NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年8月22日 2014、僕の夏休み

NOCEのバイヤーズブログ

2014年8月22日 2014、僕の夏休み

夏休み明けの今週、「なんでここまで暑いの」と言うくらい暑い日が続いています。
「暑さも明日まで」という「明日」が終わりません。
昨晩は、夜11時でも32度ありました。
今日もこの熱気が残り強烈に暑くなりそうです。

週末のお天気に行く前に、NOCE広島店を代表させていただきまして、今回の豪雨にて被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられました方々には謹んでお悔やみ申し上げます。

広島を訪れた事が無い方には、おわかりいただけないかもしれませんが、広島は山が都市にせまっています。
その山に新興住宅街があり、綺麗な家が沢山建っています。
初めて広島を訪れた時も中腹にあるワインバーまで山を登った事がありました。
そのワインバーから見える広島の夜景は素晴らしいものです。
今回の被災地も広島都心から10キロくらいの所で完全な通勤圏です。
都市災害のひとつとして都市に住む身としてしっかり刻まなければならないと思いました。

週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は関東を除いて崩れるそうですが、日曜日はくもりがちながら雨はあがるそうです。
お出掛けの際には、是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、チーク材を使用したヴィンテージに少しモダンのエッセンスを加えたデザインのチェアです。
140820-1.jpg

チーク材を使ったチェアは、かなり珍しいものだと思います。
このチーク材を使う事により全体をミッドセンチュリーな雰囲気に仕上げています。
デザインは、ミッドセンチュリーの要素が随所にちりばめられています。
そして曲線と直線が上手くミックスされバランスの取れた無駄のない美しいチェアとなっています。
まず最も顕著な部分はシートの形状と背もたれ上部のカーブです。
140820-2.jpg

シートはコーナーが面取りされ丸く、両サイドで内側にくびれて背もたれ部分も内側にカーブしています。
これらは2次元的表現ですが、3次元的に見ると更にシートの中央に向け湾曲しているのです。
140820-3.jpg

この不思議な形状のシートはその面積の大きさから奥行、横幅に充分なゆとりを保ち、抜群な座り心地を与えてくれるのです。
さて、後ろから見ると真っすぐに伸びた脚と背もたれ上部のカーブが見事に調和している事がわかります。
140820-4.jpg

そして先程ご説明させていただいたシート後部のカーブの理由がわかります。
140820-5.jpg

背もたれに傾斜をつけるためです。
背もたれ上部にカーブを付け、その時生じるシートとの差を利用して背もたれに傾斜を与える手法は北欧ミッドセンチュリーでお馴染みですが、このチェアは違います。
シート後部に着目すると、シート自体が湾曲しているためかなり深い背もたれの傾斜を得る事が出来るのです。
140820-6.jpg

なによりも「涙もの」なのは、後部のシートフレームを背もたれと逆方向に湾曲させシート自体の切り込みを若干深くし、そのクリアランスに背もたれを差し込んでいる所です。
チェア好きにとっては見事としか言えません。
このように曲線を強調したチェアにもかかわらず正面と
140820-7.jpg

サイドから見るとかえって直線を意識したデザインに見えます。
140820-8.jpg

それは、脚と背もたれフレームが一体化した脚と前脚が地面に対し、キッチリ90度だから
です。
この曲線を活かした直線的な手法は見事なものです。
インテリアの観点から、このチェアに主張があるのでカフェからモダンまでコーディネート次第であらゆるシーンで活用できそうです。
素材は、チーク天然木無垢でフレームと背もたれを構成し、シートと背もたれはチーク天然木積層合板を使用しています。
カラーは、チークとホワイトウォッシュの2色です。
チークは当然、綺麗な木目が見えますが、ホワイトにもウォッシュ仕上げのため木目がでています。
このためホワイトでありながら、木製テーブルならオールマイティにコーディネートできそうです。
また、両色とも艶を落としてありますので質感も充分あります。
面積の広い座面は奥行、幅ともに充分確保されていてその形状と、背もたれの角度とともに抜群の座り心地を提供します。
価格は、15,800円(税込)になります。
考え方によりますが、チェア一本15,800円(税込)は決して安くないと僕は思っています。
ただ、この素材、デザインを考慮すればかなり高いレベルのコストパフォーマンスのあるチェアだと思います。
座り心地、デザイン、雰囲気、実物をNOCE各店にて是非お確かめいただければと思います。

