NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年8月27日 熱中症(物件ハンター@福岡)

NOCEのバイヤーズブログ

2010年8月27日 熱中症(物件ハンター@福岡)

相変わらず暑い日が続いています。
後で触れますが西日本の暑さは東京と違いハンパではありません。
週末は、札幌を除いてよく晴れるそうです。
来週も名古屋以西は強烈に暑くなるそうです。
暑い中、誠に恐縮かとは思いますが
是非、NOCE各店にお越しいただければと
全国スタッフ一同お待ち申し上げております。

余談ですが、僕にとって悲しいニュースがありました。
今週、HMV渋谷店が売上不振で閉店してしまいました。
CDの時代が去ったのか、ネットの販売に代わったのかわかりませんが、
渋谷系音楽(オリラブ、オザケン)を作った殿堂の灯が消えました。
ついでに、僕のオアシスもなくなりました。
行き詰まると必ず試聴しに行き、時間を忘れる事ができました。
後は、フォーエヴァー21になるそうです。


新商品が続々入荷しているため、
新商品のご紹介が店頭展示の後になってしまっている事もありますが、
順に新商品としてご紹介させていただきます。

今週は、ルースィティカルなチェアとテーブル、
曲木035でおなじみのトーネットメーカーであるチェコのTON社が、
デンマークデザイナーとコラボして作ったチェアのご紹介です。

まず、ルースィティカルな方から。

EC003Cチェア0827.jpg EC003Cチェア 0827-2.jpg EC003Cチェア
¥8,980

幅41×奥行51×高さ82(43)cm
Made in China








チェアですが、デザインは、フィンランドデザイナーの
有名なチェアの影響を受けています。
全体的なバランスもよく、カフェ系インテリアにはよくマッチします。
ここのメーカーには他にも様々なデザインのチェアがあるのですが、
この1本以外に興味のあるチェアはありませんでした。
航空便でのサンプルのやりとりと塗装の仕上げに時間がかかってしまい、
発注に半年くらいかかってしまいました。
それでも満足のいく一品になったので満足しています。

素材はブナ材で仕上げには「つや消し」のライトウォールナットを
使用していて、少しユーズドライクな雰囲気になっています。
また、繊細なイメージの見た目よりガッチリ出来ていて安心感もあります。
カフェ系インテリアはもちろんですが、モダンは別としても
シンプル系インテリアにもはまります。
テーブルはウォールナットやダーク系、
パインのオイルステインでも合います。
所謂、スピンドルチェア(縦に細い棒を背もたれに使用するデザイン。
もともと英国のヴィクトリアン様式1800年代の家具が起源と言われる。)
といわれるこのチェアですが、影響をうけたフィンランドの「それ」より
クセがなくインテリアとしては扱いやすいデザインになっています。
このデザインの秘密はシートに厚い成型合板を使用していて、
全体を丸く仕上げていることです。
この厚い成型合板は、コストがかかってしまうため、
ヨーロッパや日本のメーカーで作れば、
とんでもなく高価なチェアになってしまうのです。
実用面でも座り心地もよく「包まれ感」さえあります。


次はテーブルです。

DT02テーブル0826.jpg DT02テーブル
¥13,800

幅140×奥行80×高さ72.5cm
Made in China
※組立式


チェアと同じプライウッドのメーカーで、
脚に2本のプライウッドを直角曲げで
それぞれ天板に沿うようにして支えているところが特徴です。
デザインはシンプルでどんなチェアでも合いそうです。
本来、今回ご紹介させていただいたチェアとのカップリングを考えて
取ったのですが、あえてそれにこだわる必要はありません。
チェコの曲木とあわせてもOKです。
ただ、あまりにもシンプルすぎてしまい、
従来の予定価格をかなり下回ってのプライシングとなっていますので、
ある意味お買い得です。

その値段ですが、まずチェア。
8,980円と、この素材とパフォーマンスではあり得ないほど
安い価格設定となっています。
テーブルは既に、先ほどの通りバーゲンプライスの13,800円と
超お買い得価格になりました。
プライウッドの脚の値段にもなりません。
是非、実物をNOCE各店でご覧いただければと思います。


次にチェコTON社のチェアです。

0826曲木700.jpg 曲木700チェア (左からナチュラル、ナチュラル105)
¥18,000

幅48×奥行53×高さ83(46)cm
Made in Czech Republic


トーネットチェアメーカーで有名なTON社とデンマークデザイナー、
Mads K. Johannsen(マッズ ケー、ヨハンセン)との
コラボによるものです。
ストックホルムと名づけられたこのチェアは、
2009年のストックホルム、ミラノで行われたファニチャーショーで
デビューしました。
ヨハンセン(ダイニングチェアを服や靴のサイズと同じように
公式にサイジングした事で有名)とTONのコラボはこれが初めてで、
ヨハンセン自身が以前デザインしたものを
TON社で量産用に「リデザイン」し完成させました。
ヨハンセン自身このチェアの完成に時間を費やさなかった事に
TON社の質の高さに驚いていました。
彼は、実物をストックホルムのショーで初めて目にするわけですが、
「本来デザイナーは、自分のデザインがモディファイされる事を
いやがるものだけど僕は気にならなかった」と
TON社との対談で語っていました。
一方、TON社も従来のトーネットデザインのものだけではなく
自社のブランドの構築にはデザイナーとのコラボが必要と考え、
今回のストックホルムチェアが出来たわけです。

