイル、脚:プラスチック
Made in China
※部分組立

◇色違いのブラウンです。 7220BR0625.jpg










先週に引き続いていますが、メーカーは全く別のところです。
ちょうどこの時期は、その時にバイイングした商品が続々と入荷してきます。
週1回のブログでは補えないくらいです。

まず、デザインですが、シンプルなスタイルに
マッシッブな(厚い)アームを使用して
全体的にドッシリと安定感のあるものになっています。
このアームがソファ本来の目的である「安心感」や
「くつろぎ感」を与えてくれます。
脚も前回ご紹介した通りガッシリとした物を使用しています。
シンプルで落ち着きのあるデザインはどんな部屋にも合います。

カラーは、もう1色投入予定ですが、
まずオーソドックスでカフェ系インテリアに合う2色からです。
どちらの色もウォールナットやナチュラルオーク、
アッシュ等のローテーブル、ダイニング回りとの相性は抜群です。

全体的に作りは見た目通りしっかりとしています。
そしてシートにはなんと「ポケットコイル」を使用していて
座り心地にも見た目を裏切らない安心感があります。
また、「おまけ」にひとつだけクッションが付いています。
これは、現地のサンプルにディスプレィ用に付いていたものを
無理を言って「フリーオブチャージ」(ただ)で付けてもらいました。
「2つ付けて」と懇願したのですが
「2つ目からは有料でしかも2つとも有料」と言われたので、
ひとつで妥協となりました。
それなら「ひとつでいいから中にフェザーを」と言ったら
「調子に乗るな」というまずい空気が流れたので
やはりひとつとなりました。
したがってこのソファの名称は、
「ソファにクッションひとつ」が正解です。
ご購入の際は御笑納いただければ幸いかと存じます。

さて価格ですが、このボリュームと
落ち着きのあるソファらしさのある雰囲気とカフェ系カラー、
ポケットコイル内蔵、クッションまでひとつ付けて29,800円と
予定通りの超お買い得価格となりました。

この価格でこのパフォーマンスなので
ブログやネットでのご案内前の展示のみにも関わらず
NOCE各店でのお客様の反響がよく
予定数を大幅に上回って売れてしまい、
欠品注意報が2週後になってしまいました。
本日追加発注を出していますが、
次回は9月になってしまいそうです。
ご興味のあるお客様は
できればお早めに商品をご覧いただければと思います。


今日の早朝、サッカーワールドカップで
日本がデンマークを破り決勝トーナメントに出場する事になりました。
僕は、テレビ観戦はしないものの
間接観戦を夢うつつの状態でしていました。
それは、ここ下北沢では各バー、居酒屋、またはアパートの一室から
点を取るたびに歓声があがり、
点を失うと落胆のどよめきが街中に響きわたるからです。
この時期暑いので窓を開けて寝ているためよく聞こえると言うわけです。
今朝は、ゲームが終わってからの方が大変でした。
勝利の歌声が街中にこだまして、まるで地鳴りのようでした。

今週の月曜日は夏至の日でした。
去年このブログでも述べた通り、夏至とは、
「昼が一番長く、夜が一番短い日」というのが常識ですが、
本当の意味は太陽に向かう地球の角度の問題です。
太陽黄系でちょうど90度になる瞬間を夏至と呼ぶわけです。
今年は、20時28分でした。
夏至から4日経った今日はもう既に日が短くなっているという事ですが、
夏本番を前に不思議な気持ちです。
夏は、太平洋高気圧の影響で気温が上がるため、
梅雨のあまり太陽が当たらないこの時期のほうが涼しく感じるだけです。
日は確実に短くなっていきます。
ちょうど一年が半分過ぎたと考えた方がいいかもしれません。

それにしても、夏至の日の夕焼けはとても綺麗でした。
下北沢にある西向きのテラスのあるバーに会社が終わって
走って行きましたが、カメラを忘れてしまい取り損ねてしまいました。
この時期の夕焼けは力強い太陽が梅雨空の雲に反射して
絶妙なコントラストを見せてくれます。
というわけで、天気予報の結果で
昨日は「夕焼けいい感じかも」という事で会社の仕事を片付け、
渋谷にある西向きのテラスがあるレストランバーに直行しました。
渋谷、表参道界隈では、たぶんここしかありません。
また、ミッドタウンのテラスは青山のビルが邪魔してよく見えません。
(と言うより予算かなり高め)
渋谷、表参道はもともとテラス席は
東京のビルや東京タワーなどの夜景を見るため東向きが基本です。

仕事を終え井の頭線の下北沢に向かいます。
0625-1.jpg











日はまだ燦々としています。
渋谷の今日は
0625-2.jpg まだ終わっていません。
0625-3.jpg








交差点を抜け
0625-4.jpg








「急げ!日が落ちる前に」とセンター街を後ろに通りを小走りに
0625-5.jpg そしてビルのエレベーターを登り
店に着くと「日」はまだ充分ありました。
0625-6.jpg








席に着いてまず
シャンパン(スプマンテ)をまだ眩しい太陽に捧げます。
0625-7.jpg








沈みかけていく太陽の灯が、
0625-8.jpg 街のネオンに移していきます。
0625-9.jpg








今日の燈が
0625-10.jpg








静かに沈んでいき
0625-11.jpg やがて見えなくなると
0625-12.jpg








群青の空と
0625-13.jpg








少しの雲が残りました。
0625-14.jpg これは、夕焼けまでのほんのエピローグです。
ここからがクライマックスのトワイライトショーの始まりです。
僕のグラスもシャンパンから「白」に変わりました。

落ちていった日が白い雲を染め上げていきます。
0625-15.jpg








染め上げられた紅は
0625-16.jpg








辺りさえ菫色に染めていきます。
0625-17.jpg 僕のグラスが「赤」に変わるころ、
最後にピンクが一番煌いて、やがて群青の中に溶け込んでいきました。
0625-18.jpg








2010年の3番目に長い日が終わりました。

スポンサーサイト
  1. 2010/06/25(金) 10:04:42|
  2. バイヤー&スタッフのブログ