NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年9月6日 オリンピック開催地決定前夜

NOCEのバイヤーズブログ

2013年9月6日 オリンピック開催地決定前夜

今週は、不安定な天気が続き関東では竜巻が発生するなど少しいつもの季節とは違う気候でした。
昨日、朝5時くらいに目覚めると空一面オレンジ色で稲妻が走り幻想的でしたが、人によっては「不気味」と感じるのでしょうか。(こっちの方が多いかも)
何か毎日が台風接近中のような天気です。
オリンピック開催地が決定される週末の・・・・・。
ところで僕の周りがおかしいのか、オリンピック開催に関して殆どの人がネガティブです。
大変申し訳ない話ですが、僕はネガティブでもポジティブでもありません。
他に関心あることが多すぎでそこまで到達できないからです。
話を戻して、今週末NOCEのある地域のお天気ですがほぼ全地域でくもりや雨になるそうです。
ただ暑さは和らぐそうです。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品の御紹介は、ヨーロッパのデザイナーによる曲線が強調されたソファです。
0906-1.jpg

このソファは今年の展示会(4月5日のブログで取り上げました)で買い付けたもので、メーカーの担当者によると「どこの国のデザイナーかわからないが、ヨーロッパの人」だと言っていました。
どのような理由か判りませんが試作で「没」になってしまったそうです。
初めてこのソファを見た時、ブースを素通り出来ず気になってしまいましたが「なんか違う」と感じていました。
「どこが違うのか」と考えるとシートの奥行が深いところに気が付きました。
ヨーロッパ仕様なのでどうしても大きくまたシートの奥行も深くなってしまいます。
この深さがこのソファ全体のデザインをスポイルさせてしまっているのです。
そこで日本仕様にシートの奥行を少し浅くしてもらい、今回入荷したのがこのソファです。
0906-2.jpg

こうすることにより背もたれの曲線やハイバックが強調され、シートの奥行とのバランスも整いとても美しくエレガントなデザインになりました。
ハイバックがソファ全体のデザインの要になっていますが、それを更に盛り上げているのが細部の曲線です。
0906-3.jpg

脚の部分は本体枠のカーブに合わせてあり
0906-4.jpg

シートのコーナーも丸くカットされ
0906-5.jpg

背もたれ後部も曲線が強調され後ろの脚も前脚同様にカーブしています。
0906-6.jpg

そして大きめなハイバックの背もたれは上部で左右に開いています。
全体的にはアールヌーボーを意識したフォルムで丸い印象ですが、全体で見てみるとあまりその印象は強くありません。
これは、ハイバックの効果でイタリアモダンでも時々見られた手法です。
インテリアの観点ですが、ソファの主張が強いのでオールマイティと言えるでしょう。
ウォルナット等木製家具や木製フローリングにもよく調和します。
コーディネートにより様々な顔を見せてくれそうです。
例えばカフェ風に
0906-7.jpg

レトロ風にと。
0906-8.jpg

ファブリックのカラーはグリーンとブルーの2色をご用意してあります。
どちらもノスタルジックでありながら「今」を感じさせるカラーです。
さて価格ですが74,800円とこの大きさとデザインを考慮すればかなりコストパフォーマンスがあると思います。
ハイバックなので背もたれ、特にコーナーに背中を預けた時の心地良さは格別です。
とにかくインパクトのあるデザイン、そして座り心地、是非NOCE各店にて実物をお確かめいただければと思います。

AS08ソファ
¥74,800
幅160×奥行74×高さ82(44)cm
スポンサーサイト
  1. 2013/09/06(金) 14:47:57|
  2. バイヤー&スタッフのブログ