NOCEの家具バイヤーズブログ 2012年11月16日 ヨーロッパから来た昭和のチェア 1
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2012年11月16日 ヨーロッパから来た昭和のチェア 1

今週は、ボジョレーヌーボーの解禁日の週でした。
今年は天候の影響で収穫量が例年の半分だそうです。
ボジョレーヌーボーとは、フランスのワイン産地ブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区でその年に収穫されたブドウで作る新酒の赤ワインの事です。
ボジョレーヌーボーの出荷量の約半分を日本で消費するそうですが、1人当たりのワイン消費量では世界で20位以内にもランクされていません。
実際、下北沢もワインを提供する店が減っています。
また、ワインを飲む人も減少中という話を聞きました。
それでは「なんでボジョレーなわけ?」ですが、ワインブームの名残なのでしょうか。
それにしても、絶対間違えてはいけないのは「ボジョレーヌーボーは他の一般赤ワインとは、ブドウから作る醸造酒というだけで製法も全く違う」という事です。
これは、その年に収穫されたガメイ種(ブルゴーニュは一般的にピノノワール種)というブドウを早く飲めるように醸造してその年のワインの出来を確かめる所謂、試飲用ワインとして始まり、後にお祭りになっただけのものなのです。
普段ワインを飲まない人に、「今年のワインはどうか」など解りません。
場の雰囲気で量を飲んで大変な事になってしまった人をたくさん見ました。
そして、赤ワインは「頭が痛くなるもの。気持ち悪くなるもの」というレッテルが貼られてしまうのです。
週末、ボジョレーを飲む機会があれば、ボジョレー一杯で乾杯して他にもう一杯少し重めの赤ワインを試してみれば赤ワインの認識が変わる事とおもいます。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で雨やくもりで、日曜日は札幌(雪)、新潟を除いて晴れるそうです。
都内の街路樹も色付き始めました。
深まる秋を感じながら「乾杯」のために街にお出掛けは如何でしょうか。
そしてその際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、オリジナルデザインをチェコのTON社に製造依頼したチェアです。
1116-1.jpg

このチェア、どこかに懐かしさを感じませんか?
このデザインの素は、去年下北沢のアンティークショップ(ジャパニーズ系)で偶然見かけた日本の数十年前のチェアでした。
一目惚れでこのチェアとは別に違うデザインのチェアと共に「即買い」してしまいました。
店のオーナーは僕に「目が高いねぇ。これは昭和初期のものだよ。」とおっしゃっていましたが、昭和初期にはこの種のデザインのチェアは日本には無かったと思うので、昭和30年代か、40年前半のものではないかと思います。
多分、ミッドセンチュリーの模倣で作られた当時の食堂椅子で家庭で椅子の生活が一般化されていない時代を考えると、レストラン等で使用されていたものかも知れません。
昭和レトロの典型とも言えるデザインは、時代を超え懐かしさの中に今でも遜色のないユニヴァーサルな形を表現しています。
このチェアを現代に再現させた主役は、やはりチェア造り150年、チェコのTON社によるものが大きいと思います。
同じ図面を中国にも依頼したのですが、解釈の相違なのかサンプルの段階で「どこか違う感」が払拭されませんでした。
しかも、今年初め中国で行われた展示会に試作段階のそのチェアをその会社のオリジナルとして出展されてしまっていて僕はすっかり「やる気」無くしているところでした。
そんな時、新しいデザインを模索しているTON社を考えたわけです。
図面を見せると「やる気満々」でとりあえずサンプルの作製となりました。
出来上がると彼らが想像していた以上に満足できるものらしく、熱意のこもったメールが届いたのです。
「とにかく座り心地が抜群なので座って欲しい」との事で高額でしたが航空貨物でチェア2脚をチェコから送ってもらいました。
それは、とにかく感動ものでした。
座り心地もよくデザインも思った通りです。
その後、2回のモディファイ(若干のデザイン変更)をしてロット発注となりました。

まずこのチェアのデザインの特徴は
1116-2.jpg

背もたれです。
1116-3.jpg

その形状は、スクールチェアを彷彿させ、表から打たれたビスがレトロ感を一層盛り上げています。
次にこの背もたれを支えているフレームです。
1116-4.jpg

後方から見ると上に向かって狭くなる形をしています。
1116-5.jpg

そして前方から見ても前脚が
1116-6.jpg

後脚に合わせるように上から開いているのです。
1116-7.jpg

これが、僕が惚れてしまったデザイン・アイコンで「これぞレトロ!」と言ったところです。
背もたれに打たれたビスはシート上にもあり、重要なアクセントになっています。
1116-8.jpg

