NOCEの家具バイヤーズブログ 2010年10月22日 The Walking To 吉祥寺 From 下北沢 2

NOCEのバイヤーズブログ

2010年10月22日 The Walking To 吉祥寺 From 下北沢 2

今週、ぐずついた天気が続きましたが、
気温もようやく下がり朝晩は少し涼しくなり、
上着を羽織る人を多く見かけるようになりました。
天気は今日もくもりですが、この週末はほぼ全国的に晴れるそうです。
絶好の散歩日和なので
お近くのNOCEまで散策に出かけてみてはいかがでしょうか。
全国NOCE各店スタッフ一同、
皆様のご来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、センターテーブルとサイドボードです。
それではまず、センターテーブルから。

1022BF6474 2.jpg センターテーブルBF6474 リアルウォールナット
¥7,980

幅60×奥行60×高さ60cm
※組立式

1022BF6475 .jpg センターテーブルBF6475 リアルウォールナット
¥9,800

幅90×奥行60×高さ42.5cm
※組立式

デザインはシンプルでミッドセンチュリーのような感じになっています。
このためやはり「カフェ」系インテリアに合いそうですが、
シンプルなのでよほど奇抜なデザインのインテリアでない限り、
なんでも合いそうな気がします。

素材は、ウォールナット天然木とMDFの突板による天板と
黒く塗装された鉄の脚になっています。
メーカーはクロームを推薦していたのですが、
少しアメリカンになってしまうのであえて、
ウォールナットとブラックのコンビネーションにしました。
こうする事により、
よりジャパニーズカフェのような雰囲気になったわけです。

天板は、円と楕円の2種類で
お客様のニーズに応じてお選びいただけるようになっています。
置き方によってですが、丸をエンドテーブル、
楕円をセンターテーブルとして2つそろえてもいいかもしれません。

さて価格ですが、「丸」が7,980円、「楕円」が9,800円と
どちらも気軽にお楽しみいただけるNOCEプライスになっています。

少しレトロな感じのソファと合わせれば、お部屋にはゆるい
「ジャパニーズカフェミュージック」が流れてきそうです。


次にサイドボードです。
小さなキャビネットといってもOKなものです。

1022BF6455 .jpg サイドボードBF6455 ウォールナット
¥39,800

幅89×奥行45×高さ110cm ※組立式

先週ご紹介させていただいたシリーズと同じ流れなのですが、
少しおおきく実用性も兼ねています。

デザインは、大きなスモークドガラスの引き戸に引き出し2杯の
シンプルな作りで「ハの字の脚」を付ける事により、
北欧系やカフェスタイルになりました。

色はウォールナットのみです。
そして「すりガラス」がよりレトロな雰囲気を盛り上げています。
リビングやダイニング、キッチンと
どこでも使えそうで汎用性が高い商品です。
2人暮らしなら収納と考えても十分機能します。
「すりガラス」なので鍋やフライパン等を隠して収納する時にも
役立ちそうです。
(ルクルーゼなどのホーロー系重量鍋は難しいかもしれません。
ただいま調査中。でもルクルーゼは外に出しておいた方が
オブジェになるので隠さないほうがいいかもしれません。)
又、引き戸なのでスペースも有効に使えます。

さて価格ですが、39,800円です。
写真ではわかり難いかもしれませんが結構大柄で、
この大きさを考慮すれば割安感があります。

20,000円前後のソファに
先ほどご紹介させていただきましたセンターテーブルと合わせても
70,000円でおさまります。
予算は高めでも充分お部屋がカフェに変身します。

