NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年4月5日 中国出張1
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2013年4月5日 中国出張1

今週も春独特の変わりやすい天気でした。
嵐のような日や、冷たい雨の日もありました。
今週末のNOCEのある地域のお天気ですが日曜日の福岡を除いてほぼ全地域で崩れてしまうそうです。
嵐のような天候も予想されています。
週末お出かけの際には、お天気のチェックをお忘れなく。
そして、その際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週から先月の中国出張について書いていきたいと思います。
中国は去年の秋の上海以来となりますが、今回は広州なので一年ぶりです。
日本に居ると中国のネガティブな部分が強調されていて、正直僕自身もあまり喜んで行くという気になれませんでした。
大気汚染の問題、日本人に対する行為など今回も公共交通機関を利用する機会が多いので「ホテル宿泊拒否されたら」とか「地下鉄内でトラブルにあったら」など余計な事を考えてしまいます。
それでも、家具ビジネス世界1の国の展示会を見逃してはバイヤーとは言えません。
バイヤーである以上、家具があればどんなところでも行き、貪欲に商品を開発しなければならないのです。
今家具の世界ではアイデアやデザインの枯渇によりネクストがない時代と言われています。
少しでも多くの家具に触れておかなければネクストの芽を発見することはできません。
そこで「なぜ中国?」と聞きたくなりますが、今や中国が家具輸出、生産高とも世界1になって尚、成長しているからです。(因みに2位以下はアメリカ、イタリア、ポーランドになっています)
生産の現場は、「売れるか売れないか」というマーケットに直面するシビアな現場です。
確かにヨーロッパの方がデザイン面ではリードしていますが、実際のマーケットに結び付けるのはやや難しい気がします。
簡単に言えば、ヨーロッパは種で中国が芽ということでしょうか。
「芽」になるかどうか判らない「種」の段階で売上を判断する事は容易ではありません。
デザインの良し悪しは、マーケット上の売り上げで判断されるからです。
現実に中国ではヨーロッパデザイナーによる商品が溢れていますが、「芽から木になって花が咲く」に至る商品はほんの一握りなのです。
一方、中国の家具も質が上がり「中国イコール安物、粗悪品」は過去の話になりました。
その分コストが上がり、また昨今の円安もあり輸入には大変な向かい風が吹いています。
そんなところで中国の家具見本市に出掛けました。

早朝、下北沢には春の朝の陽が路地に長い影を作っていました。
0405-01.jpg

多分、これが最後の地上にある下北沢駅の利用になると思います。
0405-02.jpg

朝の
0405-03.jpg

改札口は人もまばらでした。
0405-04.jpg

ホームに下り
0405-05.jpg

下北沢から
0405-06.jpg

小田急線で
0405-07.jpg

これも最後になるだろう車窓風景を見て
0405-08.jpg

新宿で山手線に乗り換え
0405-09.jpg

日暮里で降りました。
0405-010.jpg

日暮里から
0405-011.jpg

スカイライナーに乗り
0405-012.jpg

成田空港で下車し
0405-013.jpg

出国手続きを終えゲートに向かいます。(スマートチェックインなのでカウンターに寄る必要はありません。最近は海外の空港でも増えてきました)
0405-014.jpg

今日の機材はボーンイング767-300です。
0405-015.jpg

76番ゲートから
0405-016.jpg

機内に乗り込むと
0405-17.jpg

滑走路を
0405-18.jpg

滑り出し
0405-19.jpg

舞い上がると、直ぐに東京が見えました。
0405-20.jpg

画面中央から少し右側の黒い部分が代々木公園なので下北沢はちょうど画面中央の少し下あたりになります。

晴れた空から富士山が一際綺麗に見えました。
0405-21.jpg

調子にのって頂上の写真も撮ってしまいました。
0405-22.jpg

上海上空を越し(川を挟んで下側がプドン地区のビル群)
0405-24.jpg

雲の中をしばらく飛行し高度を下げると市内と広州郊外の空港を結ぶ高速道路が見え
0405-25.jpg

飛行機は広州白雲(バンユー)国際空港にランディングしました。
0405-26.jpg


到着がやや早かったので、会場に出来るだけ早く着いて「流し見はやめて今日見られる分は出来るだけ見ておこう」と到着の日から勝負に出る事にしました。
0405-27.jpg

入国審査を終え外にでました。
ここが思案のしどころです。
「渋滞を避けて地下鉄で行くか、タクシーで行くか」です。
地下鉄は、距離があるため駅も多数で1時間に乗り換えや駅からの移動を加味すると1時間以上は覚悟しなければなりません。
ここは、タクシーで行く事にしました。
0405-28.jpg

