NOCEの家具バイヤーズブログ 2011年10月21日 曇った街

NOCEのバイヤーズブログ

2011年10月21日 曇った街

今週前半は、暖かな日がありましたが後半は涼しい日が続きました。
僕も昨日から長袖に衣替えです。
今週末、NOCEのある地域では
残念ながらお天気に恵まれないそうですが気温は高そうです。
ただ関西以西は日曜日に曇りですが雨は上がるそうです。
最近、センスのいい傘を良く見かけます。
服とコーディネートさせて街に出てみてはいかがでしょうか。
その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと
お客様のご来店を全国スタッフ一同こころよりお待ち申し上げております。


今週の新商品のご紹介は、チーク古材を使用したシェルフです。

111021-1-4.jpg EHK931ブックケース
¥56,800
幅96.5×奥行39×高さ197cm
Made in Indonesia
◇展示現品のみの販売となります。

一連のオランダ監修によるインドネシアメードの商品です。

全体的にフレンチテイストでシックな雰囲気になっています。
111021-2-4.jpg その要と言えるのがオフホワイトのステインと
カゴで作られたシェルフです。
この2つのコントラストが全体を、
「カントリーでもシンプルでもない」という
カテゴライズされない雰囲気を作り出しているのです。

上部分には3段のシェルフがあり、そのシェルフと
111021-3.jpg















トップの部分はナチュラルに近い「少しグレーがかった」
ステインを施してあり、
111021-4.jpg















オフホワイトとのカラーコントラストは絶妙といえます。
111021-5.jpg またシェルフの背板には1枚ずつ長尺板を張り合わせて作ったもので
レトロ感が演出されています。

真中には2杯の引き出しが付いています。
111021-6.jpg











下部にはこのシェルフをフレンチテイストにさせている
決め手とも言える編み込みのボックスが4個あります。
111021-7.jpg












インテリアとしては、シンプル、カフェ、ナチュラルと
モダンを除けば割とすんなり溶け込めそうです。
ウォールナット系のダイニングや先週ご紹介させていただいた
パイン材のテーブルとチェアとの相性も良さそうです。

メーカーによる呼称はブックケースですが
リビングに置いて本やオブジェなどのディスプレイにも使えます。
キッチンでは食器やリネン、調理器具の収納にも役立ちそうです。

さて価格ですが、このパフォーマンスで56,800円と
相対値で考えれば格安といえます。

シェルフ自体は個性的ですが
お部屋には割と素直に溶け込んでくれそうです。
フレンチシックにこだわらずカフェ系でも
かなり「いい感じ」になりそうです。

一番下のシェルフには、ホーロー系の食器やストック、
真中にはレシピ本、上段には気の利いたレトロなおもちゃや
オブジェなどはいかがでしょうか。

画像だけでは、全体の雰囲気を捉える事が難しいため、
是非一度NOCEで実物をお確かめいただければと思います。



先月、「JAZZマサコ」の跡地に建った商業コンプレックスビルが
地味にオープンしました。
「何故、地味?」と言うと下北沢南口駅前の一等地にも関わらず
元から存在したスーパーしかオープンしなかったからです。
普通、この位の規模の施設ならセレモニー、区長祝辞、テープカット、
ブラバン演奏、ダンスパフォーマンスに女子アナ系の声で
「グラン、オープン!」、ハトがパタパタ(これはないか)ですが、
先着のお客様にエコバックプレゼントだけでした。

多分、上層部の店舗のオープンとなんらかの事情で
タイミングが合わなかったからかもしれません。

B1と1Fは、もともと在った
「神戸発のかつて日本一と呼ばれた大型スーパー(GMS)、
今はケータイで有名な福岡に本拠地がある
鷹の名称の付く球団の前オーナー」が経営する
「食品と競技場を合わせた造語」が名称のスーパーになりました。
そのためあまり違和感はありませんが、
スーパーがこの街に3つになってしまいました。

1つは北口の老舗的存在「Big Circle くじゃく」店と
東に位置する後発の「相撲で言えば横綱の次」で
「表記はカタカナかローマ字」の新鋭スーパーです。
最近、「宅飲み」が増えているそうですが
「この街にスーパー3軒」は「供給過剰感」を否めません。

