NOCEの家具バイヤーズブログ 2013年10月11日 2013年 上海出張 最終回

NOCEのバイヤーズブログ

2013年10月11日 2013年 上海出張 最終回

今週は、今まで見たことのないような対馬海峡を渡って日本海を北上する台風があり、影響で夏を思わせるような暑い日が続きました。
3連休が絡む週末ですが、下北沢では今日10月11日から20日の日曜日まで「カレーフェスティバル」が開催されます。
参加店舗は70店舗以上になります。
カフェノルマーレも初参加です。
僕が考案した秘伝のカレーをパニーニにしたものです。
パンのカリっとした香ばしさとカレーの相性が抜群で「いままで経験したことがない」カレーパニーニが出来ました。
揚げカレーパンと焼きカレーパンの「いいとこ取り」で、勿論店内でこねあげたパンに挟んでグリラーで焼き「あつあつ」でご提供させていただきます。
是非、お試しいただければと思います。
3連休、NOCEのある地域の天気ですが土曜日の新潟と日曜日の札幌を除いて全地域でまずまずとなるそうです。
お出かけの際には是非、NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。


先週の続き。
昨晩、早く寝てしまったのか、1時間の時差のためかわかりませんが5時にはすっかり目覚めてしまい、窓のカーテンを開けると夜の灯りは朝焼けに変わっていました。
1011-1.jpg

いつものように1時間ストレッチをして
朝食ビュッフェのレストランに行きます。
1011-2.jpg

毎度の事ですが、ホテルの朝食ビュッフェはオープンとほぼ同時が正解です。
大型ホテルの場合、勿論宿泊客数がテーブル席数を上回っているのでピーク時には席が混雑するのと同時に食事も取りにくく、朝の貴重な清々しい気分が台無しになってしまうからです。
窓際のテーブルをリクエストして
1011-3.jpg

おいしそうなパンを取って
1011-4.jpg

トースターでトーストして、サラダ、スクランブルエッグ、ソーセージ、ボイルドエッグ、ベーコン、ブロッコリー、ハム、小龍包、やきそば、チャーハン他を並べてオレンジジュースとヨーグルトで1クール。
1011-5.jpg

2クール目は、ロールパンにハムとエメンタールチーズ、フライドエッグにマッシュポテト更にトースト2枚と今日もランチの分をまとめて食べました。
〆はやはりコーヒーと焼き立てクロワッサンです。
1011-6.jpg

新聞を読み終えてテラスに出ると
1011-7.jpg

雑踏の中、上海の朝が始まろうとしていました。
1011-8.jpg

チェックアウトを済ませ
1011-9.jpg

外に出ると
1011-10.jpg

小雨混じりの通りは朝の通勤時間を迎えていました。
1011-11.jpg

上海の街に別れを告げ(と言っても今回一度もホテルから出ませんでしたが)
1011-12.jpg

券売機で乗車カードを買い
1011-13.jpg

自動改札機の
1011-14.jpg

読み取り機にカードをタッチさせ
1011-15.jpg

地下鉄2号線の案内に従って
1011-16.jpg

ピークは過ぎたもののまだ混んでいるエスカレーターを降り
1011-17.jpg

ホームで
1011-18.jpg

地下鉄を待ちました。
1011-19_201310111605582b2.jpg

間もなく来た地下鉄に乗り
1011-20.jpg

会場の駅で降り
1011-21.jpg

改札を抜け
1011-22.jpg

外にある
1011-23.jpg

大きな通路を通り
1011-24.jpg

昨日迷ったバス停に、今度は迷わず向かいバスに乗り
1011-25.jpg

見本市会場に
1011-26.jpg

着きました。
1011-27.jpg

今日は、このまま14時15分発の飛行機で帰るのでだいたいお昼頃までに昨日見られなかった所を見て仕上げる予定です。
逆算すると空港に30分前に着いて(預ける荷物はないとは言え、イミグレや保安検査所の所要時間を考えれば本当はかなり甘い見積もりです。1時間以上は余裕を持って行った方が安全です。)
リニアが8分、待ち15分、会場からバスでリニアの駅まで「待ち込み」で20分、会場内移動、クロークに預けたキャリーバックの引き取り20分で合計63分です。
という事は、12時45分が自主的ラストコールです。
ただ大事を取って12時15分、いや「正午で行動を起こした方が無難」です。
時間は9時半、正午まで2時間半です。
1011-28.jpg