タクシーは郊外の空港から
0405-29.jpg

都市に入るとやはり渋滞につかまってしまいました。
0405-30.jpg

広州市は人口1200万人の中国第3の都市です。
広州市のある広東省は人口1億人なので日本の総人口と変わらないと考えるとやはり驚かされてしまいます。
都市を抜けると渋滞が解消され
0405-31.jpg

見本市会場に到着しました。
0405-32.jpg

ジャスト1時間かかってしまったので、次回は地下鉄にします。
地下鉄は、200円(推定)でタクシー代は4,000円(高速代込)程だったと思います。
レセプションで登録を済ませ
0405-33.jpg

いよいよ
0405-34.jpg

戦闘
0405-35.jpg

開始です。
0405-36.jpg

広州見本市会場は、アジアでは一番大きく世界では4番目です。
因みにトップ5は、ハノーバー(ドイツ)、フランクフルト、ミラノ、広州、ケルンとなりますが、拡張工事によりケルンより大きくなったのは最近です。
日本最大のビックサイトは世界68位で広州の4分の1です。
つまり、広州を全部見るとビックサイト4個分見ることになるのです。
もう少し判り易くすると東京ドームでは7個分に相当します。
会場内はそれ程混んでいませんでした。
0405-37.jpg

どのブースも大きく
凝った造りをしています。
0405-38.jpg

ハイバックのこのソファは、ヨーロッパ仕様なので少し小ぶりにしてリリースさせます。
0405-39.jpg

価格は8万前後になります。

これは二人掛けを加えて発売予定で、木の質感が美しいソファです。
0405-40.jpg

1シーター5万、2シーターが7万前後になりそうです。

こちらは木部の曲線が綺麗なラインを描いてフレームとアームレストを強調させているソファです。
0405-41.jpg

サイドから見るとその強調された曲線がよくわかります。
0405-42.jpg

価格は、シートカラーを変えて1シーター5万、2シーター7万を予定しています。

このカウチにもソファプラスオットマンにもなるソファはカラーとデザインの変更を加え4万前後でリリースの予定です。
0405-43.jpg

このミッドセンチュリーの影響を受けたチェアは少し手を加えて4万位でいけそうです。
0405-44-1.jpg

この小ぶりなソファは、2万前半を予定しています。
0405-44-2.jpg

チェック柄とのコンビネーションが目を引くこのカウチソファ(左右交換可能型)は4万前半です。
0405-45.jpg

ところでこのチェックはどうなんでしょう?
0405-46.jpg


ここで午後6時、閉館のアナウンスが流れました。
0405-47.jpg

会場隣接の
0405-48.jpg

ホテルとは言え歩いて30分はかかります。
0405-49_20130405162649.jpg

チェックインを済ませ、とりあえずプールに向かいました。
0405-50_20130405162649.jpg

下北沢を早朝出て13時間後「なんで?」と思うかもしれませんが、仕事の区切りがつかないというか、泳ぐのと歩くのは違う筋肉を使うというのか。
0405-51_20130405162649.jpg

6時40分からちょうど1時間、だいたい25メートルプールクロールで50から60往復位でしょうか。
0405-52_20130405162648.jpg

ここのプールの温度結構冷たかった。
バイヤーはストイックでなければなりません。
プールを上がると結構疲れていることに気付き、部屋に帰らずそのままホテルのチャイニーズレストランに直行しました。
0405-53_20130405162647.jpg

ブロッコリーをガーリックで炒めたもの
0405-54_20130405162647.jpg

ライス
0405-55.jpg

ポークを少し甘めの衣で揚げ、甘酢につけてたべるもの
0405-56.jpg

本日のスープ「スペシャル、リコメンデーション」。
0405-57.jpg

勧められるままに値段も見ずにオーダーしてしまいました。
フカヒレとジンジャー、マッシュルームのスープ。
スペシャルでしたけど値段もスペシャル、これでなんと2,000円。
もっとも、このスープでも安い方なのでジンジャーだけにしょうがありません。
食事を終え部屋にもどりバスタブにつかって、ベッドに潜り込むとその瞬間に眠ってしまいました。
0405-58.jpg

外では広州の街がゆっくり更けていきました。
0405-59.jpg

明日はまた勝負です。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/05(金) 15:13:39|
  2. バイヤー&スタッフのブログ