NOCEの家具バイヤーズブログ 2011年5月20日 勉強
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2011年5月20日 勉強

今週は、初夏を感じるような暑い日がありました。
ただ湿度が低くとてもさわやかでした。
週末、NOCEのある地域では土曜日に札幌、新潟で雨や曇りで
他の地域は晴れそうです。
日曜日は札幌を除いて雨になるそうです。
初夏の香りが漂う今が一番気持ち良いお出かけ日和です。
お出かけの際には、是非NOCEをご覧いただければと
全国NOCEスタッフ一同お客様のご来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、高級感漂うデスクです。

0520BF6648-1 3.jpg 0520BF6648-1.jpg デスクBF6648-1 オーク
¥17,800

幅110×奥行45×高さ73cm
Made in Taiwan
※組立式

デザインはシンプルの一言につきます。
ただこの無駄のないデザイン、
「つや消しブラックで塗装されたアイアンの脚に
オークナチュラルの天板」と絶妙なコンビネーションが
このデスクの格を数段上げています。
使い勝手は悪いかもしれませんが天板と一体化した引き出しも
全体のデザインに寄与しています。
インテリアとしては、ナチュラル、シンプル、モダン系が妥当ですが、
木を活かしたデザインなのでカフェ系でもいけそうです。

素材は脚がアイアンで天板がオーク材を使った突板になっています。
脚には、ブラックつや消し紛体塗装、
天板にもつや消しのラッカー仕上げとなっていて高級感があります。
特に天板はオークの特徴である木目がよく出ていて
アイアンとのハイブリッドの特性が最大限活かされています。

機能は2杯の引き出しのみですが、
薄くあまり量を収容する事はできません。
これは、天板と一体化させるデザインが優先なので仕方ありません。
厚い天板にすれば引き出しが深くなり収容能力もアップしますが、
「ボテ」っとしてしまい「カッコ悪く」なってしまうというわけです。

さて価格ですが、この高級感と雰囲気でなんと17,800円です。
お値打ち価格です。
実物の質感はとても画像では表現できません。
是非実物をお確かめいただければと思います。

このデスクは、ダイニングのサブテーブルとしても使えそうです。
その時は薄い引き出しがカトラリーや
ランチョンマットの収納に役立つでしょう。

このデスクを見ていると何か勉強したり、
工作や絵を描いてみたりしたくなります。
難しい英語の本を辞書(電子ではないやつ)片手に訳す。
ギター片手に譜面に落としてみる。
難易度の高い模型を作ってみる。
模写やデザインをするなど、想像が膨らんでしまいそうです。


  以前このブログでも書かせていただきました腰の痛み、
あれから3週間が過ぎました。
まだ痛みが残っています。
それでもなんとか普通に歩けるようになりました。
ただ未だにかがんだり、走ったりする事は出来ません。
その都度激痛が走ります。
この間も電車の中で物を拾おうとかがんだ瞬間、
あまりの激痛に「イテッ!」と大声を出してしまい
近くの方に「大丈夫ですか?」と言われてしまいました。

きっかけになった恐怖のストレッチの「腰回し」も
ゆっくりなら出きるようになりました。
筋トレもある程度普通にできます。

ところであの日に入会したスポーツクラブの「プール通い」は
唯一体が動かせる場所として今も通っています。

基本はクロールです。
小学生の時にスイミングスクールにも通っていたので
普通に泳げるつもりでした。
学生時代、教養課程のおまけについてくる体育の講義で
タイムトライアルで泳いだ時も25Mノーブレスで
けっこう速く泳げました。
フォームが綺麗といわれたこともありました。

スポーツクラブのプールは年配の方が多くいらしゃっていて
僕は若い方に分類されます。
バリバリのプール自慢に追い立てられる事もなく、この方が気楽に
のんびりとリハビリを兼ねた運動ができると思っていましたが、
それが甘かったと判るのに時間はかかりませんでした。

当然、御高齢でスイミングを続けることができる方々なわけです。
最初、僕は「ゆっくり泳ぐコース」で普通に泳いでいました。
となりには「泳ぐコース」を御高齢の御婦人が綺麗なフォームで
ゆったりと泳いでいらっしゃいました。