「昨日の感じなら2時間半もあれば余裕でしょう」と入場しました。
朝なのであまり人はいません。
1011-29.jpg

似たようなチェアが数多く並んでいます。
1011-30.jpg

これは、バーテーブルとカウンターチェア、オーク無垢材にオイルフィニッシュでテーブルが16,800円、チェアが12,800円(価格は全て予価。為替変動や状況で実売価格とは異なる場合がございます)ホワイトとのコンビネーションとオールオークの2タイプをご用意させていただく予定です。
1011-31.jpg

こちらは、ホワイトのMDF天板とオークオイルフィニシュドのオーバルテーブル。
140cmの長さで29,800円になりそうです。
1011-32.jpg

このスツールもオークオイルとMDFホワイトのハイブリッド。
1011-33.jpg

3,800円前後でしょうか。

このダイニングテーブルとチェアはオーク無垢材、オイルフィニッシュドでチェアが9,000円前後、ラウンドテーブル直径90cmで28,000円前後です。
1011-34.jpg

チェアは、ホワイトとのハイブリッドもご用意させていただく予定です。
おっと!これは見過ごせない。
1011-35.jpg

と、時計を見ると12時です。
警告ランプが点灯し始めました。
取りあえず警告ランプ無視です。
オークオイルとホワイトのハイブリッドですが、ホワイトがマット仕様(艶消し)になっています。
チェアが組み立て式で9,000円前後、テーブルは160cmが29,800円、120cmが22,000円、80cmのスクエアが15,800円を予定しています。

これで心残りなしですが、時計を見るとなんと12時45分を回っています。
警告ランプは黄色から赤に変わり、「ハリーアップ!」と警告音が鳴っています。
結局、「見本市会場」は全部見きれませんでした。
自分の歩く速度が遅くなってしまったのかわかりませんが、とりあえず通常の筋トレにスクワットの回数を増やしウォーキングを強化するのが良さそうです。
そういえば最近ウォーキングしていません。
水泳に凝ってしまったからでしょうか。
会場を走ります。
1011-36_20131011160556b36.jpg

足には自信あります。(50m7秒前半はもう無理でも後半が8フラット位はいけます)
クロークは会場の800m先にあるのでここはカートで移動し
1011-37_201310111608028ba.jpg

急いでキャリーバックを受け取り
1011-38.jpg

別のカート乗り場から
1011-39.jpg

昨日間違えてしまったシャトルバス乗り場に今度は間違えずに向かいます。
1011-40.jpg

出口に着きました。
1011-41.jpg

1時でした。
なんとかなりそうです。(実際、無茶です。空港でムダな時間を過ごすのがイヤなのでこんなタイトな事をしていますが、よい子は絶対真似しないでください。海外で飛行機乗り遅れるとかなり悲惨な事が待っています。)
余裕です。
1011-42.jpg

ニ胡と琵琶と琴の三重奏です。
ブログネタに「こんなバイイングでよかったのでしょうか。ニ胡の響きが心に浸みてきます」とか。
これから起こる事も知らずに。
昨日の地下鉄行きのシャトルバス乗り場にバスが待っていました。
1011-43.jpg

発車寸前、乗り遅れるわけに行きません。
ダッシュで乗って直ぐ降りられるように運転席の真後ろに座りました。
バスは動き始めます。
噴き出す汗を拭っているとなんと「地下鉄駅を通過」しているではありませんか!
「えーーーーーー。なんじゃこれ」です。
しかも高速道路を走り始めたのです。
このバスかなり離れた別の見本市会場に向かうバスなのです。
当然、見本市を正午前後に帰る人は少ないので地下鉄行きのバスは出ません。
バスは満席にならないと出発しないからです。
このバスに行き先表示はありました。
地下鉄行きのバス乗り場から出るバスが全部そのバスとは限らないのです。
常識は国によって違います。
ヨーロッパなどそれが普通で行き先を確認しない方が悪いのです。
勿論、僕の自己責任です。
「上海は慣れたもの」と油断していました。
運転手の後ろにいたので、肩を叩いて必死に「降ろしてくれ!」と言いましたが英語なので通じません。
しかも高速道路。
降ろせるわけありません。
あまりの必死さに乗客のひとりが「どこに行きたいんだ」と英語で話しかけてくれました。
「時間がない、空港に行かなければならなんいだ」と答えると「どこかでタクシーを拾うしかない」といわれましたが、高速道路疾走中どんどん空港が離れていきます。
乗客同士で何か話しています。
「どこに帰るんだ」と聞かれ「日本です」と答えるとみんな「それは大変だ」というモードになりました。
別の乗客が運転手に多分「高速をいったん降りて降ろしてあげてくれ」とでも言ったのでしょうか。
バスは高速を降りました。
するとまた違う乗客が「ここはダメだ。タクシーなんか走ってない」と別の場所を指示しています。
バスは、少し大きな一般のバス停に止まりドアを開けてくれました。
僕は、どうお礼を言ったらいいかわからずただ「Thank you very much !」を連呼してしまいました。
せめて、「シェー、シェー」くらい言えたらと後悔しています。
みなさんの「Good luck !」に見送られてバスを降りましたが、全く人の気配のない工業地帯でタクシーの気配さえありません。
当然、自分がどこにいるかもわかりません。
するとまるで映画のワンシーンのように空車のタクシーが来たのです。
手を挙げ必死に乗車しましたが当然「エアポート」が通じません。
これはいつかのように筆談でと慌ててノートに「空港」と書きましたが通じません。
中国で空港ってなんだっけと必死に思い出しましたが時間がただ過ぎていきます。
いやな空気が流れ始めました。
「降ろされるかも」です。
この時、空港を思い出し「機場」と書いて「プドン」と言い飛行機のジェスチャーをするとなんと通じたのです。
タクシーがメーターを倒し空港に向かって動き始めた瞬間でした。
1011-44.jpg

