NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年10月10日 上海出張 2014 3

NOCEのバイヤーズブログ

2014年10月10日 上海出張 2014 3

今週水曜日、皆既月食が見られました。
下北沢の空にも赤い幻想的な月が浮かんでいました。
街ではみんな空を見上げて写真を撮っていました。
夢中で撮っていると様々な人たちに声をかけられました。
皆既月食の事がわからない人や興味のない人が結構いらっしゃいました。
涼風の夜に薄く光る赤い月、うたかたの彼方に消えて行きました。
今週末、3連休の絡む週末NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は全地域で恵まれるそうですが、日曜日は台風の影響で名古屋以西は雨、月曜日は全地域でくもりや雨と言った生憎のお天気になるそうです。
台風の接近による急なお天気の変化に警戒が必要です。
今のところ史上最大の勢力となっています。
3連休お天気のいい日もありますので、お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

先週の続き

昨日は、見本市やプールの疲れもあって10時に眠ってしまったので空が明るくなる頃には目覚めてしまいました。
141010-1.jpg

雨まじりの上海の白い朝が街を包んでいます。
雨に光る道路には車のテールライトが赤く反射していました。
1時間ストレッチをした後、6時に朝食のレストランに行きました。
141010-2.jpg

雨の見える窓際に席を取り、
141010-3.jpg

フライドエッグ、ターンオーバーをオーダーします。
作る人、今日はベテランの男子でした。
141010-4.jpg

ターンオーバー、無事成功です。
141010-5.jpg
今日は、帰国するだけなので量は控えめにしておきました。

これ、揚げ小龍包です。
141010-6.jpg

これは小さな「肉まん」をただ揚げただけのもので、上海の生煎(焼小龍包)とは全く違います
また所謂「小龍包」を揚げたものとも違います。
いままでどこでも見た事がありません。
味は・・・・・僕はリピートなしです。
階上のラウンジに行くと上海タワーが見えました。
141010-7.jpg

上海のスカイラインにコーヒーとヨーグルト、〆のクロワッサンをいただきます。
141010-8.jpg

行く事を愚図っていた今回の上海出張。
毎年、来る上海ですが街が変わっていくように展示会の家具は変わりません。
特にこの5年くらい、展示されている家具が似たようなものばかりになってきたような気がします。
それとも僕の見る目が慣れてしまったのでしょうか。

席を離れると
141010-9.jpg

窓の向こうに無数のビルに埋もれて行く上海タワーがありました。
141010-10.jpg

部屋に戻り帰りの仕度を済ませ、レセプションでチェックアウトをし、
141010-11.jpg

回転ドアから外に出ると
141010-12.jpg

南京東路でマーチングバンドが練習していました。
141010-13.jpg

振り返ると南京東路を仕事に向かう人達が流れて行きました。
141010-14.jpg

ソファにしてもチェアにしても「出尽くし感」があります。
新しい何かを求めるとどうしても奇抜なものになってしまい、実売りを考えると手を付けるにも勇気が要ります。
このままだと、おそらく多様性が無くなりみんな似たような家具か、1点ものに近い超高級家具だけになってしまうような気がします。
家具本来の楽しさって何なのでしょうか。
殺風景なガランとした部屋にチェアひとつ置くだけで生活が潤います。
そのチェアを探す時の楽しさ、見つけた時の喜び、部屋に入れた時の感動。
そのチェアは、値段でもデザインでもありません。
本人が気に入ればばいいと思います。
ただ僕はバイヤー、売れる家具を探さなければなりません。
デザインが良くても値段が高ければダメです。
一方、ただ安いだけでもダメです。
その微妙なバランスが難しいところなのです。
そこに「探す楽しさ」を見つけようとしますが、それが一層難しくさせます。
偉そうに言わせていただければ、「何時も自分の部屋に置くチェアを探すようにワクワクしていなければならない」のです。
そしてこの「ハイテンション」を持続させること、つまり「いつでもハイ」でいなければいけないと言う事です。
上海行きを躊躇してはダメです。
「上海に行ったらどんなワクワクする商品があるだろうか」と心躍らせていなければいけないのです。
もーいいですか。
あー面倒くさい。

南京東路に別れを告げ地下鉄の入り口から
141010-15.jpg

地下に下り2号線を目指し
141010-16.jpg

さらに下りて
141010-17.jpg

自動販売機でチケットを購入し
141010-18.jpg

ホームで地下鉄を待ちます。
141010-19.jpg

通勤ラッシュでホームは激混みです。
当然、来た地下鉄には乗れません。
ローカルルールなので列を抜け出して前に行ってはいけません。
2本目ダメです。
141010-20.jpg

3本目・・・難しい。
141010-21.jpg

4本目もう少し詰めれば・・・でもみなさん無理しません。
141010-22.jpg

5本目でようやく乗れましたが、やはり日本ほどではありませんがギュウギュウです。
141010-23.jpg

リニアの乗り換え駅で降り
141010-24.jpg

乗り場まで歩き
141010-25.jpg

エスカレーターで上がり
141010-26.jpg

自動改札機を抜け
141010-27.jpg

ホームに出るとこんな顔したリニアが来ました。
141010-28.jpg

リニアに乗ると9時ジャストに出発し
141010-29.jpg

3分で最高速度431キロに達しました。
141010-30.jpg

景色が時間より早く飛んで行きます。
141010-31.jpg

このリニアが開業したのは2002年、9,11の翌年です。
開業当時、初めて乗った時の衝撃はいまでも覚えています。
当時、実験線と言われ中国の様々な都市に伸ばす予定でした。
ただそれには、莫大なコストがかかる事と新幹線の発達とともに頓挫しています。
現実、最初の計画である抗州(ハンジョウ、中国のスイスと呼ばれる湖のあるリゾート。有名なアマンリゾートホテルもある)には上海駅から新幹線が先に開業しています。
リニアの速度は、現実という速度の壁を抜く事はできなかったのでしょうか。
そして時代というさらに大きな時間の単位に飲まれて行く事になるのでしょうか。

上海空港が見えてきました。
141010-32.jpg

改札口を出て
141010-33.jpg

出発ロビーでチェックインをして
141010-34.jpg

ゲートに向かいます。
141010-35.jpg

見慣れないゲート番号だと思ったら又、沖止めなのでバスで移動でした。
141010-37.jpg

飛行機に乗り
141010-38.jpg

席に着くと
141010-39.jpg

1時間半程で(上海空港は常に混雑していてまだ早い方)
141010-40.jpg

滑走路を滑り、上海を後にしました。
141010-41.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/10/10(金) 15:39:15|
  2. バイヤー&スタッフのブログ