NOCEの家具バイヤーズブログ 2011年8月26日 朝焼けの彼方に

NOCEのバイヤーズブログ

2011年8月26日 朝焼けの彼方に

今週は先週の涼しさとは違って暑くムシムシする日が続きました。
雨が降ったり止んだりといった不安定な日が多く、
季節は変わり目を迎えているのでしょうか。

夏休み最後の週末、NOCEのある地域では関東で
「土曜日に雨が少し降る」以外は曇りがちながらまずまずとなりそうです。

お出掛けの際には是非、NOCE各店にお立ち寄りいただければと
全国スタッフ一同お客様のご来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品は、前々回ご紹介させていただいた
古材チークを使った本格的なキャビネットです。

0826RA30120.jpg RA30120BLAキャビネット チーク
¥68,800

幅120×奥行50×高さ210cm
※部分組立

0826RA30150.jpg RA30150BLAキャビネット チーク
¥83,800

幅150×奥行50×高さ210cm
※部分組立

デザインは全くシンプルなものですが
古材チークというマテリアルと
取っ手などのディテールが全体をシックな雰囲気にして、
単なる収納が目的である食器棚ではなくインテリア性の高い
ディスプレイキャビネットの要素を濃く表現しています。
110826-1-1.jpg 110826-1-2.jpg 110826-1-3.jpg

















前面上部にはガラスの開き戸と引き出し、
そして下部にも開き戸が有ります。
所謂、キャビネットのセオリー通りの造りとなっています。

上部と下部は分割されていて大きめの下部に付けてある
「ほぞ」と上部の「ほぞ穴」を使用し接合させます。
110826-2-1.jpg 110826-2-2.jpg












接合後、取り付けてある金具を「もくネジ」で止めて
110826-3.jpg












補強させます。
110826-4.jpg












上部のガラス扉と下部の扉にはカギが付いていてこの「カギ」を使い
110826-5.jpg










開け閉めをする構造になっています。
110826-6.jpg












上部ガラス扉には、2段のシェルフがあり、
下部にも1段のシェルフがあります。
110826-7.jpg 真中にある2杯の引き出しの
110826-8.jpg












取っ手はレトロなデザインで
このキャビネットの雰囲気の決め手となっています。
110826-9.jpg











引き出しの枠も当然チークを使用してあります。
110826-10.jpg












3ドアタイプのキャビネットも2ドアタイプに準じていて、
110826-11-1.jpg

















110826-11-2.jpg

















ひとつ扉が増えた分だけワイドが大きくなったものです。
110826-12-1.jpg 110826-12-2.jpg













実物はヨーロッパ仕様で手を加えていません。
このため高さが210cmと大きめですが、
バランスのとれた本物志向の仕上がりになっています。

インテリアとしては、カフェ系、ナチュラル系を中心に
シンプル系やその存在感からモノトーン系のモダンまでいけそうです。

木質感あふれる古材チークのキャビネットは、
お部屋に配置するだけでお部屋全体のイメージを変えてしまうくらいの
インパクトがあります。

さて価格ですが、驚きの2ドア68,800円、3ドアが83,800円と
このクオリティとボリュームから考えられない程激安です。

古材チークは使用の過程で反る場合や
クラック(亀裂)が入るリスクもありますが、
それを差し引いても素晴らしい風合いがあります。

実物を是非NOCEでお確かめいただければと思います。



今週の火曜日8月23日は、24節気の処暑にあたる日です。
太陽黄系150度で処暑の瞬間は日本では午後8時21分でした。
(地球が自転しているため150度に達するのは瞬間になります。
厳密に言うと「処暑の日」のように
1日24時間という面でとらえる事が出来ません。
正確には処暑の時間を迎える日となります。)

昼の時間が最も長い夏至(太陽黄系90度)からもう
昼と夜の長さが一緒である秋分の日(太陽黄系180度)に
近づいているわけです。
ちなみに夏至と秋分の中間である120度は立秋で
8月8日5時33分でした。

この処暑を過ぎると暑さも一段落と言われていますが、
まだ暑い日が続いています。
それでも見上げると空が
「終わってしまう夏」を少し儚げに告げていました。

JAZZ「マサコ」 のあった路地は、あの時となにも変わりません。
0826-1.jpg















ただ時間の経過が「マサコ」の建物を解体して更地にし、
クレーンだけの骨組みだらけの建造物を
白く大きなビルへと変えていきました。
0826-2.jpg

















あの時と変わらない電信柱を
0826-3.jpg















短くなってゆく夏の午後の光が
0826-4.jpg 新しいビルの壁面に映していました。
0826-5.jpg

















路地を後にして
0826-6.jpg















歩道橋に登り
0826-7.jpg 振り返ると
0826-8.jpg















新しいビルの上にも夏の終りの雲と空がありました。
0826-9.jpg















青い空を切り取りながら
0826-10.jpg 雲が
0826-11.jpg















流れていきました。
0826-12.jpg

















踏切を
0826-13.jpg















渡ると
0826-14.jpg 下北沢のダウンタウンを
0826-15.jpg















少しだけ涼しくなった風が抜けていきました。
0826-16.jpg

















暮れた街に阿波踊りの
0826-16-2.jpg















パレードが
0826-17.jpg 通り過ぎていきました。
0826-18.jpg

















日付が変わると朝の日が僅かな空を残して雲を染め上げ
0826-19.jpg















オレンジ色に反射した夜明けの街はまた
新しい日を迎えようとしていました。
0826-20.jpg












スポンサーサイト
  1. 2011/08/26(金) 12:07:01|
  2. バイヤー&スタッフのブログ