NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年3月28日 冬の終わりに

NOCEのバイヤーズブログ

2014年3月28日 冬の終わりに

今週末、桜の開花が予想されています。
いよいよ春の到来です。
季節も変わりますが、4月から消費税も上がります。
NOCEでは、先行して商品全てに消費税込み価格を設定してありますので4月になっても価格は変わりません。
ただ、運送費だけは運送会社の運賃値上げと消費税アップの関係で値上げとなってしまいました。
勿論、運送会社も燃料等の経費に消費税がかかるので値上げしなければならない上、値上がりした運賃にさらに消費税アップ分が加算されるので単純に3%アップとはならないからです。
これは、便乗値上げではありません。
この厳しい競争社会、「便乗値上げ」でもすれば会社がおかしなことになります。
既に野菜など流通コストのかかる生鮮品は値上がりしています。
4月からどうなってしまうのでしょうか。

今週末、NOCEのある地域の天候ですが、札幌は土日とも恵まれ、仙台、関東、新潟では土曜日はまずまずで日曜日に曇りや雨、名古屋以西は土日とも生憎な天候になってしまうそうです。
生憎な天候でも暖かな週末になりそうなので、お出掛けもいいかと思います。
その際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

日に日に暖かくなり、今季の冬が終わっていきます。
この冬のトピックと言えばやはり「雪」でした。
実際、大災害になってしまう程の大雪になってしまいました。
2周連続と関東では前代未聞の大雪で、特にバレンタインズデイの大雪は関東甲信越地方に大災害をもたらしました。
下北沢も雪国に変わり、いつもと違う景色でした。
この大雪を軽く扱うつもりはありませんが、2月8日の雪の「下北沢の1日」を綴ってみました。

朝から降り始めた雪が
RIMG0158.jpg

辺りを白く染め上げていきました。
RIMG0160.jpg

いつものタイガーも慣れない雪に少し寒そうです。
RIMG0161.jpg

降る雪が
RIMG0162.jpg

街の景色を
RIMG0165.jpg

ゆっくりと変えていきました。
RIMG0167.jpg

街が
RIMG0168.jpg

雪国に
RIMG0170.jpg

なっていきます。
RIMG0172.jpg

見慣れた
RIMG0173.jpg

光景が
RIMG0174_201403281757513c7.jpg

RIMG0175.jpg

白く覆われていきます。
RIMG0177.jpg

雪は
RIMG0179.jpg

全く
RIMG0182.jpg

止む気配もなく降り続きました。
RIMG0184.jpg

ランチはカフェノルマーレで。
RIMG0189_201403281759135f6.jpg

オープンの時から決めていました。
RIMG0192.jpg

雪が降ったらこのピクチャーウインドウの席で「窓の外の雪見ながら・・・・・」と。
テーブルのパニーニとコーヒーの向こうでは
RIMG0212.jpg

横なぐりの雪が
RIMG0218_20140328175835109.jpg

まるでダンスしているようでした。
RIMG0214.jpg

街に降る雪は
RIMG0227.jpg

ワインバーのボトルに
RIMG0231.jpg

居酒屋の野菜たちにも積っていきました。
RIMG0240.jpg

ありふれた日常が
RIMG0241.jpg

非日常に繋がっていきます。
RIMG0247.jpg

現実という時空が
RIMG0246.jpg

非現実という路地と
RIMG0249.jpg

交差していきました。
RIMG0251.jpg

朝から降り続いた雪は
RIMG0258.jpg

一層強くなり
RIMG0256.jpg

止む気配さえありませんでした。
RIMG0259.jpg

夜、風も強く吹きまるで「吹雪の夜」でした。
RIMG0262.jpg

僕は、我慢できず
吹雪の夜、僕は、東京ではめずらしい新雪のパウダースノーを踏みながら
RIMG0263.jpg

ワインバーの扉を開けていました。
RIMG0264.jpg

暖かな空気と4ビートのジャズが扉の向こう側の非現実を分けていました。
RIMG0265.jpg

雪で冷やされた
RIMG0270.jpg

シャンパン(プロセッコ)を
RIMG0269.jpg

今日の雪に捧げるとグラスの中に小さな雪の街が出来ました。
ワインの色を変えると
RIMG0275.jpg

ガラスドアの窓に付く結晶が
RIMG0277.jpg

ドアを超えて
RIMG0278.jpg

夜に続いていきました。
RIMG0276.jpg

雪は未明まで降り続きました。
僕は、この後吹雪の中帰りました。
翌日、晴れて雪は溶け始め、ゆっくりと街は日常に戻っていきました。
2014年の雪が、時間の中に消えていきます。
あの夜も時間のなかに溶けて
RIMG0274.jpg

扉も
RIMG0281.jpg

あの時いた僕も
RIMG0273.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/03/28(金) 17:45:50|
  2. バイヤー&スタッフのブログ