NOCEの家具バイヤーズブログ 2012年2月3日 ドイツ、イギリス出張2

NOCEのバイヤーズブログ

2012年2月3日 ドイツ、イギリス出張2

今週は、強烈に寒い日が続いています。

特に今朝は氷点下2度で下北沢の道も氷が張っていました。

雪の多い地方は大変な事になっているそうです。

雪のあまり降らない東京に住んでいる身としては、

不謹慎ですが白銀の世界に憧れてしまいます。

静寂な夜にシンシンと降り積もる雪、

部屋にはビル・エヴァンスのピアノ、シャンパン、

曇るガラス窓の向こうには風に舞う結晶。



今週末のお天気ですが、NOCEのある地域では

札幌の土曜日、新潟の土日を除いてまずまずとなりそうです。

寒さは日曜日に若干緩むそうですが、まだまだ続くそうです。

外出の際には暖かくしてお出掛けください。

冬の街もあと少しで終わってしまいます。

コートに手袋、マフラーと少し着飾ってのお出掛けは

いかがでしょうか。



そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと

全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。






昨晩、食事もせず早く寝てしまい

朝4時に空腹感と共に起きてしまいました。

時差を身体に意識させないためにしっかり起きることにして、

バスタブに浸かり、ストレッチを1時間掛けてやり、

レストランの開店時間6時を待ちました。



「お腹空いた!」とつぶやきながらエレベーターでロビーに下り

20120203_1.jpg


レストランに着くとまだ早いのか誰もいませんでした。

20120203_2.jpg

席に着き「お楽しみ」の始まりです。

20120203_3.jpg

ドイツの朝食程楽しいものはありません。

パンは世界で最も種類が多く特に酵母系パンは絶品です。

日本だとフランスがイメージされますが

パンと言えばドイツなのです。

(去年のブログ2011年ケルン出張2に詳しく書いてあります)



ジュースサーバーでオレンジジュース、

20120203_4.jpg


エメンタールチーズを数枚

20120203_5.jpg

(チーズフォンデュなどで使われる牛乳系チーズ。

クセがなく食べやすい。
日本では最近高くなってしまって

滅多に食べられなくなりました)



ハムと

20120203_6.jpg


ソーセージと

20120203_7.jpg

スクランブルエッグ、

20120203_8.jpg


そしてドイツパン

20120203_9.jpg


山型パン(シュロートミッシュブロートだと思います)

20120203_10.jpg

をスライスしてトースターで焼き

テーブルへ。

20120203_11.jpg

バター(これがまた格別)をカリカリに焼いた

香ばしいパンに塗り、エメンタールとハムをのせて

20120203_12.jpg

ナイフとフォークで切り分けながら食べるわけです。

「これだけでもドイツに来てよかった」と。



エッグスタンドのゆで卵の先をナイフで削って(結構難しい)