奥行きの深いシートとしっかり支えてくれる背もたれは、抜群の座り心地を確保します。
1116-9.jpg

デザインの部分だけではなく、座り心地といった実用性のディテイルにもこだわれたのは、チェア作りTON社の伝統だと思います。

素材はブナ材でふんだんに使っていて、見た目よりガッシリしています。
カラーはナチュラルとウォールナットでそれぞれ表情が違っています。
インテリアの観点では、カフェ系、ナチュラル、シンプルと素が日本だけにあらゆるお部屋に馴染めそうです。
さて価格ですが、12,000円とこのパフォーマンスを考えれば決して高くありません。
ヨーロッパの影響を受けた昭和のチェアが平成にヨーロッパで復刻されました。
是非、座り心地やフィーリングをNOCE各店でお確かめいただければと思います。

曲木315チェア
¥12,000
幅39.5×奥行50×高さ80(46)cm


昭和というと何か懐かしさを感じるのは、それがただ過去の郷愁だけではないような気がします。
昭和と一言で言っても、昭和元年から(1926年12月26日)昭和64年(1989年1月7日)までと様々な時代がありました。
一般的には戦争の終わった昭和20年から戦後と呼ばれた時代と戦争突入までの戦前に分けられます。
勿論、この前後のジェネーレーションは全く違います。
現代に「昭和の懐かしさ」を感じるのは戦後の時代だと思います。
戦争が終り人々は復興のため、そしてよりよい生活を求めて一丸となって必死に働きました。
欧米の生活に憧れました。
テレビ、洗濯機、冷蔵庫が3種の神器と言われ、これらを所有するために働きます。
サラリーマンから現場の労働者まで「やきとり屋の赤ちょうちん」の下では誰でも平等でした。
昭和36年に羽田空港が全面返還され、世界各国の大型ジェットが次々に就航され本格的な国際化が幕を開け、昭和39年に新幹線が開業し、東京オリンピックが開催されます。
団地に住み欧米様式の生活が始まりました。
白黒テレビで、歌謡曲に酔いしれ、コントにお腹を抱えて笑い、若いジャイアント馬場に声援を送り、期待の新人ジャイアンツの長島茂雄はサヨナラホームランを打っていました。
世界は日本の成長を羨望し、戦後の成長を驚異と絶賛しました。
そこに中東で勃発した戦争で原油価格か高騰し、所謂オイルショックが起こりこのあたりから成長は鈍化していくのです。
それでも、マイホームにはカラーテレビや電子レンジ、電話、ファミリーカーが在りました。
生活は豊かになり1億総中流と言われました。
成長は鈍化しても自動車や電化製品などの輸出産業に支えられた日本経済の規模は世界第2位(GNP)の地位を維持するのです。
ただこれが、貿易不均衡を呼び「ジャパン・バッシング」(日本叩き)として輸出相手国の非難を浴び(低価格の日本製品の輸出により不振になったため)テレビでは、日本製品を壊す労働者の姿がありました。
この後、円は安すぎるとプラザ合意により切り上げられ、不振になった輸出産業は内需に向かいバブル経済が起きるのです。
豊かさの価値基準が「気持ち」から「お金」に変わって行く瞬間でした。
湾岸にあるディスコに白いスポーツタイプのクーペでボディコンシャス(ボディコン)な彼女とアルマーニに身を包み、入り口の黒服に顔パスで入店しVIP席でドンペリを開けるのがステータスでした。
この時代も所謂バブル崩壊と共に終焉を迎え、昭和は「中学校いじめ自殺事件」を残し平成に変わっていくのです。
バブル崩壊は、資産価値の低下により失敗した者を敗北者として呼ぶようになりました。
バブルによって失われた心は、崩壊後修復されず、さらに壊れていったような気がします。
テレビでジャイアント馬場が十六文キックを使えなくなった頃、ドラマで子役が「愛より金が好き」と言い、六本木に東京タワーより高いビルが建った頃、お金の所有量が人生の価値基準に変わり、生きる事が「勝ち負け」になりました。
新幹線が青森まで行っても、車をコンピューターが運転しても、大学の出席をスマホで取っても、そして時代はレコードからカセット、CDもなくなりipodさらにハードコピーもいらないクラウド配信(楽曲をクラウドに保存することによりハードコピーやメモリースティックも必要なくなり、クラウドにアクセス出来るデバイス、スマホでもパソコンでも再生可能。ハードコピーのみのipodは、CDやカセットと同じ考え方になる)になっても驚かなくなりました。
だから、昭和の時代のノスタルジックで、中島みゆきの歌を歌いたいわけでも、電話のダイヤルを指で回したいわけでも、古い新幹線に乗りたいわけでもありません。
昭和と言う時代が歴史の中に閉じ込められていく過程でふと、何か忘れ物をした気になるだけです。
スポンサーサイト



  1. 2012/11/16(金) 14:38:31|
  2. バイヤー&スタッフのブログ