S9230チェア
¥15,800(税込)
幅54×奥行49.5×高さ77(44.5)cm


夏休みいかがお過ごしでしたでしょうか?
夏だ!海だ!山だ!プールだ!と、僕は、とりあえず電機店に行かなかったのでプールと海だけでした。
土日を含めて5日間、何か有意義に過ごす方法はないかと模索していたところ、まずベースで日頃の練習の成果を試すため「初見」(譜面を初めて見て楽器を弾く事)にチャレンジしてみました。
スピッツ、AIKOあたりはまあまあだったので、東京事変にチャレンジしてみましたが全滅でした。
「5弦フレットレスなので仕方ない」と思いっきり言いわけしましたが、初日からすっかり自信を無くしてしまいました。
本当は4弦フレッテドでもムリです。
あんなの初見でできたら今頃ここにいません。

次の日、九十九里の海に行きました。
気持ちのいい夏の海でした。

翌日、何かしなくてはと、いつものプールがお休みなので場所を変える事にしました。
長水路に挑戦です。(50Mプール。因みに25Mは短水路)
都内でも50Mプールは珍しく解放している所は数えるほどしかありません。
50Mプール、小学生以来です。
近所だと、千駄ヶ谷の東京体育館、前のオリンピックプール。
辰巳国際(辰巳)と世田谷総合運動場(砧)だけです。
多分、距離的には世田谷と千駄ヶ谷が同じ位です。
そこで車で行く事を考慮し(汗まみれで電車はイヤだからです)世田谷に行く事にしました。
少し不安です。
もちろんいつものように「ノンストップで1時間出来るかどうか」です。
途中でリタイヤすると、「東京事変」の続編かそれ以上に自信を失いそうだからです。
「目的地近辺です」のナビの音声にハンドルを握る手が冷や汗になってます。
砧公園の駐車場に止め歩きました。
0820-1_20140822155902ccf.jpg

プールの近くにも駐車場がありますが、「夏で混んでいるのでここが無難」と係の方のアドバイスでここに止めました。
でも結構距離あります。
プールに向かって砧公園を歩き始めました。
0820-2.jpg

ここには世田谷美術館があります。
ボストン美術館の「ジャポニズム」を開催していました。
モネ、ルノワールなどの印象派が浮世絵に影響された作品が展示されているそうです。
夏休みのせいか激混みでした。
この隣にあるフレンチ「ル・ジャルダン」の横を通り(このレストランなかなかのロケーションですが車だとワインがNGなのでまだ試した事がありません。この日もランチにウエイティングが20人程)
0820-3.jpg

セミ時雨の公園が
0820-4.jpg

異次元空間へといざなっていきます。
0820-5.jpg

木立を抜けると
0820-6.jpg

プールの入り口でした。
0820-7.jpg

因みにプールの駐車場、空いてました。
そしていよいよ長水路の建物です。
0820-8.jpg

ここから先、カメラNGなので画像はここまで。
入り口で2時間のチケット480円を買って入場です。
中に入ると観客席があってテンションあがりまくりです。
50メートルプール、小学生の時より長くは見えませんでしたがノンストップ3キロができるかどうか。
全部で8コースありますが殆ど片道コースで、往復コースは2コースのみ。
そして往復コースで泳ぎます。
1コースに6人位でした。
あれこれ考えず入水して直ぐにスタート。
わりとすんなり泳げました。
ただ壁が高いので完璧なタッチターンかクイックターンが出来ないと足が底に着いてしまいます。
それと、このプール「追い越しOK」なので、慣れないと他人とのタイミングを取ることが難しいと思いました。
その日は大体、1往復から4往復の人が多く長距離ラップはいませんでした。
途中、徐々に泳いでいる人が上がっていき自分のペースで泳げる時間が続きました。
40分後位からスイマーズハイです。
壁で何度が早い人に譲りましたが、基本的に50Mプール60分ノンストップで泳ぎました。
壁で譲った時間をロスタイムと思って10分余計に泳いだので正確には合計70分、多分30か31往復泳いだかと思います。
とにかく「気持ちよかった」の一言でした。
終わってみると、短水路より距離泳ぐ場合は泳ぎに集中できる分、長水路の方が断然泳ぎやすいと思いました。
遅い人がいてもゆっくり泳げばOK で、超遅い人に追いついた場合でも片手クロール(片手をのばしたままか腰につけた状態で片方の掻きだけで泳ぐ方法。中心がぶれると泳げないのでフォームの矯正に役立ちます)でとバリエ―ション豊富に泳げます。
僕の長水路デビューでした。
また来ます。
それでも今日は完泳を目指しマイペースで行きましたが、くれぐれも欲出して「抜かれないぞ」と力むのはやめましょう。
頭、悪そうです。
と、誓っておきました。
外に出ると雨でした。
0820-9.jpg