20120203_13.jpg


スプーンを入れると日本の卵よりやや薄い黄色の黄身が

トローンと出てきます。塩とコショウを振って優雅に。



先ほどのトースト止まらなくなり4枚食べた後、

20120203_14.jpg

やはり丸パン(シュテルンゼンメル)に

またハムとエメンタールにバターをたっぷり塗って

食べてしまいました。

ヨーグルト(これもオリジナルでおいしい)に

ブルーベリージャムを落としてとりあえず終えた後、

〆は、やはり焼きたてクロワッサンです。

20120203_15.jpg

コーヒーとバターの香りがケルンの朝を包んでいきました。

20120203_16.jpg

今晩はロンドン泊なのでチェックアウトを済ませ

20120203_17.jpg


外に出ると石畳の歩道を雨が濡らしていました。

街の朝が

20120203_18.jpg

少しずつ明けていきます。

20120203_19.jpg



駅の自動券売機で見本市会場までの

20120203_20.jpg

切符を買いました。



今日のスケジュールをシュミレートしてみました。

もし見本市を早く見終えてしまったら、

「買い物でもするため」に会場から直接

Uバーン(地下鉄兼路面電車)で街の中心部まで行き、

18時発のロンドン行き飛行機に乗るために歩いて駅に戻り、

そこからSバーン(郊外を結ぶ普通の電車)で

空港に行こうと。

そうなると小さいとは言えキャリーバッグが

邪魔になると思い、駅の「自動預かりマシーン」に

20120203_22.jpg


預けることにしました。

こうすれば、見本市も「街歩き」も楽チンというわけです。




マシーンにコインを入れるとドアが開きます。

バッグを入れ「OKボタン」を押すと

20120203_23.jpg


扉が閉まりカードが出てきます。

20120203_24.jpg


このカードを引き取る時にマシーンに差し込めば

また扉が開きバッグを引き取る事が出来るという

画期的なロッカーのはずでしたが、

扉が閉まりカードが出てくる前になんと

「フリーズ」してしまい、どの操作も出来なくなりました。

勿論、バッグは出てきません。

「まいった・・・・」です。

タイトなスケジュールのため1分のロスもアウトです。

「もしもの時はコールセンターに電話」と表示ですが

僕はケータイもなくあたりに公衆電話もありません。

「突然ドアが開いたら」と思うと

この場を離れる事もできません。

とりあえずパスポート、航空券、財布は身に着けていたので

「まァいいか」という感じでまず

駅のインフォメーションデスクに行ってみましたが

ドイツ語オンリーです。

「Something goes wrong with that machine」

は全く通じません。

だんだん焦ってきました。

服は買えば済みますが、

身体に合うシャンプーやコンディショナー、歯磨きは

ドイツで調達出来ません。

並んでいる人に迷惑と知りながら

何度かジェスチャーを繰り返すうちに

「あっちへ行け」と教えてくれました。

指先に従って行くと「手荷物預かり所」のような所がありました。

ケルン歴10回以上で

「マニュアルで荷物を預かるところがある」のを初めて知りました。

「最初からここに来れば良かった」ですが今はそんな余裕なしです。

窓口でおじさんに説明するとやはり英語が通じません。

すると奥から容姿端麗のブロンド(容姿と髪の色関係ないでしょ!)

の女性が「説明して」と流暢な英語で言ってくれました。

「助かったぞ」と胸をなでおろし、

彼女に説明すると「時々あるトラブル」だそうで

キーを持ってマシーンまで一緒に行ってくれました。




彼女はそのキーでマシーンの扉を開け操作を始めました。

20120203_25.jpg


「コンピューターがダウンしてしまっているので

再起動しなければならない」そうです。

OSはウインドウズ4,0です。

「早く再起動しろ。スティーブ・ジョブスがんばれ!」

(ジョブスじゃないって、それ言うならビル・ゲーツだって)

と寺門ジモン自答(かなり古い)しているうちに

「直ったわよ」と笑顔で彼女が言い、

バッグが無事戻ってきました。

お礼を言ってバッグをまた入れるとカードが出てきて

今度はOKです。40分のロスでした。




10番線の階段を

20120203_26.jpg


駆け上がり

20120203_27.jpg


電車に飛び乗ると

20120203_28.jpg


ドアが閉まり

20120203_29.jpg

動き出し

20120203_30.jpg

見本市会場駅に着きました。

20120203_30.jpg

雨の中、駅から会場に真っ直ぐ伸びる道を歩き

20120203_31.jpg

エントランスから入場し

20120203_33.jpg

レセプションでチケットを購入し

20120203_34.jpg

チケットをバーコードリーダーに通して

20120203_35.jpg

会場を歩き

20120203_36.jpg

始めます。

20120203_37.jpg

次々に飛び込んでくる

20120203_38.jpg



20120203_39.jpg




20120203_40-1.jpg

20120203_40-2.jpg


デザインが

20120203_41-1.jpg

20120203_41-2.jpg


洪水のように

20120203_41-1.jpg

20120203_41-2.jpg


溢れ出していました。

20120203_43-1.jpg

20120203_43-2.jpg

20120203_43-3.jpg

ひとつひとつのブースの

20120203_44.jpg

造り込み

20120203_45.jpg


パフォーマンス

20120203_46.jpg


演出もまだアジアの国々は遠く追いつく事はできません。

20120203_47.jpg


少し気になるデザインの

20120203_48.jpg

スツールがあったので(画像のものではありません)