是非、実物をNOCE各店にてご覧いただければと思っています。



― 先週からの続き―

高井戸で環八(環状八号線)に突き当たります。
1022-1.jpg








環八というと関越、中央、東名、3京(第三京浜)湾岸、と
関東西側の主要高速道路の入り口に直結していて
いつも渋滞しているイメージがあります。
「環状8号線」という歌詞の
「君に会いたくて信号待ちさえももどかしい」時間は
かなり深夜にならないとありません。
車が数台なのにやたら信号が多いからです。
ただ、あまりのもどかしさに、黄色信号で強引に突っ込んだり
スピードオーバーしたりすると、
「泣く子も黙る深夜の交通機動隊」のハイテク最新兵器搭載の
覆面パトカーのレーダーにロックオンされます。
黄色信号は「止まれ」です。
間違えても「注意しながら早く行け」ではありません。
また、環八は道路幅も広く片側3車線の所が多く、
又深夜から未明は大体80キロオーバーで走る車が少なくありません。
前の車に付いて走っていても
後部からロックオンされるとあえなく撃墜となります。
80キロは言い訳が出来ない20キロオーバーです。
(ちなみに制限速度の表示がないところは60キロ制限で環八も同じ。
無制限ではありません。)
「前の車について走っただけ」と言い訳すれば
「君のようにみんなが走ったら全員速度オーバーになる」と
ごもっともなお言葉をいただく事になります。
「せつなくても」速度は守った方がよさそうです。
長くなりましたが最後に環状線を1から8までならべると、
皇居を中心として1内堀通り、2外堀通り、3外苑東通り、
4外苑西通り、5明治通り、6山手通り(ロッカン)、7カンナナ、
8カンパチとなります。
(東側の方すみません。あくまでも西側から見てです。)

環八を歩道橋で渡ると
1022-2.jpg








高井戸駅に着きます。
1022-3.jpg 駅構内にある「イートイン」のベーカリーで
コーヒーとクロワッサンでブレークして
1022-4.jpg








歩き始めます。
1022-5.jpg








ふり返り高井戸の煙突が遠くに見える頃、
1022-6-2.jpg 僕は富士見が丘にいました。
1022-7.jpg








少し歩くと
1022-8.jpg










電車の車庫の
1022-9-2.jpg








すみっこに
1022-10-2.jpg









切り離されたもう2度と井の頭線を走る事もない車両の前に
1022-11.jpg








コスモスが咲き始めていました。
1022-12.jpg 久我山に近づくと
1022-13.jpg








行列のできるラーメン屋さんがあり、
1022-14.jpg








駅を過ぎると
1022-15.jpg 空が
1022-16.jpg 










細くなった神田川にも細く映っていました。
1022-17.jpg








井の頭一丁目1番地を過ぎ
1022-18.jpg











一旦、川から離れて
1022-19.jpg 路地を抜け
1022-20.jpg










踏み切りを渡り
1022-21.jpg 反対側を
1022-22.jpg








歩くと
1022-23.jpg








水源のある井の頭公園の池はもうすぐそばです。
1022-24.jpg








公園の入り口から
1022-25.jpg








案内板を左に
1022-26.jpg 井の頭線のガードをくぐると
1022-27.jpg









頭上を電車が轟音とともに通り過ぎ、その後に
1022-28.jpg








枕木に切り取られた綺麗な空が残りました。
1022-29.jpg










井の頭公園の池は、
1022-30.jpg ボートで賑わっていました。
1022-31.jpg












この池でカップルでボートに乗ると「お別れ」が来ると言われています。
これは、井の頭公園にある弁財天(湧き水の近くにあります)の
弁天様(女性)が「やきもち」を焼いて
そのカップルを引き離すというわけです。
ただ、この弁財天で賽銭を投げお参りして
「ゴメンナサイ」すれば許されると言われています。
さすが弁財天だけに賽銭の額により刑が確定するのでしょうか。
ただ疑問は残ります。
ボートが有料だからです。
そのフィーのなかには当然
公園の維持費がインクルードされているわけです。
つまり、ボートに乗ればボート券がお金と引き換えにきます。
これが免罪符となるわけです。
カップルでボートに乗った後、賽銭をなげると
ダブルでフィーがかかるということになります。
この逸話はあまりにも有名ですが、よって弁天様に責任はありません。
おそらく数十年前、まだ人前でデートが珍しい頃、
カップル(当時アベック)でボートに乗るところを見た
「ひとりもの」が「別れてしまえ」という願望を込めて
流布したものだと思います。
一方、統計学的にボートに乗るカップルの破局係数は
発表されていませんが、マンネリ化(Matured couple)したカップルや
発展途上(Expecting Couple)のカップルが
「ボートに乗りたがる」傾向が高いという可能性は
否定できないかもしれません。


井の頭公園を後にして有名な「やきとり」店がある
人ごみの坂を
1022-32-3.jpg






1022-32-2.jpg







登ると 1022-33.jpg










吉祥寺に出ました。
1022-34.jpg 万歩計は26,000歩、カロリーは880K。
吉祥寺から、井の頭線の急行で下北沢に帰りました。
所要15分でした。
高井戸駅を通過する車窓の下には神田川が流れていました。

スポンサーサイト
  1. 2010/10/21(木) 03:12:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