空港まで40km、時刻は1時半です。
もうパニックになっていて20分前なら間に合うと勘違いしていました。
人生2度目の乗り遅れです。
パリの時、タクシーが意地悪で急いでいる僕を見てわざとゆっくり鼻歌を歌いながら高速を走ったのを思い出しました。
勿論、その時は乗り遅れてしまい預けていた荷物の財布は当然現金だけ抜かれていました。
(乗り遅れると預けた荷物は集積場に集められます。カードを盗むと足がつくので現金だけを抜くわけです。財布をバックに入れた人の自己責任です。)
そんなこともあって「絶対、急いでいる素振りはみせないぞ」と誓っていましたが、この運転手、関係なくかなりとばしてくれました。
1011-45.jpg

まるで神様です。
この人は神様なので「御布施」としてチップをはずまなければバチが当たります。
空港が見えてきました。
上海空港はターミナル1と2に分かれていてそれぞれ離れています。
高速の案内板に「Terminal1,China Air Line」と表示があったのでドライバーに「1」と伝え出発ロビー前に車を止めチップをはずんで「シェー、シェー」とドアを閉めました。
全速力で「China Air Line」カウンターを目指しましたが、「行きの飛行機」とマークが違うのです。
「まずい!間違えた」China Air Lineは、台湾のキャリアで僕の飛行機はAir Chinaです。
ここで、グランドホステスのお姉さんに「Air Chinaはどこか」を聞こうとしても焦っていて名前が出てきません。
苦し紛れに「スターアライアンスはどこ?」と聞くと「それはターミナル2でここはスカイチーム」ですと。
「どうすれば行けますか?」と聞くと「目の前にあるシャトルバス乗り場からバスで」と言われ待つとなんとすぐにバスが来ました。
「どこまでラッキーなんだ」と笑ってしまいました。
1011-46.jpg

向こうに見えるのが「ターミナル2」です。
1011-47.jpg

結構離れています。
「急いでくれ」とバスに言ってもムリですが、突然バスが前をノロノロ走る車に捕まってしまいました。
しかも抜かしません。
もうこうなるとタダのギャグです。
これでラッキーも全部使い果たしてしまいました。
バスを間違えたシーンからここまでのストーリーがフラッシュバックのように頭の中を走ります。
飛行機出発5分前でした。
犯人はこいつでした。
1011-48_20131011161009db1.jpg

故障した車をレッカー移動中というわけです。
ターミナル2に着き、又全速力でカウンターに行きました。
「ダメもとでも悔いが残らなければいい」です。
握りしめ過ぎてクシャクシャになってしまった予約票を見せ、「まさかムリですよね」と言うと時計を見て「間に合うかも」です。
なんと飛行機が遅れていて間に合ったのです。
奇跡でした。
なんか人生のラッキー、ムダに使ってしまったような気がしてしまいました。
それでも反省です。
「緊張感無さすぎ」です。
「もっと必死に仕事にも生き方にも精進します」と誓いました。
イミグレを終え
1011-49.jpg

ゲートに向かい
1011-50.jpg

飛行機に乗りました。
1011-51.jpg

外を見ると自分が今ここに居られるだけで感謝です。
1011-52.jpg

飛行機はやがて滑走路を
1011-53.jpg

滑り出し
1011-54.jpg

上海を飛び立ちました。
1011-55.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/10/11(金) 13:20:21|
  2. バイヤー&スタッフのブログ