NOCEの家具バイヤーズブログ 2014年11月21日 ゴールド!免許
FC2ブログ

NOCEのバイヤーズブログ

2014年11月21日 ゴールド!免許

今週、寒い日もあり昨日は冷たい雨が昼過ぎから降り始めました。
帰り道、吐く息が白くなっていました。
ニューヨーク郊外では、記録的な雪らしく早くも「寒波の襲来か」と言われています。
1年で降る雪が3日で降ったらしく、車に閉じ込められたり、雪の重さで屋根が落下したりと既に多数の犠牲者もいるとの事です。
日本もこの冬は、今年2月のように「過去経験した事がない雪」が降るのでしょうか。
街の木々の葉も日々色付いて行きます。
表参道の街路樹は褐色に外苑前の銀杏は黄色くなりました。
3連休の絡む週末、NOCEのある地域のお天気ですが、札幌の土日を除いて他の地域はまずまずになるそうです。
晩秋、少し切なくなる季節を感じながら街歩きはいかがでしょうか。
お出掛けの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと、全国スタッフ一同お客様の御来店をお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介は、ミッドセンチュリーのエッセンスたっぷりなチェアです。
141121-1.jpg

デザインの特徴としては、Aライン調のフレームと大き目の背もたれです。
141121-2.jpg

このAラインですが、70年代の日本の「食堂椅子」に多く見かけられたデザインでした。
これがかえってレトロな雰囲気を表現し、どこか懐かしさを感じます。
又、フレームの形状も円筒ではなく角なのでよりAラインが強調されています。
そして、フレームからシートや背もたれ全てをプライウッド(成形合板、薄く削いだ木を接着剤で何枚も層にして固め、型に入れ成形しカットしていく製法。ミッドセンチュリーを代表するヤコブセン、モ―エンセンなどが1950年頃からプライウッドチェアとしてリリースしたのが、始まりと言われています。)で作られた贅沢なチェアになっているのも特徴です。
このデザインのチェアには、通常コストがかかるのでフレームには通常の木やアイアンなどの異素材を使うからです。
シートの形状もプライウッドの特徴を活かして綺麗な曲線を描くだけではなく、座り心地の良さも確保します。
141121-3.jpg

また、脚の負担を軽減させるためシートの先端が湾曲していますが、これもプライウッドならではのものです。
141121-4.jpg

インテリアの観点から、カフェ系、ナチュラル系が中心ですが使い方によってはシンプルでもいけそうです。
素材は、ウォルナット天然木と
141121-5.jpg

アッシュ天然木の2種類のご用意になっています。
141121-6.jpg

アッシュもウォルナットも木目の大変美しい木材なので高級感があり、お部屋に置くだけで上質なインテリアに導いてくれます。
141121-7.jpg

さて、価格ですが14,800円(税込)とこの素材とプライウッドを考慮すればかなりコストパフォーマンスの高いチェアと言えるでしょう。
木目の美しさと成形合板の曲線が作るハーモニー、是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。

プライウッドチェアの前のダイニングテーブルに降りそそぐ木漏れ日、窓を開け少し冷たい風がカーテンを揺らすと、エスプレッソの香りに誘われて迷い込んだ黄金色の1枚の葉が、午後の時間に舞っていました。

MK2234チェア
¥14,800
幅46×奥行53×高さ80(45)cm


今週、運転免許証の更新がありました。
生まれて初めてのゴールド免許です。
確かに過去、違反はありましたがゴールド!になれなかったのは、2回連続で更新時期を飛ばしてしまったからです
今回もはがきが来るまで気が付きませんでした。
そしてなんと区分に「優良」と書いてあるのです。
夢にまで見たゴールド!免許。(ならなんで2回も飛ばす?)
栄光のゴールド!免許。
僕は年間12,000キロくらい乗る週末ドライバーです。
なんか偉くなったような気がします。
おおまかに言うと過去5年間「無事故無違反」だとゴールド!の権利が与えられます。
実は、3年前スピード違反で切符を切られました。
通称「ネズミ取り」8キロオーバーでアウトでした。
制限速度70キロの本線に入る上り坂の側道です。
ここだけ制限速度が40キロで本線に出るため加速したところ、赤い「止まれ」の3角旗が振られました。
48キロでした。
僕は、急な加速もしません。
車が痛むうえ、燃費も悪くなり、頭悪そうに見えるからです。
市街地では、後ろから煽られても絶対スピードは出しません。
それでも違反は違反です。
ところが、交通機動隊の方の説明だと、「軽微な違反は違反日から3カ月無事故無違反だと完璧に消滅する」そうです。
ということで、栄光のゴールド!となりました。
世田谷だと新宿の都庁にある「運転免許更新センター」に行きます。
1121-1.jpg

西口から地下通路を都庁に向かいますが、わりと距離があります。
1121-2.jpg

普段は「歩く歩道」がありますが、工事中でした。
新宿の高層ビルがグレイ色の空にささっていました。
1121-3.jpg

少し早目なツリーを見ながら
1121-4.jpg

少し色付いた街路樹を抜けると
1121-5.jpg

木々の隙間から
1121-6.jpg

都庁が現れました。
1121-7.jpg

ガランとした大きな中庭に曇った空から風が抜けて行きます。
1121-8.jpg

折角なので
1121-9.jpg

展望階まで行って見る事にしました。
1121-10.jpg

なんと初めてです。
1121-11.jpg

東京が360度見え・・・・・ません。(他の高層ビルや、カフェのため。カフェの部分はコーヒーを飲めばカバーできます。因みに都職員以外でも利用できますが、ランチのメニューは3種類のみ。本日のパスタ、カレー、ハンバーグライス付きです)
1121-12.jpg

これは、下北沢です。
1121-13.jpg

画像真ん中より少し上に右からレシピビル、本多劇場、ハイタウンの順に見えます。
なんか時代に取り残されたような売店?お土産物売り場のようなものがありました。
1121-14.jpg

昔、東京タワーの売店にあったような・・・・・
1121-15.jpg

これも・・・
1121-16.jpg

これまでレトロに見えます。(4Uタマゴッチ、最新のタマゴッチで通信機能付き。スマホからも飛ばせて、他人と対戦もできます。キャラクターの成長に従来の幼時期、反抗期、フレンド期に加え、こせーて期に変化したり、育て方で様々に変化したりするそうです。)
1121-17.jpg

なんか、時間が止まったような気がします。
今度、この売店目的だけで来てみようと思いました。
新宿西口公園は彩錦に染まり
1121-18.jpg

スカイツリーのシルエットが霞んでいました。
1121-19.jpg

そして僕は、初めてゴールド!免許の保持者になりました。
1121-20.jpg


追記 

先週のブログで「何故、惣菜が悲しいのか」と質問されたので補足させていただきます。
それは、出来あがった総菜たちが、軽快な音楽にのって台のうえに並べられていても、消費期限が来れば処分されてしまうからです。
その、運命と「惣菜の音楽」が不条理を奏でて悲哀を感じさせるのです。
人生の盛り、そして消費期限・・・やっぱり悲しい。
惣菜バンザイ。
スポンサーサイト



  1. 2014/11/21(金) 15:34:19|
  2. バイヤー&スタッフのブログ