NOCEの家具バイヤーズブログ 2008年8月29日 デトロイト・メタル・シティ

NOCEのバイヤーズブログ

2008年8月29日 デトロイト・メタル・シティ

先週の日曜日を境にしてめっきり涼しくなり、
季節はもう秋に突入してしまうのでしょうか。
富士山には90年ぶりに早い雪が降りました。
週末も変わりやすい天気になりそうです。

もともとギャグ漫画でヒットした
「デトロイト・メタル・シティ」(DMC)が映画化されました。
何故この話題なのかというと
NOCEが協賛としてソファを提供しているからです。
ストーリーを全て語るわけにはいきませんがサワリを少し。

大分から大学進学のため上京してきた
「デスノート」でブレークした松山ケンイチ君が役する根岸君は、
フレンチポップス(ボンジュールレコード系?)
好きの少し内気な心優しい青年でした。
卒業後プロを目指しアコギ(アコーステッィクギター)片手に
路上ライブをしているうちそのセンスが認められて
レコード会社と契約することになります。
ところがその所属事務所
(この事務所のソファがNOCEのもの)から任命された仕事は、
彼の思惑とは違う「デスメタルバンド」になってしまうのです。
デスメタルとは、ヘヴィメタルから派生してきたもので、
ヴィジュアル的には「デーモン閣下」で
歌詞の随所に「殺人」とか「殺す」とかが連発される
(death)悪魔系メタルロックです。
これは、もちろん根岸君の目指していたものとは全然違ったのですが、
なぜか彼の潜在していたメタル系の才能が開花して、
バンド名デトロイト・メタル・シティのギターボーカル
「ヨハネ・クラウザー2世」として
デスメタル界の頂点に立ってしまうのです。
本物のキャラの根岸君とうらはらのヨハネとの間を
「僕がしたかったのはこんなバンドじゃない」
とコミカルにいったりきたりしていくのです。
「ジキル&ハイド」や「バットマン」的な要素もあり面白いです。
また主演の松山ケンイチ君もはまり役で
彼の演技も「さすが」というものがあります。

デト.jpg
撮影の様子※写真は一部加工をしていますので、
実際の商品形状と異なる部分があります。
左ソファ:BRISNEY1人掛け(レッド)¥29800
右ソファ:バルザック3人掛け(レッド)¥59800
ローテーブル:ロングコーヒーテーブルC001A(ブラック)¥14800

さて、実は僕も卒業後プロを目指して音楽活動をしていました。
もちろん根岸君のようになっていれば
この会社で愚痴ばかり言っていません。
当時、毎日6時間以上は楽器の練習をして
残りはカタギなバイト(割のいい病院の下水処理含む)、
その合間にリハーサルやライブ、
夜のバイト(通常ハコと呼ばれバーなどで演歌からジャズまで
客のリクエストに応じてやる仕事)に
学生時代から含めて7年間明け暮れました。
僕の目指していたものは、
どちらかといえばスタジオ系で
ヘヴィメタとカントリー以外はなんでもありでした。
それでも壁は厚くなかなかそれだけで食べていけません。
そんなころ、音楽事務所から
「所属の新人歌手のバックバンドをやってくれないか」
という話が舞い込んで来ました。
チャンスです。
売り込めるチャンスです。
所属のバンドがツアーで抜けてしまうので
その穴埋めらしいのです。
日数は5日後、埼玉のショッピングモールです。
まず、メンバー集めをしました。
当然譜面は初見レベル
(譜面を渡されたその場で弾く)でなければなりません。
けっこう大変でしたが、
電話で少し大げさに「いい仕事」とか「チャンス」とか言って
それがさらに大きな話になって伝わって
すぐに強力なメンバーが集まりました。
この中には現在有名プレイヤーとして活躍する人もいました。
当日、まず新人歌手と会いました。
「テレビ受け」しそうなアニメ声の彼女は
声優かタレント志望で歌手ではありませんでした。
そして渡された譜面をみて愕然としました。
殆ど2ビートの童謡なのです。
悪夢はこれからでした。
事務所の人がいきなり「好きなの選んで」と
動物の「きぐるみ」をもってきてどさりと置いたのです。
はめられた!
メンバーの目が痛い。
でも仕事として引き受けた以上断れません。
僕はクマ。
他はウサギ、
サル、
レッサーパンダの
動物バンドの完成です。
事務所のひとが申し訳なさそうに最後に
「今日は社長が来ているから売り込むチャンスだ」と
得意な曲を一曲エンディングにやっていいと言ってくれました。
社長はもとXXバンド(聞いた事ないぞ)の出身で
楽器がわかるから腕を試してみて欲しい。
そしてこのためだけに耐えてくれとバンドが始まりました。
観客は全部ママと幼児です。
誰も聞いてません。
アニメ声の彼女のあやす声がモールにこだまします。
そしていよいよエンディングの時がきました。
キーボードが作曲したプログレッシブファンクです。
16ビートのドラムソロから始まって
ベースのスラッピング(チョッパーともいう)
ギターのきざみから変拍子でキーボードが入って全員でユニゾン。
このあたりから、子供たちが耳をふさぎはじめました。
泣く子もでてきました。
当たり前です。
今までおだやかだった動物達が
いきなりどう猛になってしまったからです。
ウサギさんのソナーのベードラとスネアにジルジャン、
クマさんのアクティブ5弦ベースのスラッピング、
サルさんのセミアコ335の泣き、
レッサーパンダさんだけに立って弾くアコピ。
常軌を逸してます。
それを通り越して完璧お笑いです。
曲半ばにしてストップがかかりました。
怒りに紅潮している社長が出てきて
「いいじゃん。また今度やろうよ」
と、これは業界ではNGっていうことです。
僕はさんざんいい事をいって誘ったバンドメンバーに
会わせる顔がありません。
みんな早くきぐるみをぬいで
「また」とすぐに封筒のギャラをもらって帰っていきました。
社長は「ゴメンネ」と
タレントの肩を抱いて帰っていきました。
「なーんだ社長の女かよ」
悲しくてしばらくクマのままでいました。
僕も「僕がしたかったのはこんなバンドじゃない」
と、埼玉の空を見上げたかったのですが
クマの頭が引っかかってそれもできませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/29(金) 03:08:22|
  2. バイヤー&スタッフのブログ