NOCEの家具バイヤーズブログ 2012年2月22日 眠れない夜

NOCEのバイヤーズブログ

2012年2月22日 眠れない夜

今週も寒い日が続きました。
特に朝、いつも6時に起きますがガラス窓の曇り方がすごい。
まだ寒さは続くようです。
今週末のNOCEのある地域のお天気ですが、札幌と新潟を除いて概ね晴れかくもりになるそうです。
お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、ミッドセンチュリーな雰囲気を持った本格的ソファの御紹介です。
久々に入荷した本格的ソファで、バイイングは、去年の秋でした。
デザインと機能性がポイントです。
フロントビューは、「あまり高くない背もたれに薄めで低いアームと脚」で、デザインは正にミッドセンチュリーの王道と言えます。
0222-1.jpg
特にボトムやアームのエッジを丸くすることにより、全体の印象を柔らかなものにしています。

サイドビューでは、低めのアームが背もたれに向けて低く傾斜が付けてあるのがわかります。
0222-2.jpg

又、奥行きの深いデザインは抜群の座り心地も与えてくれます。
インテリアの観点では、カフェ系、ナチュラル系、シンプル系とクセが無い分、どんな部屋にも合いそうです。
特に、ウォルナット系家具との相性は抜群でカフェ系のインテリアには最適と言えます。
さて、前述させていただいた機能ですが、それぞれ独立しているクッションは、
0222-3.jpg

チャックで脱着可能です。
0222-4.jpg

本体のカバーもマジックテープで取り外す事ができます。
0222-5.jpg

どちらも、ドライクリーニングのみ可能になっています。
間違って、水洗いしてしまうと縮んでしまい再度取りつける事が不可能になります。
背もたれのクッションは表裏が無く、これをアームにのせると枕代わりに横になる事ができます。(3シーターの方が快適)
0222-6.jpg

そしてシートにはポケットコイルが内蔵されているので奥行きの広さとの相乗効果により格別な心地良さを確保します。
0222-7.jpg

サイズは2シーター(142㎝)と3シーター(180㎝)、カラーはグリーンの他に
ブルーの2色をご用意させていただいております。
0222-8.jpg

どちらのカラーも落ち着いたスモーキートーンを基調にしたもので、ミッドセンチュリーのデザインにはマッチしています。

さて、価格ですが2シーターで43,800円、3シーターで54,800円とかなりコストパフォーマンスの高い、お値打ちソファと言えます。
画像と文字では、全体の雰囲気やデザイン、座り心地を表現する事には限界があります。
是非NOCE各店で実物をお確かめいただければと思います。

TD2905ソファ 3人掛け グリーン
¥54,800
幅180×奥行87×高さ88(45)㎝
※部分組立
TD2905ソファ 2人掛け ブルー
¥43,800
幅140×奥行87×高さ88(45)㎝
※部分組立


昨晩は、眠れませんでした。
バッハの旋律を夜に聴いたせいではありません。
そう言えば、サカナクション大ブレーク中です。
シルキーボイスのボーカルにエレクトロとオルタナティブをミックスさせたバンドで前から注目していました。
眠れなかった理由を何故かと考えてみたら、バッハの旋律はベースに触れる時は準備運動としていつもしているので違います。
昨晩、多分ベースに触れると指の動きが悪いので特訓したのが原因です。
練習のメトロノームは通常、4拍を4分音符で打ちますが慣れてくると様々の音符に感じて打たせて見ます。
最初は半分の速度に落として2分音符を2拍4拍に感じます。
これは調度ドラムのスネアと同じタイミングになります。
これをドレミファのスケールでCから5度進行で8分音符で弾いてみます。
次に16分音符で限界の速度まで弾いてみます。
この辺で止めればよかったのですが、昨晩はフレットレス(フレットのないネック、指板)ではないベースだったのでスラッピングをやってしまいました。
まず、音消し。
メトロノーム4分音符に8部音符のオクターブ、ダウンとプルのコンビネーションでメトロノームの「カッチン」と完全シンクロさせると「カッチン」が消えます。
次に2拍4拍16分音符で限界スピードまで。
さて、問題は次です。
メトロノームを4分音符のウラの8分音符に感じながら取りあえず8分音符のオクターブ。
するとプルの部分が「カッチン」に当たり、メトロノームの音が消えます。
そして、次は4分音符ウラ打ちメトロノームにベースで8分のウラの16分音符を弾きます。
シンクロすると16分音符がベースとメトロノームで「カタカタ」と4分音符分に繋がります。
これに小節数を数えながらスピードアップするわけです。
プルは比較的やりやすいのですが、ダウンが鬼門です。
段々、手クセでアタマとウラが逆転してしまうのです。
「ゥタゥタ」が「タゥタゥ」に感じてしまうわけです。
これにイラついて肩と指が痛くなるまでやってしまいました。
眠れるわけありません。
今も眠いです。
指も腫れて痛いです。
それでもきっと夜プール行っちゃうと思います。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 15:31:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