往復で違うコースを泳いでいると並ぶことがあります。

余裕で抜かれてしまうのです。
「追いつこうとするのもみっともない」と思いつつ
ストロークがだんだん速くなっていきます。
それでも追いつけません。
どんどん離されていきます。
僕のフォームは崩れプールの水も飲んでしまいました。
プール2日目の事でした。
「地震に原発、世の中いい事なにもない。腰は痛いし。」と
ぶつける所のない八つ当たりと負け惜しみです。
何か悲しくなって更衣室で腰をおさえながら海パンを着替えていました。

気を取り直してまずどうすればいいのかと考えました。
「これは何回も通わなければダメ」だと思いました。
前回も今回もプールから上がると目が痛くてどうしようもありません。
鏡に映すと目が真赤に充血していました。
このまま何度も通ったら結膜炎まっしぐらです。
「皆さんはどうしてるのでしょうか?」と
プールで泳ぐ方々を見てみると
全員ゴーグルをしていると言う事が判明しました。

速攻でゴーグルを買って帰りました。

ゴーグルをつけて泳ぐと水中がよく見えてプールが別世界のように感じ、
まるで速く泳げるかのように思いました。
これなら目も痛くならず何度もプールに通えるというわけです。
それでもゴーグルをつけただけで速くなるわけありません。
実際スピードはぜんぜん変わりません。

「何か根本的に間違っている」と思い
ネットと本で「泳ぎ方」を勉強してみました。
寝る前も「iPad」片手にイメトレ。
本屋ではいつも料理やインテリアのコーナーに行くのに
目も触れずスポーツコーナーの水泳のところに。

翌日プールに。
まずビート版でバタ脚のチェック2往復。
次にプルブイ(脚にはさむ浮きのようなもの)で
腕とフォームのチェック2往復。
「蹴伸び」でのフォームチェックと。
試した結果、自分ではぜんぜん納得いきません。
プールからの帰り道くやしくてまた本屋に寄って復習。
「ここが違うのか」と。
今度は「ここをチェックだぞ」とたたき込んで帰り、
家で次のプールのためにネットの動画をチェックして予習。

今度は「体を軸にしたローリングを意識してフォームを崩さず」と。
考えながら泳ぐと今度はバランスを崩して息継ぎに失敗し
大量にプールの水飲んでしまいました。
ヘタレすぎです。
情けないのとおなかの中でチャプチャプするプールの水で
気持ち悪くなってしまいました。
今日はここまで。
そしてだんだん泳げなくなっていく自分がいました。

帰りにはまた「こんなはずじゃなかった」とうなだれながら
本屋へ寄ってしまいました。
ページをめくるとスイマーが綺麗なフォームで泳いでいました。(当たり前か)

気を取り直し今日の課題を予習してプールに。
プールサイドに座り上手い人の泳ぎを見ていました。
勉強させていただきました。
プールから上がっていく彼のスイムウエアに
「SPEEDO」と書いてありました。
「昔流行った沖縄の女子グループSPEED」でもないし、
「放射線マップはSpeediだし」と。

そうです!あのオリンピックの時のスイムウエアです。
そして僕の格好を見てみると、
スイミングプールに遅れてきた夏休みの人が
むぎわら帽子と虫かごを持って海水浴ユースの海パンで立っていました。
スイミングプールにセミの声が響きました。
(この海パン実際「海の家」で買った想い出の海パンです。)
なぜならばプールには全員スイムウエアで
海パンは僕ひとりだけだからです。

速攻でスイムウエアを買って帰りました。

買ったのは「SPEEDO社」のものではありませんが
初めてのスイムウエアです。
プールの更衣室で大きな鏡に写して見ると
自分の姿がなんか本にでてくるスイマーです。

おもわず顔から自然に笑みがこぼれてしまって
周囲を確認して思わず鏡に「イエィ!」です。

これでターンをする時に「海パン」にたまる空気を逃がす必要が
なくなりました。
そしてそれ以上に水の抵抗が大幅に無くなるというわけです。
僕の大切な「想い出の海パン」も
プールの塩素でダメにならなくてすみました。

ただこれで上手く泳げるようになるわけではありません。

ゴーグルにスイムウエアとスタートラインにようやく立っただけです。
課題が多すぎて時間が足りません。
それでもこの先レッスンやスクールに通う気は全くありません。
答えの沢山ある勉強は目的ではなく過程が楽しいと思っているからです。

スポンサーサイト



  1. 2011/05/19(木) 04:38:44|
  2. バイヤー&スタッフのブログ