NOCEの家具バイヤーズブログ 2008年4月25日感覚の違い
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2008年4月25日感覚の違い

気候もすっかり春らしくなり、
暑くもなく寒くもなくといったいい季節をむかえています。
僕のブログは最近「バイヤーのぼやき」だと上司から注意されたので
もっと商品よりに変えていく努力をすることにしました。

さて、2月に注文した新商品の生産が完了し
出荷準備が整ったと中国の工場から連絡がありました。
それがこのチェアです。
black-1.jpg
brown-2.jpgwhite-2.jpg







ダイニングチェアとしても使えるのですが、
カフェっぽくサイドチェアとしてもつかえそうです。
最近モノトーンが少し落ち着いてきているので
少しヨーロッパの流行色を取り入れて遊んでみました。
ホワイト、ブラック、ブラウンは売れ筋ですが、
残り4色が冒険です。
green-4.jpgpurple-1.jpgred-2.jpgpink red-2.jpg






ヨーロッパで見たインテリアショップで目立った色を指定しました。
NOCEでどれだけ評価があるか楽しみなところです。
デザインは、60年代を意識しています。
たぶん、「どこかの商品のコピーのしそこない」といったところですが
商品化するため、勝手に工場のほうで
「デザイン無視のすわり心地優先」で作ったらこうなったという感じです。
それでも試作品を見てすぐに気に入りました。
「色」を使いたかったからです。
それでも無難色を発注しないと
大量売れ残りとなるので
こんな中途半端な色展開になってしまいました。
価格は、6980から7980を予定しています。
クロームの脚でこの価格は安いと思います。
船積みが今月末なのでNOCEショップにならぶのは、
5月末を予定しています。
ご期待ください。

と、ここで終わりたいのですが、
このメーカー現地で契約したはずが
日本に帰ってきたら価格が上がっていたのです。
通貨と原材料の値上がりだそうです。
色指定までしてあきらめるのは不本意であるばかりでなく、
仕事として失敗です。
工場である彼らにとってこのチェアの面白さはわかりません。
「値段を維持したいならこのチェアはどうか」と変なチェアを紹介してきます。
感覚が違うので良し悪しは、答えられません。
挙句のはてに
「色が気に入ったのならどんなデザインでも同じだ」といい、
「早く契約を進めて欲しい」と無茶を言い始めました。
何か妥協案をとおもいディスカウントと数量の増加で話しをつけました。
それでも当初の価格にはならず、
しかも全部で1300本まで増えてしまいました。

写真も「商品紹介に使いたいので撮って欲しい」とたのんだのですが、
アングルが少し変です。
「このチェア横から見た方がいいのに
なんで上から撮るのかな」と思いましたが、
これも感覚の違いで
相手も「なんでこんな色使うんだろう」と思っているのかもしれません。
だからきっとこちらに配慮して色を強調したのでしょう。
まあ、これもありかもしれません。
見方によっては、キャンディーみたいです。

最後にまた余計なこと書いてしまいましたが、
「こんなかわいい、まるでキャンディーのようなチェアみつけました。」
みたいなブログ書けないんですかね、
と上司に言われる前に反省する事にしました。

スポンサーサイト



  1. 2008/04/24(木) 06:14:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