バイヤーである僕は一目惚れだったのですが、
NOCEとしてのコレクションには少し高めで
オーダーするには勇気が必要でした。
それでも「035チェアのコンテナに少量載せることができれば
OKだろう」と決意したわけです。

デザインは、完全な北欧スタイルで、
モダンなカフェなどに合いそうです。
またスタッキングできるのも特徴で
見た目よりも一般的ユーズを目指しています。
プライウッドのシートを脚のフレームに乗せるという
一見簡単そうに見える構造ですが、
これをチェアとして完成させるには
それ相当な経験と技術が必要とされます。
これがこのチェアのデザインの根幹となり、
またその美しさを強調させているわけです。

さて、値段ですが18,000円でハッキリ言って安いと思います。
もちろん相対的な値段であってNOCEの価格からすれば高価です。
それでもこのデザインとクオリティからすれば
考えられないくらい安いと思います。
今の北欧系デザインを感じ、またそれほどモダンっぽくない
デザインは飽きずに長く使えそうです。


今週、福岡の店舗の移転に伴い、
上司からの突然の命令で物件を見に行くことになりました。
当然、日帰りの過密スケジュールです。

朝、通常通り出勤し10時に下北沢を出て、
渋谷から
0827-1.jpg








品川に出て10時29分発の急行で
0827-2.jpg 羽田空港に着きました。
0827-3-1.jpg 0827-3-2.jpg








11時30分発
0827-4.jpg








福岡行き
0827-5.jpg








59番ゲートから
0827-6.jpg 機内に向かい
0827-7.jpg








シートに着くと珍しく寝てしまいました。
0827-8.jpg 福岡空港には13時10分に着き
0827-9.jpg








飛行機を後にして
0827-10.jpg








地下鉄の駅に向かい
0827-11.jpg 13時22分発の姪浜(めいのはま)行きにのり
0827-12.jpg











大濠公園で降りました。
0827-13.jpg








最近、福岡でこのエリアは注目されているそうです。

ホームから
0827-14.jpg 外に出ると
0827-15.jpg











とにかく暑い。
0827-16-1.jpg 0827-16-2.jpg








東京が涼しく感じます。

業者と2時に待ち合わせで現場に向かうため1分程歩きましたが、
シャツは搾れるほど汗で濡れてしまいました。

打ち合わせを終え現場をあとにして、
0827-17.jpg 3時の約束の次の現場である天神に向かいました。

とにかく暑い。
0827-18.jpg








打ち合わせが終わり少し時間に余裕があったので
0827-19.jpg 大名にあるNOCE福岡店界隈を歩きました。

天神も
0827-20.jpg








大名も人が歩いていません。
0827-21-1.jpg 0827-21-2.jpg









不況のせいでしょうか。

大名小学校の
0827―大名小学校.jpg








前にあるNOCEを過ぎ
0827-22.jpg 天神に戻りました。
0827-23.jpg








きらめき通り中央にも人がいません。
0827-24-1.jpg 0827-24-2.jpg











まるでゴーストタウンに迷い込んだみたいです。

その上を爆音とともに飛行機が飛んでいきました。
0827-25.jpg









この時、自分がどこにむかっているのかわからなくなっていることに
気がつきました。
「これって前にインドのニューデリーで感じたことに似てる」
と思いました。
(その時の事とは、買い付けでニューデリーの街を歩いていて
「ピザハットでランチ」と思い注文する時でした。
するとなんと言葉が出ないのです。
「ピザ」の一言もでません。
「アーとかウー」しか出ないのです。
しょうがないので指をさして注文するとなんと
お金が数えらないのです。
ONEから先がわからないのです。
それなら日本語でと思い「イチ」からはじめると
なぜか次はロクになっているのです。
ルピー札が今何枚あるのかもわかりません。
そのうちに強烈な頭痛が襲ってきました。
意識が少し混濁してきても
なんとかビルのクーラーのあるところにたどり着き
しばらくしてなんとかなりました。)

これはマズイと思い、ニューデリーの時のように
近くの地下鉄の天神駅と表示されたところに逃げ込みました。

0827-25-2.jpg










地下街は人でいっぱいでした。
ゴーストタウンの謎が解けました。
みんな非難しているのです。
いつか、地上に住めなくなる日がくるのかも知れないと思い
少し怖くなりました。

そして天神駅まで実は記憶がありません。
0827-26.jpg 16時発の地下鉄で福岡空港にむかいました。
0827-27.jpg








地下鉄に乗るとクーラー効きすぎで震えそうでした。

空港に着くと強烈におなかが空いて来ました。
0827-28.jpg








「福岡だけに明太子」と思い
「明太子のおにぎり」をひとつ買いました。
これも今から考えればおかしな話です。

食べるとなんと「味がしない」のです。
「これってもしかしたら熱中症の初期症状」と思い
水分補給をしました。
それでも「きっと来る」というものが、やはりやってきました。
強烈な頭痛です。

17時発の飛行機で東京に帰ります。
0827-29.jpg








機内のシートに着いたとたんに深い眠りに落ちてしまいました。

いつも水分補給には事欠かないのですが、
炎天下、水分も取らずにあまりにも物件に熱中しすぎました。
気をつけましょう。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/26(木) 11:28:52|
  2. バイヤー&スタッフのブログ