この大型コンプレックスが出来る前、
下北沢界隈では「どんな店が入るのか」で持ち切りでした。
街でもカフェでも美容室でも駅のホームでも
ライブのMCでもどこを歩いていても話題はこの話ばかりで、
挨拶は「おはよう」の前に「どんな店が入るの?」でした。
(かなり大げさと言うよりウソ)

当時は、全部が大型雑貨店の草分け
「East Express 両手」になるとか、
大手全国家具専門チェーンの「Two Birds」になるとか
様々な憶測が飛んでいて「実際飛んでいる姿を見た」との
目撃情報まで飛んでいました。

10月に入り2階から4階までの3フロアを
「大手カジュアル衣料専門チェーンで
最近ニューヨーク5番街に出店し話題を集めた」店が
「くじゃく」のスーパー2階から移転してきました。

残りは、飲食フロアと1フロアです。
ベーシストの僕としては、最後の楽器店が無くなってしまったので
「Island Village Musical Instruments」とかが来てくれれば
渋谷に弦を買いに行かなくても済むとも思ったのですが
難しそうです。

「アルファベット市場」靴店は既に在るし

「Non Bland But Good Quality」略して「Plane Color」
(全然略してないか)は大きなショップが西口にあります。

それならば「5きつね」系はどうでしょうか。
(ちなみに「きつね」が複数系のSをとらないため
「5匹のきつね」にはなりません。)

下北は古着専門店激戦区、
ついこの前も大手CDレンタルチェーン(東証1部上場)が
経営する古着ショップ「2番街」がオープンしたばかりで
メリットは無さそうです。

それなら、「パープル運動具」店や
「アメリカ発原宿に1号店を出し一世風靡した」店
「洗え、男の」(惜しい!洗え、がチョッとちがうぞ!)はどうでしょう。
まともなスポーツ店は下北にはありません。
「耳栓」も新宿のその店に買いに行かなければなりません。
それでも下北は、やはり軽音部や演劇部などの文化部が
多いのでダメでしょうか。

SC常連の「支店」でもなぜか全国各地にある子供服専門店
「The Baby Head Store」とか最近、カリスマモデルを積極起用し
ポスト「マルキュウ」を狙う
「流行中心 Island Village」(中国語になってしまいました)は、
3階から5階を占めるカジュアル衣料の店舗とバッティングするため
無理そうです。

残るは、「$1,3 All Same Price」(本日の為替レート)店しかありません。
実際、南口商店街にありますがいつも混んでいて手狭そうです。

結局、決定した店舗は「$1,3 All Same Price」(東証1部上場)と
もう1店舗は、かなり意外なところで
なんとカラオケチェーンCMでお馴染みの「大きな響き」
(JASDAQ上場)でした。

フードはこれも「Sweet John」で
有名な東証1部上場大手居酒屋チェーンが経営する
「Double Circle」と日本の四大島の1つ
「North Sea Road」に決まりました。
とんかつチェーンの「Cactus」や「Harmony Happy」は来ませんでした。

カフェは「みどりのシアトル系」や「午後の紅茶」、
雑貨系は昨日MBOが成立した「統一通貨ユーロ前の
「仏」旧通貨の呼称」店かとも想像していましたが
少し違う感じでした。
(ちなみにシアトル系や午後の紅茶などの経営母体、
イギリスの有名なオークションに似ている名前の会社は
今年初めMBOが成立して上場廃止になりました)

小田急線の歩道橋を渡る途中に
1021-1.jpg
















次のコンプレックスを造るクレーンが曇った空を貫いていました。
1021-2.jpg
















歩道橋の階段を下りて建物の
1021-3.jpg
















横にはずっと変わらない路地があります。
1021-4.jpg
















突き当たると建物の脇には曇り空が広がり、
「JAZZマサコ」の在った場所がありました。
1021-5.jpg
















近代的なロータリー式有料自転車駐輪場が
4ビートとコーヒーの香りを時の彼方へと消していきます。
1021-6.jpg
















変わらない路地には真空管アンプからこぼれ落ちる
コルトレーンのサックスが舞っていました。
1021-7.jpg
















真新しい建造物がJAZZマサコの上にあった
少し冷たくなった10月の空と記憶を埋めていました。

BREAKING NEWS
速報です。
今入った情報です。
なんと大手カジュアル衣料店が移動した「くじゃく」の2Fに
「流行中心Island Village 女子」(東証1部上場)が入るそうです。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 12:03:11|
  2. バイヤー&スタッフのブログ