傘がないので
0820-10.jpg

木立の葉を傘代わりに歩きます。
0820-11.jpg

吊り橋を渡ると
0820-12.jpg

せせらぎがありました。
0820-13.jpg

雨音がセミ時雨を遮ると夏の時間が通り過ぎて行きました。
0820-14.jpg

翌日、50Mプールで前日はしゃぎすぎて飲んでしまったので家でおとなしくしていました。

そして翌日、予定通り都内のホテルに行きました。
今年は先々週のブログのように宿泊代は安くありませんでした。
景気回復でしょうか。
それでも、「1年に1度、多少高くても交通費かからないから行ってしまえ」と決行。
ホテルに着くとなんか例年と違います。(ホテルは去年と違います)
混んでいて、なんか雰囲気違いました。
結構、おしゃれな方々ばかりで、男性のTシャツやシャツには「ドルチェ・アンド・ガッパオライス」とか「アニマール」(3D動物Tシャツではありません)や「クリスチャン・ダイオキシン」とプリントされています。
建物の中なのにサングラスおでこにかけたり、金色の首飾りしてたり、金の腕輪してたり。
皆さん黒く日焼けして、大きなサングラスをかけた女子をお連れしてます。
チェックインの後、早速プールに行きました。
この方々ここには、いないだろうと・・・。
僕はいつものスイムキャップ、スイムゴーグル、スイムスーツです。
それがなんと、プールには先程の方々とグラドルさんみたいな方々がトランクスと派手な水着であっちでプカプカ、こっちでプカプカ。
「えーーーーっ!思ってたんと違う」です。
プールサイドでも年の差30くらい(勿論、女子が若い方)のカップル「ズ」がシャンパン(22,000円)やカクテル(2,000円)を飲んでます。
ピンは勿論、僕だけ。
こんなアイドル系な派手な女子、コンビニの雑誌の表紙でしか見た事ありません。
そう言えば海でも見た事ありません。
いつもファミリーの多い九十九里なので湘南はわかりませんが。
最も、僕はテレビを見ないので、もしかしたら「知った顔いたかも」です。
男性はプール「タトゥー禁止」なのでみなさん普通の方で、外国の方でもありません。
コースロープは端っこに1本。
泳ぐ人、肩身が狭い感じです。
仕方ないので、一番端のコースで泳ぎ始めました。
おかげで(泳ぐ人いないので)関係なく1時間好きに泳げました。
泳ぎ終わるとガラス張りのプールはすでに暗くなっていました。

景気回復でホテルは、いっぱい。
そしてなぜかプールもいっぱい。

その晩、バーに行くとここも同じパターン。
あちこちで、シャンパン。
大声でゴルフの話。
あるテーブルで大きな声でゴルフ話が始まると、関係ない違うテーブルでも始まります。
まるで真夏のアブラゼミのようです。
日焼け顔とおでこにかけたサングラスの男性。
異常にテンション高い女子。

・・・・・来年はこの企画、完璧に見直さなければなりません。

夏休みが終わっていきます。
いいです。
50Mプールと海があったんだから。

下北沢に帰り少し早くなった夕暮れに白ワインを捧げると 僕の2014年の夏休みが暮れていきました。
遠くにはかすかに「ひぐらし」のセミ時雨が近づく夏の終わりを告げていました。
スポンサーサイト
  1. 2014/08/22(金) 15:27:21|
  2. バイヤー&スタッフのブログ