NOCEの家具バイヤーズブログ 2015年2月20日 スレートカラーのソファ

NOCEのバイヤーズブログ

2015年2月20日 スレートカラーのソファ

今週、冷たい雨の日がありましたが、少し春を感じられる暖かな日もありました。
最近、朝6時には空が明るくなっています。
おかげで僕の起床時間も5時50分位です。
気温や天候にかかわらず「日の出とともに目覚める」ので最近起きるのが楽になっています。
街の梅の木の花がひとつ、ふたつとほころび始めました。
春を感じる季節の入口でしょうか。
今週末、NOCEのある地域のお天気ですが、土曜日は福岡を除いて他地域は恵まれるそうですが、日曜日は全地域で雨や曇りとぐずついてしまうそうです。
週末お出かけの際には是非NOCEにお立ち寄りいただければと全国スタッフ一同お客様の御来店を心よりお待ち申し上げております。

今週の新商品のご紹介も先週に引き続き、新色を加えたソファです。
0220-1.jpg

新色を加えると確かに雰囲気が変わるので、新商品と考えられますが一般的には「ただ色変えただけ」に見えます。
少し理屈っぽくなりますが、バイヤーの立場から考察させていただければと思います。
まず、ひとつのソファがあって「50色の中から選べるカラーバリエーション」と「単色」つまり1色のみの「二つのパターンがある」とします。
このパターンでは選べるソファの方がいいのは当然です。
ただ、供給側から「お客様への手渡し時間を考えれば」最低50色50本在庫しなければなりません。
しかも売れる色にバラつきがあるため、安定供給を確保するためにはおそらく相当数の在庫が必要となるのです。
季節要因や流行でいつも同じ色が売れるとは限りません。
全く売れない色もあります。
これでは在庫のための経費が嵩み、最終的には売価に反映されてしまいリスキーで現実的ではありません。
これを解決するために注文生産にするわけです。
ただ注文を受けてから生産するので、海外の場合は船の航行時間も考えて最低3カ月以上のデリバリー期間が必要になります。
また、注文生産のためキャンセルは出来なくなります。
この点が気にならなければ、50色の方が有利です。
一方、単色の利点は注文生産の不利な部分です。
単色のため在庫は最小限で済み、在庫からのお客様へのデリバリーとなるため日数はケースにもよりますが最短7日です。
また売り上げ予想も容易で商品管理も楽です。
そして何よりも単色を大量発注する事によりコストが大幅に抑えられ、市場に安価で供給できるのです。
僕の考えでは「あるソファに対して似合う色は決まっている」と思っています。
多くても4色が限度です。
そして商品管理をする身として、4色もあると本当は発狂しそうです。
オーダーをする時に半年先の売れる色を完璧に予想し、それをコンテナに入るソファの総数に合わせて色の割合を考えなければならないからです。
つまり、ソファというカテゴリーから考えて「工場が同じなら形の違うワンカラーのソファが2個と同じ形で2色のソファ」は同じ事なのです。
さて話を戻して今回新しく導入する色ですが、もともとのスモーキーなグリーンに対してスモーキーなブルーになります。
0220-2.jpg

少しくすんだライトブルーでスレートと呼ばれる色です。
タイプはグリーン同様、
2シーターと
0220-2P.jpg

3シーターで
0220-3P.jpg

価格もグリーンと全く同じ48,000円と58,000円(各税込)となっています。
大型で本格派のソファ、価格もリーズナブルな事に変わりありません。
ひと味違う雰囲気が漂う新色のソファを是非NOCE各店にてお確かめいただければと思います。(今回限定販売のため店舗が限られているため直接店舗にてご確認いただければと思います。)

TD9809ソファ 2人掛け
¥48,000円(税込)
幅151×奥行90×高さ80(43)cm
※部分組立




スポンサーサイト
  1. 2015/02/20(金) 15:23:07|
  2. バイヤー&スタッフのブログ