NOCEの家具バイヤーズブログ 2008年6月27日OBLIQUE(オブリーク) 2

NOCEのバイヤーズブログ

2008年6月27日OBLIQUE(オブリーク) 2

梅雨らしい日がつづいています。
気温ももう7月だというのに涼しく、過ごしやすく感じます。
時々、湿度の低い朝など
東京でも高原のようなさわやかな風が吹いていることもあります。

さて前に紹介したオブリークなんですが、
いよいよ来週全色入荷してきます。
前回このブログで使った色が少し特殊な色だったので、
本来の良さがわからなかったのではないかと思い
ここで3色紹介したいと思います。
Oblique-Bk.2.jpgOblique-Wh.2.jpgのサムネール画像
Oblique-Or.2.jpgのサムネール画像








なぜかというと、
少し評判いまいち
というリアクションがあったからです。

もちろんデザインが変わっているので覚悟は出来ていたのですが、
お客様からのフィードバックが
店舗を通じて直接上司に伝わってしまい
「大丈夫か?」
と、猛攻撃にさらされています。
そこで名誉挽回となっているわけです。

最初に紹介させてもらった色は、
いわゆる「さし色」といわれるものです。
「さし色」とは、
他の色を引き立たせるためにわざと特殊な色を使って
商品構成を組み立たせるために使う色の事です。
したがって今回の主役は、
ホワイトとブラックです。
オレンジが準主役でピンクが脇役と言ったところでしょうか。
と言って、
「売れる色だけ入れればいい」という上司の攻撃をかわしているのですが、
僕は脇役だと思っていません。
このピンクは、
去年くらいからパープルやレッドなど
結構ヨーロッパのインテリアではよく見かけるようになってきた色です。
ポストモノクロームで
例えばブラックのカーペットやアンティーク調の黒いフローリングには、ピッタリです。 ただ、やはりこの値上げラッシュの中
そんな余裕も冒険できないのも理解できます。
「なぜ最初から一番の色をアップさせないのか」
という上司の気持ちもわかります。
「これがマーチャンダイズタクティクスだとか、
マーケッティングストラティジックだ」
「本命を引き立たせるためにさし色を見せる」とかもっともらしく逃げています。

でも本当は全部ウソです。
サンプルを作る時にメーカーに何色でもいいと言っていたのです。
だから何故ピンクなのかわかりません。
NOCEのなかでは、異色かもしれませんが僕は
結構気に入ってしまったので前のブログで使わせてもらいました。

「うーん、ピンクかぁ」
「本番は本命で勝負だ!」
と、実は手に冷や汗を握りながら
来週のリリースを待つ事にしていますが、
モノクロームの2色で勝負すべきだったのか、
まだ勉強が足りません。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/27(金) 10:24:20|
  2. バイヤー&スタッフのブログ