NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年8月2日 グッドバイ メイジハイツ

NOCEのバイヤーズブログ

2013年8月2日 グッドバイ メイジハイツ

今週は少し暑さが和らぎ寝苦しい夜は少なかったような気がします。
今日もオホーツク海高気圧のおかげで昼間も涼しい風が吹いていました。
ただ来週からは、また猛烈に暑くなるそうです。
今週末、NOCEのある地域の天候ですが、広島の土曜日を除き全地域で恵まれるそうです。
渋谷のラブリーなNOCEもこの土日で移転のため最後の営業となりました。
8月23日に近くで開店いたします。
週末、お出掛けの際には是非お近くのNOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

先週、カフェノルマーレで「もちふわピザ」と書いてしまいましたが、結局メニューオンにはなりませんでした。
それは、生地を伸ばす事が誰でも出来るというわけではないからです。
キッチンのスタッフによって今日はメニューオフというわけにはいきません。
そこでお詫びのしるしにパニーニ増量させていただきました。
勿論、価格は据え置きです。
パンの配合も変えていません。
「少しデカ!」というご批判もございますが、「大は小をかねる」という事もありまして実行させていただいた次第でございます。

今週の新商品の御紹介は、アイアンフレームのチェアです。
130802-1.jpg


デザインのモチーフは、スクールチェアにミッドセンチュリーのエッセンスを加えたものです。
曲げたアイアンパイプにプライウッド(積層合板)というハイブリッドは、ミッドセンチュリーの王道ですが、リアルカフェ良く使われるスクールチェアもこのミッドセンチュリーデザインが基本になっています。
130802-2.jpg

曲げたブラックスティールパイプは曲木とはまた違った曲線美があります。
130802-3.jpg

ウォルナット天然木突板を使用した積層合板の背もたれの形状は、ミッドセンチュリー特有でこのチェアのデザインの要になっています。
130802-4.jpg

ブラックスティールパイプのフレームと背もたれのウォルナットとのコンビネーションも抜群で高級感さえあります。
インテリアの観点では、カフェ系が中心ですが、背もたれにウォルナット天然木を使用しているためナチュラル系やシンプル系でもいけそうです。
小ぶりなデザインは、威圧感がなくどんなお部屋にもマッチします。
シートはウレタンフォームにファブリックを張ってあり、カラーはブラウンの他に
グレー
130802-5.jpg

ベージュをご用意させていただいております。
130802-6.jpg

さて価格ですが、8,980円とお買い得です。
NOCEの脚がブラックアイアンのBF7038S(14,800円)やBF7038(17,800円)との相性は抜群です。
チェア4脚にBF7038で53,720円と気軽にアイアンとウォルナットのコンビネーションが楽しめます。
実物を是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

チェアBF7079
¥8,980(※Online storeでは同色2脚組での販売となります。)
幅42×奥行52×高さ80(46)㎝


2010年10月7日にオープンした渋谷店もこの週末の営業を残すのみとなり移転することになりました。
NOCE渋谷店は、代々木体育館の前にある「メイジハイツ」の1階にあります。
この「メイジハイツ」は1962年、東京オリンピックがこの代々木体育館で2年後の1964年に行われる前に建てられました。
当時、モダンなマンションとして有名だったと思います。
もともと、「買い手が見つかり取り壊されるまで」という事を承知で借りていたので仕方ありません。
ただこういった建物がまたひとつ東京がから消えてしまう事が少し切なくなくなってしまうだけです。
それではまず、移転先の渋谷店までご案内させていただきます。
スクランブル交差点を
0802-1.jpg