値段を聞いてみました。

20120203_49.jpg

日本円で60,000円だそうです。

コスト込みで売っても100,000円は越えてしまいます。

「輸出価格を知りたい」と言うと

「卸価格も輸出価格もない。

手作りなので1本でも100本でも同じ」だそうです。

ちなみにここのブースかなり賑わっていました。

こういった凝ったデザインの作家物は

直接ネットで売るようになるのかもしれません。

何も業者にわざわざフィーを支払って

自分のデザインを切り売りする必要などないからです。

これは小売や製造という

ビジネス自体の根幹が問われる問題なのです。

早く見終わってしまったので

20120203_50.jpg

フェア会場に「さよなら」を言って

後にして

20120203_51.jpg

地下鉄(Uバーン)の駅に向かい

20120203_52.jpg

ホームに来た9番の地下鉄に乗り

(主要駅は路線が重複している事が多く

地下鉄の先頭に表示してある路線番号で目的地に行きます)

20120203_53.jpg

ヌォイ・マルクト駅

(直訳は新市場、英語でNew Marketですが、

旧市街に対して新市街との理解でOKだと思います)

20120203_54.jpg


で降り

20120203_55.jpg

街を歩き始めました。

20120203_54-2.jpg

細かい雨とグレーの雲が

20120203_55-2.jpg

教会や

20120203_56.jpg

街を覆っています。

20120203_57.jpg

土曜日なので人がいます。

20120203_58.jpg


ところで「なぜヨーロッパの人たち、

雨でも傘ささないんでしょうか?」



街のシューズショップで「定番のカンペール」と

アパレルでHUGO BOSSのジャケットをゲット。

合計30,000円でした。

日本で買えばおそらく100,000円は越えます。

これはユーロ安の恩恵ではありません。

この時期はバーゲンで

しかも僕の服のサイズが44か46で

ドイツ人には小さ過ぎるため激安となるのです。

こんなところでバイヤー魂発揮してもしょうがないのですが、

このHUGOのジャケットが面白い。

ジャケットの襟の部分がチャックになっていて

締めるとブルゾンに見え、開けるとジャケットになるのです。

レストランで

「ジャンパー預かりましょうか」と言われたら

「その必要ありません」とチャックを下ろして

ジャケットに早変わりという訳です。



大聖堂の

20120203_59.jpg

前から

20120203_60.jpg

広場を通り

20120203_61.jpg

駅で無事にカードでキャリーバッグを引き出し

20120203_62.jpg

10番線から13系統の

20120203_63.jpg

Sバーンに乗ると

20120203_64.jpg

ライン川の鉄橋と

0214-65.jpg

ケルンの郊外が去っていきました。

20120203_66.jpg


ドアが開き

20120203_67.jpg

空港でロンドン行きのチケットを受け取ると

急激にお腹が空いてきてしまい

カフェでコーヒーと小さなチーズパンをオーダーしました。

20120203_70.jpg

朝から初めての食事ですが、

国際線なので機内食が出てくるため

控えめにしておきました。

ロンドン行きのアナウンスが聞こえゲートに向かい、

20120203_69.jpg

振り返るとケルン空港のテーブルには

飲みかけのコーヒーカップとナプキンが残っていました。

20120203_71.jpg





長くなってしまったので今日はここまでにしておきます。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/22(水) 17:42:39|
  2. バイヤー&スタッフのブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2012年2月10日 ドイツ、イギリス出張3 | ホーム | 2012年1月27日 ドイツ、イギリス出張1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://noceblog.blog.fc2.com/tb.php/208-9258483b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)