左にセンター街を見ながら(今の時期は旧暦の七夕の飾りがあります)
0802-2.jpg

公園通りを左に西武百貨店を見ながら直進します。
0802-3.jpg

○I○ICITYの交差点を左折しないで
0802-4.jpg

さらに直進します。
0802-5.jpg

右にJRのガードが見えてきますが
0802-6.jpg

道なりに進みます。
0802-7.jpg

通称「ファイヤー通り」を歩きます。
0802-8.jpg

「ファイヤー通り」とはこの消防署があることから名づけられた通りで1980年代にこのあたりに個性的なアメリカ系のカジュアルウエア(アメカジ)のショップやアメリカ系雑貨店(アメザツ)が軒を連ねたことで全国的にも有名でした。
1970年代パルコがオープンし公園通りが命名され渋谷の文化を形成していきました。
当時、公園通り周辺は土地が高騰してしまい出店コストもかかってしまい気軽に面白い店や実験ショップが出せなくなってしまいました。
そんな時、「お金は無いけど面白いソフトを持った人たち」が古い建物にショップをオープンさせていったのです。
まさにアメカジ全盛時代です。
代官山の「ハリラン」に2時間待ちの時代でした。
その後、東急ハンズそれに続いた西武百貨店を改装した「LOFT」の出店により大型店志向が強くなり「ファイヤー通り」から「センター街」に流れがシフトしていきました。
センター街にCDメガストア2店舗が出店し、渋谷はシブヤ系と呼ばれる音楽を中心とした文化に変化し、カフェやクラブが次々オープンし「インディーズ系ファッション」は裏原宿と呼ばれる原宿を背にして明治通りの内側を並行する小道にスウィッチしました。
そのCDストアも今はCDの衰退とともに「プチプライス、ファストファッション」の大型インターナショナルショップに変わり個性的なショップは無くなったように見えます。
その後ファイヤー通りを左折し公園通りに向かう道あたりに、セレクトショップの大手が出店し(B, Bay, S, JS, UA,など)渋谷の今を作っています。
最近、この地区にグンちゃんのショップが出来ていますが、そっち方向にシフトするのかどうかわかりません。
消防署の先2本目の大きめの通りを左折します。(バスの方向)
0802-9.jpg

ハローワークの先にこのような建物が見え、
0802-10.jpg

その1階部分が新しいNOCE渋谷店になります。
0802-11.jpg

まだ生まれる前の
0802-12.jpg

店内がガランとしています。
0802-13.jpg

そのまま歩いて公園前の信号を右に曲がると今のNOCEがある「メイジハイツ」が見えてきました。
0802-14.jpg

少しレトロなこのレンガも
0802-15.jpg

エンブレムも東京オリンピックが目の前で開催される頃から渋谷を見続けていたのでしょうか。
0802-16.jpg

NOCEはその最後の3年間を共にしました。
0802-17.jpg

その間に3.11がありました。
渋谷駅がパニックになりスタッフはここで不安な一夜を過ごしました。
ガラス窓にヒビが入りました。
この土日の営業で終わり、8月23日に先ほどの場所に移転します。
0802-18.jpg

さよなら、メイジハイツ。
0802-19.jpg

動いている時間の中に止まって行く時間が見えました。
0802-20.jpg

動いていた時間が記憶の彼方に消えていきました。
少し悲しくなってしまったので来た道を戻る事にしました。
0802-21.jpg

そのまま戻ると最初の角を左折し
コンビニの前を左折すると
0802-22.jpg

ファイヤー通りに向かう道がありしばらく歩くと左手がNOCEになります。
0802-23.jpg

折角なので今度は原宿に行ってみます。
0802-24.jpg

そのままファイヤー通りまで歩き今度は左折します。(右折すると渋谷)
真っすぐ
0802-25.jpg

歩くと
0802-26.jpg

JRが見え
0802-27.jpg

横断歩道を渡って
0802-28.jpg

更に直進し
0802-29.jpg

ハローワークの指導票を右折すると
0802-30.jpg

左にJR原宿駅、
0802-31_20130802162337b57.jpg

右に地下鉄千代田線と南北線の入り口があります。
0802-32_20130802162336155.jpg

僕は、下北沢に帰るのでここで失礼させていただきます。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/02(金) 15:54:01|
  2. バイヤー&スタッフのブログ